« 四国四万十カップに向けて出発 | トップページ | 四万十DDカップの写真UPしました »

2016年5月 3日 (火)

四万十ディスクドッグカップ終了

長距離遠征を終えて、四万十から無事に帰って来ました。


4月28日(木)夕方出発⇒29日(金)午後到着

4月30日(土)~5月1日(日)四万十ディスクドッグカップ

5月1日(日)夕方四万十出発⇒2日(月)午前中帰宅

2泊5日、総走行距離2100キロの大遠征でした。



結果はフェイスブックの速報や、ドグタウンのリザルトを見てご存知の方も多いと思います。

優勝は『ルツカ・プレボバ&ミーガン』チーム。

驚きの初優勝でした。

このチーム、短時間で“ルツカスタイル”を作り上げてきて、
ワールドチャンピオンの3チームを抑えて、見事な結果を残しました。

2位はYACHI&ベガチーム。
3位は皇介&ジェイクチーム。


毎年のことですが、今年も素晴らしいゲームでした。





私自身は、『ギャンブー』との2016年のJDDN初ゲーム。

そして、『ガッシュ』のスーパープロとス&フェチデビュー。

さらに、『SONY』のJDDNお披露目となる、フリースタイルボランティアデモに参加。

など盛りだくさんな内容でした。

3頭出場という、私自身の今年のビジョンが現実に見えたゲームになりました。





遠征は犬も人も成長させます。
大遠征になればなおさらのことです。

遠征したからといって、けしてディスクが上手くなるものではありません。
家で練習していたほうが、上手くなるかもしれません。

そんな単純に割り切れるようなものではない、何かが存在します。



今回のゲームでは、HIRO(私)&ギャンブーチームのUSDDNワールドファイナルへの
クオリファイの可能性は参加チームを見れば、ほとんどゼロの近いのは分かっていました。

単純にワールドファイナルを目指すのであれば、行く必要のないゲームなのかもしれません。

でも毎年参加したいと思う、“何か”があることは間違いありません。
私なりの“何か”を見つけることが出来たのかも知れません。
それが、私自身の参加の原動力になっています。

その“何か”は人によって違うかもしれませんが、その何かを見つけた人は、
一つ先のディスクドッグの魅力を感じていることと思います。


仕事の休みの問題や経費の問題など、クリアしなくてはならないことはありますが、
ぜひ経験して”何か”感じてみてください。




『四万十ディスクドッグカップ』

私の中ではライフワークの一つになっています。
ディスクドッグを楽しむ上で必要不可欠なものです。

また来年、そして次の年も、また次も・・・・・参加したいと思います。


  P,S.
  ハッピーな報告のサプライズもありました。
  おめでとうございます。

13087650_825045940935043_2957044951
今年(2016)四万十ディスクドッグカップでのギャンブー

|

« 四国四万十カップに向けて出発 | トップページ | 四万十DDカップの写真UPしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国四万十カップに向けて出発 | トップページ | 四万十DDカップの写真UPしました »