« 初めての留守番ジャパン体験 | トップページ | USDDNワールドファイナル もう一つの大記録 »

2017年10月23日 (月)

KOUSUKE&ジェイク 2017ワールドチャンピオン

ついにこの日が来ました。

2017USDDNディスクドッグワールドチャンピオン

『平井皇介&ジェイク』

に輝きました。

USDDNワールドファイナル準優勝3回(2012,2013,2014)という素晴らしい実績。
国内のビッグタイトルを数多く獲得してきたこのチーム。



パートナーのジェイクは9歳。
年齢を考えればラストチャンスになるであろう、2017年のUSDDNワールドファイナル。

ついに、悲願のUSDDNワールドチャンピオンのタイトルを手に入れました。




若き天才といわれる、兄の『俊介』を追いかける形でスタートした皇介のディスクドッグ。

『俊介&シャック』が連戦連勝、多くのビッグタイトルを獲得するの中、
ビッグタイトルが取れなかった時期。

父、『YACH』Iの大きな存在(2013,2014ワールドチャンピオン)

最愛の妻である『MONA』の活躍(2015、2016ワールドチャンピオン)



『皇介&ジェイク』がワールドチャンピオンになるのはいつなのか・・・・・?

世界の注目が集まる中、ついにその時がやって来ました、


2011年(だったと思います)
初のワールドチャンピオン挑戦から7年。

長い長い7年間の戦いでした。



昨年、感動のサドンデスで準優勝を勝ち取った、
スーパープロトス&フェチ(ディスタンス・ワールドチャンピオン)

スーパープロトス&フェチ、日本人初という大記録に一番近い皇介&ジェイク。
この競技には参加せず、オープンフリースタイルのワールドチャンピオン一本に絞り
チャレンジ。

そんな皇介の決意を感じるフリースタイルの演技。


初日1、2ラウンド終了時点で1位。
ワールドチャンピオンが半分手の中に・・・・・初日終了。

でも・・・・・ワールドファイナルの怖さを一番知っているのは皇介自身。



そして2日目の決勝ラウンドを迎えました。


プレッシャーをはねのけるような、気迫のこもったフリースタイル。

「皇介!凄いぞ!」

「感動~!」




結果発表の表彰式。

「201USDDN7ワールドチャンピオン・・・・・皇介&ジェイク」

ついに、この時が来ました。

皇介&ジェイク。
初のUSDDNチャレンジから、長年、ずーっと見てきた私にとって・・・・・

言葉にならない感動がありました。



おめでとう!皇介&ジェイク。

そして、感動!をありがとう。

22555558_835266693299607_6979295716

22555611_835258356633774_1233803035





|

« 初めての留守番ジャパン体験 | トップページ | USDDNワールドファイナル もう一つの大記録 »

コメント

素晴らしい文章をありがとうございます。

投稿: Kosuke | 2017年10月25日 (水) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての留守番ジャパン体験 | トップページ | USDDNワールドファイナル もう一つの大記録 »