大会

2021年4月19日 (月)

ドッグジムシェイクのドッグダンスコンペに参加

4月17日山中湖ドッグリゾートWOOF。

ドッグジムシェイク主催のドッグダンスコンペに行ってきました。

年に一度のビッグイベント。

昨年は見学。

今年は私&バルカで参加することができました。



去年の今頃はドッグダンスの面白さが、今ほどわかっていませんでした。

出来るトリックをつなげてルーティーンにしていました。

トレーニングもそんなに時間をかけてやっていませんした。

ほんと、何となくやっていた感じ。


それが昨年の末くらいから、ドッグスポーツとしてのドッグダンス(K9ダンシング)の楽しさがちょっとわかってしまいました。

もちろんそれ以前から、ゲームやコンペに出たりして楽しんでいました。


大好きな犬とともに、チームとしてわずか数分の短い時間に”思い”詰め込んで行うことの面白さ。

表現者として、ちょっと目覚めてしまった感じですね。



話をシェイクのドッグダンスコンペに戻します。

参加チームは90チームを超えていました。

大きなコンペです。


私&バルカチームは最高クラスのアドバンスクラスにエントリー。

アドバンスクラスも13チームのエントリーがありました。

どのチームもアドバンスに参加しているプライドみたいなものを感じました。

「この空気がアドバンスクラスなのか・・・・」

そして沢山の人が見ています。



「バルカと思いっきり楽しむ」

そんな気持ちでリングに入りました。

自分のチームの曲が流れてテンションMAX!

「楽しい~!」

緊張というより、楽しくてちょっと興奮状態に・・・・

エンディングの決めポーズ、その時の瞬間の爽快感。

思いっきり自分の犬とのパフォーマンスを楽しんだ4分間でした。


ジャッジコメントも心にしみました。



初挑戦のシェイクのドッグダンスコンペ。

プログラムを片手に、ほぼ全チーム見ていました。

ここでも観戦マニアとなっていた私です。

DVD購入しましたので、届いたらビデオセッションをやりましょう。


見て楽し!参加して楽し!

一日ドッグダンスを楽しんできました。



次は7月のLKC(ルツカK9ダンシングクラブ)のコンペティションです。

再びWOOFのリングで、より良いパフォーマンスを見せられるようにトレーニングをしていきます。

173656092_3447533442019607_6910199644135

175490634_10208497689316811_507446973723
参加したLKCメンバーと

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

JDDNの新しいいゲーム

ディスクドッグシーズンがスタートしました。

3月27日(土)

パウサム・サタデーが行われました。


JDDNの新しいいゲーム。

新しい会場での開催です。

新しいゲームや初の会場にワクワク。


フリースタイルとトス&フェチを分けて行うゲームです。

フリースタイルのみのチャンピオン。

トス&フェチのチャンピオン。

その合計ポイントで総合チャンピオンが決まる新しいルールです。


2021ディスクドッグシーズンの初戦。
といってっも先週BOB犬種別ディスクドッグトーナメントがありましたので、私自身は2戦目になります)

「いや~!いよいよ始まりましたね~!」


毎年この季節ワクワクしますが去年は未知のコロナに影響され、ゲームの中止が相次ぎました。

四万十カップもHDLトロフィーも中止。


今年は去年コロナ渦の中で培ったアイソレイテッドスタイルで、ゲームが開催されることに感謝しています。



SONY、HIME、SONNAR、JETの4頭でエントリー。

四万十カップに向けてディスクモードにスイッチが入った・・・・・

というゲームでした。



久しぶりのJDDNシリーズのディスクドッグゲーム。

楽しみました。

YACHIがジャッジのゲーム、コメント&アドバイスもいただけました。



新しいいゲーム。

新しい風が吹きました。

素晴らしいいゲームでした。


ありがとうございました。





 









| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

第16回BOB犬種別ディスクドッグトーナメント

2021年春。

BOB犬種別ディスクドッグトーナメントが行われました。

今回でなんと16回目の開催となりました。

最初の数年は年1回の開催でしたが、ここ数年年2回秋と春に開催になっています。

BBフィールドの年2回のビッグイベントです。



JDDNディスクドッグゲームの中では特殊なゲームです。

いつもはノンカテゴリーで行われる、ディスクドッグフリースタイル。

このBOB犬種別ディスクドッグトーナメントでは、犬種別のチャンピオンを決める世界で唯一のゲームンです。


今回もたくさんの犬種が集まりました。

15犬種、24頭。

犬種別のチャンピオンが誕生しました。



BOBのゲームの趣旨については今回は詳しく書きません。

過去ログを検索してみてください。



今回初登場の犬種は「パピヨン」

フリースタイルとレトリーブに参加していました。

フリースタイル初参加はホワイトシェパードもいました。




最もバウンドバウらしいディスクドッグゲーム。

16回、歴史あるゲームになりました。

連覇記録を伸ばすチーム。

新たな犬種の登場。

我がSONYはも12連覇達成です。



雨天強風の大荒れの天気予報でしたが、雨は降ったものの風は穏やかでした。

次回は秋。

たくさんの犬種の参加をお待ちしています。

163203674_2549359612031689_4466896547472

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

FRPレース#3

3月20日(土)

FRP(フライボール・レーシング・パーティー)主催のフライボールレースが行われました。

場所はインドアトレーニングジム「カボッチャ」。


3回目のレースは2on2祭り。

3つのディビジョンに分かれてレースが行われました。

1on1は2ディビジョン。

全32レースが行われました。



詳しいい結果はリザルトの発表を待つとして・・・・

2on2ディビジョン1優勝は、DTFCパワーパフガールズ。

速い!7秒台で走り印象に残っています。





バウンドバウフライボールチームは2on2ディビジョン2に、コハク&バルカ(BBFTチームBK)で参加。

2on2ディビジョン3に、SONY&アンジュ(BBFTチームSA)で参加。


どちらも2勝1負で準優勝という結果でした。

チームBKはベストタイム9秒44。

チームSAはベストタイム9秒80。


それぞれレース前にたてた目標をクリアできました。

両チームともまだまだタイムは詰められる要素がありますが、今回はこれでベストです。



今回もエキサイティングなレースでした。

フライボールレースはチームタイムによってディビジョン分けがされます。

このディビジョンごとに戦うことで僅差のレースが行われます。

そして、それぞれのディビジョンで勝者が決定します。


今まで(FRP設立前)DTFCのトップチームでトップディビジョンで戦ってきたSONY。

その時には見えなかった、ディビジョンごとに戦うことの素晴らしさを知ることができました。

上のディビジョンを目指してトレーニングを重ねていくこと。

それも楽しみです。


ディビジョンを分けることがフライボールレースを面白くしています。


BBFT(バウンドバウフライボールチーム)として、4on4ディビジョン1に参加が大きな目標です。

これはもちろん日本のトップチームの仲間入りをすることになります。

世界レベルのタイムで走ることを意味します。

夢は大きく。



今回もフライボールレースを楽しみました。

そして感動がありました。

やっぱりレースは楽しい。

次回のレースを楽しみに、またトレーニングしていきましょう

Frpseries32021320640x360


 

 

 

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

STEP&FLY#12

先月30日におこなわれたSTEP&FLY#11でまさかの優勝(オープントリーツクラス)をした私&バルカチーム。

「次のコンペティションはもうトリーツ無しのオープンクラスだね」

なんて言っていました。


「まあ・・・まだ先のことだろう」

と思っていました。



あれからわずか3週間。

STEP&FLY#12が行われました。


最高峰、あこがれの、オープンクラスに参加しました。


今回オープンクラスへのエントリーは私&バルカチームのほかに、あのクラフト日本代表で何度もチャンピオンを獲得してきた・・・・

女王、松浦&ミッシーチームとの一騎打ち。


実力と実績の差は歴然。

でもコンペティションはやってみないと何が起こるかわからない。




目標は。参加全チームのなかで一番楽しんで演技すること。

ノートリーツをあまり意識しないこと。


結果は予想通り2位。

でも結構高得点。

今できるバルカとのパフォーマンスは魅せられたかな?

私としては、十分すぎるオープンクラスのデビュー戦になりました。


「楽しむ!」

という目標は達成できました。

楽しかったです。




目標であり、あこがれでもあったオープンクラス。

参加してみたら、そこからまた新たなスタートが待っていました。


4月のシェイクのビッグコンペティション。

7月のSTEP&FLYクラウンズ。

楽しみです。



コンペティション終了後は、ルツカのスペシャルクリニックが行われました。

先ほどコンペティションで行った、私&バルカチームのルーティーンをチェック。

次へつながる新たなアイデアをいただきました。




参加の皆さん、お疲れさまでした。

ありがとうございました。

P,S,
バウンドバウのSTEP&FLY#12報告は後ほど。

128097761_1740448189444632_7199636616740

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

7ディスクフリースタイルBANG!BANG!

参加してきました。

ディスクドッグフリースタイルの未来が詰まったセミナーゲーム。

内容が発表されてから、私自身理解するためいろいろ考えました。

「コンボ」

という新しいい発想のメソッド。

まずは正しいい理解をするため、SONYと出てみました。



結果、「コンボ」への理解は大きく外れてはいませんでしたが、私が想像していた以上に奥の深いものでした。

丁寧なレクチャーもあり理解の幅は広がりました。

理解はできても行うのは簡単ではありません。


でも間違いなくディスクドッグフリースタイルの大きな進化になることは確信できました。



とここまで読んだ方は

「何のことかさっぱりわからん」

という声が聞こえてきそうです。


ここでは詳しく書きませんが(簡単に書くことは無理)正しく理解するにはドグタウンのセミナーを受けるといいです。

私の説明でよければ会ったときににお話しします。

私のスキルではまだまだ実践としてそ明確なスタイルをお見せすることはできませんが、
「コンボ」の考え方を理解して一緒にトレーニングしていきましょう。


ディスクドッグフリースタイルの進化。

未来に向けて新たなシーンがスタートしました。








| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

まさかの!優勝!

久しぶりのブログの更新が驚きの報告になりました。

1月30日。

LKC(ルツカK9ダンシングクラブ)のK9ダンシング(ドッグダンス)のコンペティション『STEP&FLY#11』でした。

場所はインドアドッグトレーニング施設のカボッチャ。


私&バルカ(ラブラドールレトリバー)のチームで、OTC(オープントリーツクラス)に参加。

このクラスへのエントリーは2回目。

このクラスへの参加者のレベルの幅が広く、ビギナーからステップアップチームにもいれば、
オープンクラスにも参加しているベテランチームもいます。



そして・・・・・

なんと!驚き!

私&バルカチームが優勝しました。

ダンスコンペティション初めての優勝です。

1ラウンド、決勝ラウンドともバルカの集中力はGOOD。

トリックのミスはあったけど、私自身も楽しんでできました。



バウンドバウメンバーも活躍しましたよ。

トリッククラスレベル1に、出野&まい(MIX)合格。

OTC3位、大塚&あずき(柴犬)

OTC4位、佐久間&わん次郎(ミニチュアシュナウザー)

OTC7位、伸子&ガッシュ(MIX)

3チームともビギナークラスからOTCにステップアップ。



私&バルカチームはいよいよオープンクラスにチャレンジ。

トップチームの集まる最高クラスでドッグダンスを楽しめることが目標。

「ワク!ワク!」

ちょっと大げさですが、ここから世界につながっているのですね。



いろいろなことが起こるのがコンペティションなのです。

まさにLIVE!

コンペティションに参加を決めたことから起こるドラマがありました。

ありがとうございました。

143846279_258936582254049_38634227707373
ルツカのトレーニングデモンストレーションが行われました
参加者にとって素敵なサプライズになりました




| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

フライボール・レーシング・パーティー#1 BBFTレース初参加

11月29日(日)

FRP(フライボール・レーシング・パーティー)の記念すべき第一回目のレースでした。

FRP立ち上げの経緯については以前このブログで書きましたので詳しくはそちらを見てください(6月9日)。

場所は群馬県前橋市「ドッグトレーニングジムカボッチャ」で行われました。



DTFC、CDTレーシング、チームレジェンド、FBランブル、BBFTの5つのクラブの参加があり、全35レースが行われました。



バウンドバウのBBFTからは6チーム8頭が出場しました。

2on2レースに3チーム。
(SONY&アンジュ、バルカ&こあ、コハク&わん次郎)

2Jチャレンジに2チーム
(ヒメ、ルーク)

1Jチャレンジに1チーム
(シキ)


6月のFRP立ち上げ後、バウンドバウフライボールチームは8月から新体制にて早朝トレーニングを開始しました。

それからメンバーと週1回のペースでトレーニングを続けてきました。


今回のFRPのレースがBBFTにとっての初レースとなりました。

このレースの参加を目標にスタートを切りましたが、なんとか最初の目標を達成できました。

2on2ディビジョン3ではバルカ&こあ(チームBK)がデビューレースで優勝という嬉しいい結果がついてきました。

同じくデビューのシキは1ジャンプチャレンジで見事完走。


フライボールでもBBFTはバウンドバウらしく多犬種でした。

ラブラドールレトリバー、ボーダーコリー、ウイペット、コーイケルフォンデュエ、ミニチュアシュナウザー、シベリアンハスキーの6犬種。

マルチブリードチームか(4on4で4頭とも違う犬種)でに参加も良いですね~!


BBFT(バウンドバウフライボールチーム)の初レース。

無事終了。

バウンドバウメンバーも応援にかけつけてくれ、一緒にレースを楽しみましたました。

応援心強かったです。


そして、エキサイティングな1日が終わりました。



次は12月27日。

来年から2021年FRPシリーズ戦がスタートします。

楽しみいっぱいのフライボールです。

127797898_518863542404043_28584287875864






| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

BOBディスクドッグトーナメント2020秋

2020年11月23日

BOBディスクドッグトーナメントを開催しました。

15回目の開催になる歴史あるディスクドッグゲームです。

ここ数年は年2回開催に増えました。


BOBとはベスト・オブ・ブリードのこと。

犬種別のディスクドッグゲームがあってもいいにでは?

ということで始まった犬種別のチャンピオンを決めるディスクドッグゲーム。


JDDN(ジャパン・ディスクドッグ・ナショナル)のゲームシリーズの一つです。

バウンドバウが運営、BBフィールドで行っています。

最もバウンドバウらしいディスクドッグゲームですね。


今回もフリースタイルは14カテゴリー、30頭の参加がありました。

トス&フェチにも多犬種のエントリーがありました。

ラーチャー部門にはSONYの子供たちが8チームの大量エントリー。

兄弟対決面白かったです。

そして、各犬種ごとのチャンピオンが誕生しました。


ディスクドッグの世界では少数犬種といわれる犬とチームを組み、日々トレーニングを重ねてディスクドッグとしてこのゲームに参加すること。

とても素敵ですね。



犬種によっては1頭だけのことも多々あります。

そんな1頭を誇りに思います。

連勝記録挑戦というチームもいます。

我がSONYもウイペット部門で9連覇中です。


インターネットで行うオンラインゲームも同時開催できれば楽しいいです。

日本中、世界中の個性豊かな少数犬種も参加できます。

やってみたいですね~。




我が犬種がNO1!

各犬種のプライドをもって戦った1日。

いろいろな犬種の頑張る姿に感動。

次回、また春にお会いしましょう。

126902321_2469157846718533_5220963216507









| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

LKCスポットライトカップ参戦記

11月22日(日)

LKCスポットライトカップでした。

STEP&FLYとして行われてきたLKCのドッグダンスコンペティション。

今回は照明演出で行われる『スポットライトカップ』という新たなスタイルのコンペティションです。


沢山報告したいことがありますが、今回は我がチーム『HIRO&バルカ』の参戦記を書きます。



バウンドバウでルツカ・スペシャル・セミナーが行われてから約1か月がたちました。

私&バルカチームはこのセミナーを機に今まで数年間使ってきた曲を変更。

新たなイメージでルーティーンを一から作ることになりました。


その後ルツカのクリニックに週一で参加してトレーニングを行いました。

実際にルーティーンを作り始めたのが2週間前。

ルーティーンが完成したのがコンペティションの3日前。

何とか間に合いました。

細かいところはまだまだですが・・・・



今回エントリーしたクラスは『アドバンス・トリーツクラス』。

今まではビギナークラスに出ていましたが、ついにアドバンスクラスににステップアップ。

このクラスは活躍しているトップレベルのチームが集まっています。

大ベテランの方もいます。




そんな状況の中、コンペティション当日を迎えました。

プログラムが進んでいき私の出るアドバンストリーツクラスになりました。

さすがアドバンスに出るチームはレベルが高い!


私のチームがコールされました。

曲も聞き込んだし、イメージトレーニングも繰り返しやったし・・・・・

「よし!あとは思いっきり楽しむだけ」

そんな気持ちでリングに入りました。

「おぉ~!スポットライトがあたっているぞ」

「なんか楽しいぞ~」

「曲もよく聞こえているぞ」


あっという間の3分間。

バルカと楽しめました。


結果は11チーム中、まさかの4位。

びっくり!

トップ3のハンドラーは大ベテランやチャンピオン経験者です。

「もうちょっとで表初台だったのにね」

「おしかったね」

なんて声をかけられましたが、いやいや十分良い結果でした。




今回短い時間でしたがコンペティションに向けてトレーニングをしてきました。

K9ダンシングって何?

バルカの良さって何なの?

いろいろ考えた1か月でした。

K9ダンシングと初めて正面から向き合った、充実した1か月でした。

トレーニングの大切さや楽しさも改めて感じました。


バルカまだ8歳。

K9ダンシングの楽しさがちょっとわかってしまったHIROです。

次の目標に向けてやっていきます。

126844017_416920869449362_23986316751946
会場のカボッチャ
ライトアップされています













| | コメント (0)

より以前の記事一覧