« ドグタウンカップ2016 | トップページ | 『Pam’Sウィーク』フライボール怒涛の一週間 »

2016年9月20日 (火)

ドグタウンカップス終了

終了しました。

「終わってしまったか・・・・・!」

というのが正直な気持ちです。

何か心の一部分が空っぽになったような・・・・・


毎年このゲームを目標にディスクドッグを続けているプレーヤーは多いと思います。
遠方のチームは大遠征で群馬にやってきます。

年に一度、すべてに特別な『ドグタウンカップ』です。


今年は80チームのディスクドッグのフリースタイルチームが、
群馬県の前橋市の集結しました。

北は北海道、南は九州鹿児島まで。

そしてインビテーショナルには、アジア代表チームが中国の上海から、
ヨーロッパ代表チームがスロバキア共和国からやってきました。


今年もハイレベルな戦いが繰り広げられました。
チャンピオンの中のチャンピオンを決めるにふさわしい感動のゲームになりました。



今年から行われるインビテーショナル。
(アジア、ヨーロッパ、アメリカの予選を勝ち抜いたトップチームと、日本のメジャーゲームのトップ3のチームで行われます)

そのインビテーショナルのチャンピオンと、通常のドグタウンカップのチャンピオンが、
最後にもう1ラウンド、フリースタイルを行い、総合チャンピオンを決定します。


その2チームは

『皇介&ジェイク』VS『ルツカ&ライオ』


すべてのギャラリー、すべての参加プレーヤー、すべてのジャッジングスタッフ見守るなか、緊張の一発勝負のサドンデスが始まりました。

結果は『皇介&ジェイク』の勝利で終了しました。


会場はしばらくの間、歓声ひびきわたり、拍手が鳴り止みませんでした。

そして涙、そして笑顔、が入り混じった感激に変わっていきました。



終わってしまったか・・・・・
感動をありがとう!

来年のドグタウンカップでの再会を約束して、それぞれの思いで帰路に着きました。

14355742_10153868521300924_61152566

|

« ドグタウンカップ2016 | トップページ | 『Pam’Sウィーク』フライボール怒涛の一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドグタウンカップ2016 | トップページ | 『Pam’Sウィーク』フライボール怒涛の一週間 »