« 中部チャレンジシリーズ セミナー&ゲーム報告 | トップページ | SONYの中部チャレンジゲーム »

2016年6月14日 (火)

中部チャレンジ ニュースターの誕生

昨日の続きになります。


まずは中部チャレンジゲームの結果発表から。

優勝 金子&ジョーチーム
2位 木村&ケイレブチーム
3位 田中&ひびきチーム


では本題のニュースターはだれ・・・・・?

もうお分かりですよね!

そうです、“金子&ジョー”チームです。


プレーヤーの金子さんはディスクドッグ暦の長いベテランプレーヤです。
色々な団体のディスクドッグゲームに参加して、JDDNにたどり着きました。

そして、ドグタウンのセミナーに参加するようになりました。

このへんが私がドグタウンにたどり着いたのと同じで、私も模索しながら今に至りました。



色々思い出してみました。

去年の6月のHDLトロフィー(京都)の時とは、全く違う印象のチームに進化していてました。

その実力を見せたのが、今年5月のHDLトロフィーでした。
メジャーゲームの怱々たるメンバーの中で、決勝ラウンド前のトップ15セレモニーに入り、
このチームの持つ、新しいスタイルを印象付けました。



そして今回の優勝!
おめでとうございます。



『個性的』という言葉で言ってしまえば簡単なことですが、
このチームの持つ独特な雰囲気が、
おしゃれ?、カッコイイ?、素敵?、面白い?、上手?・・・・・

どの言葉にも当てはまらない雰囲気を持っています。


今シーズンになって彼がもともと持っている個性を、ディスクドッグとして、
ストレートに表現できる方法を手に入れ、一気に結果につなげて来ました。


これからのムーブメントである、曲とのシンクロを導入したり、
犬を止めることでおきる、微妙な間の表現。
そしてプレーヤーのキャラクターも加わって、実に不可思議な世界を作り出しています。

もちろんそれらはの表現に必要な、ディスクの技術があることはもちろんです。


まだ完成途中であろう金子ワールド。
これからが楽しみです。


またまた長文になってしまいましたので、
SONYの参戦記は次の機会に書きます。

13307454_839928382780132_8282917496
京都HDLトロフィーの金子&ジョーチーム


|

« 中部チャレンジシリーズ セミナー&ゲーム報告 | トップページ | SONYの中部チャレンジゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部チャレンジシリーズ セミナー&ゲーム報告 | トップページ | SONYの中部チャレンジゲーム »