« ギャンブー7歳になる | トップページ | 平日トレーニング&ルツカクリニック »

2017年4月 5日 (水)

ケイト14年6ヶ月の生涯を閉じる

4月2日(日)の早朝4時30分にケイトがこの世を去りました。

この記事を書くか悩みましたが、自分の記憶にとどめておくべき覚書も兼ねて
書かせてもらいます。



サンク(ビーグルMIX)、タバサ(ラブラドールレトリバー)、アデル(エアデールテリア)
に続いて、我が家の4頭めの犬として、2002年11月にやってきました。


ビアデットコリーが飼いたくて、「どこかにいないかな~」と思っていました。

そんな時エアデールテリア仲間から、出産情報が舞い込んできました。

すぐに飼うことを決め(30分くらい考えて)、その週のうちに東京の繁殖元まで仔犬を
見に行きました。

家庭繁殖で、ケイトの母犬の“ノア”というビアデットコリーを見て、

「こんな犬を探していたんだ!」

と!!!

すんなり話も決まり、正式に我が家にやってくることが決まりました。



それから1ヵ月半ケイトがやってきました。

ケイトの胴体を飼ったオーナーの方との深い交流も始まりました。


なかでも年に1度、犬と泊まれる宿に泊まって行う旅行、
『兄弟姉妹会』は特別なものでした。

毎年誕生日の近辺に1泊で行っています。

今年の秋14歳で行われた兄弟姉妹会が、ケイトの参加した最後の旅行になりました。

14年間あちこち色々旅をしました。

今はみんな良い思いでになっています。

709273
↑5歳に兄弟姉妹会での記念写真



数年前に母犬のノア母さんが亡くなり、去年、兄弟の1頭が亡くなりました。
だんだん寂しくなります・・・・


ケイトの最後の1ヶ月は闘病生活で手がかかりましたが。
14年半、大きな病気や怪我もせず、手がかからない犬でした。



去年の同じ時期にアデル(我が家の初代エアデールテリア)が15歳8ヶ月で亡くなり、
今度は14歳半のケイトです。

いつかこの日が来るのは分かっていました。



4月4日(月)の夕方に火葬して、今は骨になって私の側にいます。

今は「悲しい」というより、「寂しい」という感情です。

そしてケイトの残していったもの・・・・・たくさん感じています。

Photo
ディスクキャッチ!凄いジャンプでした

2
当時日本で唯一のビアデットコリーのフリースタイルディスクドッグ
その後もケイト以外はディスク大会で見てないな~

|

« ギャンブー7歳になる | トップページ | 平日トレーニング&ルツカクリニック »

コメント

寂しいですね。
ケイトは、走るのが速くて、家のみんみんが高山で一生懸命追いかけていた姿を思い出します。
きっと今頃は、タバちゃんやアデルと会っていますね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: 風太まま | 2017年4月10日 (月) 18時24分

コメントありがとうございます。
去年のアデルに続いて、ケイトも逝ってしまいました。
個性豊かな2頭がいなくなって寂しいです。
アデルもケイトもたくさんの仲間との出会いを作ってくれました。
ケイト今頃は、全速で走り回っていること思います。

投稿: HIRO@管理人 | 2017年4月10日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャンブー7歳になる | トップページ | 平日トレーニング&ルツカクリニック »