« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

2020年こんな年だった 私&バウンドバウ編

まずはバウンドバウの2020年をふり返ってみますか。

今年からバウンドバウのトレーナーに矢口順子さんが加わりパワーアップしました。

木村康子&矢口順子の体制でメンバーと共に充実したトレーニングができました。




真冬の極寒ナイトトレーニングも行いました。

平日トレーニングも充実。


秋から、インドアのカボッチャで『BBカボッチャ』を開始。


BOBも春秋開催できました。


バウンドバウフライボールチーム、新体制でスタート。

早朝フライボールも始めました。






ディスクドッグにフライボール。

K9ダンシングに犬ぞり&サイクルドッグ。

UPDOGチャレンジ。

バウンドバウメンバーの活躍がたくさんありました。

JDDNメジャーゲームにデビューのチームや、フライボールレースに初参加のチームもいました。
(各報告はこのブログで書いています)




では、コロナの影響はどうだったのか。

世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーが半年間中止。

メンバーによってはトレーニングDAYに集まれなかったりと、影響はありました。


でも一年終わってみればメンバーと共にドッグスポーツにチャレンジし、楽しんだ1年になりました。





私の2020年。

とにかく遠征が少なかったこと。

いつも行く四国も京都も・・・・・

まして海外は・・・・・なし

一番遠い遠征が山梨県、山中湖ドッグリゾートWOOFで行われた、『STEP&FLY C&C』ということになりました。


犬に関してはJET という犬がやってきました。

DTFC(SONYがいるチーム)が日本記録を更新(STEP&FLY C&Cにて)

数年ぶりに曲を変えドッグダンスのコンペに復活。

ドッグダンスバトルでまさかの優勝。


それ以外もいろいろありました。

コロナによりバンド活動の休止。

愛犬撮影会に中止。

などなど影響が出ました。


どんな時でも、どんな状況でも、ドッグスポーツを継続して楽しめるように、試行錯誤しながら良い方法を見つけていきたいですね。




今年ほどBBフィールドの存在がありがたかった年はありません。

感染対策を行うことで、いつもちょりちょっと不便だけど、トレーニングを続けることができました。

BBホリデーも全日程予定通り開催できました。




1年間、ありがとうございました。

来年も楽しんでいきましょう。

9c1e2880_20201230011001
今年JETがやってきました
ディスクドッグとして成長できました




| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

2020年どんな年だった

あまり過去をふり返らないタイプの私です。

「今年1年をふり返って」

なんて、どうでもいいと思っていた時期もありました。


でも・・・犬を飼い・・・

毎年その年をふり返ってみるようになりました。

そして・・・ブログを書くようになり・・・

文字として残すようになりました。




今年2020年は今までにない一年でした。

春3月はじめまではいつもの年と変わらず犬との生活を送っていました。

松浦&ミッシーが参加するクラフトの中継を日本からみていたのが3月初め。

その時始まったばかりのコロナ感染症が、今年一年をいつもと違う一年にしてしまいました。


四万十カップ、HDLトロフィーの延期や中止。

春に四万十に行かないのは10年ぶりくらいかな。


そんななか、BB&DT、そしてドグタウンカップが開催されました。

変則開催で下が北海道カップや、延期されてHDLトロフィーも開催されました。


夏には山中湖ドッグリゾートWOOFにて、K9ダンシングとフライボールのビッグイベント『STEP&FLY』が開催されました。


赤城わんわんウォークラリーと、ワンワンサンデーは中止でしたが、寒川ドッグスポーツDAYとK9サイクル&ザレースの
お楽しみ系イベントもありました。


模索しながら感染予防を徹底した『アイソレイテッドスタイル』という新しいいスタイルすべてのゲーム&イベントが行われました。




コロナ感染が拡大する中、K9ダンシングのビデオコンペティションとディスクドッグオンデマンドトロフィーが行われました。

どちらもインターネットを利用しビデオで行う、非接触型、非密集型のゲームです。

「ゲームが行われない中 モチベーションをどう保つのか?」

その心配を払拭するゲームでした。




開催が困難な中、多くの安全にゲームを開催運営してくれたドグタウン工房に感謝です。

今年もドッグスポーツを思いっきり楽しむことができました。



長文になりましたので、私自身の2020年をふり返ると、バウンドバウの2020年は後ほど書きますね。

Akagi
大好きな赤城ワンワンウォークラリー
来年は開催できるといいな

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

年末恒例トス&フェチ祭り&バンケットカラオケパーティー

今年も行いました。

『年末恒例トス&フェチ祭り』

もう何年続いているのだろうか。


かれこれ15年くらいは続いていると思います。

BBフィールドになってからは10年。

こちらも結構歴史のあるイベントになりました、


トス&フェチ祭りということなので、

「1年ディスクドッグで戦ってきたチームが1日トス&フェチで楽しもう」

というお祭り的なゲームになっています。


種目も、ダブルトス&フェチ、サドンデス、タイムトライアルトーナメント、などいつもと違う企画で行われます。

年末恒例ということなので、これを行わないと1年が終わりません。

いつもの年と同じに、思いっきり楽しみました。



この日の夜はバンケットカラオケパーティー。

こちらも毎年恒例です。


11回目となるこのパーティー。

こちらも長く続いています。


バンドあり、ショータイムあり、ディスクドッグイントロDON、コントあり・・・・カラオケもあり。

来シーズンに向けてのメッセージあり。




この二つのイベントは1年を締めくくる大切なもの。

長く続いていることがすごいですね。

続くということは、進化しているということなのかな。


これで今年も終了。


1年間ありがとうございました。

5673_1061414747255352_8119963821472
写真は2014年


| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

バトル楽しや~

本日はカボッチャにて『ランスルーコンテスト』が行われました。

ダンスバトル(ドッグダンスフリースタイル)とフリスバトル(ディスクドッグフリースタイル)のコンテストです。


1チームずつの対戦するトーナメント方式で、次から次へとスピーディーの展開するバトル。

持ち時間は30秒。

トーナメント方式なので対戦相手の組み合わせによって番狂わせもあります。

優勝候補同士が1回戦でがあたってしまうという対決もありました。

この辺が実に面白い。



激戦を制して優勝したチームは、

ダンスバトルは、松浦&ミッシーチーム

フリスバトルは、モナ&ハリボーチーム

両チームとも、やっぱり強かったです。

30秒のルーティーンを作り込んでいました。




私はバルカとダンスバトルに参加。

新しいアタイヤー(衣裳)もばっちり・・・・かな。

今回は1回戦敗退、敗者復活戦も勝ち上がれませんでした。

そのぶんNOBUKO &ガッシュがまさかの3位入賞。

前回、私&バルカがまさかの優勝したり、何が起こるかわからないのがバトルの魅力ですね。




バトルという新しいゲームスタイルも定着してきました。

30秒に凝縮したルーティーン。

勝ち上がるごとにまた30秒の新ルーティーンを披露。

対戦チームとのルーティーン戦略なども見ものでした。




楽しんだダンスバトル&フリスバトル。

来月の行われる、横浜ペット博でも行います。

今回はそのプレマッチ的なコンテストになりました。

来月大勢のギャラリーの前で、熱いバトルが出来ることを楽しみにしています。

133061637_3848466881883444_1693761530291

133567413_3848466705216795_7938160905084






 

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

カボッチャ ありがたや~

昨年秋の終わりにオープンしたインドアドッグトレーニングジム「カボッチャ」

本格始動は今年2020年から。


今は毎日豊富なトレーニングメニューでフル稼働になっています。

K9ダンシングやフライボールやディスクドッグなどのドッグスポーツや、しつけのレッスンが行われています。

バウンドバウは『BBカボッチャ』を開催。
(毎週木曜日のAM9:30からやっています)




施設自体も改良を加え進化しています。

カボッチャの特徴のドッグスポーツ用のゴムマットの床、トイレや水道など設備は充実していましたがさらに進化しています。

それは、

常設のPA(音響設備)

ロフトの設置で上から全体が見渡せるようになりました。

ウッドデッキの設置で隣接するドッグランから見学ができるようになりました。

冷暖房完全空調の犬の待機場所(結構広い)

着替え用ドレッシングスペースはドッグダンスの時に便利です。

外の新設されたフェンスで囲まれたウッドチップのフリースペースで、犬のトイレだしやウォーミングアップができます。





カボッチャは私達ドッグスポーツを行うものにとって、非常にありがたいスペースです。

まず全天候型ということ。

天候でトレーニングが中止になったり、コンディションが悪く思うようにトレーニングができないなんてことはありません。

「予定していたのに残念」

なんてことはありません。

特にインドアを中心に行われるフライボールやK9ダンシングのトレーニングにはもってこいです。




セッティング無しですぐトレーニングができること。

これはたくさんの道具を使用するフライボールの時などは特にありがたいです。

K9ダンシングのトレーニングの時のミュージックもセッティング無しでOK。

機材の搬入やセッティングで時間を取られることはほとんどありません。

トレーニング時間の確保はもちろん、参加所の負担軽減にもつながりトレーニングに集中できています。


やってみてわかったのは外と違い犬が汚れないこと、人も同じかな。

これも魅力ですね。




バウンドバウにとって2つ目の拠点ができたことが大きなメリットです。

BBフィールド(野外)+カボッチャ(インドア)


日本ではまだまだ希少なドッグスポーツ専用インドア施設。

その利用価値はまだまだ無限です。

『UPDOGチャレンジ・インドアカボッチャバージョン』もプレスタートしました。
(BBカボッチャの時に行っています)

隣接するレストラン「かぼちゃ」でのランチミーティングやティータイムも楽しいひと時です。

カボッチャに感謝!

P.S.
今週も3回利用です。

121235285_2433753236925661_2098528663479
UPDOGインドアミニミニバージョン始めています

128350256_317788403345727_81381699232155
「LOOP」今年北海道にもインドアドッグトレーニング施設がオープンしました

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

BBFT(バウンドバウフライボールチーム)近況報告

今年2020年。

6月にFRP(フライボールレーシングパーティー)が設立されました。

バウンドバウも7月にBBFT(バウンドバウフライボールチーム)のトレーニングを再開しました。

毎週火曜日の時間を早朝AM6:00から開始というスケジュールでトレーニングを続けてきました。
(7月は雨天中止でトレーニングできず、8月から始まりました。)


新体制となったBBFT 。

DTFC(ドグタウンフライボールクラブ)でともにトレーニングをしてきたバウンドバウメンバーの清水さんがレーシングキャプテンで参加。

チームキャプテンの私とともに、レース参加を目指したトレーニングを開始しました。



結果、新たにフルランができるようになったチームが3チーム。

3チームとも、先月のFRPの第1回フライボールレースに参加できました。

現在フルランの犬は全部で8チームとなりました。

現在トレーニング中のチームが7チーム。

と、少しずつ形になってきました。




BBFT(バウンドバウフライボールチーム)はDTFC(ドグタウンフライボールクラブ)のノウハウを導入しています。

私自身もDTFTの初期からのメンバーで、SONYとともに4on4レースで日本最速記録を達成しました。

速く、そして安全に走ることのできるノウハウです。

DTFCが目指している、スマートで素敵なチームつくりをできればと思っています。




BBFTのもう一つの目標。

それはマルチブリードチーム。

4頭のチームで行うフライボールですが、その4頭が違った犬種で構成することができればマルチブリードチームになります。

最もバウンドバウらしい楽しみ方ですね。

1月のFRPフライボールレースで4on4はマルチブリードで参加予定です。



フライボールを行うことでのクロストレーニング効果も実感しています。


7月、新体制でスタートしたBBFT 。

少しずつ形になってきました。

新規メンバーも募集しています。

一緒に楽しみましょう。

Uf_20201222121301
いつかBBFTで本場北米のレースに参加できるといいですね
写真はU-FLI





 

 

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

29回目のドグタウンクリスマス

12月20日はドグタウン工房のクリスマスパーティーでした。

何と今年で29回目とのこと。

今年はコロナ感染予防スタイルで行われました。


私が初めて参加したのが15~6年くらい前だと思います。

そのはるか前から行われていたイベントです。

私がドッグスポーツに出会う前から、熱いドッグスポーツファンが集まっていたのですね。

長い歴史があります。



この夜も1年間ドグタウン工房とともに熱くドッグスポーツを行ってきたメンバーが集まりました。

それぞれの1年間の報告と来年の目標を話した後は、恒例のトークセッション、ビンゴ大会。

サプライズのマジックショーもありまし。




今年はUSDDNワールドファイナルもU-FLYも中止。

3月のクラフト以降海外遠征もなし。

いつもの海外遠征報告もないクリスマスでした。


でもドグタウンカップは行われました。

BB&DT、HDLトロフィーも行われました。

変則開催の北海道カップもありました。

感染リスクを避け、アイソレイテッドスタイルという新しいいスタイルが誕生しました。





この夜ドグタウン工房に集まった熱いドッグスポーツファンの思いは一緒。

何があってもドッグスポーツを続けて、楽しんでいくということ。




そしてYACHIからのメッセージ。

来シーズン以降のディスクドッグの要となるビジョン(ムーブメント)も聞くことができました。

来シーズンに向けて動き出しています。



楽しいい時間はあっという間に過ぎ、PM12時になったので解散になりました。

P.S.
もちろんおいしいい料理もありましたよ

Jl7e7470






| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

開催できました

12月20日(日)

今年最後の世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー。

今年はコロナの影響で3月から開催が中止になり、10月に再開。

そして12月になり群馬県の警戒レベルがレベル4に引き上げられました。


中止という可能性もある中、安全を確保したうえで開催することができました。


さすがに12月、寒波到来の中行われました。

寒い中ギャラリーの方(この季節としては多い)に見ていただきました。


ここ2か月間、練習を積んできたグループディスプレイも行いました。

こちらはなんと10か月ぶりのお披露目となりました。

練習の成果が出て、良い仕上がりでした。




今月も、新たにスーパーディスクドッグショーにデビューしたチームもありました。

11か月のラブラドールレトリバーのディスクドッグです。


「バウンドバウで一緒にトレーニングしてきたチームがデビューする」

そんな日は、BBメンバーにとっても私にとっても特別な1日になります。

嬉しい!です。

トレーニングの成果を見せる良い場所ですね。



今年はコロナの影響で半年間の開催延期がありました。

開催できるようになっても、感染リスクを減らすため観客参加のディスク体験はまだ行っていません。

ディスクドッグゲームも減りました。

そんな中でもドッグスポーツを楽しみたい。

その気持ちが前向きな思考につながっています。



今年最後のディスクドッグショー。

開催でき、楽しむことができました。

来年はコロナが収束して、いつも通りのスーパーディスクドッグショーが開催できることを願ってます。

Img_3812_1
10年前のディスクドッグショーの写真










| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

見て学ぶ

ドッグスポーツマニアの私は、ドグスポーツのゲームやコンペティションを見るのが大好きです。

ビデオに撮って何回も見ます。

その中で得てきたことがあまりの多いのです。

「見て学ぶ」

学ぶというのとイメージが違うのですが・・・・


トップチームのものはもちろん見ますが、中盤のチームや始めたばかりのビギナーのチームまではとんどのチームを見ています。

趣味といってしまえばその通りなのですが・・・・それ以上の何かがあります。


沢山のチームを見ることによって得るものがあります。

それが私自身のドッグスポーツの理解につながっています。



ビデオだけではなく、ほかのチームがトレーニングをしているのを見る(観察といったほうがいいのかも)こともやっています。

その中には未来の自分のチームのための大切な情報が入っていることも多いのです。

「あのトレーニングは何のため?」

目の前に自分のトレーニングのヒントが次から次へと表れてきます。




私がディスクドッグを始めた20年以上前。

フリースタイルの情報は全くありませんでした。

ゲームに出ていろいろなチームを見て少しずつトリックを習得していました。

プレーヤーと話す機会があれば、いろいろ質問をして理解を深めていきました。

そして、ゲームを撮影したビデオを繰り返し見ていました。

ときにはきトップチームのトリックをスローモーションで再生して、トスのタイミングや体の使い方などをを習得していました。



集まってトレーニングすることにより、ほかのチームのトレーニングを見ることができます。

そこからから得るものがたくさんあります。

そんなチャンスを逃さないチームは成長が速いです。




今は『ビデオセッション』やる機会が少なくなっています。

YouTubeなどで簡単に動画や情報が手に入る時代です。

今思えばこのビデオセッションが楽しく、すごく参考になっていました。


年末にでもやりましょう。

企画してみますね。




見て感じる。

見てひらめく。

見て覚える。

見て上達する。


ドッグスポーツの第一歩は、ドッグスポーツを見ることから始まります。











 

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

スペシャルなBBホリデー12月

今年最後のBBホリデー。

+YASUKOさらに+JYUNKOで行われました。

新たにバウンドバウトレーナーに加わる高野さんも参加。

スペシャルなBBホリデーになりました。


9家族12人、犬13頭の参加でした。(トレーナー、主催者を除く)


ディスクターゲット

ドッグダンスバトル

フリスバトル

ディスクドッグミニゲーム

グループディスプレイ

YASUKO&JYUNKOクリニック

と、沢山のメニューで行われました。


ドッグダンスバトルに9チーム。

フリスバトルに8チーム。

と、沢山の参加がありました。

2チーム対戦形式で行い勝ち抜けトーナメント方式でチャンピオンが決まります。

参加チームが多いとバトルは面白くなります。

やっぱ、バトルは盛り上がりますね。


クリニックが終わるころには完全に日が落ちナイターに突入。


沢山の参加者とともに、ドッグスポーツを楽しみました。


2020年も毎月BBホリデーを開催してきました。

12月、メンバーの1年の成長を感じたBBホリデーでした。



バウンドバウのイベントは、年内のまだまだ続きます。

また一緒に楽しみましょう。

130557852_2484074588560192_2241088231577
休憩所の前に新たに常設の大型タープ(6m×3m)を設置しました



| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

自分の色に染めない

私の尊敬する一流といわれるドッグスポーツトレーナー。

このスーパーなトレーナーの方々には共通することがあります。

それがタイトルの『自分の色に染めない』ということです。



当然、上手くいくやり方、問題の解決、注意点など今必要なトレーニングを的確に教わることができます。

私自身も上記のこと以外に、ドッグスポーツを行うにあたっての発想、考え方なども深く学んできました。


そのトレーナーたちが育てたチームが実に個性的なのです。


自分のコピーを作るのではなく、そのチームの個性を伸ばす、ということ。


自分のスタイルをいつの間にか押し付けるような教え方になったり、習う方がトレーナーの真似をしすぎたり・・・・・

あり得ることです。




私自身、LKC(ルツカK9ダンシングクラブ)でK9ダンシングを習っています。

世界チャンピオンのルツカのスタイルとは、かけ離れた表現と演出になっています。

でもK9ダンシングの基礎や表現方法はとことん教わっています。


ディスクドッグもフライボールも同様です。





話は変わりますが・・・・・

その昔、有名なハードロックバンドのディープパープルのメジャー曲「ハイウェイスター」のギターソロをコピーして弾けたときには、
一瞬自分は天才かと思ってしまいました。

が、それはただのコピー。

完成度も低ければ、何となく似たように弾けたもの。

ギタリストのリッチーブラックモアが独自の発想で作ったフレーズやリフは彼のオリジナル。

それ以来コピーはしなくなりました。


どうでもいい話でした。




人にもの教える。

この行為自体が上から目線になり、いつの間にか偉いと勘違いしてしまうことも多々起こることです。


私もトレーナーの一人として、間違っても自分のコピー作りをしないように、個性をしっかり伸ばせるトレーナーになれればと心がけています。




「〇〇さん(トレーナー)みたいになりたい」

その、あこがれや目標は大切です。

そこから大きな夢がスタートすることもあります。


まあ、私にあこがれる方は少ないと思いますが・・・・

私の理想としては、

「どのチームも個性豊かでバウンドバウらしいね」

なんと言われたら最高ですね。

2_20201212232601
初代エアデールテリアのアデル
アデルからドグタウンのレッスンを受けるようになりました
そして沢山のことを学びました




| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

出ると上手くなるor上手くなったら出る

ここ2週間。

K9ダンシング(スポットライトカップ)

ディスクドッグ(BOB犬種別ディスクドッグトーナメント)

フライボール(フライボール・レーシング・パーティー#1)

スクターレース(K9サイクル&ザレース)

と、立て続けに参加しました。




この4つに出てみて、以前から思っていたことの再確認ができました。

それは、

「ゲームに出ると上手くなる」

ということです。



「上手くなったらゲームに出よう」

と考えている方も多いと思います。

まあ普通はそう思うと思います。


「カッコイイところを見せたい」

「ゲームで上手くいかないと教えてくれた方に悪いかな」

「恥をかきたくない」

など考えるのも当然です。


が・・・・・


出たことによって成長できるチームを多く見てきました。




私自身いつも、

「みんなで出てゲームを一緒に楽しもう!」

という割と軽いスタンスでいます。

バウンドバウのメンバーとも、そんな価値観の共有ができているのかな。





ゲームやコンペティションの出るとほかのチームのプレーがたくさん見られます。

その中に、たくさんのヒントがあります。

刺激も受けます。

目標が明確になったり、モチベーションが上がったり・・・・・

得るものもいっぱい。




「自分が出て・・・・・どう思われるか・・・・・?」

と、自分のことだけで判断して決定していたのではもったいない。


ゲームやコンペティションにはもっともっとたくさんの魅力が詰まっています。


ゲームで上手くいかないのは当たり前。

時には悔しいい思いをしたり、落ち込んだり・・・・・も当然あります。


でもきっと、それ以上の成長があるはずです。






日々のトレーニングに、ゲームというスパイスが降りかかると、成長とともにドッグスポーツの楽しさが倍増します。

やっぱり「出ると上手くなる」ですね。


ゲームやコンペティションを一緒に楽しみましょう。

10397179_10153470139174973_5218219338999
ルツカの最初のダンスコンペ 思いきってギャンブーと出てしまいました


| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

1年の成長

バウンドバウのメンバーになってトレーニングを開始して1年という時間が流れ・・・・・

その1年の変化って?



バウンドバウのメンバーになる方のほとんどがドッグスポーツの経験が無く、ゼロからのスタートになります。

そこからスタートして本当に少しずつ成長していき、1年がたったころには大きな成長になっている犬たちをたくさん見てきました。




訳も分からず始めたドッグスポーツ。

専門用語も多く飛び交い、何のことやら・・・・・?


はたして自分の犬ができるようになるのか?




BBフィールドやカボッチャに通いトレーニング。

BBホリデーやスペシャルセミナーに参加。


勇気を出してJDDNのディスクドッグゲームや、LKCのK9ダンシングコンペティションに参加。

フライボールで開花する犬もいます。

名犬牧場スーパーディスクドッグショーもあります。


そして・・・1年たつ頃にはドッグスポーツを楽しんでいます。




呼んでも来ない、ほかの犬に行ってしまう、走らない、動かない、ディスクを追わない・・・・など普通のこと。

そんな犬たちが成長してゲームに出る。

時には良い結果を残したり。

何よりうれしいいことです。



もちろん人(ハンドラー)の成長もあります。

犬とのかかわり方を覚え、コマンドを覚え、トリックを覚え、スローイングも練習して。

ゲームでの緊張も経験します。



1年・・・2年・・・・とドッグスポーツにはまってしまうのですね。



私もディスクドッグを始めて23年たちました。

長いですね。

今はフライボール、K9ダンシング、UPDOGチャレンジ、コーシング、スクータレース、犬ぞりなどなど
多種のドッグスポーツを楽しんでいます。



1年前の自分と自分の愛犬のことを思い出してみると、その成長に驚くと思います。

1年の成長ってすごいですね。


ドッグスポーツを通じて、犬との生活を楽しんでいる。

素敵です!

Av7x1362
SONYとパートナーを組んで5年になりました。










| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

K9サイクル&ザレース バウンドバウメンバーと楽しみました

楽しいいことは、みんなで楽しんじゃう!

ということで、K9サイクル&ザレースもバウンドバウメンバーと楽しんできました。



まずはメンバー皆さんの活躍の報告。

いろいろなカテゴリーに幅広く参加しました。


結果11の入賞。

7家族10頭(我が家を除く)

頑張りました。

応援&見学にかけつけてくれたメンバーもいました。




今回バウンドバウ専用でMAYスクーターを持ち込みました。

今までレンタルが多かったハーネスやラインも自前の方が多くなりました。

なんか、みんなの熱量が上がっています。



マッシングスポーツに関しては私を含めてエキスパートとは程遠いものですが、
メンバーそれぞれ自分のレベルで思いっきり楽しむ、というスタイルでやっています。

そんななか、トップカテゴリーの4ドッグ1000mや、2ドッグ750mに参加するチームも出てきました。

去年の初参加チームもレベルアップしいます。


バウンドバウメンバーの活躍を動画でUPしました。

バウンドバウのFacebookです。

楽しさが甦ってきますよ。




K9サイクル&ザレース。

みんなで楽しめるイベントの開催に感謝です。

こんなに楽しいこと、みんなで楽しまなくっちゃ損だよね。


参加した犬たちの成長も見ることができました。

これも素敵なことですね。


今回残念ながら参加できなかったメンバーの方も次回は一緒に楽しみましょう。


最後にバウンドバウの入賞&優勝チームの笑顔をお届けします。

楽しかった~!

128812488_1746586875497430_8291501590248

129427018_2478815975752720_7703786904054

129201487_2478018299165821_8993749122153

128950119_2478018549165796_5524934620989

128851640_2478018349165816_1629357905282

130027990_2478815909086060_4482788399143

129392228_2478815995752718_6246220763795

130015104_2478018369165814_1014992318028





| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

K9サイクル&ザ・レース2020

今年最後のビッグイベント。

『K9サイクル&ザ・レース』

12月4日(土)~5日(日)

毎年このイベントが終了するとドッグスポーツもウインターモードに入ります。



今年のコースレイアウトは、コースの長さが倍増され長距離のレースがメインに行われました。

4ドッグ1000m、2ドッグ750m、1ドッグ500mのほか、ビギナー向けの100mチャレンジも行われました。


スクーター(写真)レースを中心に、今回から3輪のカートの参加もありました。

128692338_3172483516191262_8421559865554



レース距離がのび、トレーニングを積んだ犬たちと、それをコントロールするマッシャーによる、見ごたえのあるレースが展開されました。

中でも3輪カートのコーナーリングはエキサイティングでした。



我が家は2日間で、7頭全部の犬たちがいろいろな競技に参加しました。


なんと!トップカテゴリーの4ドッグ1000mスクーターレースにバルカ&ヒメ&ビッツァーでエントリー。

何とか走り切り完走。

2ドッグチャレンジにバルカ&ゾナー。

トス&フェチにガッシュ。

コーシング200mにSONY。






K9サイクル&ザレース。

マッシングスポーツを最も身近に感じることができる2日間。

サポートも万全で参加しやすいのも魅力です。

そして、ここから本格的な犬ぞりへと発展していけることができるレースです。



ディスクドッグ、フライボール、K9ダンシングとともに、我が家の犬たちの4本目の柱となるマッシングスポーツ。

その一つ、K9サイクル&ザレース。

2日間楽しんできました。
















| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

オープントレイル

明日から2日間行われるサイクル&ザレース。

同じコースを使って昨日と今日はオープントレイルとして、コースを開放して練習の機会を提供していただきました。


行ってきました昭和村総合グランド。

素晴らしいトレイルが完成していました。


我がチームは1000ḿ4頭引きスクーターレースに参加のための練習をしてきました。

バルカ、ヒメ、ガッシュ、ビッツァーの4頭。

スクーターでの1000mは初体験。

何とか走り切りました。

本番のレースに向けてよいトレーニングができました。


トップチームの練習を見ることができました。

迫力の走りにちょっと興奮・・・・・楽しかったです。



明日から2日間。

4ドッグ1000m、2ドッグチャレンジ、コーシング、ディスクドッグにエントリー。

我が家の7頭、全員参加です。


レベルに応じた多数の競技が行われるこの『サイクル&ザレース』ならではです。




毎年このレースが終了するといよいよ年末というモードに突入します。

ディスクドッグにK9ダンシング。

フライボールにUPDOGチャレンジ。

いろいろ1年間楽しんできましたが今年の最後のBIGイベント。

サイクル&ザレース。


思いきり走って!走って!走って!(犬が・・・・・です)


2日間楽しんできます。

129482533_3791093160954150_1549394811790







| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

3種のドッグスポーツを満喫

LKCスポットライトカップ(11月22日)

BOB犬種別ディスクドッグトーナメント2020オータム(11月23日)

FRPフライボールレース#1(11月29日)

怒涛の3日間が終わりました。


LKCスポットライトカップはK9ダンシング(ドッグダンス)。

BOB犬種別ディスクドッグトーナメントはディスクドッグ。

FRPレース#1はフライボール。

と、3種類のドッグスポーツゲームが11月末に集中してが行われました。
(それぞれのゲームのレポートは当ブログに書いています)



我が家は私HIROが、

バルカ(ラブラドールレトリバー)とLKCスポットライトカップ(Kダンシング)。

SONY(ウイペット)とゾナー(ラーチャー)でBOB犬種別ディスクドッグトーナメント。

同じくSONYでフライボールレース。


NOBUKOが、

ガッシュ(MIX)とK9ダンシング。

ヒメ(ボーダーコリー)とビッツァー(エアデールテリア)とガッシュ(MIX)でBOB犬種別ディスクドッグトーナメント。

バルカ(ラブラドールレトリバー)とヒメ(ボーダーコリー)でフライボールレース。


と、全種目に参加。


その間に、LKCK9ダンシングのビデオコンペティションもありました。

こちらはバルカ、ガッシュで参加。


なんか楽しすぎ~!

バウンドバウメンバーもこの3日間、3種類のドッグスポーツを多種多様に参加して楽しんでいました。




バウンドバウでもマルチドッグスポーツを導入し推奨してきました。

犬のドライブやトレーニングスキルの向上はもちろんですが、オーナーの楽しみが拡大しています。



自分の愛犬の無限の可能性。

その一つ一つを、マルチドッグスポーツで発見し進化させていく。

実に素敵なことですね。




今週末は『サイクル&ザレース』が開催されます。

今度はスクータードッグなどのマッシングスポーツと、スピード系のコーシングレースなどを中心に行われます。

また違った犬のすばらしさを見ることができます。


マルチドッグスポーツを楽しんでいます。

127837625_1740448056111312_3509303870485
LKCスポットライトカップでの私&バルカ







| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »