大会

2017年7月 3日 (月)

BB&DTジョイントマッチ終了しました

BB&DTジョイントマッチが終了しました。

6月30日~7月2日の3日間、大胡グリーンフラワー牧場特設コートで行われました。


雨、大雨、曇り、晴れのめまぐるしく変わる天気。
気温も寒いくらいから始まり、3日目が終了する頃には猛暑に変わっていました。

熱戦が繰り広げられたBB&DT2017。


結果は平井俊介&ガッツの優勝で幕を閉じました。
(詳しいリザルトはドグタウン工房のホームページにアップされます)


今回のゲームはちょっと変則なコートをどう攻略するか。
いつものゲームにはない、もう一つの面白さがありました。

その影響はコートを広く使い、フィールドプレゼンテーションを見せる上位チームへ強く影響が出ます。

そんな中、トップチームは戦略とスキルで問題なくプレーしていました。
流石です。



今回のBB&DTは全く初めての会場でのゲームでした。

もちろん過去にディスクドッグゲームは行われたことはなく、
犬のイベント自体が始めての場所です。


色々な心配はありましたが、終わってみれば素晴らしい会場でした。

観光地にアクセスする国道に面していて、道の駅も併設。
自然公園やキャンプ場などもあり、家族づれでにぎわっていました。

雨の上がった日曜日は、ギャラリー席も満席状態でした。




もう一つ。

USDDNワールドファイナル(世界選手権)のクオリファイゲームの
BB&DTジョイントマッチ。

我がバウンドバウのトレーナーの木村SHINGO&ケイレブ(ダッジシェパード)チームと、
バウンドバウメンバーの国吉&ミゼット(ラブラドールレトリバー)チームがみごとクオリファイ。

やった~!おめでとう!



さらに、バウンドバウからJDDNメジャーゲームデビューのチームがいました。

清水TADANORI&琥珀(ボーダコリー)がオープンフリースタイルに。
ルーキーアワード受賞。

出島&セイラ(ウイペット)チームがパピートス&フェチ。

大塚&あずき(柴犬)チームがトス&フェチとボランティアデモンストレーションに。

清水MIKA&あんじゅ(コーイケルホンデュエ)はK9フリースタイルで、
ボランティアデモンストレーションに。


まあ~!、クオリファイした犬たちも、初参加の犬たちも、犬種がいろいろ個性豊かでね。

実にバウンドバウらしいです!


バウンドバウクラブ員も応援も駆けつけて、みんなでBB&DTを楽しみました。



今年で8回目(8年目)のBB&DTジョイントマッチ。

今後もこの歴史あるゲームの発展に努めていきたいと思います。

1
表彰台の上位チームはワールドチャンピオンなど世界のトップレベルのチームです

2
ルーキーアワード受賞の清水&琥珀チーム

4_1

4_2
ルアーコーシング(今回は40メートッタイムトライアル)は
いつもバウンドバウが表彰台独占

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

BB&DT2日目 USDDNクオリファイゲームスタート

BB&DT2日目。

天気は雨。結構どしゃぶりです。
風は無風か微風。

気温はこの季節としてはありえない、ちょっと寒いくらいです。

犬にはグッドコンディションの1日になりました。



ゲームは、スーパープロトス&フェチからスタート。

やや変形、傾斜のコートに苦戦をするチームの中で、
トップチームは高得点をたたき出していました。

なんと!25ポイントの満点も出ました。
このシーンに会場で見ていた一同が感動。

スゴイ!、NANBAさん。

明日が決勝ラウンドです。



オープンフリースタイルは36チームがエントリー。

この時間(午前11ごろ)になっても雨は止まず、時たま豪雨のようになって降り続けています。

オープンフリースタイルは、パム方式を採用のためサクサクとゲームが進んでいきます。


雨の降りしきる中、タフなチームによるタフなゲームが行われていきます。

みんなずぶ濡れになりながら、熱い戦いをする姿にちょっと感動しました。



恵みの雨となったのか?
不運の雨になったのか?

この後行われるウエルカムパーティーで、1日目が終了した時点での結果発表があります。




そして明日は決勝ラウンド!


どんなドラマが待っているのでしょうか。

戦いは明日最終日に続きます。

19601476_1560806783982810_333656594
雨の開会式


| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

BB&DT 1日目終了

3日間開催のJDDNディスクドッグゲーム{BB&DTジョイントマッチ』、
1日目が終了しました。


午前中は会場設営。
お手伝いのボランティアの皆さんありがとうございました。


午後からは遠征チームも到着して、初日のゲームスタートです。

トス&フェチ(ディスタンス)、
ROM(ルーティーン・オン・ミュージック)が行われました。



ROMとは各チーム3分間の持ち時間で、コートを自由に使うことが出来ます。

明日から始まる、オープンフリースタイルの自由練習が出来るプログラムです。
もちろん本番と同じに曲も入ります。

最終チェックに使ったり、犬をフィールドに慣らさせるために使ったり、イメージトレーニングを
したり、フィールドの傾斜のチェック、トス&フェチの練習に当てたり・・・・・


実際に見ているとこれが実に面白いのです。

トップチームはどんなことをするのか?
何のチェックに時間を使っているのか?

わずか3分間に、各チームの“想い”が現れていました。



早速ギャラリーも集まってきて、ディスクドッグ観戦を楽しんでいました。




今日はこれにて終了。

明日から始まる、USDDNワールドファイナルクオリファイを賭けた熱い戦いを前に、
それぞれのチームは、それぞれの思いを胸に、帰路についていきました。

19275193_1559433844120104_278511584
会場の大胡グリーンフラワー牧場 特設コート
大きな風車が目印です

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

いよいよ明日からBB&DT

今週末はディスクドッグのビッグゲーム、『BB&DTジョイントマッチ』です。


4月の四国四万十カップ、5月の京都HDLトロフィーに続いて、
今年3回目のJDDNメジャーゲーム。

10月にアメリカで行われる、USDDNワールドファイナル(世界選手権)の出場権をかけた、
ゲームになります。


私の地元、群馬県前橋市での開催になります。
(詳しくはバウンドバウのホームページをご覧ください)

そして、我がクラブバウンドバウ(BB)と、ドグタウンファクトリー(DT)とのジョイントマッチです。

なんと今年で7回目を迎えます。


JDDNのメジャーゲームの一つを、バウンドバウの冠ゲームとして、
地元で開催できることは光栄なことです。

同時に誇りに思います。



今年は初めての会場の、グリーンフラワー牧場の特設コートで行われます。

新しい会場は、いつもワクワクしますね。




バウンドバウがJDDNネットワークに参加して10数年がたちます。
たくさんのゲームを行い。たくさんのゲームに参加して来ました。

そんな中でBB&DTジョイントマッチは特別な思いがあります。
たくさんのバウンドバウのメンバーと参加して来ました。

うれし涙・・・・・
くやし涙・・・・・

いっぱいありました。

ギャンブーがUSDDNワールドファイナル出場を決めたのは、一昨年のBB&DTでした。


今回は新生バウンドバウの新会員の方々チームが、メジャーゲームデビューします。
ドキドキ!ワクワク!です。

みんな、がんばれ~!



今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

明日30日(金)
午後2時より、BBB&DTの熱い3日間がいよいよスタートです!

19221638_2280182552207645_491603832

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

JDDNオンデマンドトロフィーズ終了

昨日の25日(日)、JDDNオンデマンドトロフィーズが行われました。

今回初めて開催される、全く新しいスタイルのディスクドッグゲームです。


「オンデマンドって何だ・・・・・?」

との声も聞こえてきそうです。



では、どんなゲームなのでしょうか。

全国(海外も)で各リジョンごとに同時開催されるディスクドッグフリースタイルゲーム
の全プレーを、ジャッジング本部でジャッジし、各チームのポイントが出るごとに
ホームページ上にアップロードしていくシステムで行われます。

各リジョンは、スマートフォンで撮影しフェイスブックにライブ配信します。
その映像をジャッジ本部でジャッジします。


今回のジャッジは、USDDNワールドチャンピオンの3人。
Yachi Hirai、Takash iFutami、Mona Hiraiで行われました。

ワールドチャンピオン3人にジャッジしてもらえるのもすごいことです。



各リジョン日本国内は、札幌リジョン、道東リジョン、北関東リジョン、南関東リジョン、
埼玉北リジョン、中部リジョン、関西リジョン、四国リジョン、九州リジョン、
の9地域のリジョン。

海外はカナダ、中国、他が参加。

海外も含めた60チームの参加がありました


我がバウンドバウは北関東リジョンにて参加。
12チームが熱い戦いをしました。


総合チャンピオンは、俊介&ガッツチーム。(北関東リジョン)
2位は、清水&キャップチーム(埼玉北リジョン)
3位は、高野&ディーディーチーム(札幌リジョン)



今回のオンデマンドトロフィーズ。
わが関東北リジョンは、ほぼ無風、晴れ時々曇りの、
絶好のディスクドッグコンディションでした。


今回、各リジョンもコンディションは全く違っていました。


朝一番で四国リジョンは、嵐のような天気という情報が入って来ました。

札幌リジョンは、池のような大きな水溜りの画像がアップされていました。

九州にいたっては、物凄い爆風のようすが映像に映し出されています。


もちろん、そのコンディションの差も考慮してジャッジングされています。

その中でエクスキューション(キャッチ率)に関しては、悪条件のリジョンは辛かったと思います。



各リジョンごとの表彰も行われました。

オンデマンドトロフィーズはフリースタイル1ラウンドのみで順位が決まりますが、
各リジョンごとの順位は2ラウンド、トス&フェチとの合計ポイントで決定します。

北関東リジョンの結果は

優勝 俊介&ガッツ
2位 ルツカ&ライオ
3位 アリッサ&ストライカー


バウンドバウの行う北関東リジョンでは、そのほかにも、ストラックアウト、レトリーブゲーム、
ディスタンスアンリミテッド、ディスタンスペアなども行い1日ディスクドッグを楽しみました。




オンデマンドトロフィーズ。

全国(海外も含め)のフリースタイラーとの戦いが、地元のリジョンでできる、
画期的なディスクドッグゲームです。

チームとして参加して楽しいのはもちろんですが、順次アップされてくる全国のチームの
ポイント、そして大きな時間差無しに全映像が見られることも楽しみの一つです。


どのチームがチャンピオンなのか?
全チームのポイントがアップされるまでのワクワク感がたまりません!


終わってみて、あらためて凄い企画のゲームだったことを実感しました。

ジャッジの皆さん、本部スタッフの皆さん、ありがとうございました。

9c1e5366_500x245
北関東リジョンのメンバー
参加&お手伝い ありがとうございました


| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

第3回京都HDLトロフィー終了

今年も行って来ました。


JDDNディスクドッグメジャーゲーム、HDL(ハッピー・ドッグ・ライフ)トロフィー。
USDDNワールドファイナルの西日本予選も兼ねたビッグゲームです。



5月26(金)~28日(日)の3日間。

場所は京丹波HDLドッグフィールド。

天気は晴れ。

高原の風が心地よい、絶好のコンディション。


このフィールドは毎年素晴らしいコンディションで私たちを迎えてくれます。
綺麗に整備された芝生はもちろん、京都ならではの気配りの行き届いたおもてなし。

上品な京会席のウェルカムパーティーや、丹波黒豆ずくしの打ち上げ。


1度このゲームに参加すると、次も参加したくなる魅力満載のHDLトロフィーです。

私自身も1回目から毎年参加させていただいています。




さて、ゲームの話。
まずは結果から。

優勝 ルツカ&ミーガン
2位  ルツカ&ラィオ
3位  YACHI&ベガ



ルツカは『ルツカ・K9・フリースタイル・クラブ』というドッグダンスのクラブを立ち上げたばかり。

クラフトチャンピオンとしてドッグダンスのセミナーでカナダへ出かけたり、
DDJP(ドグダンスジャパン)のコンペティションに向けて、クラブ員のサポートに時間を使い、
ディスクドッグの時間がほとんど取れない状態だったことは想像がつきます。

そんな中、今回のワンツーフィニッシュ。

気持ちのこもったプレーで、強いルツカを見ました。


「○○が忙しくって~」
「△△をやっていたから~」

など凡人の言うこと。


そんな事はまったくなく、一流のプレーヤーの『凄さ』を実感しました。



オープンフリースタイル36チーム。
総エントリー数は100チームを超えてました。

HDLトロフィー2017は興奮と感動、涙と笑顔、たくさんのドラマを残して終了しました。




さあ!次は我がクラブの冠の付いたメジャーゲーム。

地元群馬で開催の『BB&DT』ジョイントマッチです。

四万十や京都に負けないような、素敵なゲームにしたいと思います。

18740799_1229978333778408_920758331

続きを読む "第3回京都HDLトロフィー終了"

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

四万十ディスクドッグカップ終了

昨日の午前10時すぎに四万十より、無事戻って来ました。



私自身は2010年から参加の四万十カップ。

遠征の楽しさを知り、以後毎年、中毒のように四万十カップに参加しています。


その中毒の原因は・・・・・

もちろんゲームのオーガナイザーのレベルの高さや、参加チームの意識レベルの高さが、
質の高いゲームを作っていて、参加することにワクワクする数少ないゲームの一つである
ことは間違い在りません。


そしてそれだけではない、中毒の原因のもう一つ。


それは・・・・・

いつも暖かく迎えてくれる、地元のプレーヤーやスタッフが待っていてくれること。

いつもいつも、遠くから訪れる私たちに、心のこもったおもてなしをしてくれます。

行政の四万十市も、力強く私たちをバックアップしてくれています。

忘れてはいけない四万十グルメ。


ディスクドッグッグゲームに出る・・・・・ということだけにとどまらないで、
色々な複合的な要素が合体して、四万十カップの魅力になっているのだと思います。




結果はライブ中継や速報で、ご存知方も多いと思いますが結果発表。

優勝
平井皇介&ジェイク

1ラウンド、2ラウンド、決勝ラウンドとも決めきり、
他のチームを寄せ付けない完全勝利でした。



オープンフリースタイルには、過去最高の40チームの参加がありました。

久しぶりの九州チームの多数参加もあり、北海道から九州までの参加チームがそろいました。


そんな中、ビッグネームの難波氏が2頭のパートナー犬を連れて、西日本発遠征や、
北海道のビッグネーム、竹原氏の長期長距離の遠征などあり、話題に事欠かない、
今年の四万十カップ。

九州といえば、四万十カップで私が見たかったチームの一つ。

『YASUDA SHINJI&サム』チーム

未完成な部分を多く残していても、そのチームのポテンシャルは他を圧倒する
パワーを持っていました。

「清々しさ」というのか「華やかさ」というのか
パワーの中に、何とも言えない魅力を感じました


プレーヤーの安田さんは、2005年、“ハーツ”というボーダーコリーで日本人初(アジア人発)の
USDDNワールドチャンピオンを達成。

2009年には2度目のワールドファイナルに参加。
その時は“ヘニオ”というボーダーコリーでワールドファイナリストに。

そして今年、“サム”というMIX犬でUSDDNワールドファイナルクオリファイ(出場権)を獲得。

USDDNワールドファイナルに行けば、一人のプレーヤーで、3頭目のパトナードッグと参加、
という、日本人では平井寧氏に継ぐ快挙を達します。



個性豊かな九州チームの多数参加でやり華やかさが増した今年の四万十カップでした。

ベストフリースタイラーは、異色の個性を放っていた九州のベテランチーム、
『宮本&ランギ』チームでした。




終わって地元に帰ってきても、さらに感動が続いている四万十カップです。

そして、あらためて遠征の意義を考えています。

「たくさんのディスクドッグ仲間」

「本気で競い合うことの出来るライバル」

「感動の共有」

「そして感謝」


今年もまた、感動の『四万十カップ』に参加できたことを幸せに思います。


地元SDDC(四国ディスクドッグクラブ)の皆さん、
ジャッジや大会運営のスタッフに感謝いたします。

Dscf22301_500x333


  P,S,
  SONYの四万十カップ参戦記は後ほど


続きを読む "四万十ディスクドッグカップ終了"

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

四万十に向けて出発

4月22日(土)~23日(日)に行われる、『四万十カップ』に向けて出発します。


今年最初のJDDNディスクドッグのビッグゲーム。
USDDNワールドファイナルのクオリファイゲームになります。


ここから2017シーズンの戦いが本格的にスターとします。

四国の高知県、四万十市で行われます。

北は北海道、南は九州。
全国から、オープンフリースタイルに40チームのエントリー。

2日間熱い戦いが繰り広げられます。



我が家は、私&SONY(ウイペット)、NOBUKO&バルカ(ラブラドールレトリバー)、
そして今回はガッシュ(MIX)がメジャーゲームデビューをします。

SONYも四万十カップデビューになります。



四万十カップのもう一つの楽しみが、美味しい四万十グルメ。
鰹の塩たたきに始まり、天然うなぎ他、色々楽しみです。


そして私たちを暖かく迎えてくれる、SDDC(四国ディスクドッグクラブ)主催の、
ウェルカムパーティー。


四万十カップならではの魅力がたくさん。

その魅力に誘われるように、毎年片道1100kmの遠征をしてしまいます。



すでに出発しているチームや、もう到着しているチームもいるかな。
飛行機でやってくるチームは金曜日出発かな?



皆さんのお会いできるのを楽しみにしています。

四万十カップおもいっきり楽しみましょう。

13087650_825045940935043_2957044951
昨年まではギャンブーと参加



タイムスケジュール

4月21 ⽇(⾦)

12:00 会場設営(設営終了次第オープンフィールド)

14:00 トス&フェチ 予選R & 決勝R


4月22 ⽇(土)

09:00 サインアップ
09:30 プレイヤーズミーティング
10:00 SuperProToss&Fetch 予選R
11:30 D1 1R Freestyle
15:00 D1 2R Toss&Fetch
18:45 ウェルカムパーティー & 初⽇成績発表


4 月23 ⽇(⽇)
08:45 サインアップ
09:00 プレイヤーズミーティング
09:30 D1 決勝R Freestyle(TOP11 まで)
12:00 ディスクドッグ体験&プレゼントタイム(観客参加イベント)
12:30 D1 決勝R Freestyle(TOP10)
13:30 SuperProToss&Fetch 決勝R(TOP15 のみ)
14:15 ボランティアDemo(ディスクドッグ&K9 フリースタイル)
16:30 表彰式

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

秋が瀬ディスクドッグ・ア・ゴー!ゴー!終了

昨日行われた『JADC Disc Dog A GO! GO!』
天気も良く、風も微風の絶好のディスク日和になりました。

桜もちらほら咲き出したようで、バーベキューを楽しむ人たちで、
大賑わいの秋が瀬公園でした。


ゲームはオープンフリースタイルに30チームのエントリー。
プロトス&フェチ、ルアーコーシングもたくさんのエントリーがありました。



オープンフリースタイルはパムマーチン方式(1Rフリースタイルと2Rトス&フェチを交互に行う)
で行われました。


JDDN今シーズン初めてのゲーム。

ADDC(アジアチャンピオンシップ)やドグタウンカップス以来、
数ヶ月ぶりのゲームのチームも多くいました。


そんな中実力を見せたのは、ベテランチームでした。

結果は速報でご存知の方も多いと思いますが発表しておきます」。

優勝 難波&アルマ

2位 川上&ナギ

3位 二見&セドナ

実力のある3チームが表彰台を獲得しました。
やっぱり強いです!
スゴイ安定度です!



今回のオープンフリースタイルはボーダーコリーが上位を独占する形で終了しました。

近年のJDDNは、スポーティングMIXを含め、多犬種の活躍が目覚しく、
今回のようなボーダーコリーな大活躍は、またさらにディスクドッグを面白くしてくれると
思います。

上位のボーダーコリーのプレーヤーは、新しい表現を研究し、進化を続けていました。




ルアーコーシング。

今回のJADC Disc Dog A GO! GOでは、ルアーコーシングに本格参戦しているチームの
参加がありました。

50mを3秒39(SONYは3秒42)で走るウイペットも参加していました。

速いチームが多数参加したことによって、さらに面白くなって来ました。


SONYの親子&子供対決は、今回も父親の面目を保ってSONYが1位でした。

SONYはディスクを3ラウンドやった後なので、疲れもあるのかと思いましたが、
影響はなかったようです。


今後のレース参加を踏まえて、今回は私が呼び込みをしないでリリーサーをしました。
SONYの子供たちも同じようにしてチャレンジ。

結果はルアーに集中しきっていてまったく問題ありませんでした。


ゴールしたときに笑顔がいっぱいのルアーコーシング。
ゲームの最後がルアーコーシングで終わることで、みんな笑顔で終了することが出来ました。


面白かった。
やっぱりディスクドッグゲームは楽しいです。


次回は4月22日~23日
四国で行われ『四万十カップ』です。


  P.S.
  長文になりましたので、SONYとバルカの参戦記は後ほど書きます

17499127_1459692127427610_786319252
天気は上々
プレーヤーズミーティング(MCは伸吾)

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

明日はJADC Disc Dog A GO! GO!

2017シーズンもJDDNディスクドッグゲームが開幕します。

すでに西日本交流戦など行われていますが、関東圏では最初のゲームになります。



毎年スタートはこのゲームから。

『JADC Disc Dog A GO! GO!』

場所もいつもの埼玉県秋が瀬公園です。


大切な初戦2017シーズンを占うゲームです。

各チーム、シーズンオフに作りかえた新しい2017年バージョンのルーティーンの
お披露目になります。

シーズン最初のゲームですので、荒れた展開になる事も多々あり、その中でチャンスを
掴んだチームが流れに乗っていくパターンを見てきました。

シーズン初めで完成度が完全ではないチームが多い中、
決めきったチームが結果を残す展開になると思われます。

どのチームが、どんなルーティーンを見せてくれるのか今から楽しみです。




私はSONYとオープンフリースタイルと、ルアーコーシングに参加します。


JDDNのディスクドッグゲームはADDC(アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ)以来
やく4ヶ月ぶりになります。

本当に久々ですね。

ゲームプランをしっかり立て、自分のゲームをすることに集中して望みたいと思います。


ルアーコーシングは、今回もSONYの親子兄弟対決が実現します。
僅差の勝負になると思います。

ベストなリリースタイミングと、頭が上がらないリリースを決めて、
ベストタイムを出したいと思います。

こちらも楽しみです。


2017年シーズンスタート!!!

15325234_969719079801061_25560041_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧