« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年を漢字一文字で表すと

年末恒例、今年を漢字一文字で表すと・・・・・

う~ん・・・・・・・・?

いろいろあった一年だったなあ・・・・・
長い一年だったなあ・・・・・



SONYがやってきたのが今年の春。

長年ディスクドッグとして活躍してきた、アデルがこの世を去ったのも春か。

小学校からの同じ趣味を持つ大切な友人の他界。

12月になって音楽仲間の突然の訃報。

そして・・・・・
メリッサ・ヒーターが逝ってしまいました。



今年は・・・・・

『失』

かな。


一年を振り返って、失ったものの大きさを感じています。


そんな中、SONYが与えてくれた未来への『夢』が救いになりました。

失ったものもありましたが、新しい出会いもありました。
今年1年は次へのステップアップへの大切な時間だったのかな。

『失』だけではなく『得』や『獲』の一年でもありました。



新体制のバウンドバウ。

フライボールの本格始動。

USDDN 夢に向けてSONYとチャレンジ。


来年は変化の年になりそうです。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

バウンドバウ新体制でスタート

発足から19年目を迎えるをバウンドバウ。

しつけやフリスビーの愛犬クラブからスタートし、13年前にJDDNネットワークに参加。

7年前にバウンドバウディスクドッグクラブになりディスクドッグ中心に活動。

11年前、ドッグスポーツ専用フィールド『BBフィールド』を取得。


2017年更なる進化のため、新体制でスタートします。

設立以来のバウンドバウのポリシーである、“愛犬と楽しむクラブ”
ということは変わりません。

愛犬との素敵なドッグライフの提案をしていきます。


以下バウンドバウホームページ記載文です。
(ホームページもリニューアル中、そちらもご覧ください)

1月より新体制でスタート

2017年1月より、バウンドバウディスクドッグクラブは、リニューアルし新体制でスタートします。

1.名称の変更

 バウンドバウディスクドッグクラブより、Bound Bowバウンドバウ(BB)に変更
 ディスクドッグだけでなく、マルチドッグスポーツ時代に対応するため変更します。
 ディスクドッグはもちろん、フライボール、K9フリースタイル、サイクルドッグなども
  行っていきます。

2.トレーナーについて

 アメリカ、中国などで国際的に活躍するK’sドッグトレーニング木村伸吾氏をトレーナーに
 迎えます。
 木村伸吾氏:マルチドッグスポーツトレーナーの先駆けとして活躍しています。
          詳しいプロフィールは、HP上で紹介します。

3.活動内容

 ドッグスポーツ体験会、セミナー等を毎月開催
 平日トレーニングディの開催
 夜間講習会の開催

4.JDDNネットワークとしての活動の充実

 ドグタウン工房との共催イベントの開催
 世界で活躍するドグタウン工房のスタッフによる特別セミナーの開催
 世界の最新情報の提供

5.世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー

 バウンドバウプレゼンツによるディスクドッグショーの充実

.6.料金体制

 年会費制を導入(年会費30,000円、家族会員50,000円)
 フィールド使用料(会員1,200円/1人1日、非会員3,000円/1人1日)

7.会員特典

 特別セミナー、講習会、練習会への優先参加及び会員価格にて参加
 世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーへの参加
 フィールドの優先使用及び料金割引
 オリジナルグッズの割引
 サイクルドッグ用スクーター、フライボールボックスのレンタル
 簡易ナイター照明、本格的音響設備の使用

8.スタッフ

 代 表 酒井寛
 事務局 酒井伸子
 トレーナー 木村伸吾、酒井寛

ドッグスポーツ専用フィールド『BBフィールド』

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

レベル4取得

26日月)にUSDDNジャッジテストが行われました。

ジャッジテストはジャッジの資格を取得するためにセミナー受け、
その後行われるテストの正解率で合否の判定をします。

合格することによって、JDDN(USDDN)のゲームのジャッジを行うことが出来ます。

レベル1から始まってステップアップすることが出来ます。



私は今回のジャッジテストで『レベル4』を獲得することが出来ました。

レベル4になると、国際ゲームやメジャーゲームで、チーフジャッジを行うことが出来ます。
大変に栄誉なことです。


昨年のアジアチャンピオンシップ(中国成都)では、K9ジャッジを務めました。
初めての海外の国際ゲームで緊張もしましたが、良い経験をさせていただきました。


レベル4を取得しましたが、まだまだ経験不足です。
今後ももっと実力を上げるために努力をしていきます。




ジャッジテストの価値は、プレーヤーがディスクドッグを理解するためにも
たいへん役に立ちます。

どんなことが加点されるのか。

ルーティーンの構成。

危険行為や、ペナルティーについて。

何をしたらどんな評価が得られるのか。


たとえばこんな話。

『ディレクショナル・ディスタンスムーブメント(ジグザグ、サークル他)』の
ルーティーンへの導入の意味や、理想の形とは・・・?

『チームムーブメント』はチームの何を表現すべきか・・・?

など、分かっているようで分かっていないことなども明確になります。



どんなスポーツでもルールを理解することが、上達のへの早道の一つだと思います。


USDDNジャッジテスト。
世界共通ルールで、世界と共有できる知識と価値観をを得ることが出来ます。


機会があれば受講をオススメします。

Img_0789_500x402

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

クリスマスパーティー&YACHI&HIROトークセッション2016

24日のクリスマスイブは毎年恒例のドグタウン・クリスマスパーティーでした。


そして今年も行われましたよ。
YACHI(平井寧)&HIRO(酒井寛)のトークセッション。

以前はドッグスポーツジャーナルに掲載していましたが、今は参加した人のみへのプレゼント
として行われています。



まずは2016年のディスクドッグシーンを振り返って。
今年も色々ありました。

参加した人のみのライブ限定なので、詳しくは書きませんが、
今年はエクスキューションを除く19個のジャッジ項目のベストチーム選んでみました。

ここで発表はしませんが、あの人や、あのチームが選ばれました。


そして来シーズンの展望。

過去このトークセッションで話したことが、現実に来シーズンのムーブメントになっています。

活躍するチームは?

飛躍するチームは?

来シーズンに向けての色々な話が出ました。



おいしいディナーとトークセッション。

サプライズで津田さん編集のヨーロッパチャンピオンシップ&USDDNワールドファイナルの、
メモリアルビデオの上映もありました。


楽しい時間とともに、来シーズンのビジョンが明確になったクリスマスパーティーでした。

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

りんごばなな×ハレーション

12月23日 某楽器店ホールにて・・・・・・

こんなことが現実に・・・・・・


12月から昨年に引き続き、冬季期間限定ライブを行っている『りんごばなな』

12月に、10年ぶりに活動を再開した『ハレーション』

この2つのバンドが同じステージに立つことになりました。


どちらも30年以上前に活動していたバンドです。

『ハレーション』については、12月11日の当ブログで書きました。
『りんごばなな』については、昨年の11月25日で紹介しています。
(バックナンバー音楽よりご覧ください)




音楽祭的な今回のイベントで、ハレーションは休憩明け後半のトップ、
りんごばななはイベントのラストを飾る、おおとりで演奏しました。

大きな拍手をもらい・・・・・そして終了しました。



約35年の長い時が流れました。
そして、復活をしました。


どちらも私にとっては、音楽表現の原点でもあり、人生を変えたバンドです。

今となってはほぼ同時期(1~2年くらいの差)で活動していた、全く個性の違う、
思い出深い2つのバンドが、同じ時空間で演奏する。


何とも感慨深いものがあります。


不思議と時がたっても過去を振り返ることはなく、今の自分でのパフォーマンスを、
おもいっきり楽しむことが出来ています。


なんとも・・・・・

時を超えた素敵な1日でした。

2016
オカルトコンテンポラリーロックバンド 『ハレーション』

2016_2
パンクな『りんごばなな』

20162

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

パムマーチン・ウイーク終了

昨日25日をもって12日間のパムマーチンウイークが終了しました。
パムは本日ダラスに向けて出発しました。



先週はインドアフライボールセミナー後半が行われました。

そして、週末はBBフィールドにて、K9フリースタイルクリニック、ディスクドッグフリースタイルクリニック、
フライボールレース、トスフェチゲームなど盛りたくさんのメニューで行われました。


SONYはインドア・フライボールレッスンに全日程で参加。
後半は来年のレース参加に向けて、実践的なトレーニングを行いました。
バルカは後半戦の参加になりました。


吸収出来る事は一つでも多く吸収し、たくさんの事を学び、覚えることができ、
参加したチームが、日に日によくなっていくのを目の当たりにすることが出来ました。

もちろんSONYもバルカもドンドン進化することが出来ました。



『パム・マジック』
目からウロコ連続のインドアフライボールセミナーでした。



ドグタウンファクトリーの室内トレーニング場で行われたナイトクリニック(個人レッスン)では、
ガッシュを中心にみてもらいました。

こちらも斬新な方法で、ガッシュの問題点が改善されていきました。
(この方法については機会があったら伝えていきます)


たくさんのものを残していってくれた、パムマーチンウイークでした。
そして、次の目標や夢も明確になりました。

ありがとうございました。

Img_0057_338x500

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

パムマーチン フライボールセミナー 前半終了

今週から始まったパムマーチンフライボ-ルセミナーは前半が終了しました。

週末はBBフィールでK9フリースタイル(ドッグダンス)、ディスクドッグルーティーンセミナー、
フライボールレースなどが行われます。、


インドアで行われているため、ここ何日かの冷え込みと、冷たい北風もなんのその、
内容の濃い熱いセミナーが行われています。


我が家は、SONY(ウイペット)と、3日目よりバルカ(ラブラドールレトリバー)も参加。
SONY、バルカはもちろん、参加した犬達がどんどんよくなっていくすがたをみて、
あらためてパムマーチンのすごさを感じます。




来週はパムマーチンフライボ-ルセミナー後半戦。
全日程参加予定です。

吸収できることはすべて吸収し、学べることはすべて学んできたいと思います。


参加するごとにフライボールの奥の深さを実感しています。
そして、参加するごとに楽しさも増していっています。



パムマーチンウイークは今月25日まで続きます。

来年の本格的なレーススタートの向けて、GO!

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

ソニーのフライボール パムマーチンウイーク始まります

パムマーチンが来日して、明日からパムマーチンウイークが始まります。
今週から1週間は、インドア・フライボールトレーニングです。

もちろんSONYもこの集中トレーニングに参加します。


前回は単独フルランに成功。
最高タイムは3秒96だったと思います。

SOMYがどんな成長をするのか、今回も楽しみです。

たくさんのものを吸収して、夢の実現のために、未来につなげたいと思います。


ソニーのフルラン

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

高倍率ズームレンズ

旧退化した撮影機材の入れ替えをしています。

あれこれ色々考え、すぐに必要なもの、今のままでもまだ充分使えるもの、
システムを組みなおすなら軽量化したい、使用頻度は少ないが使ってみたいもの。



そんななか、この機会に、高倍率ズームレンズ(ズーム倍率8倍~12倍)を導入してみました。

今まで何となく毛嫌いしていて、使用していませんでした。
あれば便利なのも分かっていました。

値段も仕事の使えるものだと30万円くらいになってしまいます。
他のレンズと比べても高くはないのですが。

食わず嫌いといいますか・・・・・

その理由のひとつに、昔(35年以上前)にあった高倍率ズームレンズの画質が
イマイチだったこと。

そしてそれらのレンズが極端に使いづらかったこと。


などなどイメージが良くありません。




購入したのはコレ。

35~350mmのLレンズ。

28~300mmのLレンズと最後まで悩みましたが、中古市場での値段の差と、
350ミリまでのアドバンテージでこちらに決めました。



早速撮影。(曇り時々雨)

9c1e99231

9c1e06071

サブで使うのレンズなのであまり期待していませんでしたが、
なんのなんの結構良いではないか。

ボケがどうだの、AFスピードがどうだの、細かいことを言ったらきりがありませんし、
不満もありますが、

「実用的で良いのでは」

という判断になりました。

「可もあり、不可もあり」

という個性的なレンズです。

持ち運びもコンパクトで、重さも重くなく(1.3kgくらい)、持ち出す機会が増えそうです。



望遠撮影(結構多い)をこれ1本で済まそうとは思いませし、この1本で仕事をこなすことは
無理でしょうが、サブとしては充分です。


現在の仕事用の主なシステムは、

15mmフィッシュアイ、
16~35mm2.8L、28~70mm2.8L、70~200mm2.8Lのズーム。
180mmF1.8L
120~300mmF2.8(シグマ)
180mmF3.5マクロ
105mmマクロ

これに35~350mmLが加わりました。

この1本でグンと撮影の幅が広がりました。


速く使えばよかった。

Ef315_b1_500x353

   発売時価格 290,000円 (ケース・フード付き)
   レンズ構成(群) 15
   レンズ構成(枚) 21
   絞り羽根枚数 8
   最小絞り 22-32
   最短撮影距離(m) 0.6
   最大撮影倍率(倍) 0.25
   フィルター径(mm) 72
   最大径x長さ(mm)x(mm) 85 x 167.4
   質 量(g) 1,385

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

『ハレーション』2度目の復活

35年くらい前に『ハレーション』というバンドを組んで活動していました(第一期)。
1年も満たないうちに活動を停止してしまいました。

オカルトチックな、コンテンポラリーの要素の強い個性的な3人のユニットでした。

確か数曲レコーディングして、ライブを数回やっただけだったと思います。


その内容は濃く、自分達のスタジオを作り、録音機材もそろえ、
週に3回はスタジオに集まり、練習、曲作り、アレンジなどおこなっていました。

その時私も含め、メンバー全員が音楽の仕事をしていましたので(私以外の2人は今でもプロ)
毎日、毎日、音楽浸けの生活を送っていました。




それから25年がたった2007年(だったと思います)。
ハレーションは復活しました(第2期)。

また新たに、アイデアを出し合い、曲を作り、アレンジし、あっという間のその楽曲は20曲を
超えました。

お決まりのライブ活動も再開。

25年の時がたち何が変わったのか、変わらないのか、新たに表現したいものは・・・・・

結果は25年たって、聞く側と演奏する側のギャップが、ずいぶんと少なくなったのを感じました。

25年で色々な音楽が根付き、オカルトチックで、コンテンポラリーな音楽も
少しは認識されるようになりました。


約1年活動して、また活動休止になりました。
解散というよりも活動休止という感じです。




そして、2回目の活動休止から10年がたち、ハレーションの音楽を聴いてみたいという、
当時のハレーションを知らない方々から声がかかり、2度目の復活と相成りました。


今回は、35年前の第一期と、10年前の第二期の曲を織り交ぜ、ライブを行う予定でいます。

新たな曲は作らず、ライブのみを行います。




『時』がどのような変化をもたらすのかちょっと楽しみです。

ライブの予定はこのブログでアップしていきます。

8060111
10年前の第2期ハレーション

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

Flyballインドアナイトレッスン

ドグタウン/ファクトリーの『フライボール・インドア・ナイトレッスン』に行って来ました。

毎週、火曜日と木曜日にドグタウンファクトリー室内トレーニング場で行われています。

トレーナーは本場カナダ、アメリカでフライボールを学んでいる平井皇介氏です。



来週からパムマーチンが来日します。

そして行われる『パムマーチンウイーク』に備えて、SONYをフライボールモードにするため
参加して来ました。

ウォール、BOXターン、エクスチェンジなどの確認、修正を行いました。


SONYにとっては2ヶ月ぶりの久しぶりのフライボール。

ドライブも高く、良い状態でした。
ちょっと安心。

これでパムマーチンのフライボールトレーニングに弾みがつきました。



ディスクドッグトレーニングと違ってなかなか一人では出来ないフライボールのトレーニング。

BOXローダーやリリーサーなど複数の人が必要です。
機材の問題もあります。


そんなフライボールのトレーニングを、集まりやすい夜の時間帯で、インドアで出来ることは、
ありがたいことです。



本格始動のフライボール。

楽しみいっぱいのSONYです。

Photo_81

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

トップチームの撮影(ルツカ・プレボバ編)

2016年のクラフト展で、ドッグダンス準優勝を獲得したルツカ・プレボバと、
彼女の犬達の撮影に行って来ました。

ドグタウンファクトリーの室内トレーニング場に、
特設スタジオを設置しての撮影になりました。



まずはドッグダンストリックの撮影。

さすが世界で活躍するトップチームですね。

難易度の高いトリックを行っているときに、撮影に合わせて犬の向きや位置を、
自在にコントロールしていました。

また仮設スタジオの狭いスペースでも、しっかりとフレームにに収まり、
何の問題もなく撮影できました。

改めてルツカの、ドッグコントロールのレベルの高さを感じました。



その後はルツカの4頭の犬達だけの撮影。

4頭にポーズを取らせ4頭同時に撮影。
1頭ずつ撮って、後から合成する方法を使うカメラマンもいますが、今回は一発撮影。

お見事!!!さすがです。

そのポーズが可愛いこと!



順調に撮影は進み、予定していた時間の半分くらいで終了しました。

それには、一発でトリックを決め⇒撮影⇒一瞬でポーズを完成⇒撮影・・・・となって行きす。
このリズムが撮影していて心地良いのです。

正確で、すばやい、ドッグコントロールが、世界レベルなのですね。




私はラッキーなことに、ディスクドッグやドッグダンスなどドッグスポーツで活躍する、、
世界のトップチームの撮影をする機会があります。

いつも思うことが、ドッグコントロールのレベルの高さはもちろんですが、
もう一つ驚かされることがあります。


それは犬の表現力の高さです。

私の目からは、犬が自ら自己主張して、個性を主張しているように見えます。
もちろん人間の指示で行動しているのは分かっています。

プレーヤーである人が表現して、それにシンクロするように犬も表現して
チームがより素敵に見えてくる感じです。

撮影していて、トップチームのみが持つ独特な表現力を感じ取ることが出来ます。

それを『オーラ』と呼ぶのか・・・・・よく分かりませんが、
トップチームの撮影時、いつも私が感じていることです。


今回のルツカの撮影でも同じことを感じました。



感性が揺さぶられる撮影は刺激的で楽しいものです。
ドッグスポーツプレーヤーとして、そしてカメラマンとしてとても楽しい時間でした。

ありがとうございました。

Img_3388_338x500

Img_3595_500x337

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

我が家のアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ(ADDC)についての報告は昨日のブログで書きました。

今回は、自分たちのADDCについて書きます。



私&SONYチーム。

まだまだ未完成。

それでもSONYのポテンシャルで、ハイレベルなチームの中で、
順位はなんとか中盤のグループにとどまっています。

今回はとにかくSONYの速いスピードにあおられずに、ルーティーンを行うこと。
という目標で望みました。

少しは落ち着いて出来たかな?

SONYのドライブはGOODです。

秋からやってきたトス&フェチでのレトリーブは何とか競技レベルになってきました。


来年の5月で2年目に入るHIRO&SONYチームです。

このシーズンオフにトリックを作りこみ、SONYを魅せられるルーティーンを完成させる事が、
春までの大きな目標です。

プレーヤーの私のスキルアップも緊急の課題です。



NOBUKO&ガッシュ

11月にNOBUKOと新コンビを組み始めたガッシュ。
ガッシュにとってはメジャーゲームデビューになります。

ルーティーンのないまま、出来るトリックをつないでのディビジョン2での参加になります。

結果は、ディビジョン2優勝。

結果よりもガッシュのポテンシャルを、少しでも見せられたことがGOODでした。
曲の流れるコートの中でも、フリースタイルの2分間も集中していました。

今後の活躍に期待しています。

Img_80821



NOBUKO&バルカ

ヨーロッパチャンピオンシップで成長し、好調を維持してきたこのチームですが、
今回は決めきることの出来ないゲーム展開になってしまいました。

それでも1年かけて作りこんだルーティーンは、しっかりやりきりました。
ミスはあったものの、時間をかけて作り上げたルーティーンは安心してみていられました。



来シーズンに向けて・・・・・!

トリックを作りこみ、ルーティーンを作りこみ、さらにブラッシュアップして、
新しいアイデアを考え、さらに作りこんで、ブラッシュアップして・・・・・

プレーヤーがスキルアップ、そして発想を豊かにして、経験値を上げ、さらにスキルアップ。

これらをどこまでできるかで、来シーズンの立ち位置が変わってくると思います。



ワールドチャンピオン達成後のインタビューでの、MONAの言葉が印象的です。

「どんなときも、ライカとのトレーニングを大変だとに思ったことはありません」
「トレーニングを楽しんでやってきた結果だと思います」


SONYとのおおきな目標は決まりました。

次の夢に向かってスタート!

15325234_969719079801061_25560041_2

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ終了

12月3日(土)~4日(日)は『アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ』(ADDC)でした。

Addc


2014年からおこなわれ、今年で3回目になります。

過去の2回は中国の成都で行われて来ました。

昨年私は、ケイナインジャッジとして成都を訪れていました。
私自身初めての中国。
その印象は、いまでも強烈に残っています。

そして2016年。
今年は日本の千葉県で開催。

今年最後のビッグゲーム。
そして国際大会。
アジアチャンピオンをかけての熱い戦いが行われました。

アジアの頂点にたったのは、

優勝 MONA&ハリボー

2位 二見&セドナ

3位 難波&ソル

でした。


MONA&ハリボーチームは、1ラウンドフリースタイルをノーミス、
2ラウンドトス&フェチを22.5ポイントのパーフェクトで初日を終了。


後は決勝ラウンド終了のとき、何ポイントまでポイントを伸ばしてくるのか・・・・
135ポイントは、超えてくるのか・・・・・
もしかして歴代最高ポイントを更新してくるのか・・・・・

結果は137.56ポイント。
史上3チーム目になる、ブルーリボン(最高グレード)を達成。


それと共にMONA自身が、歴史に残る大記録を達成しました。
一人のプレーヤーで、4頭目のラディカルボンズ(メジャーゲームでのチャンピオン)を達成。

トア(ベルジアンシェパード・マリノア)ドグタウンカップチャンピオン他

ライカ(ベルジアンシェパード・マリノア)USDDNワールドチャンピオン他

ペッパー(小型MIX)アジアチャンピオン他

ハリボー(中型MIX)アジアチャンピオン

すごい記録です。

その歴史的瞬間を、同じゲームに参加して、同じフィールドで、
感動を共有できたことを幸せに思います。


また、このゲームのフリースタイル最高ポイントをたたき出した、二見&セドナチームの
決勝ラウンド、難波’ソルチームの勝負強さも強く印象に残りました。



ADDC2016は來シーズンに向けてのビジョンを明確にするゲームでもありました。

2017年、どんなチャレンジを、どんなルーティーンで、どんなチームで、どんな情熱で・・・・

参加チームの皆さんは新しい目標に向かって動き始めたことと思います。


私自身は、2年目を迎えるSONYとの新たなチャレンジの年になります。
ADDC参加で、よいスタートがきれました。



来年はまた、中国で開催のADDC。

楽しみです。

  P.S.
  ADDCの写真をブログマイフォトにアップしてあります(上位チームのみ)

Img_81441_2

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

K9サイクル&ザ・レース2016

ちょっと前の、先々週の話になります。


『K9サイクル&ザ・レース』

11月26(土)~27(日)に群馬県の昭和村総合グランド特設コースで行われました。

サイクルドッグをメインに、ディスク、フライボール、ドッグダンス、ルアーコーシング、
なども行われました。


雨の予報も出ていましたが、ほとんど降られることもなく、冷え込みもありませんでした。


サイクルドッグレースは、ドグタウンファクトリーが長年行ってきた犬ぞりに向けて、
正しい理論で、正しく犬に引くことを教えて、犬にとって安全に<サイクルドッグが
楽しめるイベントとして行っています。


呼び込みありの初心者のクラスから、エキスパートクラスまでおこなわれました。


我が家のチームは、バルカ(ラブラド-ルレトリバー)、ビッツアー(エアデールテリア)で
2頭引きの100メートルチャレンジレースと、今回は無謀にもフルコースを走る、
450メートル2ドッグエキスパートクラスに出場。


チャレンジレースは良いとしても、エキスパートの450メートルはどうなってしまうのか・・・・・?

いよいよエキスパート450mのスタート。


お!良い感じでスタート!

コーナーも上手くいっています。

難関のS字コーナーでちょっと止まってしまったものの、すぐ再スタート。

そしてゴールに向かってラストスパート!

450メートルを走りきり、見事ゴールに戻って来ました。

やった~!!! 上出来!上出来!


サイクルドッグセミナー参加や、体験会の開催。
今年、参加しさせてもらったバギートレーニング(林道をバギーを引いてのトレーニング)の
効果が出たのだと思います。


今回の見所である、アンリミテッド450メートル(犬に引かせる頭数制限なし)は、
犬達のスピードと共に、コーナーをハイスピードで攻めるマッシャーのスキルと勇気も
見ることが出来て、この競技の真髄を感じました。


そしてバギーを引いてのエキシビションレース。
12頭引きや10頭引きの犬達が、重い四輪バギーを引いて走り抜ける姿は、
豪快で、その迫力に圧倒されました。

我が家のバルカも12頭引きのチームに参加させてもらい、よい経験をしました。


ゴールという目標に向かって走りきったときの達成感。
そして、そこに待っているのは、たくさんの拍手と笑顔。


夜のウェルカムバーベキューパーティー、ディスクドッグ、コーシングレースなどなど
2日間おもいっきり楽しんできました。


そしていよいよ犬ぞりシーズン到来。
2月の赤城山で行われる『前橋ホワイトフェスティバル』
3月は『ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスティバル』

冬のシーズンも楽しみが続いていきます。

 P.S.
 K9サイクル&ザ・レースの写真をアップしました
 当ブログのマイフォトにあります

Photo_7
会場からの景色も綺麗です

Photo
アンリミテッド450m

Photo_2
バルカ&ビッツァー 2ドッグ450m

Photo_3
バギー12頭引き(後ろのほうにバルカもいます)

Photo_4
パワージャンプレース

Photo_8
フライボール デモレース

Photo_5
ドッグダンス

Photo_6
ディスクドッグ

Photo_9
コーシングチャレンジ

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

ちょっと一区切り

毎週末にゲームやイベントをおもいっきり楽しんでいる合間に・・・・・

動物専門学校の終了試験や、年末のライブの準備、
撮影機材の入れ替え、たまって映像の整理、などなど・・・・・。

久々のブログになってしまいました。


そして、12月に入りました。

BOBが終了し、立て続けに2週続けてのビッグイベントでした。
相変わらずの、刺激的な犬三昧な生活を送っています。

先週末の2日間(11/26~27}サイクルドッグレースが終わり、

昨日、一昨日(12/3~4)と行われた、『アジア・ディスク・ドッグ・チャンピオンシップ』(ADDA)
が終わりました。

ディスクドッグとしては、今シーズン最後のビッグゲームが終了して、
来シーズンに向けて本格始動のなります。


気持ちのなかでは一区切りついたので、またブログにて報告していきます。




まずは取り急ぎインフォメーション。

明日(12/6)に、私の小学校1年からの友人で、今でもフリーランスで今も一緒に仕事をしたり、
バンドをやったり、人生を刺激しあい、いまだに夢を語り合っている・・・・・そう、あの人。

温泉ライター『小暮 淳』主演の番組が放映されます。


彼は温泉ライターで温泉本やコラム、エッセイの執筆の傍ら、テレビ番組のコメンテーター、
ラジオのパーソナリティー、講演会など幅広い活躍をしています。

また、NPO法人を立ち上げ、消えゆく温泉を守ったり、温泉文化の保持に奮闘しています。

最近では温泉地の温泉大使や、観光大使なんかもやっています。


そんな彼がアドバイザーを務めるテレビ番組『ぐんまトリビア図鑑』に、
なんと、本人自らトリビアとして出てしまいます。

20代の歌手を目指していた頃の話(昔の写真や昔のトガッタ曲がかかるのか?)や、
温泉ライター誕生までの秘話が聞けると思いますよ。


 ●放送局  群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名  ぐんまトリビア図鑑
         「温泉ライター小暮淳の素顔!」
 ●放送日  12月6日(火) 21:00~21:15
 ●再放送  12月10日(土) 10:30~10:45
         12月12日(月) 12:30~12:45

放送楽しみにしています。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »