« プロジェクトK総会 | トップページ | 出発!USDDNワールドファイナル2016 »

2016年10月 3日 (月)

ビデオ検証

宮が瀬ドッグスポーツフスティバル
ヨーロッパチャンピオンシップ
ダブルトロフィー、
ドグタウンカップ

怒涛の1ヶ月が過ぎました。

たまったビデオを夜中に見ています。


そして、リザルトも発表されていますので、各ゲームの分析、検証を行って楽しんでいます。

今週の金曜日USDDNワールドファイナルに向けて出発する前に、終わる予定です。



私はゲームに出場するのも好きですが、このビデオ検証の時間も楽しみの一つで、
ライフワークになっています。

実際にライブで見たときの印象と違って見えるチーム。

ビデオでよく見ると難易度のトリックにチャレンジしているチーム。

成長がはっきり分かるチーム。
がいたり色々です。


そんな中でどのゲームでも、ゲームを引っぱり、ゲームの空気を作り出すチームが
必ず存在します。
ゲームリーダーという存在です。

もう一つは上位や下位に関係なく、今の自分のチームのベストを出しきろうとして、
フィールドでプレーをしているチームが、ゲームのクオリティーを上げています。

非日常の緊張も、張り詰めた空気感を高めます。

素敵です。


そしてジャッジング。
スピード感と微妙な間が、緊張感のあるゲームのテンポを作っています。


ライブは最高ですが、ビデオで繰り返し観ることでライブでは見えなかったたくさんのものが、
しっかりと見えてきます。

もう少し夜中の楽しみが続きます。

|

« プロジェクトK総会 | トップページ | 出発!USDDNワールドファイナル2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロジェクトK総会 | トップページ | 出発!USDDNワールドファイナル2016 »