撮影日記

2017年6月14日 (水)

最後の撮影会

6年間・・・・・

ドッグカフェ『しふぉんのおうち』がオープンしてまる6年になります。

オープン当初から毎月1回、愛犬撮影会を行って来ました。


居心地の良い空間と美味しい料理にコーヒー。
スタッフの人柄。

毎月ここを訪れるのを楽しみにしていました。


ギャンブーが我が家に来てまもなくのとき、ここでドッグカフェデビューしました。
以後、ビッツァー、バルカ、SONYもこの場所でカフェデビューとなりました。



そして、今月(6月)いっぱいで閉店になります。

先日(10日)、最後の愛犬撮影会が行われました。


毎年、誕生日の月に撮影をしている常連さんも駆けつけてくれました。
申し込み書の犬の年齢を見て、時がたっていることを感じました。

どのくらいの数の犬達を撮影したのでしょうか・・・・・?
たくさんの飼い主さんとの出会いもありました。


我が家もこの6年間で4頭の犬を向かえました。
アデルとケイトがこの世を去りました。

「ん・・・・・時が流れているんだな~」



我が家の犬達もよく連れて行ってた撮影会。

最後の納品のときも連れて行って、記念写真を撮ってこようかな。


たのしい6年間でした。
ありがとうございました。

9c1e4946_500x408

最後に撮影した犬達は『しふぉんのおうち』の犬達でした。



| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

HDLトロフィー写真UPしました

ハッピードッグライフトロフィーの写真をUPしました。

左の「マイフォト」の「HDLT2017」よりご覧ください

9c1e4684_1

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

老神温泉プロモーションビデオ

今年の2月より老神温泉を度々訪れています。

プロモーションビデオの撮影で、四季のタイムラインで撮影しています。


冬のシーンは終わり、いよいよ春の撮影に入りました。


春の最初は桜からスタート。

四万十ディスクドッグカップから帰ったら満開の情報が来ました。
ベストなタイミング(4月27日)に撮影に行って来ました。

心配していた天気は、夜から降っていた雨も上がり晴れに変わっていきました。

老神温泉名物の朝市と、温泉も撮影して来ました。




今回はプロモーションビデオのため、スチール(写真)撮影とムービー(動画)撮影の
両方を行います。

いつもの撮影セットに業務用のビデオカメラももって行きます。
これが結構かさばります。


そんななか、撮影時間の短縮と、機動力アップのための機材の軽量化などで、
シーンによっては一眼レフ動画を使っています。

ビデオカメラに比べれば操作性はイマイチですが、
画質のクオリティーも高くまったく問題ありません。



秋の終わりまで何回もロケを行います。
合理的な撮影システムの構築が必要です。


そしてコンテンツがそろったものから、ぼちぼち編集作業もスタートします。

単なる観光ビデオにならない、インパクトのあるものにしたいと思います。



秋の終わりまで長期の撮影になります。
幸い温泉地の撮影がメインなので、温泉に入って乗り切りたいと思います。

9c1e2319_334x500

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

表紙の撮影

23日(木)~24日(金)は伊香保温泉にいました。

このブログでは度々登場の、温泉ライター小暮淳の新刊の表紙の撮影でした。


1年かけて全ての取材を終え、完成まであと一歩となった新刊の、
最後の大山、表紙の写真撮影でした。

著者、アートディレクター、デザイナー、出版社、そしてカメラマンの私、
という大所帯のロケハンで行いました。




今回は超メジャーな温泉地『伊香保』です。

有名な石段の写真はすでに多くが撮りつくされていてます。
その中で何か新しい切り口があるのか・・・?

他に伊香保温泉を表現できる何かがあるのか・・・・?

伊香保に現地入りして、ポイントを探します。



ん~ン・・・・・!
これぞ伊香保という、インパクトのあるものがなかなか見つかりません。



過去のこのシリーズの温泉本も、意外な視点の表紙が話題となって来ました。

ガイドブックに見えないような写真。

「ん・・・ここはどこだ・・・・・?」

「素敵じゃないか!」

そんな写真が欲しいのです。



そんな中、2つの表現を見つけ、夕方と翌朝の撮影となりました。

一つは石段をモチーフにしたもの。

もう一つは源泉を表現したもの。


『THIS IS IKAHO!』

果たしてどっちになるのか・・・・・?



本の出版を楽しみにしていてください。




夜は、まもなく完成の新館の成功を記念して、慰労会が行われました。

温泉を堪能し、知る人ぞ知る伊香保グルメと美酒に酔いしれた夜になりました。

Img_4249_500x303
意外と知られていない伊香保温泉の源泉
今はUFOみたいなドームの中で湧いています

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

グラビア撮影(温泉2)

温泉ライター小暮淳の新刊は、いよいよ最終段階に入りました。

本日は2回目のグラビア撮影でした。



日本でも有名なここの温泉地は、2種類の性質の違う源泉があります。
一つは先日グラビア撮影をした白金の湯。


今日撮影したのが古くからこの温泉地に涌く、褐色の黄金の湯。

アートディレクター立会いの下、先日のグラビアのイメージカラーとの対比を、
どのくらいの色のバランスにするのかを確認して撮影に入ります。




歴史ある温泉宿の、貸し来り露天風呂を撮影しました。


今回の撮影はなんといっても、黄金の湯の色感と、梁の力強さを表現することです。

日の差し込む明るい湯舟、と暗い梁との明暗のバランスが勝負。


CM写真ではないので、大型ストロボなどでのライティングは行わず
見たままのリアリティーを優先させて撮影しました。

珍しく昼間のグラビア撮影のため、日没を待ったりすることなく、
セッティング即撮影となったため、撮影時間30分で終了。



あとは“本の顔”表紙の撮影を残すのみとなりました。

再来週に1泊で撮影の予定です。

久々(2ヶ月ぶり)の温泉宿も楽しみです。

Shima_sakai1
話題になった『あなたにも教えたい四万温泉』での水中カメラで撮影した四万川のグラビア
よ~く見ると岩魚が泳いでいます

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

グラビア撮影(温泉)

昨日の夕方は伊香保温泉にて、温泉ライター小暮淳の新刊用のグラビアの撮影でした。

現場に入ってアートディレクター立会いにもと、最終打ち合わせを行い、
イメージの再確認をして、いざ撮影へ・・・・・


夕景の露天風呂。

眼下に臨む渋川氏の夜景。

遠くに見える山々。


そんな欲張りな1枚を狙います。


ベストタイムはほんの数分です。
いや・・・数十秒なのかも知れません。

心配していた天気も何とか大丈夫のようです。


速めにセットアップを済ます、その時を待ちます。



夕刻が近づくにつれ気温が下がり、湯舟から湯けむりが立ち上がってきます。

あまり湯けむりが上がってしまうと、遠景が見えなくなってしまう事態に・・・・・
もう少し風が吹かないかな・・・・・


そして、今しかないという一瞬がやって来ました。
何ともドラマチックです。

ほぼイメージどおりに、露天風呂、街の夜景、雄大な山々を、
一つの画面に収めることが出来ました。


日没と共に撮影終了。



来月は表紙の撮影。
そして残りのグラビア撮影。
夜の温泉街のイメージカット。

5月発売に向けていよいよ大詰めです。


みなかみ18湯のグラビア

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

今日は撮影会

今日は月に1度の、世界の名犬牧場の愛犬撮影会でした。


もうかれこれ10年くらいやっているのかな?

撮影した犬の数はどのくらいになるのか?

1000頭は超えているとは思いますが・・・・・


その数だけ飼い主さんとの出会いもあったわけです。

成長記録として何回も撮影に来てくれるリピーターもいれば、
遠方よりわざわざ撮影会のために来てくれる方もいます。

ありがたいことです。



この撮影会、春から秋は野外でのロケーション撮影になりますが、
1月からの冬の間はスタジオ撮影となります。

なんせ赤城の冬は寒いですから。

今日は暖ったか、室内での撮影でした。


撮影会の合間に、2歳になった記念にガッシュの撮影。

2歳なので、あまり代わり映えはしないですけど・・・・・

ディスクの写真とは違ってちょっと緊張したガッシュです。

1

2

3

4
今日の仮設スタジオはこんな感じです

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

季節の写真

15日(日)はドッグカフェ『しふぉんのおうち』の撮影会でした。

インドア・ドッグランもあり、寒波で冷え切っているこの日も快適に犬と遊べます。


ここのカフェは、毎月その季節ごとのディスプレイがされていて、
記念写真が取れるようになってます。

今月はもちろんお正月。


せっかくなので連れて行ったガッシュと撮影。

照明を組むわけでもなく、ただのスナップ写真です。

いつもはプロとして、ああだのこうだと、撮っている写真ですが、
これはカメラ任せに、ただシャッターを押すだけ。

Photo

2

なんか良い感じ。

今のカメラは何も考えなくても良く写るもんですね。

スマホのカメラもバカになりません。

技術の進歩はすごいものですね。
いい時代になりました。



ドッグカフェ『しふぉんのおうち』のディスプレイ。

2月は、節分かな?
3月は、ひな祭りかな?


1年間写真を撮って、カレンダーにしても面白いかも。

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

今シーズン初の雪遊び

強烈な寒波で、赤城山も冷えています。
私の住んでいる地域では積雪10~15cmといったところです。

今日は朝から晴れていましたが、夕方になりまたちょっと吹雪いて来ました。

「それにしても・・・寒い~!」


朝、晴れていたので、早速雪遊びに出かけました。

もちろんカメラも持っていきましたよ。
ちょっと前にそろえた高倍率ズームの軽量化セット。


SONYの雪のシーンがないので、SONY中心に撮影。
(SONYがやってきたのが去年の春なので)


寒さに弱いとされているウイペット。
SONYは雪のなかでもドライブ(意欲)は待ったく問題なしでした。

これで来月に赤城で行われる、MWF(前橋ホワイトフェスティバル)もOKです。


SONY、雪の中でもナイスキャッチでした。

9c1e7036_500x333

9c1e6987_333x500

9c1e7275_500x337

9c1e7306_500x338

9c1e7312_500x333

9c1e7276_500x338_2

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

高倍率ズームレンズ

旧退化した撮影機材の入れ替えをしています。

あれこれ色々考え、すぐに必要なもの、今のままでもまだ充分使えるもの、
システムを組みなおすなら軽量化したい、使用頻度は少ないが使ってみたいもの。



そんななか、この機会に、高倍率ズームレンズ(ズーム倍率8倍~12倍)を導入してみました。

今まで何となく毛嫌いしていて、使用していませんでした。
あれば便利なのも分かっていました。

値段も仕事の使えるものだと30万円くらいになってしまいます。
他のレンズと比べても高くはないのですが。

食わず嫌いといいますか・・・・・

その理由のひとつに、昔(35年以上前)にあった高倍率ズームレンズの画質が
イマイチだったこと。

そしてそれらのレンズが極端に使いづらかったこと。


などなどイメージが良くありません。




購入したのはコレ。

35~350mmのLレンズ。

28~300mmのLレンズと最後まで悩みましたが、中古市場での値段の差と、
350ミリまでのアドバンテージでこちらに決めました。



早速撮影。(曇り時々雨)

9c1e99231

9c1e06071

サブで使うのレンズなのであまり期待していませんでしたが、
なんのなんの結構良いではないか。

ボケがどうだの、AFスピードがどうだの、細かいことを言ったらきりがありませんし、
不満もありますが、

「実用的で良いのでは」

という判断になりました。

「可もあり、不可もあり」

という個性的なレンズです。

持ち運びもコンパクトで、重さも重くなく(1.3kgくらい)、持ち出す機会が増えそうです。



望遠撮影(結構多い)をこれ1本で済まそうとは思いませし、この1本で仕事をこなすことは
無理でしょうが、サブとしては充分です。


現在の仕事用の主なシステムは、

15mmフィッシュアイ、
16~35mm2.8L、28~70mm2.8L、70~200mm2.8Lのズーム。
180mmF1.8L
120~300mmF2.8(シグマ)
180mmF3.5マクロ
105mmマクロ

これに35~350mmLが加わりました。

この1本でグンと撮影の幅が広がりました。


速く使えばよかった。

Ef315_b1_500x353

   発売時価格 290,000円 (ケース・フード付き)
   レンズ構成(群) 15
   レンズ構成(枚) 21
   絞り羽根枚数 8
   最小絞り 22-32
   最短撮影距離(m) 0.6
   最大撮影倍率(倍) 0.25
   フィルター径(mm) 72
   最大径x長さ(mm)x(mm) 85 x 167.4
   質 量(g) 1,385

| | コメント (0)

より以前の記事一覧