« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

HIMEその後

ご懐妊かも?・・・・で、ちょっとふとっていたHIMEですが、シャープな体に戻りました。


フライボールはDTFC(ドグタウンフライボールクラブ)でトレーニング開始。

ハンドラーはNOBUKO です。


トレーニングを再開してまだ3回のトレーニングですが、1JUNPフルランまで進みました。

物覚えがいいです。

今の段階でターンもそこそこいいし、リコール(4JUNP)での走りもいいです。

将来のための基礎トレーニングが大切な時です。


STEP&FLY C&Cまでバルカのトレーニングを行っていましたが、HIMEのトレーニングに戻ります。

最初の目標、4秒を切ることを目標にやっていきます。





ディスクドッグとしては、北海道カップ出場を目指してトレーニングをしています。

昨年のドグタウンカップに私とのペアでD2デビューして、いよいよD1デビューです。

こちらもハンドラーはNOBUKOです。




私&SONYとともに、先週よりドグタウン工房にてトレーニングを開始しました。


HIMEの能力を生かし伸ばせる正しいトレーニング。

今必要なことです。


俊足、クイックターン、ジャンプ力、とどこをとっとも、けた外れの能力を持った犬です。

そしてドライブも高いです。

性格もストレートで素直です。




我が家にHIMEがやってきてSONYとの繁殖を経験しました。

その子犬たちの活躍もあります。


HIMEが私にもたらしたこと。

それは、私のドッグスポーツの広がりと、将来への可能性です。


HIME、その後の報告でした。

Himm
俊足だけではなく、ジャンプもいいです

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

JETその後

SONY &HIMEの子、JETのトレーニングの今。

JETが来て3か月がたちました。


先日のGO to LOOPトス&フェチゲームにエントリー。

スローの距離はの短いながら連続してキャッチをしていました。



布ディスクから通常のディスクへの移行は少し進展しました。

プラスチックのディスクを見せると全く追わなかったJET。

ローラーで少しは追いかけるようになってきました。

くわえるまでにはいきませんが、たまに鼻で「ツン」と触るシーンもあります。

「いいぞ!いいぞ!」

第三段階に入れるかな。


ここは焦らずにやっていきます。



ポージングでディスクをはなし、パッシングも出来るようになりました。

トレーニングの時間も少しずつ長く行えるようになってきました。


ディスクでもタグでも何でも楽しく遊ぶ、から、少しずつ遊びのルールを教え始めたところです。




フライボールも雨でなかなかトレーニングが進みませんが、JETが活躍できるドッグスポーツになればいいですね。

梅雨が明けてらスクータートレーニングもやってみよっ。


家の中でも私とのコミュニケーションの時間を設けるようにしています。


JETその後、また次回まで。

J
3か月前のJET
今はもう少し凛々しいい姿になってます


| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

『GO TO LOOP』チャリティートス&フェチゲーム終了

たくさんの参加ありがとうございました。


トス&フェチ、ダブルトス&フェチ、タッチレトリーブの3種目を行いました。

参加チーム数はトータルで27チーム。

今回のゲームの趣旨を理解してくださり、一人で複数のエントリーや、同じ犬で複数の種目にエントリーなどありました。




今回はバウンドバウでに開催したこのトス&フェチゲーム。


実はBBフィールドに芝生を植えよう、

『BBフィールド緑化トス&フェチゲーム』

というチャリティーゲームをドグタウン工房で企画していただきました。

エントリー費で芝を買い、ボランティアでみんなで芝植えをしてもらいました。

そのおかげで、砂ほこり舞い立つBBフィールドから、今の緑のBBフィールドになっています。


今から9年前のことです。

今でも感謝をしています。



そんな経験もあり、今回のGO TO LOOPトス&フェチゲームを企画しました。

参加してくれた皆さんの気持ちを代表して、バウンドバウから中村直弥さんにチャリティー金を送らせていただきます。


共通の価値観を持った、ドッグスポーツを愛する素敵な人々がいることに感動。

バウンドバウメンバーと共にLOOPの成功を祈念しています。

114777974_2368448423456143_1462692333675







| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

新犬用トランスポーターⅠの燃費

ハイブリッドということで燃費はどのくらいなのか興味津々。

納車後2000㎞くらい走りました。

平均で11~12㎞/リッターくらいかな。


アルファードの大きい図体にしては良いですね。

山道ではちょっとパワー不足を感じることも。


モーターがエネルギー(電気)を回生しているときには、エンジンブレーキとはちょっと違う感覚の動力ブレーキがかかります。


モーターで走ったり、エンジンで走ったり、両方で走ったり・・・・・

エネルギーを回生したり、4WDになったり、2WDになったり・・・・・

とにかく忙しいメカニズムです。




経済性では、ディーゼルエンジンへのアンチテーゼになっているのか。


今は小型車はもちろん、多種多様の車にハイブリッドが搭載されています。

燃費など到底気にならない層が購入する高級車もハイブリッドに。

レーシングカーもカテゴリーによってはハイブリッド時代に突入しています。



いろいろな考えがありますが、ハイブリッドで発生した電気エネルギーをどう使うかによって変わってきています。

モアパワーに使って加速性能の向上をアシストするのか?

燃費向上のアシストに使うのか。





災害時の非常用電源や、アウトドアでのAC電源確保などの使い方もあります。


いずれはEV(電気自動車)にとって代わってしまうハイブリッドカーなのでしょうか?


あっちこっちにカメラが付いていたり、センサーで接触を注意したり、いろいろ安全装備が充実。


というよりも過剰装備の気もしますが・・・・・




発電と蓄電。

今後、技術開発が進み、走行しながら外部の送電により連続蓄電が可能になれば、ほぼ無限距離走行が可能になります。

すでにスマートフォンではエアーによる電源の共有が実用化されています。


陸上交通に関してはEVが現実になっています。

船舶もEV化が進むのか?

将来は飛行機もEVの時代がやってくるのか?



『電気エネルギー』

についていろいろ考えてしまいました。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

7月26日『GO TO LOOP』チャリティートス&フェチ&ゲーム開催

ご存じの方も多いと思います。


北海道に本格的なインドアドッグトレーニング施設を作る。

一人の男の夢をかなえるため、そして北海道、さらには日本のドッグスポーツ発展のために動き出したビッグプロジェクトです。

その夢を乗せたインドアドッグトレーニング施設の名前は

『LOOP』

です。



大きな目標にチャレンジしているその男とは

中村直哉。

NDST(ナオヤドッグスポーツトレーニング)代表

北海道在住。

2019年ドグタウンカップチャンピオン。

2019年USDDNトップ10ファイナリスト。




北海道はドッグスポーツが盛んな地域です。

でも冬の4~5か月間は雪のためトレーニングを行うのに厳しいい環境になります。

日本で最もインドア施設が必要な地域です。



バウンドバウでは、チャリティートス&フェチゲームを行います。

その名も『GO TO  LOOPトス&フェチゲーム』

エントリー費を寄付させていただきます。

群馬から、そしてバウンドバウとして、微力ながら大きな夢に協力させていただければと思います。





7月26日(日)

場所はBBフィールド


タッチレトリーブゲーム(レトリーブを簡単にしたゲーム)

ダブルトス&フェチ

アンリミテッド トス&フェチ

サドンデス トス&フェチゲーム

ディスクを使ったアトラクションゲーム

などなど


多くのエントリーをお待ちしています。


P.s.

中村直哉さんから素敵な景品を贈っていただきました。

ナオヤ(708)にちなんだ順位(ポイントかも)にプレゼントしたいと思ってます。

お楽しみに。

Safe_image_20200723124201

70
北海道のメンバー協力のもと作業が行われています

| | コメント (0)

中止、そしてまた中止

今年は雨の日が多いですね。

梅雨明けもまだ先のようです。

雨・・・雨・・・・・



BBFT(バウンドバウフライボールチーム)の早朝トレーニングも2週連続で中止。

BBFT新体制になって一度もチームトレーニングができていません。

ウズウズしています。

はやくやりた~い。




そして本日。

5か月ぶりに行われる予定だった世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーも中止。

3月からコロナの影響でイベントの自粛が続いていましたが、やっと再開できることになった矢先の雨天中止。


前回は2月初旬で、北風が吹き荒れる寒い真冬でした。

季節は春を通り越し、夏へと移っていきます。

季節が2つも進んでしまいました。


来月、半年ぶりの開催ができることを祈ってます。





8月に行われるJDDNメジャーゲームの北海道カップ。

北海道での開催を断念し、群馬での開催が決定しました。


一時期まったくゲームができない時期もありました。

場所や開催方法はどうあれ、この時期ディスクドッグゲームが出来ることに幸せを感じています。




梅雨ももうすぐ開けます。

コロナもいずれは終息します。

永遠に中止なんてことはありません。


今できることを楽しんでいきましょう。

90
前回2月12日のディスクドッグショーの写真
ダウンを着込んでたくさんのギャラリーが集まっていました





| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

バウンドバウのSTEP&FLY C&C 楽しみました

遠征。

ちょっと堅苦しい言葉ですが、ディスクドッグゲームや、K9ダンシング、フライボールレース他、
競技に参加するために遠方に出かけていきます。


ドッグスポーツのゲームは地元でもおこなわれています。

特に私の住んでいる群馬ではドッグスポーツが盛んなため、多種目のドッグスポーツのゲームが行われています。



「遠征は犬と人をタフにする」

とよく言います。

知らない土地と環境では犬は不安になります。

もちろん緊張もあります。

初めての場所、初めてのコートやリング。

そんな中で行うゲームは人も犬も心(メンタル)が強くなっていきます。

「遠征に行ってきた」という達成感もあります。

そして何より楽しいのです。



前置きが長くなってしまいましたが、本題のバウンドバウのSTEP&FLY C&Cの報告です。


K9ダンシングに、私&バルカ、NOBUKO&ガッシュ、菊池&ケチャップ(ビギナークラス)、関口&ナナ(トリッククラス)が
エントリーしました。(結果はドグタウンのHPにあります)

関口&ナナはトリッククラス見事合格。


フライボールレースに、私&SONY(DTFC Aチーム)、NOBUKO&バルカ(DTFC BRAVO)で4on4レース。

佐久間&わん次郎がフルランチャレンジにエントリーしました。

わん次郎は、全レース、全ヒート、ノーミスで走り切りました。

ベストタイムは6秒382!速くなっています。






それぞれ、上手くいったり失敗したり、嬉しかったり悔しかったり、喜んだり落ち込んだり。

それも遠征。



遠征を経験したバウンドバウチーム。

犬も人も経験値が上がりタフになっているはずです。


バウンドバウメンバーとの遠征は楽しさ倍増。

お疲れさまでした。

109748088_2364817520485900_3156665478981
K9ダンシングトリッククラス







| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

STEP&FLYフライボールレース

2日間楽しんだSTEP&FLY。

2日目の7月19日はフライボールレース。


FRP(フライボールレーシングパーティー)立ち上げ後、初のビッグレースになります。


日本新記録を更新したことは前回のブログでお伝えしましたが、ほかにもたくさんのドラマがありました。




DTFC(ドグタウンフライボールクラブ)から、4on4に2チームがエントリーしました。

DTFC Aチーム

SONY⇒カタナ⇒ポップス⇒キャンディー


DTFC BRAVOチーム

ペッパー⇒ラピス⇒バルカ⇒アレン


DTFCチーム同士のレースも行われました。

DTFC BRAVOのベストタイムは18秒725。

即席チームなのでチーム練習ができていない中で、健闘しました。


フルランチャレンジでは、ブリスク(ラーチャー)が3秒566というタイムをマークしました。

速い!




DTFCのフライボールドッグも増えて、2チームでレースできるようになりました。

後に続くフルラン完成チームも多くいます。

北海道、京都、中部、四国、九州のDTFCメンバーもいます。


みんなでレースに参加できる日を楽しみにしています。





我が家のバルカ(ラブラドールレトリバー)は久々の4on4レース。

5年ぶりくらいになるのか?

8歳のバルカ、全ヒートノーミスで走り切りました。



STEP&FLY C&Cフラーボールレース。

レースとタイムの壁にチャレンジしました。

やり切った(走り切った)SONYとバルカの満足な顔がな何ともいいですね。

DTFCチームも成長できたな、と感じています。


KOUSUKE&MONAが目指す、スマートなレースがちょっとだけできたかな?

もっともっと素敵なチームを目指します。


2日間、楽しかったな~!

108811099_4330254660326002_7824909006476

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

速報 16秒385 日本新記録

日時 7月19日
   15時02分

場所 ドッグリゾートWOOFインドア

チーム名 DTFC Aチーム

チームメンバー 酒井&SONY(ウイペット)⇒須貝&カタナ(ラーチャー)⇒木村&ポップス(MIX)⇒中村&キャンディー(MIX)
        BOXローダー吉岡浩二


FRP(フライボールレーシングパーティー)発足後の最初のビッグレースでの達成。

(来年から正式に公認記録を管理しデータを公開しますが、今回は公認記録としての登録はされませんが、
EJSによる計測、ハイトドッグによるジャンプハイトなどは正式な数字です。)






午前からスタートして、最終レースの第3レース。

対戦チームは幾度となくレースを戦ってきたCDTレーシング。

お互い2勝同士。

勝ったほうが優勝となる事実上の決勝戦になりました。





DTFC Aチームは、この日レースを重ねるごとに問題を解決しながらタイムアップをしてきました。

最終レースが、この日一番のGOODなチーム状態に。


チームキャプテンのKOUSUKE から、

「攻めていきましょう」

の言葉に一気にモチベーションが上がります。




第3レース、第1ヒート。

レースが始まってすぐに日本新記録が出ました。


16秒385


そして、このレースすべてノーミスで終えました。

レース中に成長していく犬たちとハンドラーを見ました。

チームワークという言葉では表現できない、チームが一体となった犬とハンドラーのエナジーみたいなものを感じました。



レースの向けてトレーニングをしてきたことが結果につながりました。

SONY、ポップス、カタナのベテランに、ニューネームのキャンディーを加えた新チームでの達成でした。
(記録達成のレースはFacebookで見られます)



SONYの自己ベストタイム更新という嬉しいいレースになりました。

目標の3秒700を切ることができました。


まだまだ進化中。


速報でした。



STEP&FLY、フライボールの報告は次回。

109439459_4330254623659339_4808061875802

| | コメント (0)

2日間楽しみました『STEP&FLY C&C』

2日間にわたって行われたSTEP&FLY C&C。

今年、泊りでの遠征はコロナの影響もあり、3月のミナカミの犬ぞりレース以来です。

STEP&FLY C&Cは、山中湖『ドッグリゾートWOOF』で行われる、K9ダンシングとフライボールレースのビッグイベントです。



初日はK9ダンシング。

LKC(ルツカKフリースタイルクラブ)が行うドッグダンスのコンペティションです。

去年のこのコンペティションで松浦&ミッシーチームがチャンピオンになり、クラフトの出場を決めた感動が甦ってきます。


結果、オープンクラスの優勝は松浦&ミッシーチーム。

2連覇達成となりました。




今回のコンペティション。

18燈のステージ照明を持ち込み、各クラスチャンピオンとジャッジデモンストレーションはステージ照明に照らされ行われました。

「綺麗です」

「華やかです」

そして、素晴らしいいパフォーマンスに感動!


過度な演出は必要ありませんが、音質のクオリティーと華やかなステージセッティングはこのドッグスポーツの魅力をアップさせます。

ルツカと俊介のこだわりが作り上げた素敵なコンペティションでした。





私&バルカチームは激戦のビギナークラスにエントリしました。

全17チーム。

ビギナーといいつつ、コンペティションで上位で活躍するチームも参加するレベルの高いクラスです。


今回のコンペティションに向けて、ヒールを綺麗に見せるトレーニングをやってきました。

トリックのサインを極力小さく。

そして思いっきり楽しむ!・・・・を目標にエントリーしました。


ヒールもサインもまだまだでしたが、思いっきり楽しむ!に関してはGOODでした。



結果はなんと4位!

予想外の良い結果にびっくり!


コンペティションに出るごとにK9ダンシングの楽しさにはまっていく感じです。





5年前、ルツカ&俊介が中心になって、ドグタウン工房が始めたドッグダンス。

その時何となく(よくわからないけど)、

「私もやってみようかな(ちょっと恥ずかしいい)・・・・」

「クロストレーニングとしてディスクドッグの役にたつかな・・・・」

くらいに思って始めましたが、今ではなくてはならないドッグスポーツの一つになりました。


5年前、やらない選択もあったのでしょうが、

「やっておいてよかった」

そして今は、

「犬と暮らす楽しみが一つ増えました」


パートナーのバルカ(ラブラドールレトリバー)は8歳。

バルカとのセカンドドッグスポーツライフとしてK9ダンシングを楽しんでいけたらいいですね。


1日目、笑顔で終了しました。

そして2日目、フライボールレースが待ってます。



長文になりましたので、STEP&FLY C&Cフライボールレースの報告は後ほど。

109273354_1617676678388451_2651869221437
決めポーズ1

108862781_1617676638388455_2761826275755
決めポーズ2









| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

いよいよ明日から

待ちに待った『STEP&FLY C&C』が行われます。

7月18日~19日

山中湖ドッグリゾートWOOFのインドアです。


18日(土)はSTEP&FLY CROWONS

K9ダンシングのコンペティションです。


19日(日)はSTEP&FLY CLASSIC

フライボールレースです。


2日間で2種類のドッグスポーツが行われます。



K9ダンシングは、

美しさ、犬とハンドラーのコンビネーション、ルーティーンのストリー、トリックの正確さ技術、

などを競うジャッジングドッグスポーツです。


フライボールは、

犬のスピード、ハンドラーの技術、相手チームとの勝敗、チーム戦としての戦略、タイムアタック

などを争うスピード系のドッグスポーツです。



例えるとすれば、フィギュアスケート(K9ダンシング)とスプリントスピードスケート(フライボール)のような感じですかね。




私はK9ダンシングはバルカ(ラブラドールレトリバー)、フライボールはSONY(ウイペット)で両日とも参加します。

バルカはNOBUKOとフライボールにも参戦します。


バウンドバウメンバー、初遠征チームもいます。


2種類のドッグスポーツを楽しむ2日間。

楽しみましょう。

Ccc









| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

BBFT朝練中止~DTFCトレーニングへ

BBFT(バウンドバウフライボールチーム)記念すべき第1回目の早朝トレーニングは、雨天中止となってしまいました1

楽しみにしていたのに残念。

参加を予定していたメンバーの皆さん、来週も火曜日にやりますよ。



毎週火曜日はDTFC(ドグタウンフライボールクラブ)のトレーニングの日。

こちらは朝の9:30からスタート。


早朝6:00からBBFT(BBフィールド)を終了後、DTFC(カボッチャ)に移動・・・・・

という火曜日はフライボール三昧な1日になるのかな。



本日のDTFCのトレーニング。

今週末、山中湖WOOFで行われるSTEP&FLYでに向けてチーム練習を行いました。

4on4 SONY⇒カタナ⇒ポップス⇒キャンディーの4頭です。

チーム名は『DTFC-A』チーム。


HIMEは3回目のDTFCトレーニング。

1ジャンプフルランまで進みました。

BOXターンも良いし、足も速いです。





我が家のフライボールドッグ&フラーボールドッグ候補。


バルカ 8歳(ラブラドールレトリバー)

今回のSTEP&FLYで、久々の4on4に出ます。

まだまだ現役かな?


SONY 6歳(ウイペット)

本場北米のレースが待ってます。


HIME 3歳(ボーダーコリー)

順調にトレーニングしてます。

物覚えがいいです。


SONNAR 1歳(ラーチャー)

次世代俊足ラーチャーです。

胴体犬ブリスクのタイム3秒53が大きな目標です。


JET 1歳(ラーチャー)

まだ始まったばかり、これからトレーニングを行っていきます。




今週末はいよいよBIGレース『STEP&FLY CLASSICL]』です。

久しぶり4on4レースを楽しんできます。

74843076_3350838361600975_46715009413320
北米U-FLIの会場の写真

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

犬のしつけスペシャル 群馬動物専門学校オープンキャンパス

今日、7月12日(日)のオープンキャンパスは『犬のしつけスペシャル』

前回7月5日は総合体験派でしたが今回は犬のしつけに特化し、
しつけや訓練に興味のある方が対象で行われました。

スペシャルなので時間も充分。

場所も赤城キャンパス(世界の名犬牧場)の広いフィールドです。



基本的な犬のしつけから、ドッグダンス、ディスクドッグと広く行いました。

天気が良かったのでフィールドでの体験ができました。

が・・・・・ディスクドッグ体験の時は強風に。



専門学校では、ドッグケアコースのスポーツドッグが担当の私です。

今回もドッグスポーツを通じた犬とのコミュニケーションの話を中心に伝えました。


将来、犬の世界に進もうと思っている若人が来ています。

少しでも役に立てれば幸いです。

20621838_1595447230518765_255588722
群馬動物専門学校エントランスの看板 我が家の3代目エアデールテリアの大きな写真があります
国道に沿ってありよく見えます



| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

ドッグジムSHAKEのドッグダンスコンペに行ってきました

7月11日(土)

山中湖ドッグリゾートWOOFで行われた、SHAKE主催のドッグダンスコンペティションに行ってきました。

4月開催予定でしたがコロナの影響で延期になっていたコンペティションです。


関西が拠点のドッグジムSHAKEが初めて行う、WOOFでのインドアコンペティションです。

全エントリーは60チームを超えるBIGなコンペティションです。

楽しみにしていたイベントです。



ルツカがジャッジを行うということもあってLKC(ルツカ・K9フリースタイル・クラブ)のメンバーも参加。

アドバンスクラス
優勝 松浦&ミッシー
2位 津田&ロキ

シニアクラス
優勝 渡辺&ベリー
2位 津田&カンタ

ジャッジ特別賞
平井俊介&ゴールドラッシュ

と、活躍しました。




今回のコンペティション、レベルが高かったです。

さすがSHAKEのコンペティションですね。

トレーナーの方々の素晴らしいデモンストレーションには感動しました。


進行もスムースで60チームを超えるエントリーにもかかわらずオンタイムで終了。

スタッフのレベルも高い運営で、気持ちよいコンペティションにでした。




今回私はエントリーなしだったので、リングサイドに陣取り全チームのドッグダンスをしっかり見ることができました。

でもやっぱり出ないとね・・・・・


私&バルカチームも、先月のビデオコンペ、先週のLKCK9ダンシングコンテスト、とドッグダンスモードになっています。





楽しかったSHAKEのドッグダンスコンペティション。


モチベーション上がりました

3週連続ドッグダンスコンペティション。

今週末はいよいよ最終章、STEP&FLY CROWONSです。

バウンドバウからも参加予定あり。


今週末のWOOFで楽しんできます!

106915001_2758040650968886_6178662733255


| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

バウンドバウのフライボール

先月、6月7日に発足した『フライボールレーシングパーティー』

私も立ち上げからのボードメンバーとして携わってきました。


それに合わせてバウンドバウでもフライボールチームを結成して、トレーニングを行っていきます。

バウンドバウ内でも

「フライボールをやりたい」

「練習会はいつ?」

「面白そう」

という声が上がっています。



お待たせしました。

ちょっと前のブログで告知をしましたが、運営体制が整いましたので活動を始めていきます。

いよいよ!という感じですね


名称は『バウンドバウ・フライボール・チーム』BBFTです。

シンプルです。


チームキャプテン
酒井ヒロシ

 フライボール歴5年
 DTFCレーシングキャプテン
 DTFCチームにてSONYとともに日本記録樹立
 FRPボードメンバー


レーシングキャプテン
清水タダノリ

 フライボール歴3年
 DTFCメンバー
 コハク、アンジュとレース出場中



今回チームでトレーニングができると、BOXローダーやリリーサーー、タイム計測、プロップ操作、

などたくさんのことが経験できます。


早朝トレーニング(朝6:00~)毎週火曜日

ナイトトレーニング(夕方6:00~)不定期

を予定しています。



来年のフライボールレーシングパーティーが行うレースに参加することを目標にやっていきましょう。


詳細はバウンドバウのFacebookなどで確認してください。

Aaq

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

ステッカーチューン

その昔、車を買ってチューンUPしたいけどお金がなくてできない状況の時、
とりあえず一流パーツメーカーなどのステッカーを張って気分だけでもその気になる。

などというステッカーチューンUPなることが一部で行われていました。

当然性能がUPするはずもなく、なんか残念な感じだったのを覚えています。



私が最初の自分の自動車に貼ったステッカーのことを覚えています。

ノスタルジックカー、ヒストリックカー、などといわれていた古い車を趣味としていた35年以上前の話。
(もちろん今でも大好きです)


突然創刊された超マニアックな自動車雑誌『スクランブル・カー・マガジン』

不定期発行が2か月に1度となり、のちのメジャー雑誌の『カーマガジン』へとなっていきました。


その創刊号についてきたTHIS IS MY FEYBALET CAR(綴りが違うかな)という猫の後ろ姿(出版は企画室NEKO)のステッカーでした。

当時乗っていたデボネアのリアウインドウに誇らしげに貼っていました。





話が長くなりましたが、犬を飼うようになり自分の犬の犬種ステッカーなど集め始めました。

そんなこんなで集まったたくさんのステッカー。

自然な流れで、犬用トランスポーに貼ってみる。


アメリカに行くごとに買ってきたもの。

貴重な犬種クラブのもの。

懸賞に応募してあったたもの。


でも、ステッカーって長年たつと、粘着が劣化してダメになってしまうんですね。

だったら、ドンドン貼ってしまおうということになりました。

そして今に至ります。


ということで、今度の犬用トランスポーターもステッカーだらけになりました。

2
以前(15年くらい前)に乗っていた犬用トランスポーターもステッカーだらけでした

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

検証、データで見るフライボール

本日はカボッチャにてDTFCのトレーニング。

STEP&FLYに向けてレース形式のトレーニングを行いました。


ところで・・・・・

フライボールについていろいろ質問されます。


FRP(フライボールレーシングパーティー)が発足したり、DTFC(ドグタウンフライボールクラブ)のベストタイムの更新が相次いだり、
とFacebookやHPにその記事が多くなっているからだと思います。

ルールに関する質問が多い中、結構マニアックな質問もあります。




今回はタイムや犬のスピードについて書いてみます。

「犬はどのくらいのスピードで走るのですすか?」

これに関してはスピードガンではからないとトップスピードはわかりませんが、スタートライン⇒BOX⇒フィニッシュラインでの
平均速度は計算できます。
(スタートライン~BOXは約15m30㎝、BOX~フィニッシュライン約15m30㎝)


今のDTFCの平均的なタイムのフルラン(スタート⇒BOX⇒フィニッシュ)タイム4秒00で計算してみます。

そうすると大体28㎞~29㎞くらいになります。

トップスピードは当然もっと速くなります。
(SONYのコーシングでのトップスピードは60㎞~65㎞くらいですが距離が短くなるのでもっと遅いです)

スタートラインを超えて4つのジャンプを飛び、減速して一度停止状態になり、BOXからボールを取り、Uターンして加速。
再び4つのジャンプを飛び(帰りはボールを咥えています)フィニッシュラインを切ります。

加速と減速、ボールをGET、Uターンなど行った平均スピードです。



いかに早く加速し、いかにスムーズに減速できるか。

BOXからボールをいかに早く正確にGET出来るか(BOXターン)

ジャンプをいかに速く走り抜けるか。

このスピード感がフライボールの魅力の一つです。




「レースでの0.1秒ってどのくらいの差になるの?」


これもフルラン4秒00を平均とすると、70~80㎝くらいになります。

中型犬で1犬身~一1犬身半といったところです。

0.01秒で鼻(マズル~顔)の差といったところです。

1秒差となると7m~8mになり、コース長の約1/4になります。


というわけで、その0.1秒速くするために、日々トレーニングを行っているのです。




データで見るフライボール。

今回はここまで。

0000


 

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

7月BBホリデー報告

梅雨のこの時期、曇り空の中開催することができました。

コロナ感染に注意しながらに開催は変わりありません。

10人、犬12頭の参加(主催者とトレーナーを除く)

コロナの影響なのかな?、ちょっと少ない参加でした。

参加の皆さんお疲れさまでした。




BBホリデー7月は、矢口順子さんをゲストトレーナーとしてJYUNKOの日として開催。

今年になって2回目です。


今回のJYUNKO プログラムはディスクの拾い方&持ち方。

ジグザクでのもっともっとスピン。

ゲーム形式での楽しいセミナーでした。

毎回楽しみ。


ディスクドッグミニゲームと発表会に出たメンバーへのアドバイスもありました。

JYUNKO の日は数か月ぶり。

メンバーの成長を見てもらうことができました。


JYUNKOクリニックも7頭の犬が参加。





BBホリデーはバウンドバウの原点です。

犬と楽しむ1日

日々のトレーニングの成果を確かめる場でもあります。




バウンドバウ・フライボール・チームも活動を始めます。

スクータードッグもやります。

UPDOGも再開します。

グループディスプレイの練習もしましょう。


BBホリデー7月。

楽しみました。

79268151_2352993445001641_33379112308257

106592450_2352993481668304_1795374873716








| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

オープンキャンパス

私が講師を務める群馬動物専門学校のオープンキャンパスでした。

ドッグケアコース、スポーツドッグが担当の私ですが、今日は来春入学希望者への”しつけ”プレゼンテーションでした。


ドッグスポーツにおけるコミュニケーション。

チェアステイ。

K9ダンシング。

ディスクドッグ体験。

などをテーマに行いました。


会場は本校舎に2階の実習室。

いつものオープンキャンパスの世界の名犬牧場と違い狭いスペースで行いました。



今回はバルカでデモンストレーションを行いました。

最近のK9ダンシングモードのバルカは実に良い仕事をしていました。

頼もしいいデモ犬に成長しました。



動物の世界に興味を持ち、専門学校への進路を検討している高校3年生とその保護者が集まりました。

私自身はいつもと変わらずドッグスポーツの魅力を伝えました。



それは・・・・・

太古の昔から人間のそばにいて生活の役に立ってきた動物の犬という動物。

現代社会において、本来持っている犬の能力を発揮できる場面は非常に少なくなってきています。

私たちはその本来持っている犬の能力を維持し、表現できる手段としてドッグスポーツを行っています。


そして、犬はいつも人とのコミュニケーションを求めています。

その手段の一つがドッグスポーツなのです。


まあちょっと大げさな表現ですが私の本音でもあります。




今回は総合体験入学ということでトリマー体験と動物看護体験も行われました。

私にとっても貴重な経験になりました。

次回は7月12日。

赤城キャンパス(世界の名犬牧場)で行います。

3c49e674a9034ccd94255382e3689fb6750x508












 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

LKC K9ダンシングコンテスト

7月4日(土)

LKC(ルツカK9フリースタイルクラブ)のK9ダンシングコンテストがカボッチャにて行われました。

来週、再来週のWOOFで行われるインドアマッチに向けてのトレーニングゲームという位置づけのコンテストです。


先月インターネットで行われたK9ダンシングのコンペティション。

今回は久しぶりのリアルでのコンテストになりました。


アタイヤーに着替えた参加者、ジャッジ席が設けられた会場、音響設備にビデオカメラ。

コレコレ!ワクワクと緊張が高まりますね。



今回のカテゴリー分けは、

トリッククラスレベル1

トリッククラレベル2

ビギナークラス

オープンクラスwithトリーツ

オープンクラス

です。


ビギナークラス優勝 平井俊介&ゴールドラッシュ

オープンクラスwithトリーツ優勝 渡辺&ベリー

オープンクラス優勝 津田&ロキ




私&バルカチームはオープンクラスwithトリーツにエントリー。

このクラス、リングにトリーツ(おやつ)の持ち込みはOK 。

実際トリーツを使っている(誘導や与える)チームはほとんどいません

いつもはオープンクラス(トリーツなし)に参加しているチームがほとんどでレベルの高いクラスでした。


私&バルカもトリーツでの誘導を使わず、極力サインを小さくすることを決めてリングに立ちました。

危ういシーンもありましたが何とかやり切りました。

MONAのカイロプラクティックの効果か、バルカはいい状態です。


結果は、嬉しい3位。

参加メンバーを見ると奇跡の3位ですね。





チーム名がコールされリングに入りセット。

私の合図で曲がスタート。

そこからの数分間は自分とパートナードッグとの時間が流れます。

楽しい時間です。

演技終了とともに拍手が起こります。

頑張った犬を思いっきりほめてリングを後にします。


さらにジャッジが評価してくれて、コメントまでもらえます。


やっぱりリアルで行うコンテストは楽しいいですね。




私&バルカチーム。

次はSTEP&FLY CROWONSです。

このビッグゲームまでは短い期間ですが、今回のジャッジコメントを参考に、しっかりトレーニングしてのぞみたいと思います。

106476572_1604088989747220_6191108340606
私&バルカ オープンクラスwithトリーツ3位

106401017_1604088969747222_2438866302529
NOBUKO&ガッシュ ビギナークラス2位

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

K9ダンシングとフライボール

BB&DTが終わり次はK9ダンシング。


7月4日(土)
カボッチャにてLKC(ルツカK9フリースタイルクラブ)のK9ダンシングのコンペティションが行われます。

その翌週(11日)はシェイクのドッグダンスコンペが静岡のドッグリゾートWOOFで行われます。

次の週(18日)はいよいよSTEP&FLY CROWONSが同じくドッグリゾートWOOFで行われます。

3週続けてK9ダンシングのコンペティションです。

すでにK9ダンシングモードです。



と、なっていますが・・・・・

フライボールも7月5日(日)はDTFCレースシリーズ#5フライボールトレーニングレースが行われます。

場所はカボッチャにです。


7月19日はいよいよSTEP&FLY CLESSIC。

場所はドッグリゾートWOOF。

FRP(フライボールレーシングパーティー)が主催する初めてのビッグレースです。


BB&DT以降、K9ダンシングのコンペととフライボールのレースが続きます。




我がHIROのチームは

フライボールはSONY(ウイペット)

K9ダンシングはバルカ(ラブラドールレトリバー)

バルカはMONAのカイロプラクティックをうけてスムーズに動けています。

SONYのタイムも安定しています。


『STEP&FLY CROWON&CLASSIC』

この2日間が大きな目標です。


泊りでの遠征は久しぶり。

楽しみです

104021588_109422457481232_32580375087008


 

 

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

BB&DT SONY参戦記

今シーズンのディスクドッグ、コロナの影響で2つのメジャーゲーム、四万十カップ(四国)とHDLトロフィー(京都)が中止になりました。

コロナの前に行われたBOB犬種別ディスクドッグトーナメントや、ODT(オンデマンドトロフィーズ)には参加できましたが、
当然のことですが、JDDNメジャーゲームは今シーズン初参加になります。


BBフィールドがあるので、ほかの県のチームよりトレーニングできる環境にあります。

それでもゲームがないので、なかなかモチベーションが上がってこないという状況でした。




BB&DTジョイントマッチがドグタウンフィールドで開催が決定し、モチベーションがやっと上がってきました。

ODTでのアドバイスを見返し、ルーティーを作り直すことにしました。

2年以上使っていた曲も変えました。

BB&DTまで2週間というタイミング。



今まで破綻していたディスクマネージメントと、フィールドプレゼンテーションを中心にルーティーンを考えました。


今まで俊足のSONYだから難しいと思っていたディスク回収。

一つ一つプランすることで何とか出来る方法が見つかりました。


もう一つの課題であったスローのバリエーションは、ちょっとの練習ではゲームで使えるレベルになるはずもなく次回に持ち越し。

ドグタウンで習った新しいいセグメントを入れ、何とか間に合ったという感じでした。




そして待ちに待ったBB&DTジョイントマッチが始まりました。

新ルーティーンは2日目決勝ラウンドで何とかやり切った・・・・かな。


ビデオで検証しましたが今回のテーマの、ディスク回収とフィールドプレゼンテーションは不確実ながら何とか形になっていました。

ジャッジポイントにも反映されていました。




『新しいスタイルのSONY を見せる』

ルーティーンをブラッシュアップして上を目指す、という楽しいトレーニングが待っています。

今回のジャッジコメントにそのヒントがあります。


SONYと2日間楽しみました。

ゲーム楽しいい!

ディスクドッグ楽しい~!

104945905_1600233783466074_6013331055448
Oo








| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

DTFC(ドグタウン・フライボール・クラブ)のタイムの標準が上がっています。

最近DTFCのトレーニングに参加して思うことがあります。

ここ数か月でトレーニングに参加している犬たちのタイムが上がっています。



1~2年前は4秒を切れる犬は少なく、数えるほどしかいませんでした。

4秒を切るというが遠い夢の時期もありました。


昨日のDTFCのトレーニングでも、4秒を切って走る犬が当たり前になってきています。

4秒000が基準になり、どこまで早くできるかという考え方になっています。

「まずは4秒000まで」



ここ数か月、チームキャプテンのKOUSUKE の新しいいメソッドでトレーニングしてきました。

その結果が表れてきたのだと思います。

特定の犬だけ速くなるのではなく、トレーニングを受けている犬がみんな速くなっています。


ちなみに

ブリスク3秒52

BOON3秒72

SONY3秒72

カタナ3秒84

キャンディー3秒94

ラピス3秒99



2週間前3秒56だったブリスク。

3秒52まで短縮してきました。


ドリームタイム(パスなしベストタイムの合計)を計算すると14秒80!



今までの日本のフライボールの定式が変わってきているのを感じています。




もうひとつ。

『カボッチャ』という素晴らしいトレーニング環境を手に入れたことも大きな要因になっていると思います。

全天候型インドア、フラットな床(外では少しの凸凹があります)、アメリカのレースと同じゴムマットの床面。

素晴らしい環境でトレーニングできることに感謝しています。



今のDTFCのスタンダードタイムは4秒000ですが、次世代のフライボールドッグたちが活躍するころには
このタイムがどうなっているのか楽しみです。


ハンドラーの研ぎ澄まされた感覚、それにこたえる犬との高次元のコミュニケーションがフライボールの魅力です。

1/1000秒のドラマを楽しんでいます。

104473362_4209131149105021_2857930605630



| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »