« BB&DTジョイントマッチ2016終了 | トップページ | 感謝  »

2016年7月 5日 (火)

ギャンブーとSONYのBB&DT

昨日に引き続きBB&DTの話です。

今回は私のチーム、ギャンブーとSONYの参戦気になります。


まずはSONYから。

13533083_856496974456606_7951599239

フリースタイルで使う曲がなかなか見つからず、1ラウンド使った曲がイマイチ。
その曲にあおられるようにテンポがつかめないまま1ラウンド2分間が終了。

曲は大事ですね・・・実感。

SONYのプレイドライブとアスレチシズムは高得点(2.20)が出ていて、
改めてスゴイ犬だと実感しました。


2ラウンドとス&フェチ。
結果は19.5ポイントでほぼ目標ポイントで終了。
レトリーブの問題をクリアにすれば、フルスコア22.5ポイントも現実になる事を実感しました。


ここで初日終了。
トス&フェチのポイントで、順位は何とか中盤にとどまりました。


2日目の決勝ラウンド。
前回の曲に戻して見ました。

「ん!やりやすいぞ」

慌てることなく2分間が終了。

曲って大事です・・・改めて実感。


トータルポイントは109.21ポイント。
目標の“110ポイント超え”にはなりませんでしたが、
エクスキューションを上げられればクリアできた数字です。


今回は35度を超える灼熱の下、SONYのコンディションをどう維持するかが、
大きな課題となっていました。

クールダウンの方法や回数や時間、栄養補給、水分補給、ゲーム前のウエイティング方法、
などなど、状態を見ながらプランを立て行ってみました。


結果、3ラウンドともGOODなドライブを維持することが出来ました。


SONYという犬とドッグスポーツをやることが、犬のコンディション作りや維持、
の勉強になっています。

ウイペットのあの小さい体で、猛スピードで走り続け、ジャンプします。
それらにに比例するように、犬の体力が消耗していきます。
その消耗は計り知れないものがあります。

一気に上がった体温、筋肉の疲労。
少しでも早く修復して、元の状態に戻していかなくてはならません。

今そのノウハウを、一つ一つ学びながら行っています。



続いてギャンブーです。

13612359_856500671122903_3359235263

ギャンブーの安定度は抜群で、何の不安も無くコートに入ることが出来ます。

一定の約束を守れば、ドライブは常に一定を保ち、キャッチも上手いので、
いつでもゲームを楽しむことが出来ます。

そんなギャンブーの存在自体が、無くてはならないものになっています。



トス&フェチも20.5ポイント。
フリースタイルのキャッチが上げられれば、チャンスはあったゲームでした。

終了順位はSONYより3つ上でフィニッシュ。


「ギャンブーの動きが早くなったね」

といわれることが多くなりました。


SONY効果なのか・・・・・?

SONYへのライバル心なのか?、

私自身が早く動けるようになったからなのか?

真相は分かりませんが、良い結果に結びついているのは確かです。





猛暑の中の2頭エントリー。
ハードなゲームになりましたが、2頭とも中盤の混戦の中にとどまることが出来ました。


今回のゲームで実感したこと。

私自身もっともっと“タフ”になる事が必要です。

強いチームは、必ず犬も人もタフです。
上手いチームが、必ずタフとは限りません。

強いチームを目指して、2頭エントリーでタフさを鍛えていきたいと思います。

|

« BB&DTジョイントマッチ2016終了 | トップページ | 感謝  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BB&DTジョイントマッチ2016終了 | トップページ | 感謝  »