« JETついにディスクキャッチか? | トップページ | 半年ぶりのディスクドッグショー »

2020年8月23日 (日)

SONY完全復活

筋肉の疲労によりリハビリ中のSONY。

本日3回目のウォータートレッドミルをにて完全復活となりました。


瞬発力、スピードともに桁外れのSONY。


アスリートドッグとしてゼロスタートで50mを3秒で走り、100mを5秒前半で走りきる桁外れのスピード。

時速で換算すればトップスピードは軽く65キロは超えてきます。


人間のアスリートと一緒でMAXのパフォーマンスを維持するには、日ごろのケアが欠かせません。




私自身、過去(15年以上前)ドッグスポーツにおける犬のケアに関しては、確固たるノウハウがないままやってきました。

15年前、ドグタウン工房の平井寧氏と知り合うことができ、犬の身体的なケアからメンタルのケアまで、たくさん学ぶことができました。


今回もSONYの体に起こったことも、ウォータートレッドミルによる処置により、大事に至らず素早い復帰ができました。


ノウハウと設備の完備。

ソフトとハードがもたらす効果を実感しました。




ドッグスポーツを行う私たちが何より気を使っていること。

それは犬の健康です。

常に観察し、異変はないか注視しています。



栄養管理。

餌のタイミングや水分補給のプラン。

トレーニングメニューの作成。

カイロプラクティックやマッサージなどのケア。

体を温めるウォーミングアップ。

トレーニング後のクールダウン。

などなど、日々当たり前に行っています。


そのようなことがあって犬はベストなパフォーマンスを発揮してくれます。



SONY完全復活。

次の目標に向けてスタートします。

Av7x1379







|

« JETついにディスクキャッチか? | トップページ | 半年ぶりのディスクドッグショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JETついにディスクキャッチか? | トップページ | 半年ぶりのディスクドッグショー »