« 群馬動物専門学校 秋季スポーツドッグ授業開始 | トップページ | ドグタウンカップス2017終了 »

2017年9月14日 (木)

ドグタウンカップス いよいよ明日から

2017ドグタウンカップスが始まります。

年に一度のディスクドッグの祭典。


北は北海道、南は九州鹿児島。
そして中国チームの参加もあります。

会場の群馬に向けて出発したチームの情報が、続々入ってきています。

海外チームは本日到着していることと思います。

アメリカより、チーフジャッジを務めるパムマーチンも到着。



今回の会場はいつもの前橋公園ではなく、大胡グリーンフラワー牧場特設フィールドで
行われます。

観光地のため、たくさんのギャラリーが集まる場所です。

今日の設営のときも平日にもかかわらず結構な人が訪れていました。



参加チーム数もビックリ!

ドグタウン・インビテーショナル(DTI)に11チーム。

DTIはメジャーゲームでの上位3位までと、インターナショナルチャンピオンが出場する、
招待ゲーム。
今回は中国チャンピオンも参加。

ドグタウンカップに65チーム。
日本中からフリースタイルチームが参加します。

スターターズディビジョンに12チーム。
犬の年齢が1歳半以下のチーム。

全フリースタイル参加チームは!
なんと!88チーム!

日本一、いや世界でも有数のビッグゲームです。



またドグタウンカップは、今年で16回目という歴史あるディスクドッグゲームです。

ただ続いているのではなく、成長をし続けています。

海外からの参加チームの受け入れ態勢も整い、
昨年よりインターナショナルゲームになりました。



私自身は2003年より参加しています。

一度出ると感動が心に響き渡り、
その魅力にに取り付かれたように参加して来ました。

犬もアデル(エアデールテリア)、マトラ(エアデールテリア)、ギャンブー(MIX)、
そして昨年からは4頭目のSONY(ウイペット)でチャレンジしています。

歴史を感じます。




熱い3日間の戦い。

ドグタウンカップ最大の見所は、ドグタウンインビテーショナルウイナーと
ドグタウンカップのウイナーとの、1対1で戦うチャンピオン決定戦。

日曜日の夕方ドグタウンカップの最後に行われます。



今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

いよいよワクワクドキドキの3日間が始まります。

Dti_2_349x500

Dti_1_349x500_2
ドグタウンインビテーショナル
これに出ることがプレーヤーの夢であり、誇りであり、目標です。

|

« 群馬動物専門学校 秋季スポーツドッグ授業開始 | トップページ | ドグタウンカップス2017終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬動物専門学校 秋季スポーツドッグ授業開始 | トップページ | ドグタウンカップス2017終了 »