« ディスクドッグゲーム ルールについて考える | トップページ | STEP&FLY#4 »

2019年3月23日 (土)

UP DOGアドバルーンセッション#4

54520491_2014531435514512_13600401520632
3月23日。
今回のアップドッグはハードルやトンネルを使用する2種目を行いました。

ファンキーとフリズジリティー。
(種目紹介とルールはフェイスブックをご覧ください)

2種目ともアジリティーの要素とディスクドッグの要素をを複合したような種目です。

障害をクリアするスピードと正確なディスクキャッチが求められます。

そしてほかの競技同様、戦略も大切です。


戦略通りに遂行する冷静さ、ミスを起こさない正確さ、時として攻める大胆さ。

この3つがそろって初めて高得点になります。

特に残り時間15秒からの瞬時な判断力を必要です。
タイムアップに向けてどのポイントをどのように獲得するのか?

とてもエキサイティングです。



今回の2種目のチャンピオンは両方とも小型犬でした。
これもアップドッグならではです。

犬種や犬の大きさに関係なくチャレンジできるドッグスポーツです。


アメリカ本部とのやり取りで、ルールもしっかりと理解してきました。

5月の正式立ち上げまでもう少しです。

4月も説明会体験会を行っていきます。

今回は静岡や愛知、千葉など遠方よりの参加もありました。

参加人数も増えてきました。

皆さんの参加をお待ちしています。

|

« ディスクドッグゲーム ルールについて考える | トップページ | STEP&FLY#4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディスクドッグゲーム ルールについて考える | トップページ | STEP&FLY#4 »