« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月24日 (火)

犬三昧怒涛の3連休終了

21日(土)
バウンドバウ・パムマーチンスペシャルセミナーからスタートしたこの3連休。

2日目の22日(日)
群馬県動物愛護フェスティバルとBBホリデーの同時開催。

3日目の23日(祝)
世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー。


先週の3連休はドグタウンカップでしたね。


今週末はいよい日本初インドアドッグスポーツ施設"カボッチャ"がオープンします。

28日~29日に、こけら落としの記念イベントが行われます。

K9フリースタイルコンテストとSTEP&FLYクラッシックフライボールレース。

そしてオープニングパーティー。



さてこの3連休。

台風接近の中、雨の予報もある中、無事終了することができました。




最終日の世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー。

朝から雨・・・・・

ショーの1時間前の段階で中止を決定。


中止を決定してしばらくすると天気が回復。

参加メンバーも集まっていたため急遽30分遅れで開催に変更。

ギャラリーもたくさん集まっています。


雨を避ける形で機材をセッティング・・・・・が、なんとショーの途中で晴れてきました。

ちょっと暑かったものの、台風による風の影響もなく行えました。


わん次郎(ミニチュアシュナウザー)のドッグダンスデビュー。
ルナのディスクドッグフリーススタイル(フルルーティーン)のデビューもありました。

新しいいチームが育っているバウンドバウです。


グループディスプレイも恒例になりました。

次回はパムマーチンのアドバイスにより進化したバージョンのお披露目ができると思います。


カボッチャのオープニングイベントが近いこともあり、みんなのモチベーションも上がっています。
終了後は曲選びやアタイヤー(衣装)の話で盛り上がりました。


それにしても個性豊かなメンバーたちです。

犬たちも他犬種で個性的。

閉店の午後6時まで話は尽きません。

楽しい1日でした。


犬三昧な3連休。

パムマーチンのエナジーが続いています。

カボッチャのオープニングイベントに向けてGO!

楽しみましょう。

70381605_2358709537511063_88242424311395
カボッチャ インドアトレーニングジム
今週末はオープニングイベント 楽しみ~!









| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

群馬県動物愛護フェスティバル×バウンドバウホリデー

3連休の2日目。

9月22日

第21回
群馬県動物愛護フェスティバルでした。

場所は前橋グリーンフラワー牧場。


バウンドバウとしてディスクドッグデモンストレーションをとして、毎年参加させていただいてます。

ポニー乗馬体験、出展ブース、パネル展示、地元名産フードコートなどが立ち並び、
今回も数千人のお客が見に来てくれた、ビッグイベントです。

ディスクドッグデモンストレーションはドッグダンスもあり、ディスクドッグ体験コーナーも行われました。



この日は同時にバウンドバウホリデーも行われました。

こちらはBBフィールドです。

同時開催になりました。



「バウンドバウも大きなクラブになったんだなあ!」

同時に2つのイベントを行うことができるようになりました。


人も犬も成長しています。


バウンドバウメンバーが、BB&DTやドグタウンカップで設営やイベントの進行を学んだこと。

世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーで、段取りや運営を実践した経験が生かされています。


ドッグスポーツクラブとして、ドッグスポーツのレベルの上達以外にたくさんの成長があります。

その成長こそがクラブの財産です。


同時開催の2つのイベントが無事終了できたことに安堵するとともに、喜びもいっぱいです。

お疲れさまでした。

70515418_2439638972784724_78125168124525
K9ゲームデモ





| | コメント (0)

バウンドバウ・パムマーチンスペシャルセミナー2

9月21日
パムマーチンが再びバウンドバウにやってきました。

前回行われたのが7月。

奇跡的な第一回バウンドバウ・パムマーチンスペシャルセミナーから2か月。

奇跡は2度起こりました。


そして開催となったセミナーは素晴らしいい時間になりました。

初参加チーム7チーム。

前回から2回目のチームが5チーム。


バウンドバウ・パムマーチンスペシャルセミナーはディスクドッグ、K9フリースタイルをはじめ、
フライボールにオビエデンス。

参加チームが今習いたいことを習うことができる贅沢なセミナーです。


カボッチャのインドアオープニングイベントの合わせて今回はK9フリースタイルが多かったかな。


パムのアイデアにより見違えて素敵になっていくルーティーン。

わがチームも強烈なインパクトのスタートルーティーンとテーマをいただきました。


今回はグループディスプレイに対してたくさんのアドバイスをいただくことができました。

進化するグループディスプレイも楽しみです。


参加者全員大満足なセミナーでした。

次の開催を望む声がたくさん出ていました。


バウンドバウメンバーに浸透したエンタートレインメント。



パム
素晴らしいい時間をありがとうございました。

通訳の美緒さんありがとうございました。

素晴らしいいチャンスをくれたドグタウン工房に感謝します。

70694168_10156484561555924_4322366137921

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

群馬動物専門学校スポーツドッグ授業開始

今年も秋季の授業が始まりました。


第一回目はヒメでディスクドッグデモンストレーション&トレーニング。

去年の授業ではヒメが私のもとにやってきて間もない時でした。

ディスクキャッチもまだまだでした。

1年たって今回は立派に役割を果たすことができました。


スポーツドッグの授業は1日4時間分を通しで行います。

1年生は4時間×4日間の16時間で行います。

けっこうな集中講義になります。

1年生は必須科目になり、2年生は選択(40時間)になります。


ドッグスポーツの楽しさ面白さを伝えることをテーマに行っています。

もちろんトレーニングの仕方や、競技のルール、歴史なども教えます。


すべての授業が終了するのは12月。

そして修了試験が待ってます。


少ない時間ですがドッグスポーツの魅力を伝えていきます。






| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

私のドグタウンカップス

私にとっては18回目のドグタウンカップス。
(ドグタウンカップの時代から)


実はドグタウンカップ以前のドグタウン工房主催のディスクドッグゲームは密かに見に行ってました。

ディスクドッグ観戦マニアの私にはレベルの高いフリースタイルを見ることのできる貴重な場所でした。

ディスクドッグセミナーなどなかった時代、ビデオを撮り自己流で技の研究をしたのを思い出します。



ドグタウンカップ第1回目は、2代目バウンドバウ代表が参加のため応援と見学で参加でした。

見ているだけでワクワクするスゴイゲームでした。

もちろんビデオを撮って何回も何回も見ました。

ビデオカメラも今のように普及していなくて、バウンドバウ代表がこのために購入したビデオカメラで撮って、
VHSにダビングしてみていました。

そんな第一回ドグタウンカップでした。



私は第二回ドグタウンカップから参加しています。

バウンドバウ代表が作ってくれた一本のドグタウンカップ参加への道。

この時は4チームで参加しました。


その後JDDN主催のゲームとドグタウンカップはバウウドバウの主戦場になっていきました。



ディスクドッグフリースタイルの黎明期だった当時、ミステリアスジャッジに翻弄されていました。

そんな時にドグタウンカップに出会いました。


参加したクラブ員全員が納得できる正当な評価をしてもらいました。

ものすごく感動たのを覚えています。



正当なジャッジングは時として厳しいい順位になったり、自分の実力不足を痛感したりもします。

でもこれこそがスポーツのあるべき姿です。

甘くはない世界ですが、何より心地よい居場所になっています。


勝者を心より祝福でき、リスペクトできることも素晴らしいことです。

これも正当で公平なジャッジングがあってのことです。



ドグタウンカップ。
今はドグタウンカップス。

日本中、世界中からチームが集まる世界有数のビッグゲームに成長しました。

その陰には、ドグタウン工房の一貫したポリシーと継続した努力があってのことと思います。


私自身もスタッフとして参加するようになって、たくさんのことを学びました。

それがディスクドッグを続ける力になっています。


ディスクドッグプレーヤーの目標でもあり、あこがれの存在でもあるドグタウンカップス。

思いっきりディスクドッグを楽しみ、本気で戦えるゲームがあることに感謝。



2019年ドグタウンカップスが終了しました。

喜びををもって終了するチームもあれば、悔しさや涙もあります。

表彰式では参加したチームを讃えあい、みんな笑顔みんなになっていました。



関東直撃の台風で被災した地域に住むチームの参加もありました。

復旧しない状況の中、生活はもちろん、練習もままならない状況でチャレンジしたチーム。

ドグタウンカップスへの強い思いを感じ、心がジ~ンときました。



それぞれのプレーヤーの思いの詰まったドグタウンカップス。

たくさんの感動をありがとうございました。

2020またお会いしましょう。

Dtc_20111
2011年のポスター
私のパートナーマトラ(エアデールテリア)が出てます(左の写真)









| | コメント (0)

バウンドバウのドグタウンカップス

ゲーム前日の木曜日。

ドグタウンカップスの設営の日。


バウンドバウメンバーの姿がありました。

朝からの方や、仕事を早く切り上げきた人もいました。


私が情熱をもってスタッフとして参加してきたドグタウンカップス。

「素敵なゲームを作り上げる」

そんなスタッフの思いが素晴らしいいゲームを作り出す一つの大切な要素になっているのだと感じています。


私のそんな思いを感じ取ってやってきてくれたメンバーに感謝します。

また参加できななった方からも同じ思いのメッセージをいただきました、

本当にうれしく思います。




さてさて、バウンドバウのドグタウンカップス。

ゲームはどうだったかな?


3回目のオープンフリースタイル出場の清水&コハクチームを筆頭に、清水&アンジュ、ルークがトス&フェチ。

オープンフリースタイル2回目の大塚&あずきチーム。

同じく出島&セイラチーム。

中村&キャンディーチームのオープンフリースタイルデビュー。

ディビジョン2フリースタイルに出野&ルナチーム。(去年はトス&フェチ)

トス&フェチに日下部&ヒカリチーム。

コーシングは伊藤&テイオーチーム。

そしてグループディスプレイは11チームの参加。


またメンバーの方が応援にかけつけでくれました。

私&sonyの応援もありがと。

そしてトップチームの演技を見ることができました。

何かが心に響いていることと思います。






バウンドバウメンバーの大きな目標のドグタウンカップス。

参加の仕方はいろいろです。

何より大切なのは同じ空間にいることです。

ドグタウンカップスという特別なゲームの空気を一緒に吸い込んで、
ディスクドッグのすばらしさを共有できれば最高ですね。


たくさんのバウンドバウメンバーが集まったドグタウンカップス2019。

素晴らしいい時間でした。

70230064_2664178413645636_77472014709607
設営中
ここからスタートするドグタウンカップス
ゼロからドグタウンカップスまでのリアルライブですね。



| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

ドグタウンカップス2019終わりました

9月13日(金)~15日(日)
群馬県前橋市 前橋公園特撮会場。


ドグタウンカップス。

フリースタイルディスクドッグの祭典。


日本で行われる唯一のディスクドッグ国際ゲーム
『ドグタウンカップインビテーショナル』

ディスクドッグ日本一決定戦
『ドグタウンカップ』

この同時に行われる2つのディスクドッグゲームが"ドグタウンカップス"です。


カナダ、アメリカ、中国、チェコ共和国、フランス、そして日本。

各国からトップチームが集まりました。

2つのゲームを合わせ78チームのフリースタイルチームが参加。



ドグタウンカップインビテーショナルはヨーロッパ、北米(カナダアメリカ)、アジアの世界各国のクオリファイチームとの、
JDDNメジャーゲームのトップ2チームと、昨年のドグタウンカップチャンピオンに参加資格が与えられます。


今回は10チームでの戦いになりました。

チャンピオンの中のチャンピオンを決めるゲームです。

ワールドチャンピオン4チーム、ヨーロッパチャンピオン4チーム、というチーム。

ここに詳しく書かなくってもどんな凄いゲームなのかわかると思います。



一方のドグタウンカップスです。

オープン参加のこちらはなんと68チームがエントリー。

こちらもワールドチャンピオンや日本チャンピオンが参加するレベルの高いゲームです。

中国やフランスなどの海外チームも参加。

国内チームは北は北海道、南は九州までのチームが集まりました。




2つのチャンピオンが決定するドグタウンカップス。

ドグタウンカップスインビテーショナルチャンピオンは
YACHI &WOOF

ドグタウンカップチャンピオンは
Nakamura &レット

結果はドグタウン工房のホームページにリザルトがアップされていますもでそちらをご覧ください。





ドグタウンカップスって何なんだろう。


土曜日の朝のインターナショナルチームのスピーチを聞いて、世界から見えるドグタウンカップスというもが明確にわかりました。

日本という国に住んでいる私よりも、特別なディスクドッグゲームとして存在価値を大切にし、リスペクトしているのがわかりました。

特別なゲームということより、もっともっとプレーヤーの心の中に存在する魂みたいなものを感じました、



参加チームのみんながドグタウンカップスを目指して1年間やってきました。

その1年が終わり、また新しいい1年が始まりました。


来年ちょっと進化した自分のチームがそこに存在すること。

存在することが大切ですね。


ドグタウンカップスが終わってしまった空白感に、来年に向けての新たな目標を埋めていく大切な時です。




ドグタウンカップス。

たくさんの感動をありがとうございました。


 P.S.
   私のドグタウンカップス&バウンドバウのドグタウンカップスは後ほど書きますね。

70209894_10216754086857179_6029789077451

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

ドグタウンカップスに出場する意義②

本日も海外からの参加者が続々到着しています。

北海道や関西からも到着。

明日の夕方にはほとんどのチームがそろいます。


昨日に引き続き、ドグタウンカップスに出場する意義について書いていきます。

私自身は16回目のドグタウンカップスです。

出場した過去の15回、優勝もしていなければ表彰台に上がったこともありません。

ワールドチャンピオンが複数含む、世界のトップチームが多数参加のビッグゲーム。

トップ15に入ることが大きな目標となっています。



勝てないゲームにどうして出続けるのか?

それはドグタウンカップスだから、という答えになってしまいます。


ゲームなので順位にこだわり戦うことは当然なことです。

ベストを尽くし全力で戦うことの素晴らしさも、このドグタウンカップスで学びました。




そんなドグタウンカップス、私自身もう一つの戦いがあります。

それはドグタウンカップスとの戦いなのです。


日本最大のディスクドッグフリースタイルゲーム。

日本で唯一の国際ゲーム。

キング・オブ・キング、
チャンピオンの中のチャンピオンを決めるゲーム。


毎年このビッグゲームに出続ける。

そんな戦いもあります。



自分の前にそびえたつ最高峰のディスクドッグゲームに、果敢にチャレンジするすべてのチームが勝者なのです。

そして輝いています。


順位という結果は後からついてきます。

優勝チームがいれば当然最下位委のチームもいます。

でもどのチームもドグタウンカップスという、とてつもない大きな相手にチャレンジしているのです。




ドグタウンカップスに出場することの意義。

私なりに書かせていただきました。

2回にわたる長文へのお付き合いありがとうございました。


| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

ドグタウンカップスに出場する意義

今年18回目。

長い長い歴史あるディスクドッグのビッグゲーム。


私自身は第1回大会は見学でした。

その大1回ドグタウンカップはバウンドバウからドグタウンカップにチャレンジするチームが出場。
応援で参加。

そして第は2回ドグタウンカップに初めて出場しました。

以後今年18回目まで参加を続けています。

15年も参加しているので犬も4頭目。

アデル(エアデールテリア)⇒マトラ(エアデールテリア)⇒ギャンブー(mix)⇒SONY(ウイペット)


1回目から出続けているチームもいます。


出続けている魅力って何なんだろう?

そんな問いかけがあるとすれば・・・・・

出てみればわかります!

という答えになってしまうのか。


毎年多くのチームがドグタウンカップスにチャレンジします。

緊張から思い通りのプレーができなかったり、悔しいい思いだったり、
ここに集まるパワーやエネルギーを感じたり、一生レベルの友情が芽生えたり・・・・・


エントリーをすればどのチームも参加できるドグタウンカップス。

門は開かれているのに勇気をもってエントリーできるチームとそうでないチーム。

それもドグタウンカップスです。


勇気をもって決断したチームのみ感じることができるものがあります。

抽象的になってしまいますが、ディスクドッグの心が揺れ動くようなバイブレーション。
とでも言いますか。

参加回数を重ねるごとに深く深く心に浸透していく感じです。



私も最初、見学、応援からスタートしました。

そして大舞台に立つことが現実になりました。


会場に足を運んでドグタウンカップスの空気を感じてみてください。




海外からのチームや北海道のチームもどんどん到着しています。

今年もドグタウンカップスが始まります。

ディスクドッグプレーヤーにとって特別な週末がやってきます。


どんなドラマが待っているのでしょうか。

楽しみです。




| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

Mona‘Sアニマルカイロ@バウンドバウ

好評のMona’Sアニマルカイロ。

バウンドバウメンバーのための今回のアニマルカイロは2回目になります。


ドグタウンカップ前に犬のコンディションを高レベルで整えるためもあって、
9月9日(月)に行いました。


SONYもバルカもおおきな問題はなく、安心してベストな状態でドグタウンカップに望めます。



もちろんはじめて施術を受ける犬もいました。

獣医師でもあり、アニマルカイロプラクターでもあり、世界で活躍するマルチドッグスポーツプレーヤーでもあり、
ディスクドッグのワールドチャンピオンでもあるMONA.

カイロ以外にもスポーツドッグの多岐にわたるアドバイスもいただけました。


次回は12月初旬を予定しています。

69911097_2659683367428474_36094482401953
施術中のバルカ
凄い顔です

| | コメント (0)

Wトロフィーズ終了

いよいよ今週末は"ドグタウンカップス"です。

その直前1週間まえの8日はドグタウンかぷスの前哨戦で、ドグタウンカップスまえ最後のゲーム、
Wトロフィーズが行われました。

ランブルトロフィーとバウンドバウトロフィー。

1日で2つのゲームが行われます。

ジャッジコメントによるアドバイスがもらえ、ドグタウンカップスに向けての最終調整を行う重要なゲームです。


早々到着している海外チームの参加(カナダ、チェコ共和国、中国)もあり、ミニドグタウンカップス的でもありました。


私自身久しぶりのディスクドッグゲームです。

6月のBB&DT以来2か月半ぶりになります。


鈍ったゲーム感を取り戻す・・・・・

そんなWトロフィーズ。

出といてよかった。


上位陣の白熱したゲームは素晴らしい。

外国チームに加え、先日のヨーロッパチャンピオンシップのトップ3全チーム、さらにAWI ワールドチャンピオンまで参加。

ドグタウンカップス前哨戦というにはあまりにもすごいゲームでした。


バウンドバウからは出野&ルナチームがJDDNディスクドッグゲームにデビュー。

もちろんドグタウンカップスにも初チャレンジです。



やっぱりディスクドッグゲームは楽しいいです。

69873627_10214934489021073_7574066155233

緊張、喜び、悔しさ・・・・・


いよいよ今週末。

楽しみです。

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

イタリアとアメリカですごいことになってます

先週末8月30日~9月1日。

ディスクドッグにおいて、信じられないことが起こりました。

何が凄いのかって?


今年はディスクドッグのビッグゲームがイタリアとアメリカで同時開催になりました。

イタリアはUSDDNヨーロッパチャンピオンシップ。
世界一の参加者と国が参加する、ヨーロッパのディスクドッグゲームです。
今年はイタリアで開催。

アメリカはAWI (アッシュレイ・ウイペット・インビテーショナル)ワールドチャンピオンシップ。
世界でで最も歴史のある伝統のディスクドッグゲームです。
毎年アメリカで開催。


なんとこの2つのビッグゲームに日本人チームが参戦。

ヨーロッパが5チーム。
アメリカが4チーム。


そして奇跡が起こりました。

なんと!なんと!両方のチャンピオンが日本チーム。

快挙です。

おめでとうございます。


さらにヨーロッパチャンピオンシップは表彰台の1位、2位、3位を日本チームが独占。

もう最高の週末でした。


ヨーロッパチャンピオンはYACHI &WOOF。

AWI ワールドチャンピオンはKOUSUKE &GREEDY。


実はこのチャンピオンの2人は親子なのです。

父と息子で同時にビッグタイトルを獲得。

さらにヨーロッパチャンピオンシップの準優勝はKOUSUKE の兄SYUNSUKE &GUTSチーム。

さらにさらにヨーロッパチャンピオンシップの3位は、AWIチャンピオンの奥様のMONA &HARIBOチーム。


書いていてよくわからなくなるほどのスゴイ活躍です。

ドグタウンファクトリーの底力を感じます。


もちろん表彰台以外にも日本チームの活躍がありました。

JDDN(ジャパンディスクドッグネットワーク)メンバーの活躍を誇りに思います。




インターネットのライブ中継を見ながらの応援。

時差の関係で夕方からヨーロッパチャンピオンシップ。

夜中はAWIワールドチャンピオンシップ。

ほぼ徹夜状態での2日間を満喫しました。


まもなく凱旋帰国のチームジャパン。

速く詳しいい話が聞きたいです。



感動!
最高にエキサイティングな週末でした。

69445430_2122893511148088_52123335096910
AWIワールドチャンピオンKOUSUKE&GREEDY



| | コメント (0)

楽しかった!ワンワンサンデー

心配していた天気も曇り時々晴れで、この季節にしては過ごしやすかったです。

たくさんのパンフレット配布や、NHKのお出かけ情報にも取り上げられるなどの、PR活動と、
天気にも恵まれたためたくさんの人に参加していただきました。


サラダパークぬまたには、受付開始の午前10時前犬を連れた方が、たくさん集まっています。


"アンケートのこたえてディスクターゲットゲーム"は恒例になりました。

ビンゴ達成に歓声が上がっていました。


CDTによる人気の無料しつけ教室。

午前午後の2回行いました。

スゴイ参加人数。
2回で100人以上の参加がありました。


バウンドバウによるグループディスプレイ。

K9フリースタイルコンテスト。

UPDOGチャレンジミニゲーム。

ディスクドッグフリースタイルコンテスト。
ワールドチャンピオンのデモには会場がわきました。

ルアーコーシング。

などなど行いました。


人気のクイズ大会は各出展ブースから、オリジナル問題を出題。

出店各ブースのオリジナルグッズをかけて行いました。

中にはマニアックな問題もあり難問奇問を楽しんでいました。



地元の愛犬家はもちろん、県外からの参加や、毎年楽しみにしている常連さん、などなど。

数百人が会場を訪れてくれました。

「また来年も来ます」

「ディスクドッグに感動しました」

「1日楽しめました」

などたくさんの感想もいただきました。


笑顔いっぱいの楽しいいイベントでした。

69700391_1273527462807146_12170077381276
各ブースより出題のクイズ大会

69447253_1273547142805178_52280713049507
UPDOGチャレンジ ゲームのほかに体験会も行いました

70355737_1273494976143728_58180099953414
バウンドバウグループディスプレイ




| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »