大会

2018年5月 6日 (日)

京都HDLトロフィー報告 

5日間の京都遠征から帰ってきました。

第4回HDLトロフィーに参加のため2日に出発。
ゲームを終えて、今日の午後帰宅しました。

4泊5日(車中泊2泊)総走行距離1400㎞でした。
.
.

HDLトロフィーの魅力はたくさんあります。

素晴らしいフィールド。
質の高いゲーム。
地元HDLの方のおもてなし。

など魅力を上げればきりがありません。
.

.

ゲームの結果は3ラウンドともほぼパーフェクトに決め切った、
ルツカ&ミーガンチームの2連覇で終了。

プレッシャーのかかる決勝ラウンドも、1ミス(なんと最後の1投)決め切りました。

準優勝の俊介&ガッツは決勝ラウンドのベストポイントを出し追い上げる展開に。
逆転なるのか?
という展開に・・・・・

そんな中、ルツカ&ミーガンチームも強かった。

素晴らしいゲームに感動。

詳しいリザルトはドグタウンHPにアップされます。


私&SONYのHDLトロフィーですが、1週間前ルーティーンを変更しての初ゲームでした。

強風のコンディションエクスキューションを上げ、2ラウンドトス&フェチを決めれば
チャンスがあります。

1、2ラウンド終了時点で12位となんとか踏みとどまったかな。
トップ10セレモニーまではまだ遠いです。

決勝ラウンドも大きな崩れはなく終了しました。

中盤の団子状態の中にとどまりました(16位)。

まだまだ発展途中のSONYチーム。

YACHIアドバイスももらうことができ、次に向けてやっていきます。


今回のもう一つのお楽しみ。

4回目にして初参加の前夜祭。

いつもはゲーム当日の朝に到着で、前夜祭は出られませんでした。
今年はゲーム前日入りで参加。

楽しみました。

ウエルカムパーティー(ゲーム1日目終了後)
ドレスコードも楽しみました。

打ち上げも最高に楽しかったです。



京都から帰って思ったこと。

ディスクドッグのゲームは近県でも行われています。

ではなぜ時間と、労力、そしてお金をかけてで遠くまでいくのか・・・・?

長文になりましたので後で書きますね。

HDLメンバーの皆さん、DTFスタッフの皆さん、参加の皆さん、ギャラリーの皆さん
ありがとうございました。

31949627_435880106851725_2818654261

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

京都HDLトロフィーに向けて出発

ディスクドッグシーズンが始まり、先月の四国『四万十カップ』に続いて
今月は京都『HDLトロフィー』です。

USDDNワールドファイナルのクオリファイのかかった、JDDNメジャーゲームです。

このディスクドッグゲームも私にの大好きなゲームの一つです。
素晴らしいフィールドと、京都ならではの格式のあるおもてなしが魅力です。

今年はゲーム前日の前夜祭から参加することができます。
こちらは初参加。

楽しみです。

今回の遠征は、往復の移動も入れて5日間の遠征になります。


出不精な私がディスクドッグを始めて遠征する楽しみを知りました。

四国・・・・遠い~!

京都・・・遠い~!

でも、楽しい~!
.

以前、このブログで書きましたが

「遠征は犬やプレーヤーを強くする」

「遠征はチームを育てる」

などを実感しています。

自分のディスクドッグのゲーム感を育てるのにも遠征が欠かせません。


熱いゲームが待っています。


まもなく出発です。

18740799_1229978333778408_920758331
去年の集合写真

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

SONYの四万十カップ参戦記

先週の木曜日の12日に出発。
帰宅は月曜日の16日夕方。
4泊5日(内車中泊2泊)のスケジュールで行ってきました。

行きは23時間、帰りは20時間のロングドライブ。

まあ急げばもっと早く(昨年は14時間で帰ってきました)なるのですが、
これが毎年の我が家のパターンになっています。




さて、SONYの四万十カップです。

一週間前の秋ヶ瀬ディスクドッグアゴーゴーの時の課題は何とかクリアしたかな?。


フリースタイル1ラウンド、3ラウンドのエクスキューションは8.73と8.18。
強風の中何とか踏みとどまりました。


2ラウンドトス&フェチは6投キャッチで17.5ポイント。
もう少し伸ばしたいところでしたが、強風の中こちらも何とか踏みとどまったのかな。、


結果は16位。
110ポイント越えのパープルのグレードリボンを獲得。

今後につながる、SONYメジャーゲームでの初のパープルリボンでした。


参加チームのレベルが高く、ちょっとしたミスで順位が入れ替わる
メジャーゲームらしい緊張感のあるゲームでした。




2日間ディスクドッグの熱い戦いが終わり最後の種目ルアーコーシング。

SONYはルアーコーシングにもエントリー。

こちらは俊足を生かして、KATANAとの親子対決を0.11秒の差で勝利。

結構マジ勝負でした。



今回の四万十カップ。

SONYのUSDDNワールドファイナルクオリファイが、うっすらと、、ちょっとだけ
見えてきたゲームでした。


チャレンジし続けることで、必ずチャンスはやってくると信じています。

マトラの時(2010,2011年)も、ギャンブーの時((2015年)も、チャンスはやってきました。



四万十カップ。

私&SONY&チームにとって大変有意義なゲームでした。


SDDCのメンバー、ドグタウンスタッフ、参加したチームの皆さん、ギャラリーの皆さん、
そしていつも歓迎してくださる四万十市の皆さん。

ありがとうございました。

30729930_590204761329665_8646157861
四万十市のシンボルの赤鉄橋が見える素敵な会場です

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

第13回四万十カップ

行ってきました。
四万十カップ。


JDDNディスクドッグメジャーゲーム開幕戦は、ここからスタートです。

全国から集まったオープンフリースタイル参加チームは29チーム。

4つのUSDDNワールドファイル出場枠と、3つのドグタウンカップインインビテーショナルの
出場をかけて、2日間の熱いゲームになりました。



結果はYACHI&WOOFチームの優勝。
2位&3位はNANBA &ソル、NANBA&アルマチームでした。


コンディションは2日間とも強風&爆風。
初日は雨もあり、荒れたコンディションになりました。

温暖な南国にしては気温も上がらず、犬にはGOODコンディション。


エクスキューション(キャッチ率)と、トス&フェチの勝負になるのか・・・・・


ところが強風の中、決め切るチーム同士のレベルの高い戦いになりました。


これぞ!メジャーゲーム。

これぞ!四万十カップ。


感動と興奮の1、第13回四万十カップになりました。




ウェルカムパーティーは、今回からドレスコードにて行われました。

私もネクタイにジャケット着用で参加。


私たちが情熱をかけて行っているディスクドッグ。

そのスポーツを行うプレーヤーをの社会的な品格が、とても大切なことだと改めて感じました。


さすがフリースタイラー。

ドレスコードでおしゃれした自分を楽しんでいました。

ホテルに集まったプレーヤーは皆、輝いていました。



四万十カップ。

緊張の中に楽しさあふれる、何とも独特な空気間が魅力です。

素晴らしゲームでした。


 P.S.
 SONYの四万十カップ参戦記は後ほど

30714919_961865983969527_3142433704
ウェルカムパーティーにて

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

SONY&バルカ、バウンドバウのディスクドッグアゴーゴー

2018ディスクドッグシーズン開幕戦のディスクドッグアゴーゴー。

バウンドバウのクラブ員のJDDN初公式戦デビューもありました。
新たに3チームがデビューしました。

おめでとうございます。

地道なトレーニングを頑張ってきた結果です。

スタートラインに立ってみて、見える世界を実感していることと思います。

ゲームに出ることへの、緊張感、不安感があるのは当たり前です。
プレッシャーをはねのけゲームに出ることで,成長していくことができます。

ゲームに出て成長し、次のゲームでの目標をモチベーションとすることで、
日々のトレーニングが有意義なものになっていきます。


今回の3チームのデビューが本当に嬉しいです。




さてさてSONYとバルカのディスクドッグ・ア・ゴーゴーです。

両チームとも強風の中決めることはできず・・・・・です。

私&SONY&チームはエクスキューションが5~6、とす&フェチ6.5ポイントとまったく勝負できずに終了。

振り返れば、ほとんどのチームが決め切れない中、チャンスがあったゲームでした。


風の吹く日もあれば、雨の日もあります。
暑い日も、寒い日もあります。

アニマルスポーツであり、自然を相手に行うのがディスクドッグです。

これもディスクドッグの面白さでもあります。


ビデオで検証すると良い部分もあったので、四万十カップに向けて修正したいと思います。

参加の皆さんお疲れさまでした。

今回参加できなかったチームも次のゲームに向けてやっていきましょう。

Balca_2
SONY

Balca_1
バルカ

30515752_958836384272487_4682992637
JDDNフリースタイルデビュー セイラ(ウィペット)


| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

秋ヶ瀬ディスクドッグ・ア・ゴーゴー

いよいよJDDNのディスクドッグシーズンがやってきました。

JDDN公式戦、スタートゲームは4月8日(日)。
JADC秋ヶ瀬ディスクドッグアゴーゴーからスタート。

毎年期待と緊張の中、このゲームを迎えます。

そして今シーズンを占う大切なゲームです。


オープンフリースタイルには、30チームを超えるがエントリーがありました。

ゲーム当日、会場の埼玉秋ヶ瀬公園トリム広場は強風。
なかなかエクスキューションが上がってこない、荒れたゲーム展開になりました。

優勝はYACHI&WOOFチーム。

風がやんだのかと思うように、大きな技のを決めていました。


スタートを切ったJDDNディスクドッグシーズン2018。

今週末は四国『四万十カップ』。
USDDNワールドファイナルのクオリファイゲームです。

5月ゴールデンウイークは京都『ハッピードッグライフトロフィー』
こちらもUSDDNクオリファイゲームです。

6月末は地元群馬の『BB&DTジョイントマッチ』
とクオリファイゲームが続きます。

お~!
今回を逃すと関東圏での公式ゲームは6月末のBB&DTまでないのか・・・・・
(ローカルゲームはあるのかな?!)

これは、1ゲーム、、1ゲーム、が大事だぞ。

今回参加できてよかったです。


久々の公式ゲーム。
たのしかった~!

やっぱりディスクドッグゲーム大好き。

Akigase

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

BOBディスクドッグトーナメント終了報告

3月18日(日)に、DTFCフライボールレースシリーズ#1と同時開催で行われた、
BOBディスクドッグトーナメント。

午前はDTFCレース、午後はBOBディスクドッグトーナメントというタイムスケジュール。



ディスクドッグというドッグスポーツ。
どうしてもディスクドッグとして適合性の高い犬種の参加がメインになります。

競技として、またスポーツとして行うので、当然のことだと思います。


そんな中で少数犬種(ディスクドッグとしては珍犬種)でディスクドッグを行っている方もいます。

ディスクドッグゲームは通常犬種別でのカテゴリー分けはなく、
小型犬が別クラスであるくらいです。

BOBディスクドッグトーナメントは、犬種にスポットライトを当てた、犬種別のディスクドッグチャ
ンピオンを決めるゲームがあってもよいではないかと、9年前にスタートしました。

そして今回は10回目の記念すべきゲームを迎えました。


今までたくさんの犬種が登場しました。

そしてたくさんの犬種のチャンピオンが誕生してきました。

今回も、ウイペット、柴犬、ブリタニースパニエル、エアデールテリア、コーイケルホンヂュエ、
スタッフォードシャー・ブルテリア、オーストラリアン・キャトルドッグ、ホワイトシェパード。

もちろん、ボーダーコリー、ラブラドールレトリバー、スポーティングMIXもいます。

前回から設けたラーチャー(サイトハウンドMIX)部門もあります。

今回は、12部門の犬種別で行われました。


この中には1頭しか参加のない犬種もありました。
その1犬種の1頭は、何より輝いていました。

その犬種のディスクドッグのパイオニアでありスターです。

「何年も前に〇〇(犬種)でやっていた人がいたよね」

「ユーチューブでもう1頭(外国?)見たことあるよ」

何千頭といるディスクドッグの数千分の一なのです。

自分の好きな犬種でディスクドッグを楽しむ。

その犬種の特性を生かしてディスクドッグの可能性を追求してみる。

なんと素敵なことでしょうか。


今回も12犬種のチャンピオンが誕生しました。

改めてこのゲームの重要性を感じました。

たくさんの犬種の参加ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

DTFCレースシリーズ#1終了報告

DTFC(ドグタウン・フライボール・クラブ)初レース。

『DTFCレースシリーズ#1』
が3月18日(日)の行われました。

場所はBBフィールド特設コース。


DTFCクラブ発足から1年。
ついに記念すべき日を迎えることができました。




フライボールというドッグスポーツを、いろいろなレベルのチームが楽しめるように、
6つのカテゴリーを、DTFCオリジナルールールーで行いました。。


ギャラリーも楽しめるイベントとして、MCの解説も入れ、ショーアップしたレースになっています。


参加の犬も40頭を超え、6つのカテゴリーに50チーム(50ペア)を超える参加がありました。

第一回目DTFCフライボールレースは、大盛況でした。



会場にはコーヒーやお菓子がフリーがのテントがありの、ティータイムを楽しみながら、
レースに参加していました。

ティータイムでは他のチームの方々とのコミュニケーションや情報交換もでき、
有意義なひと時になりました。





我がSONYは、ポップスと組んで2on2レースに参加。

ベストタイム9秒2でした。
パッシングをもっともっと詰められたな。

レース結果は残念ながら3位で終了。

私にとってエキサイティングな初レースになりました。



バルカは1on1に参加。

ベストタイムは4秒4~5だったかな。
スタートタイミングでもっと詰められたかな。



夜はDTFC設立DTFC1周年のパティー。

次の1年の目標やビジョンをみんなで話しました。



初レースおもいっきり楽しみました!

「フライボールたのしいよ~」



モチベーションが上がったまま、今度の木曜日はビッグインドアでトレーニング。
土曜日はBBフィールドです。


参加の皆様、ギャラリーの皆様。
お疲れ様&ありがとうございました。

29365548_1830224710374348_446835504







| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

Bow & Arrow#2 トス&フェチトーナメント

ちょっと前、去年の12月30日。

『Bow&Arrowトス&フェチトーナメント』がBBフィールドで開催されました。

慣れ親しんだJDDNルールではなく、Bow & Arrow トス&フェチトーナメンオリジナルルール
で行われました。

60秒アンリミテッドルール。
ジャンプキャッチボーナスポイントは無し。
40ヤードにボーナスポイントのサークル。



トーナメント方式の勝ち上がりウイナーズグループです。

敗者復活トーナメント戦も行われる下剋上グループ。

それぞれのチャンピオンの一騎打ちで総合チャンピオンを決める過酷なトーナメントです。

26116346_1303685613071071_251979132


総合優勝はウイナーズグループチャンピオンのYACHI&WOOF.

下剋上チャンピオンはTAKANO&DeeDee。


なんとSONYは順調に勝ち上がり、ウイナーズ3位に入賞してしまいました。

ホームグランドのBBフィールド。

トス&フェチのみのゲームということで、プレッシャーもかからず楽しんでいましたが、
準決勝で後のチームにプレッシャーを与えるポイントをねらって、
自ら作ったプレッシャーで力が入って自滅。

トホホ・・・・・
まだまだです。


Bow & Arrow トス&フェチトーナメント、楽しかったです。
年に何回かはこんなゲームも楽しいですね。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

BOBディスクドッグ選手権

私の中で最も大切なゲームの一つ。
それが『BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグ選手権』です。

このBOB、今年でなんと9回目を迎えます!
2003年スタートの歴史あるゲームでなのです。

いよいよ今週末開催です。



このBOBは、年に一度ディスクドッグの犬種別のチャンピオンを決めるゲームです。

いつもは犬種のカテゴリー無く行われるディスクドッグゲームです。


9年前の第一回目(2009年)のBOBのときに掲げた目的を書いておきます。

「ディスクに限らず、ドッグスポーツ界では、ボーダコリーが代表的な犬種でありますが、
 他の犬種にスポットをあてる、言い換えれば、その犬の作出目的であるルーツを鑑みて
 その犬種にこだわり、その犬種の長所をアピールできるようなルーティンのフリースタイルを
 最大限に表現できる場を設けようと始めました」


ディスクドッグではメジャーではない少数の犬種でディスクドッグに
チャレンッジしているチームもいます。

そんな少数派の犬種で頑張っているチームにもタイトル獲得のチャンスです。


私もアデル(エアデールテリア)、ケイト(ビアデットコリー)マトラ(エアデールテリア)、
SONY(ウイペット)などで犬種別のチャンピオンをいただいてきました。

ギャンブーのデビュー戦もこのゲームでした。

『ベスト・オブ・○○(犬種)ディスクドッグ』

なんて呼ばれます。




バウンドバウクラブ設立以来のポリシーになっていることがあります。

それは、犬種を問わず、自分の飼っている大好きな犬とディスクドッグを楽しむこと。

もちろん、今でもそのポリシーは受け継がれています。

私自身のポリシーでもあります。

ディスクドッグの多犬種化がこの競技の発展の一翼を担っていると信じています。



そんなポリシーのおかげか、バウンドバウの犬たちを見ると
実に個性豊かな犬たち(犬種)が集まってます。

これこそがバウンドバウの個性であり、魅力になっているのだと思います。


BOBディスクドッグ選手権。

たくさんの犬種の参加をお待ちしています。


 P.S.
 夕方からは恒例のお楽しみバーベキューです。
 夜は冷えるから防寒対策をしてきてください。

Sany1141_1
第一回BOB
エアデールテリア部門でのマトラとアデル

| | コメント (0)

より以前の記事一覧