« 雨のち晴れの平日トレーニング | トップページ | りんごばなな ROUTE66ライブ 冬季限定#3 »

2020年1月10日 (金)

VW412(犬を飼う前の自動車)

犬を飼う前のこと。

かれこれ20年家来前になります。

自動車趣味特に旧車といわれる古~い車に乗っていました。

今でももちろん旧車大好きですが、犬優先の生活が続いているためなかなか・・・・・



このブログでも自動車趣味というカテゴリー他で自動車の話はしてきました。

今回は私の乗っていた数少ないドイツ車です。

メルセデスベンツの300D(W123)、オペルレコルトクーペ(1969年)の話は以前書きました。




今回はVW(フォルクスワーゲン)412です。

たしかサーブ96EMS(1973年)を下取りに出し購入したと思います。

数年中古車屋に売れないで置いてあった車でした。

ず~と気になっていたVW412。

実は大好きな車の一つなのです。

VW412は製造期間も短く(1973年から2年くらいかなから?)フォルクスワーゲンの中では日本ではほとんど見かけることのない車でした。



ついに手に入れてしまいました。

その前に探していたVW-K70は手に入りませんでしたので、
「今だ」という気持ちで買いました。

購入時にはすでに15年以上たった大古車。

しばらく動かしていない状態でしたがインジェクターの交換くらいで現役復活。

日常の足として使っていました。


高速道路も山道も、夏も冬も元気に走っていました。

古くても日常普通に使えてしまう。

この辺がさすがフォルクスワーゲンですね。


変なオートマチックミッションとインジェクションの空冷フラット4リアエンジンはなんとも言えない加速感でした。

トランクも広く(リアエンジンなので前のボンネットがトランク)、室内も広々。

ある雑貨やで店の方が荷物を駐車場に運んでくれ、車に積み込むときボンネットを開け荷物を積んでいる姿に驚いていたのを
思い出します。

乗り心地も結構いい。

未完成なちょっとアバンギャルドなデザインが好きです。



先日バウンドバウのメンバーがVWタイプ3バリアントを所有しているということを聞きました。

古いタイプ2で犬を載せてくるメンバーもいます。

そんなことで思い出したように久々の自動車の話でした。


写真が見つからないので同型同色の画像を載せておきます
Typ4011
アバンギャルドなフロント

Typ4031
三角窓のない6ライトのサイドビュー

Typ4021
リアエンジンらしいいエンジンフードのスリット
このリアビューも好き

|

« 雨のち晴れの平日トレーニング | トップページ | りんごばなな ROUTE66ライブ 冬季限定#3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨のち晴れの平日トレーニング | トップページ | りんごばなな ROUTE66ライブ 冬季限定#3 »