« ちょっと一区切り | トップページ | アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ終了 »

2016年12月 6日 (火)

K9サイクル&ザ・レース2016

ちょっと前の、先々週の話になります。


『K9サイクル&ザ・レース』

11月26(土)~27(日)に群馬県の昭和村総合グランド特設コースで行われました。

サイクルドッグをメインに、ディスク、フライボール、ドッグダンス、ルアーコーシング、
なども行われました。


雨の予報も出ていましたが、ほとんど降られることもなく、冷え込みもありませんでした。


サイクルドッグレースは、ドグタウンファクトリーが長年行ってきた犬ぞりに向けて、
正しい理論で、正しく犬に引くことを教えて、犬にとって安全に<サイクルドッグが
楽しめるイベントとして行っています。


呼び込みありの初心者のクラスから、エキスパートクラスまでおこなわれました。


我が家のチームは、バルカ(ラブラド-ルレトリバー)、ビッツアー(エアデールテリア)で
2頭引きの100メートルチャレンジレースと、今回は無謀にもフルコースを走る、
450メートル2ドッグエキスパートクラスに出場。


チャレンジレースは良いとしても、エキスパートの450メートルはどうなってしまうのか・・・・・?

いよいよエキスパート450mのスタート。


お!良い感じでスタート!

コーナーも上手くいっています。

難関のS字コーナーでちょっと止まってしまったものの、すぐ再スタート。

そしてゴールに向かってラストスパート!

450メートルを走りきり、見事ゴールに戻って来ました。

やった~!!! 上出来!上出来!


サイクルドッグセミナー参加や、体験会の開催。
今年、参加しさせてもらったバギートレーニング(林道をバギーを引いてのトレーニング)の
効果が出たのだと思います。


今回の見所である、アンリミテッド450メートル(犬に引かせる頭数制限なし)は、
犬達のスピードと共に、コーナーをハイスピードで攻めるマッシャーのスキルと勇気も
見ることが出来て、この競技の真髄を感じました。


そしてバギーを引いてのエキシビションレース。
12頭引きや10頭引きの犬達が、重い四輪バギーを引いて走り抜ける姿は、
豪快で、その迫力に圧倒されました。

我が家のバルカも12頭引きのチームに参加させてもらい、よい経験をしました。


ゴールという目標に向かって走りきったときの達成感。
そして、そこに待っているのは、たくさんの拍手と笑顔。


夜のウェルカムバーベキューパーティー、ディスクドッグ、コーシングレースなどなど
2日間おもいっきり楽しんできました。


そしていよいよ犬ぞりシーズン到来。
2月の赤城山で行われる『前橋ホワイトフェスティバル』
3月は『ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスティバル』

冬のシーズンも楽しみが続いていきます。

 P.S.
 K9サイクル&ザ・レースの写真をアップしました
 当ブログのマイフォトにあります

Photo_7
会場からの景色も綺麗です

Photo
アンリミテッド450m

Photo_2
バルカ&ビッツァー 2ドッグ450m

Photo_3
バギー12頭引き(後ろのほうにバルカもいます)

Photo_4
パワージャンプレース

Photo_8
フライボール デモレース

Photo_5
ドッグダンス

Photo_6
ディスクドッグ

Photo_9
コーシングチャレンジ

|

« ちょっと一区切り | トップページ | アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと一区切り | トップページ | アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ終了 »