大会

2018年7月 6日 (金)

BB&DTディスクドッグゲーム2018

6月31日(金)~7月1日(日)の3日間はJDDNメジャーゲーム
『バウンドバウ&ドグタウン・ジョイントマッチ(BB&DT)』でした。


会場は大胡ぐりーんふらわー牧場特設コート。

観光ルートにある名所のため、沢山のギャラリーが来ていました。


3日間とも気温35度を超える猛暑の中行われました。

暑い!熱い!

上位4チームがUSDDNワールドファイナルの出場権を獲得できる、
クオリファイゲームを兼ねて行われるビッグゲームです。

今年2018年は韓国からのチームの参加もあり、いよいよインターナショナルなゲームに
進化したBB&DT。

もちろん日本全国からの参加もありました。
北海道から四国まで36チームが集まりました。
.
.

優勝はFUTAMI&セドナチーム。

強かったです!
.
.

バウンドバウの地元開催。
(BBフィールだから5分)

バウンドバウの冠ゲームということで、たくさんのバウンドバウメンバーチームの
エントリーがありました。

勇気を出して参加したチーム。
デビュー戦のチーム。
目標に向かって思いっきり戦ったチーム。

そんなバウンドバウメンバーに感動!
.
.

BB&DT。
もちろん素晴らしいいゲームでした。

スピーディーなジャッジング。
華やかさ、緊張感、楽しさが、融合した空気間。

これこそがJDDNゲーム。
BB&DTです。


熱い戦いがが終わりました。

お疲れさまでした。

 バウンドバウのサプライズ。
 BBディスプレイチームの報告は後ほどしますね。

36387176_1011231852366273_332001129
ドレスコードのウエルカムパーティー












| | コメント (1)

2018年6月20日 (水)

第3回オンデマンドトロフィーズ

6月17日(日)は、JDDNオンデマンドトロフィーズ・ディスクドッグゲームでした。

オンデマンドトロフィーズは全国9つのリジョンによって行われる、
ディスクドッグフリースタイルゲームです。

ジャッジはインターネットで送られる映像で、ジャッジ本部が随時行います。

ジャッジは3人のワールドチャンピオンはが行い、さらに各チームごとにコメントあり、
という何とも嬉しいシステムになっています。


札幌リジョン、道東リジョン、北関東リジョン、埼玉北リジョン、関東セントラルビジョン、
中部ビジョン、関西ビジョン、四国ビジョン、九州にジョン、

の9つのビジョンで行われました。

参加チームは50チームを超えました。

第3回オンデマンドトロフィーズチャンピオンは、
「UCHIDA&テッドチーム」(関東セントラルビジョン)

初優勝!

全チームのプレーがインターネットで見ることが出来、ジャッジコメントも見ることが出来ます。

また、各リジョン上位3チームの合計ポイントで争う、リジョンコンペ(対抗戦)も行われました。

こちらは
1位 関東セントラルビジョン
2位 埼玉北リジョン
3位 四国リジョン

我が、関東北リジョンは4位になりました。


各リジョン、ミニゲームや、ドッグスポーツ体験会、ドッグスポーツセミナー、など、
同時開催され、1日楽しいイベントになりました。



いやはや、何ともすごいゲームができたものです。

最先端のインターネット運用システムと、ワールドチャンピオンが行うレベルの高い
ジャッジシステムの融合が可能にしたオンデマンドトロフィーズ。

また、各リジョンの映像配信、ゲーム運営など現場の準備もあって、
素晴らしいゲームになりました。



ジャッジの皆さん、本部スタッフの皆さん、各リジョンの運営スタッフの皆さん、
参加したチームに皆さん。

お疲れさまでした。

ありがとうございました。

35477088_998190960337029_1068197025















| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

DTFCレース#2終了

昨日の6月3日(日)
DTFC(ドグタウンフライボールクラブ)レース#2がBBフィールドで行われました。

この日は午前中はDTFCレース#2、
午後はアレナ・スモリコバウイーク最終日ドッグダンスコンペティション、
さらに夕方からディスクドッグフリースタイスデモセッション。

という豪華3本立て行われました。

3種類のドッグスポーツを行う濃~い1日でした。

「楽しかった~!」



まずはDTFCレース#2の報告から。

3月18日にDTFC発足1周年を記念して開催されたDTFCレース#1から2ヶ月半。

待ちに待ってついに2回目の開催になりました。


その間DTFCでは、早朝トレーニングにナイタートレーニングを行ってきました。

その成果もありメンバーみんながステップアップして、レース#2に参加することが出来ました。


リコールチャレンジ 18エントリー(6)
ゼロチャレンジ 16エントリー(5)
1ジャンプフルランチャレンジ 6エントリー(3)
1ジャンプフルランレース 2エントリー(2)
2ジャンプフルランレ-ス 6エントリー(3)
1on1レース 4エントリー(3)
2on2レース 6エントリー(3)

全58エントリー5(カッコ内はDTFCチーム)

初心者からベテランまで楽しめる7種目で行われました。
(DTFCオリジナルルール)


今回はレース開設&進行にMCを導入。

ギャラリーが楽しめるショーアップしたレースを目指し、
新しいレースのスタイルを確立してきたいと思っています。




さて、我が家のフライボールドッグたち、SONY、バルカ、ガッシュのDTFCレース#2です。

SONYは前回同様ポップスとチームを組んで2on2レースへ参加。

バルカはミジェットとラブラドールチームで2on2レースに参加。

ガッシュはリコールチャレンジに参加。



SONY&POPSチーム。
チーム名は「SPレーサー」です。

今回は私がPOPSのハンドリングをし、SONYは皇介がハンドリングを行う、
変則スタイルで参戦。

前回のレース以降このスタイルで練習を積んできて、タイムも上がってきています。

そして本番のレースでも確実にタイムアップしていました。


結果は2on2レース優勝できました。

SONY&POPSのベストタイムは8秒787.。
2on2のベストタイムでした。


前回はミスが多くありレースを戦うことが出来ないまま終了してしまいました。

ミスを無くしてタイムアップの練習をしてきました。

結果1ミス(ハンドラーがEJSをこえた)のみ。


今回のレースではプロップは使わず、今後のレースを見据えて行いました。



バルカ&ミジェットのラブラドールコンビ「チームLOVE、LAB」

安定したレースで4位でした。


ガッシュのリコールチャレンジはの4ジャンプで1秒75。
2位になりました。

ガッシュも結構早いです。



DTFCレース#2。

熱くなりました~!
燃えました~!

楽しみました~!


次に向けてGO!

Dtfc
参加の皆さんの集合写真

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

京都HDLトロフィー報告 

5日間の京都遠征から帰ってきました。

第4回HDLトロフィーに参加のため2日に出発。
ゲームを終えて、今日の午後帰宅しました。

4泊5日(車中泊2泊)総走行距離1400㎞でした。
.
.

HDLトロフィーの魅力はたくさんあります。

素晴らしいフィールド。
質の高いゲーム。
地元HDLの方のおもてなし。

など魅力を上げればきりがありません。
.

.

ゲームの結果は3ラウンドともほぼパーフェクトに決め切った、
ルツカ&ミーガンチームの2連覇で終了。

プレッシャーのかかる決勝ラウンドも、1ミス(なんと最後の1投)決め切りました。

準優勝の俊介&ガッツは決勝ラウンドのベストポイントを出し追い上げる展開に。
逆転なるのか?
という展開に・・・・・

そんな中、ルツカ&ミーガンチームも強かった。

素晴らしいゲームに感動。

詳しいリザルトはドグタウンHPにアップされます。


私&SONYのHDLトロフィーですが、1週間前ルーティーンを変更しての初ゲームでした。

強風のコンディションエクスキューションを上げ、2ラウンドトス&フェチを決めれば
チャンスがあります。

1、2ラウンド終了時点で12位となんとか踏みとどまったかな。
トップ10セレモニーまではまだ遠いです。

決勝ラウンドも大きな崩れはなく終了しました。

中盤の団子状態の中にとどまりました(16位)。

まだまだ発展途中のSONYチーム。

YACHIアドバイスももらうことができ、次に向けてやっていきます。


今回のもう一つのお楽しみ。

4回目にして初参加の前夜祭。

いつもはゲーム当日の朝に到着で、前夜祭は出られませんでした。
今年はゲーム前日入りで参加。

楽しみました。

ウエルカムパーティー(ゲーム1日目終了後)
ドレスコードも楽しみました。

打ち上げも最高に楽しかったです。



京都から帰って思ったこと。

ディスクドッグのゲームは近県でも行われています。

ではなぜ時間と、労力、そしてお金をかけてで遠くまでいくのか・・・・?

長文になりましたので後で書きますね。

HDLメンバーの皆さん、DTFスタッフの皆さん、参加の皆さん、ギャラリーの皆さん
ありがとうございました。

31949627_435880106851725_2818654261

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

京都HDLトロフィーに向けて出発

ディスクドッグシーズンが始まり、先月の四国『四万十カップ』に続いて
今月は京都『HDLトロフィー』です。

USDDNワールドファイナルのクオリファイのかかった、JDDNメジャーゲームです。

このディスクドッグゲームも私にの大好きなゲームの一つです。
素晴らしいフィールドと、京都ならではの格式のあるおもてなしが魅力です。

今年はゲーム前日の前夜祭から参加することができます。
こちらは初参加。

楽しみです。

今回の遠征は、往復の移動も入れて5日間の遠征になります。


出不精な私がディスクドッグを始めて遠征する楽しみを知りました。

四国・・・・遠い~!

京都・・・遠い~!

でも、楽しい~!
.

以前、このブログで書きましたが

「遠征は犬やプレーヤーを強くする」

「遠征はチームを育てる」

などを実感しています。

自分のディスクドッグのゲーム感を育てるのにも遠征が欠かせません。


熱いゲームが待っています。


まもなく出発です。

18740799_1229978333778408_920758331
去年の集合写真

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

SONYの四万十カップ参戦記

先週の木曜日の12日に出発。
帰宅は月曜日の16日夕方。
4泊5日(内車中泊2泊)のスケジュールで行ってきました。

行きは23時間、帰りは20時間のロングドライブ。

まあ急げばもっと早く(昨年は14時間で帰ってきました)なるのですが、
これが毎年の我が家のパターンになっています。




さて、SONYの四万十カップです。

一週間前の秋ヶ瀬ディスクドッグアゴーゴーの時の課題は何とかクリアしたかな?。


フリースタイル1ラウンド、3ラウンドのエクスキューションは8.73と8.18。
強風の中何とか踏みとどまりました。


2ラウンドトス&フェチは6投キャッチで17.5ポイント。
もう少し伸ばしたいところでしたが、強風の中こちらも何とか踏みとどまったのかな。、


結果は16位。
110ポイント越えのパープルのグレードリボンを獲得。

今後につながる、SONYメジャーゲームでの初のパープルリボンでした。


参加チームのレベルが高く、ちょっとしたミスで順位が入れ替わる
メジャーゲームらしい緊張感のあるゲームでした。




2日間ディスクドッグの熱い戦いが終わり最後の種目ルアーコーシング。

SONYはルアーコーシングにもエントリー。

こちらは俊足を生かして、KATANAとの親子対決を0.11秒の差で勝利。

結構マジ勝負でした。



今回の四万十カップ。

SONYのUSDDNワールドファイナルクオリファイが、うっすらと、、ちょっとだけ
見えてきたゲームでした。


チャレンジし続けることで、必ずチャンスはやってくると信じています。

マトラの時(2010,2011年)も、ギャンブーの時((2015年)も、チャンスはやってきました。



四万十カップ。

私&SONY&チームにとって大変有意義なゲームでした。


SDDCのメンバー、ドグタウンスタッフ、参加したチームの皆さん、ギャラリーの皆さん、
そしていつも歓迎してくださる四万十市の皆さん。

ありがとうございました。

30729930_590204761329665_8646157861
四万十市のシンボルの赤鉄橋が見える素敵な会場です

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

第13回四万十カップ

行ってきました。
四万十カップ。


JDDNディスクドッグメジャーゲーム開幕戦は、ここからスタートです。

全国から集まったオープンフリースタイル参加チームは29チーム。

4つのUSDDNワールドファイル出場枠と、3つのドグタウンカップインインビテーショナルの
出場をかけて、2日間の熱いゲームになりました。



結果はYACHI&WOOFチームの優勝。
2位&3位はNANBA &ソル、NANBA&アルマチームでした。


コンディションは2日間とも強風&爆風。
初日は雨もあり、荒れたコンディションになりました。

温暖な南国にしては気温も上がらず、犬にはGOODコンディション。


エクスキューション(キャッチ率)と、トス&フェチの勝負になるのか・・・・・


ところが強風の中、決め切るチーム同士のレベルの高い戦いになりました。


これぞ!メジャーゲーム。

これぞ!四万十カップ。


感動と興奮の1、第13回四万十カップになりました。




ウェルカムパーティーは、今回からドレスコードにて行われました。

私もネクタイにジャケット着用で参加。


私たちが情熱をかけて行っているディスクドッグ。

そのスポーツを行うプレーヤーをの社会的な品格が、とても大切なことだと改めて感じました。


さすがフリースタイラー。

ドレスコードでおしゃれした自分を楽しんでいました。

ホテルに集まったプレーヤーは皆、輝いていました。



四万十カップ。

緊張の中に楽しさあふれる、何とも独特な空気間が魅力です。

素晴らしゲームでした。


 P.S.
 SONYの四万十カップ参戦記は後ほど

30714919_961865983969527_3142433704
ウェルカムパーティーにて

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

SONY&バルカ、バウンドバウのディスクドッグアゴーゴー

2018ディスクドッグシーズン開幕戦のディスクドッグアゴーゴー。

バウンドバウのクラブ員のJDDN初公式戦デビューもありました。
新たに3チームがデビューしました。

おめでとうございます。

地道なトレーニングを頑張ってきた結果です。

スタートラインに立ってみて、見える世界を実感していることと思います。

ゲームに出ることへの、緊張感、不安感があるのは当たり前です。
プレッシャーをはねのけゲームに出ることで,成長していくことができます。

ゲームに出て成長し、次のゲームでの目標をモチベーションとすることで、
日々のトレーニングが有意義なものになっていきます。


今回の3チームのデビューが本当に嬉しいです。




さてさてSONYとバルカのディスクドッグ・ア・ゴーゴーです。

両チームとも強風の中決めることはできず・・・・・です。

私&SONY&チームはエクスキューションが5~6、とす&フェチ6.5ポイントとまったく勝負できずに終了。

振り返れば、ほとんどのチームが決め切れない中、チャンスがあったゲームでした。


風の吹く日もあれば、雨の日もあります。
暑い日も、寒い日もあります。

アニマルスポーツであり、自然を相手に行うのがディスクドッグです。

これもディスクドッグの面白さでもあります。


ビデオで検証すると良い部分もあったので、四万十カップに向けて修正したいと思います。

参加の皆さんお疲れさまでした。

今回参加できなかったチームも次のゲームに向けてやっていきましょう。

Balca_2
SONY

Balca_1
バルカ

30515752_958836384272487_4682992637
JDDNフリースタイルデビュー セイラ(ウィペット)


| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

秋ヶ瀬ディスクドッグ・ア・ゴーゴー

いよいよJDDNのディスクドッグシーズンがやってきました。

JDDN公式戦、スタートゲームは4月8日(日)。
JADC秋ヶ瀬ディスクドッグアゴーゴーからスタート。

毎年期待と緊張の中、このゲームを迎えます。

そして今シーズンを占う大切なゲームです。


オープンフリースタイルには、30チームを超えるがエントリーがありました。

ゲーム当日、会場の埼玉秋ヶ瀬公園トリム広場は強風。
なかなかエクスキューションが上がってこない、荒れたゲーム展開になりました。

優勝はYACHI&WOOFチーム。

風がやんだのかと思うように、大きな技のを決めていました。


スタートを切ったJDDNディスクドッグシーズン2018。

今週末は四国『四万十カップ』。
USDDNワールドファイナルのクオリファイゲームです。

5月ゴールデンウイークは京都『ハッピードッグライフトロフィー』
こちらもUSDDNクオリファイゲームです。

6月末は地元群馬の『BB&DTジョイントマッチ』
とクオリファイゲームが続きます。

お~!
今回を逃すと関東圏での公式ゲームは6月末のBB&DTまでないのか・・・・・
(ローカルゲームはあるのかな?!)

これは、1ゲーム、、1ゲーム、が大事だぞ。

今回参加できてよかったです。


久々の公式ゲーム。
たのしかった~!

やっぱりディスクドッグゲーム大好き。

Akigase

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

BOBディスクドッグトーナメント終了報告

3月18日(日)に、DTFCフライボールレースシリーズ#1と同時開催で行われた、
BOBディスクドッグトーナメント。

午前はDTFCレース、午後はBOBディスクドッグトーナメントというタイムスケジュール。



ディスクドッグというドッグスポーツ。
どうしてもディスクドッグとして適合性の高い犬種の参加がメインになります。

競技として、またスポーツとして行うので、当然のことだと思います。


そんな中で少数犬種(ディスクドッグとしては珍犬種)でディスクドッグを行っている方もいます。

ディスクドッグゲームは通常犬種別でのカテゴリー分けはなく、
小型犬が別クラスであるくらいです。

BOBディスクドッグトーナメントは、犬種にスポットライトを当てた、犬種別のディスクドッグチャ
ンピオンを決めるゲームがあってもよいではないかと、9年前にスタートしました。

そして今回は10回目の記念すべきゲームを迎えました。


今までたくさんの犬種が登場しました。

そしてたくさんの犬種のチャンピオンが誕生してきました。

今回も、ウイペット、柴犬、ブリタニースパニエル、エアデールテリア、コーイケルホンヂュエ、
スタッフォードシャー・ブルテリア、オーストラリアン・キャトルドッグ、ホワイトシェパード。

もちろん、ボーダーコリー、ラブラドールレトリバー、スポーティングMIXもいます。

前回から設けたラーチャー(サイトハウンドMIX)部門もあります。

今回は、12部門の犬種別で行われました。


この中には1頭しか参加のない犬種もありました。
その1犬種の1頭は、何より輝いていました。

その犬種のディスクドッグのパイオニアでありスターです。

「何年も前に〇〇(犬種)でやっていた人がいたよね」

「ユーチューブでもう1頭(外国?)見たことあるよ」

何千頭といるディスクドッグの数千分の一なのです。

自分の好きな犬種でディスクドッグを楽しむ。

その犬種の特性を生かしてディスクドッグの可能性を追求してみる。

なんと素敵なことでしょうか。


今回も12犬種のチャンピオンが誕生しました。

改めてこのゲームの重要性を感じました。

たくさんの犬種の参加ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧