« 中部チャレンジ ニュースターの誕生 | トップページ | 撮影隊 »

2016年6月15日 (水)

SONYの中部チャレンジゲーム

中部チャレンジセミナー&ゲームの話が続きます。


今回の中部チャレンジゲーム。
なんと言っても会場の空気感がすばらしくよかったです。

プラスのエネルギーに溢れ、参加者みんなが同じ価値観を共有し、
それに加えて綺麗なフィールド、高原のさわやかな空気なども加わり、
ちょっと緊張感の伴う、居心地の良い空間になっていました。


それにはいつも遠征で訪れる、四万十、京都は素晴らしいおもてなしで私たちを迎えてくれます。
今回も中部も心温まる
“おもてなし”
が存在していることが何より大きな要素だと思います。

四万十、京都とはまた違った、中部ならではのおもてなしがありました。


地元の方々の努力が、この良い雰囲気を作り出しています。

ありがとうございます。
感謝しています。




さて、SONYの中部チャレンジの話になります。

SONYにとってはHDLトロフィー(京都)、Pam’sフリースタイル×Freestyle(名犬牧場)についで、
3回目のゲームになります。


過去2ゲームでSONYのプレイドライブやアスレシチズムは大きな評価を得ています。
前回はプレイドライブは2.28ポイント、アスレチシズムは2.22ポイントという
高評価を頂きました。

すっかりSONYのポテンシャルは浸透しました。


まだまったくルーティーンのない状態ながら、SONYのポテンシャルによって、
ポイントが上がってきています。



今回は1日で3ラウンド(1ラウンドフリースタイル、2ラウンドとス&フェチ、3ラウンドフリースタイル)
を行います。

SONYにとっては初めての、1日3ラウンドのゲームになります。

SONYのドライブは全く衰えず、問題無しに3ラウンドをやりきりました。


今後はSONYのドライブを,どのようにコントロールしていくかが課題になってきます。
ウイペットという概念ではなく、SONYという犬の資質を見極めていくことが大切です。

今回も110ポイントに迫るスコアでした。

今回はSONYにフルラウンドゲームに集中するため、
ギャンブーのエントリーはありませんでした。

SONYがフルラウンドOKですので、また2頭エントリーでチャレンジしていきます。



まだまだ真っ新(まっさら)なSONY。
どのように色をつけていくかこれから楽しみです。

Sony3_1

|

« 中部チャレンジ ニュースターの誕生 | トップページ | 撮影隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部チャレンジ ニュースターの誕生 | トップページ | 撮影隊 »