大会

2017年4月25日 (火)

四万十ディスクドッグカップ終了

昨日の午前10時すぎに四万十より、無事戻って来ました。



私自身は2010年から参加の四万十カップ。

遠征の楽しさを知り、以後毎年、中毒のように四万十カップに参加しています。


その中毒の原因は・・・・・

もちろんゲームのオーガナイザーのレベルの高さや、参加チームの意識レベルの高さが、
質の高いゲームを作っていて、参加することにワクワクする数少ないゲームの一つである
ことは間違い在りません。


そしてそれだけではない、中毒の原因のもう一つ。


それは・・・・・

いつも暖かく迎えてくれる、地元のプレーヤーやスタッフが待っていてくれること。

いつもいつも、遠くから訪れる私たちに、心のこもったおもてなしをしてくれます。

行政の四万十市も、力強く私たちをバックアップしてくれています。

忘れてはいけない四万十グルメ。


ディスクドッグッグゲームに出る・・・・・ということだけにとどまらないで、
色々な複合的な要素が合体して、四万十カップの魅力になっているのだと思います。




結果はライブ中継や速報で、ご存知方も多いと思いますが結果発表。

優勝
平井皇介&ジェイク

1ラウンド、2ラウンド、決勝ラウンドとも決めきり、
他のチームを寄せ付けない完全勝利でした。



オープンフリースタイルには、過去最高の40チームの参加がありました。

久しぶりの九州チームの多数参加もあり、北海道から九州までの参加チームがそろいました。


そんな中、ビッグネームの難波氏が2頭のパートナー犬を連れて、西日本発遠征や、
北海道のビッグネーム、竹原氏の長期長距離の遠征などあり、話題に事欠かない、
今年の四万十カップ。

九州といえば、四万十カップで私が見たかったチームの一つ。

『YASUDA SHINJI&サム』チーム

未完成な部分を多く残していても、そのチームのポテンシャルは他を圧倒する
パワーを持っていました。

「清々しさ」というのか「華やかさ」というのか
パワーの中に、何とも言えない魅力を感じました


プレーヤーの安田さんは、2005年、“ハーツ”というボーダーコリーで日本人初(アジア人発)の
USDDNワールドチャンピオンを達成。

2009年には2度目のワールドファイナルに参加。
その時は“ヘニオ”というボーダーコリーでワールドファイナリストに。

そして今年、“サム”というMIX犬でUSDDNワールドファイナルクオリファイ(出場権)を獲得。

USDDNワールドファイナルに行けば、一人のプレーヤーで、3頭目のパトナードッグと参加、
という、日本人では平井寧氏に継ぐ快挙を達します。



個性豊かな九州チームの多数参加でやり華やかさが増した今年の四万十カップでした。

ベストフリースタイラーは、異色の個性を放っていた九州のベテランチーム、
『宮本&ランギ』チームでした。




終わって地元に帰ってきても、さらに感動が続いている四万十カップです。

そして、あらためて遠征の意義を考えています。

「たくさんのディスクドッグ仲間」

「本気で競い合うことの出来るライバル」

「感動の共有」

「そして感謝」


今年もまた、感動の『四万十カップ』に参加できたことを幸せに思います。


地元SDDC(四国ディスクドッグクラブ)の皆さん、
ジャッジや大会運営のスタッフに感謝いたします。

Dscf22301_500x333


  P,S,
  SONYの四万十カップ参戦記は後ほど


続きを読む "四万十ディスクドッグカップ終了"

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

四万十に向けて出発

4月22日(土)~23日(日)に行われる、『四万十カップ』に向けて出発します。


今年最初のJDDNディスクドッグのビッグゲーム。
USDDNワールドファイナルのクオリファイゲームになります。


ここから2017シーズンの戦いが本格的にスターとします。

四国の高知県、四万十市で行われます。

北は北海道、南は九州。
全国から、オープンフリースタイルに40チームのエントリー。

2日間熱い戦いが繰り広げられます。



我が家は、私&SONY(ウイペット)、NOBUKO&バルカ(ラブラドールレトリバー)、
そして今回はガッシュ(MIX)がメジャーゲームデビューをします。

SONYも四万十カップデビューになります。



四万十カップのもう一つの楽しみが、美味しい四万十グルメ。
鰹の塩たたきに始まり、天然うなぎ他、色々楽しみです。


そして私たちを暖かく迎えてくれる、SDDC(四国ディスクドッグクラブ)主催の、
ウェルカムパーティー。


四万十カップならではの魅力がたくさん。

その魅力に誘われるように、毎年片道1100kmの遠征をしてしまいます。



すでに出発しているチームや、もう到着しているチームもいるかな。
飛行機でやってくるチームは金曜日出発かな?



皆さんのお会いできるのを楽しみにしています。

四万十カップおもいっきり楽しみましょう。

13087650_825045940935043_2957044951
昨年まではギャンブーと参加



タイムスケジュール

4月21 ⽇(⾦)

12:00 会場設営(設営終了次第オープンフィールド)

14:00 トス&フェチ 予選R & 決勝R


4月22 ⽇(土)

09:00 サインアップ
09:30 プレイヤーズミーティング
10:00 SuperProToss&Fetch 予選R
11:30 D1 1R Freestyle
15:00 D1 2R Toss&Fetch
18:45 ウェルカムパーティー & 初⽇成績発表


4 月23 ⽇(⽇)
08:45 サインアップ
09:00 プレイヤーズミーティング
09:30 D1 決勝R Freestyle(TOP11 まで)
12:00 ディスクドッグ体験&プレゼントタイム(観客参加イベント)
12:30 D1 決勝R Freestyle(TOP10)
13:30 SuperProToss&Fetch 決勝R(TOP15 のみ)
14:15 ボランティアDemo(ディスクドッグ&K9 フリースタイル)
16:30 表彰式

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

秋が瀬ディスクドッグ・ア・ゴー!ゴー!終了

昨日行われた『JADC Disc Dog A GO! GO!』
天気も良く、風も微風の絶好のディスク日和になりました。

桜もちらほら咲き出したようで、バーベキューを楽しむ人たちで、
大賑わいの秋が瀬公園でした。


ゲームはオープンフリースタイルに30チームのエントリー。
プロトス&フェチ、ルアーコーシングもたくさんのエントリーがありました。



オープンフリースタイルはパムマーチン方式(1Rフリースタイルと2Rトス&フェチを交互に行う)
で行われました。


JDDN今シーズン初めてのゲーム。

ADDC(アジアチャンピオンシップ)やドグタウンカップス以来、
数ヶ月ぶりのゲームのチームも多くいました。


そんな中実力を見せたのは、ベテランチームでした。

結果は速報でご存知の方も多いと思いますが発表しておきます」。

優勝 難波&アルマ

2位 川上&ナギ

3位 二見&セドナ

実力のある3チームが表彰台を獲得しました。
やっぱり強いです!
スゴイ安定度です!



今回のオープンフリースタイルはボーダーコリーが上位を独占する形で終了しました。

近年のJDDNは、スポーティングMIXを含め、多犬種の活躍が目覚しく、
今回のようなボーダーコリーな大活躍は、またさらにディスクドッグを面白くしてくれると
思います。

上位のボーダーコリーのプレーヤーは、新しい表現を研究し、進化を続けていました。




ルアーコーシング。

今回のJADC Disc Dog A GO! GOでは、ルアーコーシングに本格参戦しているチームの
参加がありました。

50mを3秒39(SONYは3秒42)で走るウイペットも参加していました。

速いチームが多数参加したことによって、さらに面白くなって来ました。


SONYの親子&子供対決は、今回も父親の面目を保ってSONYが1位でした。

SONYはディスクを3ラウンドやった後なので、疲れもあるのかと思いましたが、
影響はなかったようです。


今後のレース参加を踏まえて、今回は私が呼び込みをしないでリリーサーをしました。
SONYの子供たちも同じようにしてチャレンジ。

結果はルアーに集中しきっていてまったく問題ありませんでした。


ゴールしたときに笑顔がいっぱいのルアーコーシング。
ゲームの最後がルアーコーシングで終わることで、みんな笑顔で終了することが出来ました。


面白かった。
やっぱりディスクドッグゲームは楽しいです。


次回は4月22日~23日
四国で行われ『四万十カップ』です。


  P.S.
  長文になりましたので、SONYとバルカの参戦記は後ほど書きます

17499127_1459692127427610_786319252
天気は上々
プレーヤーズミーティング(MCは伸吾)

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

明日はJADC Disc Dog A GO! GO!

2017シーズンもJDDNディスクドッグゲームが開幕します。

すでに西日本交流戦など行われていますが、関東圏では最初のゲームになります。



毎年スタートはこのゲームから。

『JADC Disc Dog A GO! GO!』

場所もいつもの埼玉県秋が瀬公園です。


大切な初戦2017シーズンを占うゲームです。

各チーム、シーズンオフに作りかえた新しい2017年バージョンのルーティーンの
お披露目になります。

シーズン最初のゲームですので、荒れた展開になる事も多々あり、その中でチャンスを
掴んだチームが流れに乗っていくパターンを見てきました。

シーズン初めで完成度が完全ではないチームが多い中、
決めきったチームが結果を残す展開になると思われます。

どのチームが、どんなルーティーンを見せてくれるのか今から楽しみです。




私はSONYとオープンフリースタイルと、ルアーコーシングに参加します。


JDDNのディスクドッグゲームはADDC(アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ)以来
やく4ヶ月ぶりになります。

本当に久々ですね。

ゲームプランをしっかり立て、自分のゲームをすることに集中して望みたいと思います。


ルアーコーシングは、今回もSONYの親子兄弟対決が実現します。
僅差の勝負になると思います。

ベストなリリースタイミングと、頭が上がらないリリースを決めて、
ベストタイムを出したいと思います。

こちらも楽しみです。


2017年シーズンスタート!!!

15325234_969719079801061_25560041_2

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

我が家のアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ(ADDC)についての報告は昨日のブログで書きました。

今回は、自分たちのADDCについて書きます。



私&SONYチーム。

まだまだ未完成。

それでもSONYのポテンシャルで、ハイレベルなチームの中で、
順位はなんとか中盤のグループにとどまっています。

今回はとにかくSONYの速いスピードにあおられずに、ルーティーンを行うこと。
という目標で望みました。

少しは落ち着いて出来たかな?

SONYのドライブはGOODです。

秋からやってきたトス&フェチでのレトリーブは何とか競技レベルになってきました。


来年の5月で2年目に入るHIRO&SONYチームです。

このシーズンオフにトリックを作りこみ、SONYを魅せられるルーティーンを完成させる事が、
春までの大きな目標です。

プレーヤーの私のスキルアップも緊急の課題です。



NOBUKO&ガッシュ

11月にNOBUKOと新コンビを組み始めたガッシュ。
ガッシュにとってはメジャーゲームデビューになります。

ルーティーンのないまま、出来るトリックをつないでのディビジョン2での参加になります。

結果は、ディビジョン2優勝。

結果よりもガッシュのポテンシャルを、少しでも見せられたことがGOODでした。
曲の流れるコートの中でも、フリースタイルの2分間も集中していました。

今後の活躍に期待しています。

Img_80821



NOBUKO&バルカ

ヨーロッパチャンピオンシップで成長し、好調を維持してきたこのチームですが、
今回は決めきることの出来ないゲーム展開になってしまいました。

それでも1年かけて作りこんだルーティーンは、しっかりやりきりました。
ミスはあったものの、時間をかけて作り上げたルーティーンは安心してみていられました。



来シーズンに向けて・・・・・!

トリックを作りこみ、ルーティーンを作りこみ、さらにブラッシュアップして、
新しいアイデアを考え、さらに作りこんで、ブラッシュアップして・・・・・

プレーヤーがスキルアップ、そして発想を豊かにして、経験値を上げ、さらにスキルアップ。

これらをどこまでできるかで、来シーズンの立ち位置が変わってくると思います。



ワールドチャンピオン達成後のインタビューでの、MONAの言葉が印象的です。

「どんなときも、ライカとのトレーニングを大変だとに思ったことはありません」
「トレーニングを楽しんでやってきた結果だと思います」


SONYとのおおきな目標は決まりました。

次の夢に向かってスタート!

15325234_969719079801061_25560041_2

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ終了

12月3日(土)~4日(日)は『アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ』(ADDC)でした。

Addc


2014年からおこなわれ、今年で3回目になります。

過去の2回は中国の成都で行われて来ました。

昨年私は、ケイナインジャッジとして成都を訪れていました。
私自身初めての中国。
その印象は、いまでも強烈に残っています。

そして2016年。
今年は日本の千葉県で開催。

今年最後のビッグゲーム。
そして国際大会。
アジアチャンピオンをかけての熱い戦いが行われました。

アジアの頂点にたったのは、

優勝 MONA&ハリボー

2位 二見&セドナ

3位 難波&ソル

でした。


MONA&ハリボーチームは、1ラウンドフリースタイルをノーミス、
2ラウンドトス&フェチを22.5ポイントのパーフェクトで初日を終了。


後は決勝ラウンド終了のとき、何ポイントまでポイントを伸ばしてくるのか・・・・
135ポイントは、超えてくるのか・・・・・
もしかして歴代最高ポイントを更新してくるのか・・・・・

結果は137.56ポイント。
史上3チーム目になる、ブルーリボン(最高グレード)を達成。


それと共にMONA自身が、歴史に残る大記録を達成しました。
一人のプレーヤーで、4頭目のラディカルボンズ(メジャーゲームでのチャンピオン)を達成。

トア(ベルジアンシェパード・マリノア)ドグタウンカップチャンピオン他

ライカ(ベルジアンシェパード・マリノア)USDDNワールドチャンピオン他

ペッパー(小型MIX)アジアチャンピオン他

ハリボー(中型MIX)アジアチャンピオン

すごい記録です。

その歴史的瞬間を、同じゲームに参加して、同じフィールドで、
感動を共有できたことを幸せに思います。


また、このゲームのフリースタイル最高ポイントをたたき出した、二見&セドナチームの
決勝ラウンド、難波’ソルチームの勝負強さも強く印象に残りました。



ADDC2016は來シーズンに向けてのビジョンを明確にするゲームでもありました。

2017年、どんなチャレンジを、どんなルーティーンで、どんなチームで、どんな情熱で・・・・

参加チームの皆さんは新しい目標に向かって動き始めたことと思います。


私自身は、2年目を迎えるSONYとの新たなチャレンジの年になります。
ADDC参加で、よいスタートがきれました。



来年はまた、中国で開催のADDC。

楽しみです。

  P.S.
  ADDCの写真をブログマイフォトにアップしてあります(上位チームのみ)

Img_81441_2

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグトーナメント終了

私の好きなディスクドッグゲームの一つ、
BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグトーナメントが終了しました。

年に1回、その年の犬種別のディスクドッグチャンピオンを決めるゲームです。
フリースタイルは、D2ルール(フリースタイル1ラウンド、トス&フェチ1ラウンド)で
行われました。

場所は、わがホームグラウンドのBBフィールドです。
このゲームに最もふさわしいグランドです。


今年は8犬種の参加がありました。

『ボーダーコリー』はもちろん、
『ラブラドールレトリバー』、
『オーストラリアンキャトルドッグ』、
『ダッジシェパード』、
『エアデールテリア』、
『MIX』(スポーティングミックス)。

そして今回初出場の犬種、
『スタッフォードシャーブルテリア』、
そして
『ウイペット』。

バラエティーにとんだ8犬種です。

8チームのチャンピオンが誕生しました。


私はバウンドバウを通じて、ディスクドッグの犬種について、色々と伝えて来ました。

以前にもこのブログに書きました。

「ディスクドッグは○○(犬種)が一番だよ」

「□□(犬種)でないと勝てないよね」

中には
「△△(犬種)はもう時代遅れだよ」

などという言葉を耳にしたことがありました。



それではUSDDNのワールドチャンピオンの犬種はどんな犬種なのかを見てみましょう。

私の参加した10年間の10回で見ると、

ボーダーコリー⇒3回

オーストラリアンキャトルドッグ⇒2回

ベルジアンシェパード・マリノア⇒2回

MIXブリード⇒3回

となっています。

この結果は、それぞれ意見や想いがありますので、判断はそれぞれにお任せします。



話がずれてしまいましたが、自分の犬を輝かせたいという思いがあります。

「○○(犬種)はこんな素晴らしいところがある」

「△△(犬種)ってスゴイよ」

そんな思いを具体化したゲームがBOBディスクドッグトーナメントです。

過去のBOBではたくさんの犬種が活躍してきました。

このブログでは、そんな輝いていた、色々な犬種の犬達を紹介していきたいと思っています。

24jl7e0420_1
エアデールテリアのマトラ
2010,2011,のBOBエアデールテリアチャンピオン

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

ドグタウンカップス終了

終了しました。

「終わってしまったか・・・・・!」

というのが正直な気持ちです。

何か心の一部分が空っぽになったような・・・・・


毎年このゲームを目標にディスクドッグを続けているプレーヤーは多いと思います。
遠方のチームは大遠征で群馬にやってきます。

年に一度、すべてに特別な『ドグタウンカップ』です。


今年は80チームのディスクドッグのフリースタイルチームが、
群馬県の前橋市の集結しました。

北は北海道、南は九州鹿児島まで。

そしてインビテーショナルには、アジア代表チームが中国の上海から、
ヨーロッパ代表チームがスロバキア共和国からやってきました。


今年もハイレベルな戦いが繰り広げられました。
チャンピオンの中のチャンピオンを決めるにふさわしい感動のゲームになりました。



今年から行われるインビテーショナル。
(アジア、ヨーロッパ、アメリカの予選を勝ち抜いたトップチームと、日本のメジャーゲームのトップ3のチームで行われます)

そのインビテーショナルのチャンピオンと、通常のドグタウンカップのチャンピオンが、
最後にもう1ラウンド、フリースタイルを行い、総合チャンピオンを決定します。


その2チームは

『皇介&ジェイク』VS『ルツカ&ライオ』


すべてのギャラリー、すべての参加プレーヤー、すべてのジャッジングスタッフ見守るなか、緊張の一発勝負のサドンデスが始まりました。

結果は『皇介&ジェイク』の勝利で終了しました。


会場はしばらくの間、歓声ひびきわたり、拍手が鳴り止みませんでした。

そして涙、そして笑顔、が入り混じった感激に変わっていきました。



終わってしまったか・・・・・
感動をありがとう!

来年のドグタウンカップでの再会を約束して、それぞれの思いで帰路に着きました。

14355742_10153868521300924_61152566

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

ドグタウンカップ2016

いよいよ明日から、3日間『ドグタウンカップ2016』が行われます。

ヨーロッパチャンピオンシップの興奮が続く中、ドグタウンカップが始まります。


今年からインビテーショナルといわれる、世界の予選及び、
国内メジャーゲームで参加資格を得たトップチームによる、
最高クラスのゲームがスタートします。

今年は10チームが参加資格を獲得。

ワールドチャンピオン3チーム。
ドグタウンカップ7チーム、
ヨーロッパチャンピオン、全米チャンピオン、アジアチャンピオン、
ビッグタイトルホルダーが参加します。

楽しみです。

国際大会となるドグタウンカップ2016。

フリースタイルのエントリーは約80チームになる、名実共に日本の、
いや世界のトップレベルのビッグゲームです。


我がチームとしては、SONY(ウイペット)がドグタウンカップ初参加になります。

アデル(エアデールテリア)⇒マトラ(エアデールテリア)⇒ギャンブー(MIX)
そしてSONYです。

14年前の2003年、第2回ドグタウンカップからの参加です。


海外、国内の遠方からのチームも到着しています。
いま向かっているチームも多いと思います。


ドグタウンカップ2016、思いっきり楽しみたいと思います。

14222284_647557548733707_5576851172

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

ダブルトロフィー結果報告

ヨーロッパチャンピオンシップが行われている週末、日本では毎年恒例の
『ダブルトロフィー』ディスクドッグゲームが行われていました。

ダブルトロフィー今年は1後で2つのトロフィーを争うハードなゲームです。
『ランブルドッグス・トロフィー』と『バウンドバウ・トロフィー』



結果は“二見&セドナ”チームが、両トロフィーとも優勝するという、
圧倒的な強さで完全制覇を達成して終了しました。

ランブルドッグス・トロフィー
 優勝 二見セドナ
 2位 藤井&ミゼット
 3位 清水&キャップ

バウンドバウ・トロフィー
 優勝 二見&セドナ
 2位 木村&ケイレブ
 3位 清水&キャップ

という結果でした。


ヨーロッパ遠征組みのいない中でのゲーム。
どんなゲームになるのか?

終わってみれば、ハイレベルで、緊張感をともなった、見ごたえのあるゲームでした。

2016シーズンも終盤になり、1年間の進化を見ることの出来たゲームでした。

ディスクドッグの進化は日進月歩。
どんな情報を得て、どんなトレーニングを積んできたのかが問われるシーズン後半。




そして、今週末はいよいよドグタウンカップ。

10月になればUSDDNワールドファイナル。
11月は中国でのアジアチャンピオンシップ。


さあ!2016シーズン、ラストスパートです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧