« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

りんごばなな冬季限定ツアー終了

「終了~!」

昨年12月からの、『りんごばなな冬季限定ツアー』3月25日のSONGSライブで完了しました。

新曲(といっても35年前の未発表曲)2曲も演奏しました。


昨シーズンの復活ライブよりも、2年目の今年は、良い環境でライブが出来ました。
ちょっと活動も評価され、出演依頼なんかもありました。

どこのライブでもアウェイ感たっぷりだった、35年前には信じられないことです。


時代が追いついてきたのか?
情報が行き渡ってきたのか?
私たちが丸くなったのか?

理由は分かりませんが、あまり認められても『りんごばなな』らしくないような気もします。

適度なヒール(悪役)感と、シラ~とした緊張感が、『りんごばなな』そのものなのです。


「おもしろかったよ!」

「よかったよ!」

「楽しいライブだったよ!」

「ビックリした~!」

「ファンになりました!」

などの感想も、『りんごばなな』らしくないけど、ライブ後のそんな言葉をありがたく思います。


年末に「ワッ!」と現れ、春になる前に「サッ!」と消えていく、りんごばなな冬季限定ツアー。
コレもりんごばなならしいですね。


CDのレコーディングはやるのか・・・・・
ライブのみが良いな。
CDでの記録なんていらないな・・・・・

色々ありますが・・・・・


来シーズン再び復活するのかは、今のところ未定です。


今シーズン終了しました。

「ありがとうございました」
疲れていないけど「お疲れ様でした」

ではまた!

35
私が加入した当時37年前の第2期りんごばなな(20歳くらいか?)

Photo
今のりんごばなな 最も活躍した、当時(35年前)の第4基(?)のメンバー

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

マルチドッグスポーツ クロストレーニングについて

土曜日(25日)は、またまた3連ちゃん。

その1
朝より8:00より、BBフィールドにてドグタウン・フラボ・クラブのフライボール練習会。

その2
午後はドッグカフェしふぉんのお家にて、撮影会。
(BBフィールドではサイクルドッグ&ディスクドッグ)

その3
夜は、『りんごばなな冬季限定ツアー』最終日、ライブハウス“SONGS”にてライブ。

慌ただしく、思考の切り替えをしながらの1日になりました。

ドッグスポーツ、写真、音楽。
みんな好きなこと。

どれも楽しい時間なので、あっという間の1日でした。


そして翌日曜日(26日)は水上高原スキーリゾートにて、
ディスクドッグデモンストレーション、及び、犬ぞりトレーニングでした。

それぞれのレポートは追い追い書くとして・・・・・


週末といわれる土曜、日曜は休日の方も多く、どうしてもイベントが集中しています。

春、3月になれば、ディスクドッグシーズンの開幕です。




ここからは本題のマルチドッグスポーツ&クロストレーニングの話です。

『マルチドッグスポーツ時代の到来』

今後の展開としては1日の複数の競技のトレーニングを行い、
効率よくトレーニングを行うことが必要になってきます。

今行っているような、午前中フライボール、午後はディスクドッグなど、
複数のトレーイングを行うことが日常になっていくと思います。




マルチドッグスポーツ。
我が家のパターンは、

『ディスクドッグ』
SONY、バルカ、ギャンブー、ガッシュ、ビッツァー

『フライボール』
SONY、バルカ、ガッシュ

『ドッグダンス』
バルカ、ギャンブー

『犬ぞり』(ちょっとだけ)
バルカ、ビッツァー

『サイクルドッグ』
バルカ、ビッツァー、ギャンブー、SONY

『ルアーコーシング』
SONY

という布陣です。


マルチドッグスポーツが、ごく当たり前になってきています。

そのメリットである、クロストレーニングの効果をすごく実感しています。

クロストレーニングとは、複数のドッグスポーツを行うことで犬のドライブ(意欲)や、
身体能力はもとより、犬の思考能力も、よりいっそう高めていくトレーニング方法です。


気がつけば我が家の犬たちは、全てこのクロストレーニングを行っていることになってます。

その必要性や、効果は今後引き続き検証していきたいと思います。



何はともあれ、自分の犬たちと色々行う(遊ぶ)ことは楽しいことです。
丸しドッグスポーツ楽しんでます。


そんな、色々なドッグスポーツを楽しめる今の環境に感謝です。

2_448x313_2

1_500x332
こんなのやってみたい
エアデールテリアだけのチーム!!!






| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

ギャンブーもフライボール

昨日のドグタウン・フラボ・クラブのインドア・ナイトクリニックにギャンブーも参加。


4年位前、フライボールのセミナーに参加して、まったく出来ないギャンブーでした。

その後ギャンブーはフライボールはやっていませんでした。

少しずつギャンブーのドライブ(意欲)も上がってきて、ディスクドッグとして
USDDNワールドファイナル(2015年)に参加できるまでになりました。

今のギャンブーのドライブだったら、フライボールドッグになるかも?



ギャンブー、昨晩4年ぶりにフライボールをやってみました。

基礎の基礎からトレーニングを始め、ウォールトレーニングまでいけました。

第一回目としてはよかったです。



現在SONY(ウイペット)と、ガッシュ(MIX)の2頭が、私のフライボールドッグです。
レースに向けて本格的にトレーニング中です。


ギャンブーはファンフライボール、及び、ディスクドッグのクロストレーニングとして楽しく
やっていければと思っています。


でも、将来は分からないな。

ギャンブーガンバルかも・・・・?


ギャンブーは私のK9フリースタイル(ドッグダンス)のパートナーでもあります。
ディスクドッグに、ドッグダンスに、そしてフライボール。

ギャンブーらしくマルチドッグスポーツを楽しんでいきたいと思います。

Img_9362_337x500

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

犬と自動車その3 プジョー505V6

久々の自動車ネタ。

今回は犬を飼ってから乗っていた『犬と自動車その3』です。



犬を飼ってからも自動車趣味は続いていて、こんなのも乗っていました。

5051

『プジョー505V6』  私のと同色の505(写真見つからず)

当時の犬は,ラブラドールレトリバーとMIXの2頭だったかな。


フランス車好きの私が乗った、4台目のフランス車だったかな?

記憶があいまいですが・・・・・



当時(25年位前)プジョーというメーカーはマイナーでした。

そのころのシトロエンなどのように、フランスらしさをあまり強く主張することなく、
実用的で真面目な自動車のイメージがありました。


その後『205』などのコンパクトカーが輸入され、日本でも売れてメジャーな存在になりました。




縁あって私の元にやってきたプジョーは『505』でした。
プジョーの中ではアッパーミドルクラスで、その上には『605』が存在していました。

私の505、エンジンはメジャーなPRVユニットで、V6の3000ccでした。
本当は4気筒モデルのほうがフランス車らしく好みでした。



そんな505V6ですが、乗ってみるとやっぱりフランス車。

やわらかくはないけど、ストロークの深く、しっとりとした足回りや、ロングホイルベース、
大きなゆったりシートなどから、絶妙な乗り心地を提供してくれました。

高速連続走行は楽ちんでした。



ピニンファリーナデザインといわれている当時のプジョー。
デザインもプジョーのアイデンティティを上品に表現していて、
飽きのこないGOODなデザインです。


強烈なインパクトはないけど、乗っていくうちに良さが分かる一台でした。

私の乗ってきた自動車(30台以上)の中でも上位に入る、お気に入りの一台です。



残念ながら乗る機会がなかったけど、私の中で最もプジョーらしいと思う『504』や、
非現実的な『605』など、当時のプジョーは大好きです。

504
504大好き

プジョー505V6・・・・・思い出に残る一台です。


『犬と自動車』まだまだ続きます。
では、また。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

ルツカ クラフトに向けて出発

昨日の朝、ルツカ・ヒライ・プレボバ&ジャンプチームが、クラフトの向けて出発しました。

ドッグダンス日本代表としてクラフトにチャレンジします。



125年の歴史のあるクラフト。
イギリスのバーミンガムで、3月に行われます。

その中のメインイベントのひとつであるドッグダンス。
世界NO1を決める、年に一回の大舞台です。


昨年ルツカはクラフト初参加ながら、準優勝という快挙を達成しました。
そしてそのルツカスタイルは、世界中に衝撃を与えました。


あれからまもなく1年。

大きな目標に向かって日本を後にしました。




1月から毎週、BBフィールドで週に1~2回、本番を想定してのトレーニングを行って来ました。

私も見学で立会わせてもらいました。

先週は出発前最後のトレーニングも見ることが出来ました。

気持ちのこもったルーティーン。
完璧な演技で終了していました。

お~スゴイ!
感動!

見ていた私もガッツポーズ!



当日3月11日には、日本からの応援隊も現地入りします。

ライブ配信も行われます。


「ルツカがんばれ~!」

Lucka1_1_2
写真は昨年のクラフトでのルツカ&ジャンプ

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

バウンドバウ オリジナルディスク(冬用) マスコット犬について

ディスクドッグにとって使用するディスクは大切。
犬用といわれる、色々な種類にディスクがが発売されています。

ディスクに機能だけではなく、ディスクに印刷されている絵柄や色も大事な要素になってます。

今回完成したバウンドバウオリジナルディスクは、冬用(低温でも割れにくい)タイプの、
ディスクです。

色はオレンジに金の絵柄です。

Flex1

ディスクに書かれている犬の絵はバウンドバウ創立間もない頃、かれこれ17年くらい前、
画家の上杉氏にお願いして書いてもらったものです。

以来使い続けているバウンドバウの大切なシンボルです。

Bbdc1


固定された犬種のイメージにならないように、何の犬種か判断できないようにとの理由で
描かれた絵は何ともユーモラスな犬になっています。


「あの犬は何の犬種でなんですか?」

「代表(私)の愛犬ですか?」

などと聞かれるときがあります。

「バウンドバウのマスコット犬です」

と答えています。


先日のこと

「なんていう名前なんですか?」

おっと!!!
不意をつかれました!

名前をつけていませんでした。



ということで考えました。

バウンドバウなので

「バウちゃん」
「バウンちゃん」

ダメダ~だめ!

良いのが思い浮かびませ~ん。


まあ、今まで17年間も名前がなかったのだから、別にいまさら名前がなくてもいいか。



良い名前を思いついた方はご一報ください。

| | コメント (2)

2017年2月19日 (日)

BBフィールド フライボールトレーニング

18(土)はドグタウン・フラボ・クラブの練習会でした。
場所はBBフィールド。

今回はクラブメンバー7人、犬14頭の参加でした。


恒例になりつつある、朝8:00よりトレーニング開始。
昼食と共に、午前中に行ったトレーニングをビデオで確認。

コレが実に良いのです。



そして、午後はディスクトレーニング。

丸々一日を有効に使え、濃い1日になりました。


フライボールトレーニング。
我が家は、ヒートが終ったガッシュも参加。
バルカもいよいよ本格的にトレーニングを再開しました。
SONYはタイムアップのためのトレーニングを続けています。


平日はドグタウンにて、インドア・ナイト・トレーニング。
週末はBBフィールドにてトレーニング。

このパターンにより、効率の良いトレーニングが出来ています。


年内の目標タイムも具体的になり、目標に向けクラブメンバーのモチベーションも上がり、
ますますトレーニングに熱が入って来ました。

次にトレーニングが楽しみです。

Photo
写真は先日16日のナイトトレーニング

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

SONYが来てから

SONYがやってきて10ヶ月が過ぎました。

SONYがきてフライボールの面白さを知り、フライボールでも大きな夢を持てるようになりました。

もちろんディスクドッグとしての可能性も実感しています。



そんなSONYのもう一つの能力がルアーコーシング。

本格的なレースにはまだ参加できていませんが、JDDNが行うチャレンジコーシングレース
では、連戦連勝が続いています。

いままでJDDNでは、BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム以外で優勝が
ほとんどない私が、多くの優勝と、トロフィーを獲得することが出来ています。

今後ライバルは、俊足SONYの子供達になってくるのかな。


先日のMWF(前橋ホワイトフェスティバル)では、まだ8ヶ月のSONYの子犬のチェイスが
2位に、アリーが3位になっていました。

親子対決、楽しみにしています。




日本でも熱狂的なファンによって、長距離のオーバルコースでのレースが行われています。
ルアーコーシングは先人達の情熱で、日本にも少しずつ根付いてきています。


SONYの3つ目のドッグスポーツの可能性にチャレンジしたいな!

Sony
MWFでSONYが獲得した賞状や優勝プレート

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

りんごばななライブ報告

11日(土)夜の部はライブ。

2017


私がベースをやっている、冬季限定ライブツアー中の『りんごばなな』。
2シーズン目の活動でちょっと定着した感が出て来ました。

現代社会を間接的に皮肉った風刺漫画的な、ちょっとコンテンポラリーなパンクバンドです。


35年前には全く受け入れられなかった(一部のマニアのみ絶賛)音楽が、
今、ツアーをやることで、認知されつつあることに驚いています。

ましてや参加依頼までもが・・・・・!!!




今回は初めてのライブハウスということなので、パフォーマンスレベルは10段階の3くらいに
抑えてやりました。

オリジナルを8曲。

おしゃれなライブハウスで、スタンダードやコピーを演奏するバンドが多いライブハウスのようで、
全曲オリジナル、そしてステージパフォーマンスを行うパンクバンドなどは異例のようでした。



演奏が始まり最初は驚いていたお客も、曲が進むにつれ少しずつ、りんごばななワールドへ
引き込むことが出来たかな?

まあ観客の反応は上々のようで、コアなりんごばななファンも喜んでいました。



楽しいライブでした。

A

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

ドグタウン・フラボ・クラブ

11日の土曜日午前中は、BBフィールドにてフライボールのトレーニングを行いました。

そして『ドグタウン・フラボ・クラブ』が誕生しました。

いよいよです!!!
ワクワクです!!!



毎週トレーニングを重ねることで、次世代のパピーたちがどんどん成長しています。
SONYの子犬たち(ボーダーXウイペット)も順調に育っています。

楽しみです。



我が家はSONY、ガッシュに加え、今回はバルカも参加しました。

バルカは、去年の12月にパムマーチンのフライボールセミナーで習った、
エクスチェンジトレーニングの効果が出てきたようです。

BOXターンも少しよくなったかな。


SONIは実戦を意識したトレーニング。

平井皇介&モナトレーナーの下、目標のタイムに向けて、
一つずつ問題をクリアにしてトレーニングをしています。



私自身はリリーサー(犬をホールドしてタイミングを見てリリースする人)の練習。
フライボールトレーニングにとって、とても大切なリリーサーです。

これが難しくて、中々思うようなリリースが出来ません。
もっともっと経験を積んでいくしかないですね。



ドグタウン・フラボ・クラブでは会員募集中です。
フライボールを一緒に楽しみましょう。

Ra4f3956_500x338

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー

11日(祝)は世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーでした。
新生バウンドバウの新メンバーでの開催になります。


ディスクドッグショー参加者はもちろん、新会員の方がお手伝いに来てくれました。

あらためて、みんなに支えられてディスクドッグショーが成り立っていることを感じました。




今回はクラフト出発最終段階のルツカを筆頭に、ドッグダンスチームの参加もありました。

ルツカのドッグダンスが始まると、ギャラリーからは驚きの声が上がっていました。

大半の方がドッグダンスを見るのは初めてだと思いますが、
身を乗り出して見入っていました。

そして終了と共に、大きな拍手が沸き起こっていました。



ディスクドッグショーとして始まり、10年間行われてきたこのイベントです。
さらにドッグダンスが加わり、幅が広がって来ました。

ギャラリーや常連のファンの方々にも好評です。





今回からもう一つ新たな企画ありました。
それは、以前から要望のあった、ディスクドッグミニ講習会です。

ディスクドッグショー終了後、希望者にディスクドッグの講習会を行います。

今までは要望にこたえるべき体制つくりが出来ずにいましたが、
メンバー協力のもと開催できることになりました。


今回も寒い中、熱心な方々が講習会に参加してくれました。

ディスクドッグをやってみたい・・・・・!

でも何をやったら良いのか・・・・・?

どこで教わることが出来るのか・・・・?


ディスクをやってみたい方、結構入るのですね。

こちらも好評でした。




新たなスタートを切った名犬牧場スーパーディスクドッグショー。

参加チーム、お手伝いスタッフの皆さんありがとうございました。

16640779_1410629302333893_382438639


P.S.
来月は、19日(日)です。

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

バウンドバウ スペシャルセミナー

新生バウンドバウ誕生記念で、ルツカ&モナのスペシャルセミナーが昨日行われました。

セミナー当日は、積雪のBBフィールド。
開催を心配しましたが、雪はすぐに解けて午後には乾いていました。



トレーナーの2人のプロフィールは今さら紹介はいらないと思いますが、
簡単に紹介をしておきます。

ルツカ・平井・プレボバ

 昨年のクラフト、ドッグダンス準優勝
 ディスクドッグヨーロッパチャンピオン
 2010年から2016年、USDDNワールドファイナリスト
 2012年フェイバレットエンターテナーアワード受賞
 国内メジャータイトル多数獲得。
 海外及び日本でドッグダンスセミナー、ディスクドッグセミナーを開催


平井モナミ

 2015年、2016年2年連続USDDNワールドチャンピオン
 PIDC世界選手権、2年連続チャンピオン
 2015年、2016年ディスクドッグ(ADDC)アジアチャンピオン
 2016年よりUSDDNワールドファイナルの参戦
 国内メジャータイトル多数獲得
 アメリカにてパムマーチンよりフライボールのノウハウを学ぶ
 獣医師、アミマルカイロプラクター


という2人のセミナーなので、成功しないわけがありません。
おかげさまで大好評でした。



今シーズンのディスクドッグシーズンに向けてのルーティーンセミナーを中心に、
同時開催で、ルツカのパピートレーニングやドッグダンスのクリニックも行われました。


また、県内ではおそらく初開催となる、モナのディスクドッグセミナーは、
モナの観察力の鋭さからの適切で分かりやすいアドバイスを行ってくれました。



SONYはどのトリックも形にはなっているけど、クリアなトリックになっていないので、
一つ一つをクリアにしていく方法を教わりました。

何となく出来ているは、出来ていない、ということです。

もう一つはSONYを進化させるためのトレーニングが足りないことです。
SONYを表現するための、新しい何かを見つけ進化させていく時期になっています。




今回のセミナーは、参加者一人ひとりに時間を使って、
丁寧なアドバイスをもらうことが出来ました。

ルツカ&モナ
忙しい中、バウンドバウ発展のためにご尽力いただきありがとうございました。

参加の皆さん、お疲れ様でした。

Bb1_300x225
朝は一面銀世界のBBフィールド

Bb2_300x225
始まる頃にはフィールドは乾いていました

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

明日は3連ちゃん フライボール、ディスクドッグショー、ライブ

明日11日(祝)

朝は8:00よりBBフィールドにて『フライボールトレーニング』

昼からは『世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー』

夜は前橋のライブハウスにて『りんごばなな』のライブ。


忙しいというより、楽しみイッパイでワクワクしています。




フライボールはインドア・ナイト・セッションで毎週やってきたことを、
フィールドで実際のやってみて、結果をフィードバックしたいと考えてます。
レースに向けて始動しました。

Bb1




スパーディスクドッグショーはバウンドバウ新体制になって新メンバーを加えて行う、
初めてのショーになります。
クラフトの向けて最終段階のルツカ&ジャンプのドッグダンスも見ることが出来ます。

Img_3388_338x5001



りんごばななライブは冬季限定ライブツアー第3段になります。
今回はライブハウス。
2バンドでの、企画ライブです。

15781261_1568455633170472_749291266




翌日12日(日)は平井俊介&ルツカのスペシャルセミナー。
バウンドバウの主催で行います。


今年2017年になって色々な事が大きく動いて変化しています。
次への目標に向けて、進み始めています。


盛りだくさんな明日も、思いっきり楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

グラビア撮影(温泉)

昨日の夕方は伊香保温泉にて、温泉ライター小暮淳の新刊用のグラビアの撮影でした。

現場に入ってアートディレクター立会いにもと、最終打ち合わせを行い、
イメージの再確認をして、いざ撮影へ・・・・・


夕景の露天風呂。

眼下に臨む渋川氏の夜景。

遠くに見える山々。


そんな欲張りな1枚を狙います。


ベストタイムはほんの数分です。
いや・・・数十秒なのかも知れません。

心配していた天気も何とか大丈夫のようです。


速めにセットアップを済ます、その時を待ちます。



夕刻が近づくにつれ気温が下がり、湯舟から湯けむりが立ち上がってきます。

あまり湯けむりが上がってしまうと、遠景が見えなくなってしまう事態に・・・・・
もう少し風が吹かないかな・・・・・


そして、今しかないという一瞬がやって来ました。
何ともドラマチックです。

ほぼイメージどおりに、露天風呂、街の夜景、雄大な山々を、
一つの画面に収めることが出来ました。


日没と共に撮影終了。



来月は表紙の撮影。
そして残りのグラビア撮影。
夜の温泉街のイメージカット。

5月発売に向けていよいよ大詰めです。


みなかみ18湯のグラビア

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

前橋ホワイトフェスティバル2017終了

「たのしかった~!」

みんな笑顔で終了です。

「次は、3月のみなかみ(ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスティバル)で会いましょうね」

そんな言葉を残して赤城山を後にした参加者の皆さん。


おもいっきり楽しんだ2日間。
前橋ホワイトフェスティバル(MWF)2017終了しました。

今年で2回目となるMWF。
赤城山の白樺牧場で行われました。

赤城山雪祭りの共済イベントとして行われるMWFです。


白樺牧場というだけのことはあって、白樺の中を縫うように走るコースは、美しく幻想的。
このレースの魅力をアップさせています。

白樺牧場は普段は立ち入ることの出来ないエリアです。
MWFの為に開放されます。



初日の4日(土)は、風が強く気温は低くく寒い一日でしたが、
気持ちよい澄み渡る青空が広がっていました。


2日目の5日(日)は、風がなく気温も上がって前日よりも過ごしやすい天気になりました。
ただ曇り時々雪というちょっと荒れ気味の展開になりました。

犬ぞりレース。
初参加の初心者から、ベテランエキスパートの方まで。それぞれの種目を楽しんでいました。

メインレースの4頭引き2500メートルや、8頭引きや6頭引きの参加があったオープンクラスは、
見ごたえがありました。

「速~い!!!」

すご~い!!!」

ギャラリーから大きな歓声がおこっていました。


ギャラリーといえば、このイベントにはたくさんのギャラリーの方が来てくださいました。

標高1300メートルの雪山で行う犬ぞりという比較的マニアックなイベントで、多くの観客動員が出来ました。

前橋市の協力で学校や行政機関にチラシの配布を行ったり、多くのポスターを貼ったり、
また口コミやSNSの効果もあったようです。

大型テント2基のギャラリー席は満席状態でした。


特に犬ぞり体験会や、ディスクドグ体験会はギャラリーに好評でした。

先着順での受付になる体験会。

土曜日に体験できなかった家族が、日曜日にもう一度来てくださいました。
もちろん日曜日には体験でき、喜んでいただきました。



カメラマンの方もたくさん来ていました。
犬ぞりに、ディスクドッグ、にカメラを向けていました。

雪上ディスクドッグデモンストレーションのときは、まるで撮影会のように、
カメラの列が出来ていました。

9c1e82081


前橋ホワイトフェスティバル。
参加選手にも、ギャラリーにも、カメラマンにも定着した、冬の赤城山のイベントになりました。



笑顔と歓声に沸いた、前橋ホワイトフェスティバル。
白樺牧場は再び閉鎖され、静寂な雪の大自然に戻っていきました。

| | コメント (1)

2017年2月 7日 (火)

BBフィールド平日トレーニング

新生バウンドバウが立ち上がって1ヶ月が過ぎました。


新しい企画として、平日練習会を始めました。


元々は、私自身のトレーニングとフィールドメンテナンスを定期的に行うために始めましたが、
どうせやるなら、みんなでトレーニングしたほうが楽しいし、練習の意識も上がります。

また、複数のチームが集まってのトレーニングでは、他のチームのトレーニングも
見ることができます。

自分のトレーニング方法とは違ったアプローチや、考え方など参考になる事が多くあります。

そんな平日練習会。

先週一回目の平日練習会を行ったところ、参加者からも要望があり、
今後、定期的に行うことになりました。



基本的には毎週水曜日の11時くらいから、酒井がBBフィールドへ行ってます。
自分の好きな時間にきていただいてもOKです。

セミナーではないので、意見を出し合って一緒にトレーニンをしましょう。
もちろん初心者へのアドバイスもありますよ。

また、しつけやドッグスポーツの相談にも対応できます。



バウンドバウはドッグスポーツ専用フィールドを所有しています。

クラブ員がいつでも集まって、トレーニングが出来ることのメリットを活かし、
単独トレーニングでは獲られない、意見交換、情報交換などをしながら、
行っていきたいと思います。


明日8日もやってます。

ぜひ参加してみてください。

Bbdc1

| | コメント (0)

前橋ホワイトフェスティバル 写真UPしました

前橋ホワイトフェスティバルの写真が見られます。
このブログのマイフォトよりどうぞ。

今回は2日目のレース、5日(日)のみの撮影でした。

日曜日は前日の青空とはちがって、曇り時々雪。

雪でドラマチックになっているシーンもありますよ。

Mwf1

Mwf2

Mwf3

前橋ホワイトフェスティバルの詳しいレポートは、後ほど書きます。

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

『前橋・ホワイト・フェスティバル』いよいよ明日から

明日から2日間、前橋・ホワイトフェスティバル(MWF)が行われます。
場所は夏にウォークラリーを行った、赤城白樺牧場です。

普段は立ち入り禁止のこの場所で、第2回目となるMWFが開催されます。

犬ぞりを中心に、雪上ディスクドッグ、雪上ルアーコーシング、ドッグトレッキングなどが行われます。
一般参加の犬ぞり体験会、わんわんクイズ大会も行われます。

赤城山の大自然の中、おもいっきり雪遊びを楽しみましょう!!!

1_11


タイムスケジュール

2 月4日 土曜レース

09:30 マッシャーズミーティング
10:20 2dogファミリーレース 200m
10:50 1dogファミリーレース 70m
11:10 2dog犬ぞりレース 1400m
11:30 2dogスキージョーリングレース 1400m
12:00 ディスクドッグ トス&フェチ競技(Unlimited)
ワンワンクイズ大会(参加者全員にプレゼント有り!)観客無料参加イベント
犬ぞり体験コーナー(参加者全員にプレゼント有り!)観客無料参加イベント
ワンコインディスクターゲット(1ゲーム500円) 観客参加イベント
13:00 1dogトレッキングレース 70m
13:30 4dog犬ぞりレース 2000m
14:00 雪上コーシングレース 70m
14:30 1dog犬ぞりレース 200m
15:00 1dogスキージョーリングレース 200m
15:30 初日 表彰式


2 月5日 日曜レース

09:30 マッシャーズミーティング
10:00 1dog犬ぞりレース 200m
10:20 1dogスキージョーリングレース 200m
10:40 1dogファミリーレース 70m
11:00 2dog犬ぞりレース 1400m
11:30 2dogスキージョーリングレース 1400m
12:00 ディスクドッグ フリースタイルデモセッション
ワンワンクイズ大会(参加者全員にプレゼント有り!)観客無料参加イベント
ディスクドッグ体験コーナー(プレゼントタイム)観客無料参加イベント
ワンコインディスクターゲット(1ゲーム500円) 観客参加イベント
13:00 4dog犬ぞりレース 2000m
13:30 3dogファミリーレース 1400m
14:00 雪上コーシングレース 70m
14:20 2dogファミリーレース 200m
14:50 オープンレース 1400m
15:30 最終日 表彰式

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

BOB少数犬種のディスクドッグ①フィドル(ブルテリア)

BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグトーナメントというのが、
年に1回、11月に行われています。

犬種別のディスクドッグ選手権です。

犬種ごとのチャンピオンを決める唯一のディスクドッグゲームです。
そして、さまざまな犬種のディスクドッグが活躍して来ました。

私は常日頃、ディスクドッグの多犬種化を推奨してきました。
そのことは何回かこのブログで伝えて来ました。


このコーナーでは少数犬種でチャレンジし、ディスクドッグシーンで輝いていた、
ディスクドッグを紹介していきます。



まず第一弾は、やっぱりこの犬でしょう。

『フィドル』

犬種はブルテリアです。

テリア好きのオーナーKさんの愛犬です。



最初のうちはディスクを離さない、ディスクを破壊する、を繰り返し、
度々脱走もしていました。

なんとも・・・ブルテリア
やっぱり・・・ブルテリア

「上手くいかない・・・・・」
「でも諦めない!」

そんなトレーニングの日々が続きました。




そして・・・・・・

一筋縄ではいかないフィドルを、フリースタイルディスクドッグに作り上げ、
日本最高峰のディスクドッグゲーム「ドグタウンカップ」にも出場を果たしました。


多くのゲームに参加しましたが、結果は上位に行くことは一度のありませんでした。
でも自分の大好きな犬種で、精一杯チャレンジした事は大きな評価になっています。

今でも、その力強く、綺麗なジャンプキャッチを思い出します。


フィドルプレーを見たディスクドッグプレーや,ギャラリーは強烈なインパクトと共に、
永遠に心に残るディスクドッグになっていることでしょう。




日本で唯一といってもいい、ブルテリアのフリースタイル・ディスクドッグ

『フィドル』

私もその名前はを忘れることはないです。

そして語り継がれていくことでしょう。

15578673_686727241489185_6385540482
このおとぼけキャラがフィドルの魅力

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

寝る前に眺めたい群馬の山風景

寝る前に眺めたい群馬の山風景

61ezxzoncql_sx260_1

またまた電子書籍のご案内です。



私の所属するクリエイティブネットワーク『プロジェクトK』(Por-K)のメンバーで、
ライターの鎌田えみ子さんの文章と、写真家の加藤仁さんの写真です。

ライターの蒲田さんとは『温泉の朝ごはん』(上毛新聞社編)という、
温泉の朝ごはんに焦点を当てた本の製作で、県内の温泉(50箇所くらい)を、
半年くらいかけて取材して回りました。(私は撮影)

Photo

鋭い観察力と、女性ならではのきめ細かい視点で、臨場感、ライブ感、豊かな、
文章が印象的です。


写真家の加藤仁さんは、山の写真や登山が専門で、
グラフぐんまでの『群馬の100名山シリーズ』は有名です。


2017年も色々な分野でPro-Kメンバーが活躍しています。



以下紹介文です

内容紹介

       群馬の懐かしい山風景や優しい風景が心を和ませてくれます。電子カレンダー特典付!

【はじめに】

群馬県の広報誌「グラフぐんま」で、山紹介する仕事をきっかけに登山を始め、群馬県の山を歩いて15年経ちます。群馬の山ばかり、これまでいくつの山に登ったことでしょう。
 新潟、長野、埼玉、栃木と接する群馬には、名前のある山だけでも470座以上あると言われています。登山口から山頂までのアプローチが長い山もあれば、地元の小学生が遠足で登る身近な山も多くあります。
 どの山も特徴があり、同じ山でも季節によって景色は変わり、登るルートによっても印象が違って、何度登っても飽きることはありません。
 山を選び、天気の良い日を待って登り、登山道や山頂からの展望を撮影し、そして見開きでその山の全景をドーンと見せる「グラフぐんま」は、県内の山好きの人に愛されて今に至ります。
「高齢で山に登ることができなくなったが、昔登った時のことを思い出しました」、「行ったことがない山を見せてもらい、登りたくなりました」、「山登りはしていませんが、山の写真を眺めているとそこに自分がいるようでうれしくなります」などなど、毎月寄せられる読者感想が私たちの励みになっています。
 この本は、山のガイド本ではありません。群馬の山だけの風景ですが、静かで、時には雄々しい山々を眺めたら、きっとチカラが湧くと思います。
 寝る前の少しの時間、群馬の山風景を眺めてみてください。きっといい眠りにつけると思います。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »