思うこと

2019年4月22日 (月)

遠征の効果

「遠征は犬とプレーヤーを成長させる」

何年も前、いや10数年前から言われている言葉です。


私のやっているディスクドッグというドッグスポーツ。

日本各地はもちろん、世界中で行われています。


JDDNでは国内では九州から北海道まで日本全国でディスクドッグゲームを行ています。

その中でUSDDN世界選手権のクオリファイゲームは、四国(高知)、関西(京都)、関東(群馬、神奈川)、北海道、
の5か所です。


そして今回今年初のクオリファイゲーム『四万十ディスクドッグカップ』が高知県四万十で行われました。


私も行ってきましたよ。

4泊5日。

もちろん犬たちを連れて自動車で。



もともと出かけるのがあまり好きではないわたしが、どうして遠くまで遠征をしてしまうのか?

答えは
「遠征の楽しさを知ってしまったから」

ということです。


「なんで四国・・・・」

「遠いぞ・・・・」

「大変だな・・・・・」

当然、思っていました。

でも行ってみて変わりました。


数回目からは、遠いと思っていた道中も楽しめるようになりました。

道中、ご当地のおいしいい食事あり、きれいな海の景色あり・・・・




そして何より自分のパートナードッグがタフになっていきました。

見たこともない知らない場所、初めての環境、十数時間のロングドライブ。

餌を食べなくなる犬もいました。
一過性の下痢になる犬もいます。

飼い主も長時間運転や、犬の管理に追われます。


そんな中、現地の会場についてゲームがスタートします。

緊張のビッグゲーム。
クオリファイを狙っているチームにはさらにプレッシャーがかかります。


冒頭に書いた「遠征は犬とプレーヤーを成長させる」

自分のことはよくわかりませんが、犬はタフになり、どんどん成長していくのがわかります。


私は今では遠征はライフワークになって、ドッグスポーツを続けるモチベーションにもなっています。

そして楽しみの一つになっています。


「遠い、大変だ、面倒くさい」

と思わなくなったのが私の成長かな?



上手くなるのはトレーニングやセミナーが効果的ですが、
『強いチームになる』
のには遠征が有効な方法の一つなのかもしれません。



遠征にチャレンジしてみてください。

最初は近くでもいいです。

きっと何かが変わるはずです。



| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

ディスクドッグの犬種 BOBの意義

もう何年も前になりますか。

当ブログでディスクドッグの犬種について書いたことがあります。


私はディスクドッグを始めた今から20年ちょっと前から、ディスクドッグの多犬種化について
あれこれ言ってきました。


ご存知の通り日本では10数年前からディスクドッグといえばボーダーコリー!

というほどボーダーコリーが活躍し、ディスクドッグのみならずドッグスポーツの代名詞に
なっています。

ディスタンスを中心に競技を行っている団体のリザルトを見ると、上位95%以上(いやもっと
かな)が、ボーダーコリーです。

ちょこんと入ってきている少数犬種もハーディング系、シープドッグ系です。

ウイペットやラブラドールレトリバーがちょっとだけ、というのが現状です。


実はこの現状は15年くらい変わっていません。

ちょっとスゴイ・・・・怖いかな?


一方、USDDNワールドファイナル(ディスクドッグ世界選手権)を見てみると、ここ数年の
ワールドチャンピオンはベルジアンシェパードマリノア、スポーティングMIXなどです。
(2017年はボーダーコリーでした。)

USDDNワールドファイナルに占めるボーダーコリーの割合は50%くらいかな。




なんかこんなことを書くと、ボーダーコリーを否定しているようになってしまいますが
決してそんな考えはありません。

ドッグスポーツの発展に貢献してきた犬種ということも分かっています。

私もHIMEというボーダーコリーを飼ってみてその能力の高さに驚かされています。

ドッグスポーツを楽しむにあたって、素晴らしい犬種です。



ではなぜ、「ディスクドッグはボーダーコリー」
という現状なのか考えてみました。.

 

一つには偏った情報が浸透したためと考えます。

日本ではテレビや雑誌に登場するディスクドッグはボーダーコリーがほとんどです。

ディスクドッグゲームを見に行ってもほとんどがボーダーコリー。

『ディスクドッグ=ボーダーコリー』

と自然に刷り込まれてます。

 

もう一つは、ディスクドッグを始めようとして犬種を選ぼうとするとき、実際に活躍しているほとんどがボーダーコリー。

先輩プレーヤーに相談してもボーダーコリーを進めることが多いです。



さらにもう一つ。

現在ディスクドッグのトレーニングメソッドのほとんどがボーダーコリーに適合したものということ。

ボーダーコリーのみで活躍したプレーヤーが、自分のノウハウを提供してディスクドッグトレーニングが
行われる場合がほとんどです。

 

.



わたしは犬種オタクといってもいいくらいで、いろいろな犬種の作出目的や作出背景など
調べるのが大好きです。


そして自分なりの選択で犬種を選びディスクドッグを楽しんできました。

うまくいったり、いかなかったり・・・・でも何とかディスクドッグになって活躍できています。

そんな効果か?多犬種でやってきたことも今となっては少しはノウハウとして蓄積できてい
ます。

 

.




先日JDDNディスクドッグゲームの一つ『JDDNベストオブブリード(BOB)犬種別ディスクドッ
グトーナメント』が行われました。


バウンドバウとの共催で行われるこのゲーム。

犬種ごとのナンバーワンを決める唯一のディスクドッグゲームです。

そして、10年間私が最も大切にしてきたディスクドッグゲームの一つです。


ディスクドッグの多犬種化を推奨してきた私&バウンドバウ。

まさにそれを具体化したゲームです。

そんなゲームがJDDNシリーズ戦に組み込まれているとは・・・・・なんともすごいことです。


その意義は大きく、ディスクドッグの偏った犬種に一石を投じる・・・・・

までの成果はまだまだまだ途中段階ですが、
一つのアンチテーゼとしての役割は果たしています。

このゲームに集まる少数派といわれる犬種でプレーするオーナーたちは、自分の犬種に
プライドを持ち、ディスクドッグを楽しんでいます。


「決して主流にはならない」

そんなのわかってますって。


BOB犬種別ディスクドッグトーナメントの意義。

それは、少数犬種で頑張っているチームにエールを送ること。

 

もう一つはかたくなに今の犬種に執着するのではなく、多くの犬種のディスクドッグを見て
広く犬種を理解してもらいたいということです。

これが大事で、今回はマクナブシェパードドッグやオーストラリアンケルピー、
前回はコーイケルフォンデュエ。

素晴らしい犬種に出会えました。

 

.


2011年アメリカジョージア州カータスビル。

USDDNワールドファイナル。

私の愛犬エアデールテリアのマトラが活躍。

フェイバレットエンターティナーアワードを受賞。

長年エアデールテリアの可能性を信じてやってきた私に最高のご褒美でした。



現在私はウイペットやラーチャーの可能性を追求、模索中です。

ディスクドッグを含めドッグスポーツの犬種の旅はまだまだ続きます。

それは!それは!楽しい旅です!


長文お付き合いありがとうございました。

Pa1701761
USDDNでのエアデールテリアのマトラ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

ディスクドッグゲーム ルールについて考える

私はディスクドッグを始めて20年以上たちます。

20数年前、日本ではJFA(日本フリスビードッグ協会)のみがディスクドッグゲームを開催して
いました。

その後フリースタイルを中心とした競技団体、ディスタンスを中心とした競技団体ができたり、
いくつもの団体ができました。

.



現在いくつの団体が存在するのか・・・・・?

私の知るところでは8団体以上、地方ローカルやディスクドッグクラブ主催を合わせれば
どのくらいになるのか・・・・・?

おそらく20近くはあると思います。


私も20年以上ディスクドッグプレーヤーとしてやってきました。

そしていろいろな団体のゲームに参加してきました。


フリースタイルを中心にゲームに参加してきましたが、ジャッジングスポーツゆえのルールへの解釈の違いなどに翻弄されてきました。

何をやったらどんなポイントが出るのか?

公平で明確なルールは何なのか?

不明確の中、フリースタイルを続けてきてディスクドッグ自体を楽しめなくなっていました。

.

そんな時出会ったのがJDDN(ジャパンディスクドッグナショナル)でした。
ドグタウン工房が運営する団体でした。

フリースタイルディスクドッグでは草分け的存在で、スパーチームが多く参加していました。


思い切って2003年、第2回ドグタウンカップに参加してみました。

ルールは明確で自分のチームの評価に納得したのを覚えています。

当時のパートナーはアデルというエアデールテリア。
上位を占めていたボーダーコリーのように俊敏ではないエアデールテリア。

そんなアデルはそれまでまったくは評価されませんでしたが、ドグタウンカップの総評では、
エアデールテリアのキャッチの正確さや、トリックの力強さをを評価してもらいました。

そしてそれらがしっかりポイントに反映されていました。


ゲームが終了し、閉会式の時の清々しいさで満足したのを覚えています。



その後、平井氏にお会いするたびにルールについていろいろ質問しましたが、
いつも明確な答えが返ってきました。

そしてアデルの良さを探したり、ルールを理解してルーティーンづくりを考えたりと、
フリースタイルを楽しめるようになりました。




世界統一ルール・・・・・!


JDDNシリーズディスクドッグゲーム。

ドグタウンカップ。

USDDNワールドファイナル。

ヨーロッパチャンピオンシップ。

アジアチャンピオンシップ。

国や国籍。
人種や年齢性別の関係ありません。
オーガナイザーの違いによってルールが変わることもありません。

同じルールで戦うことができています。


私がディスクドッグフリースタイルを始めた20年前には考えられないことです。


故メリッサヒーターや平井氏をはじめとするUSDDNオーガナイザーが作り上げた、
偉大なる世界統一ルール。

今、本気でチャレンジできる環境に感謝しています。



優れたルールは・・・・・優れたプレーヤーを育てます。

公平なルールは・・・・・戦うモチベーションを作り上げます。

そして皆がリスペクトできる素敵なチャンピオンを誕生させます。




プレーヤーはもちろん、時にはゲーム主催者もルールについて深く考えてみることも必要ではないかと思います。


長文になりましたので一旦終了します。

長文へのお付き合いありがとうございました。

ルールを考える、続きは後ほど・・・・・

 

 

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

SONYという犬

SONYがアメリカから日本にやってきて3年半がたちました。

そして私に元へやってきて2年9ヶ月になります。

ディスクドッグ、フライボール、ルアーコーシング、サイクルドッグ、昨年冬は犬ぞりにも
チャレンジを始めました。


SONYの犬種はウイペット。

あまり細かい作業には向いていないイメージがあります。

「ウイペットでマルチドッグスポーツ?」

という声も聞こえてきます。





過去20年で12頭のスポーツドッグを育ててきました。
犬種は様々で、
ラブラドールレトリバー(2頭)、
エアデールテリア(4頭)、
ビアデットコリー(1頭)、
MIX(2頭)、
ボーダーコリー(1頭)

そしてウイペットが2頭です。
(現在は5頭います)



SONYで2頭目のウイペットなので、ウイペットについて多くを語ることなど到底出来ません。



SONYが来てウイペットの持つ身体能力の高さを改めて感じています。

ディスクドッグとしてはキャッチセンスの良さを、フライボールでは安定した速さとミスのない
正確なレースが出来、サイクルドッグでは見た目の印象よりずっとタフに走り切ります。

コーシングではウイペットならではのきれいな走りを見ることが出来ます。

そして速い!

JDDNのコーシングでは毎回、圧倒的な速さで勝利しています。


マルチドッグスポーツを行うことで、その相乗効果でSONYの能力を高めているのだと思います。

.



SONYの仔犬たちも大活躍。

ディスクドッグの世界最高峰、2018USDDNワールドチャンピオンにWOOF。

2018USDDNワールドファイナルに、WOOF、モメンタム、チェイスが参加。


2018U-FLIフライボール国際レース2018(USA)ではカタナ、モメンタム、チェイスが活躍

DTFCフライボールチームでもカタナ、モメンタム、チェイス、アリーが良い結果を残しています。


犬ぞりレースでも多数活躍しています。
多くのSONYの仔犬たちの活躍を嬉しく思います。



先日のコーシングレースでは、SONYの胴体のアンブッシュが素晴らしいい走りを見せていました。

SONYと僅差の良いレースでした。
アンブッシュもすごいぞ!



これからもSONYの可能性を・・・・・!

そしてウイペットという犬種の可能性をドッグスポーツを通じて広げていきたいと思います。



SONYは来年秋のU-FLIフライボールレース参加を目標にトレーニングを行っています。

ディスクドッグUSDDNワールドファイナル参加も大きな目標です。

(コーシングは未定)
大きな夢に向かってSONYと進んでいきます。


20180318462_preview11
ディスクドッグ

47579815_1130716140417843_613216764
コーシング

28698833_1362104287229203_263376839
犬ぞりも始めました

47326440_2194484400615042_630082474
フライボールドッグで頂きました

47443953_1130716237084500_771834188
SONYの胴体アンブッシュのコーシング




| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

経験値

はたして今までにディスクドッグゲームに何回くらい出たのだろうか。
,

今では年に10ゲームくらいですが、10年前は年に20ゲームくらい出ていたと思います。

.

ディスクドッグ歴20年。

おそらく300ゲームくらい参加していると思われます。

.

そのほかバウンドバウのミニゲームが月に一回。

世界の名犬牧場のディスクドッグショーや、住宅展示場他のデモもいろいろな場所で
10数年行ってきました。

こちらも300回は超えていると思います。

すべてのゲームとデモを合わせると600回は超えています。

最大のゲームはUSDDNワールドファイナルかな。
こちらは3回出場。

ドグタウンカップは16回出場。

これを見ると“怖いものなし“という感じです。


犬も
ラブラドールレトリバー⇒エアデールテリア⇒ビアデットコリー⇒ウイペット⇒エアデールテリア⇒MIX⇒ウイペット

7頭の犬と沢山のディスクドッグにゲームやデモにに参加してきました。

.

数多くのゲームの中には、犬が全く動かない、まさかの脱走、爆風でほとんどキャッチできない、などいろいろうまくいかないゲームもありました。

それでもゲームに出続けたので、今は経験として役に立っています。





「酒井さんは緊張しないんですか?」

など質問されます。

「緊張はするけど、過去の経験があるので他の人よりは緊張していないと思います」

というのが答えです。




その昔、音楽活動をしていた時、1年で120本以上のライブをやったことがあります。

3日に1度のライブ。

新曲を作ったり、レコーディングもあったりで、感覚的にはいつも演奏していた感覚でした。

その時も多くのライブ経験が役に立っていました。


タイトルの『経験値』

一つでも多くのゲームやデモに出て,経験値を上げていくことをお勧めします。

もちろんパートナーである愛犬の経験値も上がっていくはずです




経験は力なり!


Pa170176

2011年USDDNワールドファイナル
フェイバレットエンターテナーアワード受賞

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

14年の歴史

3連休の最終日10月8日は世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーでした。

毎月1回開催のディスクドッグショー。

始めたのは世界の名犬牧場が今の場所にオープンしたに14年前。

オープンから数年は月2回の開催でした。


14年前に初代バウンドバウ代表が始めたこのディスクドッグショー。



毎月ディスクドッグ仲間が集まり、たくさんのギャラリーの前でおこなうディスクドッグショーが
楽しくて楽しくて、毎月まちどおしかったのを覚えています。

広い控室を用意してもらいお昼を食べながら犬の話に花が咲き、
情報交換なども有意義な時間でした。



このディスクドッグショー。
私が引き継いでかれこれ10年がたとうとしています。

バウンドバウの骨格をなす大切なイベントになっています。


今でも始めた当時の目的は同じです。



それは・・・・・

なにより、参加した人が楽しんでくれること。

そして、ギャラリーの前で行うパフォーマンスの機会の提供。


もちろん私も毎回楽しませていただいていますよ。

犬と思いっきり遊びたい。

みんなで楽しい時間を共有したい。

自分のもっと犬を輝かせたい。

そんなメンバーで構成されています。



ギャラリーの前で行うディスクドッグに緊張しながらも、笑顔で頑張っているメンバーを
見ると、心がじーんと温かくなります。

14年という長い時間、続けてきてよかったと思う瞬間です。


ディスクドッグショーが終わって控室に戻ったメンバーの笑顔は毎回輝いています。

達成感と安堵感。時にはちょとの悔しさもあり・・・・・。




月に一度のお楽しみ。

名犬牧場スーパーディスクドッグショーをいっしょに楽しみましょう。

7042221

11年前
世界の名犬牧場ディスクドッグショー
犬は初代エアデールテリアのアデル



| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

UCHIAGE 打ち上げ

『打ち上げ』

日本独特の文化なのか、仕事でも遊びでも何か一つのことが終了すると打ち上げといって、
宴の席が開かれます。
,

私の場合本が出れば出版を祝して製作スタッフと打ち上げ。
ライブが終われば打ち上げ。

など、良く行われています。
,

もちろん、ディスクドッグゲームやフライボールレースなどの犬のイベントでも行われます。
,

先日のワンワンサンデーの後も行いました。
,

,

実はこの打ち上げ。

ただ食事をしておしゃべりをするだけではないのです。

沢山の情報が詰まっています。
,

時にはドッグスポーツの今後のビジョンが見えたり

時には有効なアドバイスをもらったり

時には悩みが解決がしたり

時にはモチベーションがアップしたり

時には目標が明確がになったり

時には癒され・・・・・

など、色々なことが起こっています。

フィールドではゆっくり話が出来ないことも打ち上げならOK。


食事やおしゃべりならどこでもできますが、その時その場所で行われる打ち上げはその時だけ。

毎回、刺激的なひと時です。

そして、楽しいい時間です。

打ち上げに出て、その日のゲームが終了する感じです。


帰りも遅くなるし、疲れているし、お金もかかるし・・・・・

でも得られるものもたくさんあるし、何より楽しい。

そんな打ち上げにどんどん参加してみてください。


今後バウンドバウホリデーや、世界の名犬牧場ディスクドッグショーの後も打ち上げ企画中。

気軽に参加してくださいね。

10590469_355603064588799_4479798927

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

遠征の楽しさ、大切さ

前回のブログの続きになります。

遠征の大切さについて書いていきます。

4月の四万十、そして先日の京都。
ディスクドッグゲームでの遠征をしてきました。

何を隠そう私は遠征が苦手で、住んでいる地域の関東圏以外のゲームには、
全く参加していませんでした。

2010年そんな私が初めて四万十に遠征して、その楽しさを知りました。

「こんな世界があるのか・・・・・!」

と、おどろいたのを覚えています。



わざわざ遠くに行かなくったって、ゲームは近場であるし・・・・・
なんで遠くまで行くのか・・・・・

その一つ目の理由は「楽しい」からです。

何が楽しいのか?

まずは行われる地域によってゲームのカラーがあります。
そして、素敵なおもてなしがあります。

素敵な再会もあります。

クオリティーの高いゲームも魅力です。

土地土地のおいしい食事も魅力です。



もう一つの『大切さ』についてです。

「遠征は人と犬を成長させる」

「タフなチームになるために必要」

などと言われていますが、その通りです。

見知らぬ土地で、環境も違い、そのなかでのゲーム。


遠征中は犬も飼い主も常に不安の中にいます。

飼い主が不安になると、犬も不安になります。

そんな厳しい環境がチームを成長をさせます。


非日常の楽しさと、非日常の不安感、
が最高の魅力だと思います。

遠征の楽しさを知ってしまった人々は、次の遠征に向かってチャレンジを続けていきます。


遠征はディスクドッグ人生に刺激をあたえる、スパイスみたいな存在です。

USDDNをはじめとする数々の遠征経験は私の人生の宝物になっています。


ギャンブーとのUSDDN遠征
2015年

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

フライボールの魅力③

いよいよ最終回になりました。
.

ご存知のようにフライボールはチームで行うドッグスポーツです。

レースを走る犬とハンドラーの他に、BOXローダー。

チームによってはレースキャプテン(戦略や指示)、ボールシャガー(ボールを回収)
などもチームメンバーとなっています。

それぞれのメンバーがそれぞれの役割をきっちり果たして、初めて良いレースができます。
.

どうしてもレースを走っている犬たちに注目が集まります

でもレースの時はもちろん、日頃のトレーニングの時でも、BOXローダーを始め、
リリーサーー(犬をホールドする人)、プロップを操作する人、タグ係、ビデオ係など
チームスタッフがいます。

レースで走っている犬たちはたくさんのチームメンバーに支えられて走っています。

素敵ですね。



チーム戦ですが個人としての戦いも同時に行っています。

SONYとレースに出るときは、個人として最大のパフォーマンスを引き出すことが大切です。

パッシングに集中⇒リリース⇒パッシングタイムを確認⇒ジャンプ⇒BOXターン⇒ジャンプ⇒ゴールライン⇒タイムの確認。

その間に、SONYを呼ぶタイミング、ゴールラインからの逃げるタイミング、
タグを見せるタイミング、ミスがなかったかの確認。

その時間は約4~5秒。

レースの状況を把握。

すぐ次のヒート(レース)に向けての分析、修正。

チームメンバーとの次のヒートに向けてのコミュニケーション。

つぎのヒートのスタンバイ。

この間数十秒。

そして次のヒートが始まります。

「瞬時の判断力」
「冷静な分析力」
「犬の状態を把握」
「スピードアップに集中」

そしてレース。

犬が走り出します。
.

犬の能力とハンドラーの能力を数秒に集約。

何ともエキサイティングなドッグスポーツです。
.

そして、タイムという明確な結果が勝敗を決めます。



レース終了後は、戦ったチーム同士が握手をしてそれぞれの健闘を讃えあいます。

私はこのシーンが大好きです。




『究極のレトリーブゲーム』

スピード、スリル、迫力、のドッグスポーツです。


私が感じたフライボールの魅力を思うままに書いてきました。


長文にお付き合いありがとうございました。

20180318094_preview1
カンタ

20180318065_preview1
コブラ

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

フライボールの魅力②

前回に続いてフライボールの魅力を書いてきます。

フライボールに出会って5年。
実際にトレーニングを始めて4年弱。

本格的に始めたのはSONYがやってきた2年くらい前からです。

その前は、ギャンブーとやっていました。

まだまだ魅力を語れるほどの経験はありませんが、私なりに20年以上ドッグスポーツを
やってきた経験も踏まえて書いていきたいと思います。

まずは、ドッグスポーツの順位を決める方法(ルール)から書いていきます。

ドッグスポーツはタイムで順位が決まる競技と、ジャッジングで順位が決まるものに
大別できます。

タイムで決まるものには、「犬ぞり」を始め、「アジリティー」「ルアーコーシング」など他あります。

ジャッジングで決まるものには、「ディスクドッグフリースタイル」や「ドッグダンス」などがあります。

またポイントを獲得する競技もあります。
「ディスクドッグのディスタンス」など他あります。

高さや距離がそのまま順位になるドッグスポーツもあります。

以上の競技の中には、タイム制限(持ち時間)あり)のものもあります。


ではではフライボールはどのような競技なのでしょうか?

上記の分類ではタイムレースになりますが、
それ以上に、チーム同士の1対1の対抗戦になり、相手チームとの勝ち負けを争います。

その、戦術や作戦が必要になってきます。

その辺は最近話題になっているカーリング的要素もあります。

トレーニングを積むことで得ることのできた、犬のスピードとハンドラーの技術。

そして、チームワーク。

さらにチームとしてのたくさんの戦略(この部分が他のドッグスポーツではない魅力)

『タイム+戦略+チームワーク』
のトータルで戦うことがフライボールの魅力だと感じています。

『フライボールレースは予測のつかないドラマ』

最高タイムのチームが優勝できないことも多々あります。

そこがまた面白いのです。

長文になりましたので、フライボールならではのチームドッグスポーツの魅力については、
次に続きます。

20180318064_preview1
カタナ

20180318088_preview1
アインシュタイン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧