« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

SONYの可能性

あらたに我が家のスポーツドッグ軍団に加わったウイペットのSONY。

実は私にとっては2頭目のウイペットになります。


初代ウイペットはラスタという名前で小ぶりのメスでした。

俊足ながら当時の私の犬に対する理解力とスキルでは大成させることは出来ませんでした。
もちろん今の環境のような、情報もアドバイザーやトレーナーもいませんでした。

試行錯誤をしながら何とか大会に出られるレベルまでは行きましたが、
ラスタのドライブ(意欲集中力)を作りこむことが出来ませんでした。


同じウイペット飼いからは

「ウイペットだからしょうがないよ」
「フリースタイルが出来るだけでもすごいよ~」

なんて言われて、妙に納得していた自分がいました。



それから約10年。

SONYがやって来ました。


輸入期間を待つ数ヶ月、アメリカではパム・マーチンのパピートレーニングをうけ、
日本来てからは、ドグタウンファクトリーにてスポーツドッグとしてのトレーニングを
行っていました。

そして2歳を前に私の元にやってきました。


ラスタで苦労したドライブは素晴らしい状態です。

ウイペットの心の繊細の部分の注意点はラスタで経験しています。

そして何より心強いのは、ドグタウンファクトリーやMonaのアニマルカイロの存在が、
身近にあることです。

そんな環境で育てていくSONYは、私にとっても新たな可能性を持った犬であることを感じています。


ディスクドッグだけではない、私のマルチドッグスポーツの扉を開けてくれる存在です。


その一つがルアーコーシング。

ルアーコーシングではJDDNのゲームでは何回もチャンピオンになっています。
ルアーコーシングは大きなレースに参加して、
本格的にチャレンジしてみたいと思っています。


もう一つはフライボール。

SONYはもともとはフライボールドッグになるために日本に入ってきています。
その本来の目的を達成するためフライボールトレーニングも行っていきます。
バウンドバウ(BB)でも新しいチームを作ってレースに参加できればと思っています。


ドグタウンファクトリーにて、BB用フライボールBOXの準備も進めてくれています。



ギャンブー(MIX)
ディスク、犬ぞりサイクルドッグ少々、ドッグダンス少々

バルカ(ラブラドールレトリバー)
ディスク、フライボール、ドッグダンス、犬ぞり少々

ヴィッツァー(エアデールテリア)
ディスク、犬ぞり少々

ガッシュ(MIX)
ディスク


そしてSONY・・・・・!

SONYの俊足をいかしてのルアーコーシング、フライボール、もちろんディスクもやります。
ガッシュも1歳。これからマルチスポーツドッグに育ててみたいと思います。


“マルチドッグスポーツ時代到来!”


ウイペットの可能性。
そしてSONYの可能性を感じています。

Ra4f72591_216x319
MDSFでの雪上ルアーコーシング

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

犬ぞりシーズン終了

27日(日)は、水上高原スキーリゾートでの雪上ディスクドッグ&ドッグダンスの
デモストレーションに参加させてもらいました。


ディスクドッグチームは、世界チャンピオン、ヨーロッパチャンピオン、
アジアチャンピオン、全米チャンピオン、世界2位、3位のそうそうたるメンバー。
そして、先日の英国クラフト2位のルツカを筆頭にドッグダンスチームも参加。

こんなメンバーでやったら盛り上がらないわけがありません。
雪の上のハンディキャップをものともせず、素晴らしいパフォーマンスを見せていました。


そんな中、私とギャンブーのチームは、トップバッターをつとめました。
今シーズン最後の雪上デモンストレーションを楽しんで終了できました。



その後はお楽しみの犬ぞりタイムです。


今回はハリボー(MIX)、ポップス(MIX)、
我が家のバルカ(ラブラドールレトリバー)、ビッツァー(エアデールテリア)、
での4頭引きでチャレンジ。

1200メートルの距離を無事走りきりました。
バルカもビッツァーも楽しそうに走っていました。

楽しそうに頑張っている犬たちを見ていると、こちらも自然と笑顔になってきます。


MWF(前橋ホワイトフェスティバル)MDSF(ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスティバル)出場して、
今シーズンは犬ぞりの魅力にドンドンはまっていきました


そんな犬ぞりシーズンもいよいよ終了。

ディスクドッグ、フライボールがスタートします。

USDDNワールドファイナル、ヨーロッパチャンピオンシップ、アジアチャンピオンシップ、
そして国際ゲームに生まれ変わるドグタウンカップ。

楽しみがいっぱいです



昨日は犬ぞりシーズン終了の“お疲れ様会”も行われました。

去り行く季節をおしみつつ・・・・・・次の雪のシーズンを楽しみに待っています。

12928181_805577892881848_8304478058
バルカ&ビッツァー走ってます

| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

ウィペットのSONYがやって来ました

本日、我が家の新しい家族に、ウィペットがやってきました。

レッドブリンドルのオス。

名前を“SONY”といいます。


SONYは10ヶ月前にアメリカから日本へやってきて、ドグタウンファクトリーにて、
トレーニングを続けていました。

そして半年間・・・・・待ちに待って私の元にやって来ました。



SONYとディスクをやってみました。

俊足はもちろんのこと、立っている私の顔を超えるくらいのジャンプ力。
そして、信じられないくらいのドライブ(意欲)を持っています。

ドッグキャッチは上から降ってくるようです。
ハイスピードパッシング、キャッチの上手さも兼ね備えています。


SONYはフライボールドッグとしてもトレーニングを開始していますので、
今後の活躍を期待しています。


ウィペットですので環境に慣れるまで注意深く観察しながら
トレーニングをしていきたいと思います。



SONY(2歳)が加わり

ギャンブー(MIX6歳)
ビッツァー(エアデールテリア2歳)
ガッシュ(MIX1歳)

とともに私のパートナードッグは4頭になりました。

4頭とともにトレーニングに明け暮れ出来る生活が楽しく、
そしてこれからが楽しみです。
(犬の数は7頭になりました)


取り急ぎ、SONYがやってきた報告でした。
またレポートします。

Ra4f0026_500x338

Ra4f0037_338x500_2




| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

新刊西上州の薬湯(小暮淳著)表紙撮影

ちょっと前の先週の話にになります。

温泉ライター小暮淳の新刊本『西上州の薬湯』の表紙撮影のため、
倉渕(高崎市)の“相間川温泉ふれあい館”に泊り込みで行っていました。

相間川温泉ふれあい館は山の中の一軒宿で、日帰り入浴も出来ます。



今回の表紙はまさに薬湯というのにふさわしい、“茶赤色の湯”、がメインテーマです。
露天風呂の夕景の撮影になります。


早めに現地入りして下見を兼ねて温泉に入ります。

湯舟のお湯に浸かろうと思った瞬間・・・衝撃が・・・・・!

湯舟の中が全く見えない濃い茶赤色のお湯にもおどろきましたが、
何より驚いたのが機械油のような臭いと、湯舟に浮いた油の紋様です。
そして塩分濃度は海水とほぼ同じ。


「何だ!このお湯は・・・・・!!!」


普段の温泉のように、くつろぐ、という感覚ではなく、
効能のために入る温泉のように感じました。

まさに薬湯。

湯の成分が強いため7~8分をめあすにして、それ以上の入浴は控えるように
注意書きがしてありました。



そして日暮れを待ちます。

撮影は、夕方6時~7時の時間、露天風呂を閉鎖して行われます。


このインパクトのある茶赤色のお湯がどこまで表現できるかが勝負ポイントになります。

そんな訳で、デザイナー、アートディレクターに立ち会ってもらっての撮影になります。



夕暮れのベストな時間は一瞬です。

茶赤色の湯舟。
電球の薄暗いタングステンの光。
青紫にちょっとだけ明るさが残っている空。



その後ベストな一瞬は闇へと変わっていき、撮影は終了。

「OKです」

「お疲れさまでした}


そして生ビールで乾杯。

夕食ののち二次会へと突入し、気が付けば夜中の2時を過ぎていました。


新刊本『西上州の薬湯』は4月~5月に発売予定です。

| | コメント (0)

2016年3月21日 (月)

ルツカ クラフト帰国祝勝会

昨日はルツカプレボバのクラフト展ドッグダンス準優勝帰国祝勝会でした。

ドグタウンファクトリーには20人近いメンバーが集まってきました。
ルツカの日本での人気が伺えます。



クラフトのVTRを見て感動をもう一度味わった後、
クラフトに同行した津田さんとリアルタイムで繋いで感想を聞きました。

モニターには一回り大きく成長した津田さんが映っていました。


俊介がイギリスでの旅のドキュメントのビデオを編集して見せてくれました。

ワクワクしてきます。
緊張もリアルに伝わってきます。


そして、ルツカのスピーチ。
トレーニングのこと、現地でのこと、会場の様子、出場のときの緊張・・・・・

心に響く、私達への素敵なメッセージもありました。

感動のスピーチになり大きな拍手が沸き起こりました。


私自身、素敵な感動を共有できる仲間がいることに感謝します。



ルツカの勝ち得た今回の結果が、大きな渦になって新たなムーブメントがおこり、
日本のドッグダンスシーンに新しい風が吹き、発展していくことを実感しました。

私自身もその中でもまれて、成長していきたいと思います。



ルツカが言っていた

「YACH’Sメソッドを覚え、それを使ってドッグダンスを成長させることが出来ました」

“YACH’Sメソッド”の凄さを感じました。



あらためてルツカの頑張りに敬意を表します。

おめでとうルツカ!!!
感動をありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

無線RAN復旧しました

3日前くらいから無線RANが不安定で、つながったりきれたりを繰り返していました。

今まで何の問題も無く使えていたのにどうしたんだろうか?


せっかく書いたブログもアップロードの前に消えてしまいました。

オ~!プリンターも無線でつながっているのか!

何とかしないと仕事にも影響が出てしまいます。




あれこれ問題解決に翻弄する中、やっぱり無線RANのルーターがダメと判明。

慌てて買いに行って来ました。

せっかくなのでアンテナがいっぱいついている3階建てでもOKな
高性能なものを買ってみました。



簡単なセットアップですぐ復旧しました。

つながりのスピードもアップしました。
快適!快適!


そういえば今まで使っていたものは7~8年前に買ったもの。
ずいぶんと長い間使ってきました。


普段は無線RANのことなどまったく意識しないでインターネットを使っています。
家の中を電波が飛び回って、インターネットが使えているわけです。



最初にパソコンを使い始めた20年くらい前には、想像もできないくらい便利になりました。
もちろん当時はSNSなどは無く、メーリングリストが画期的なコミュニケーションツールでした。

“オフ会、オフミ”なんて言葉がまだ新鮮なときでした。

「オフミって何???」

なんて質問も良く出ていました。



そして、私の仕事の写真もデジタル化され、パソコンで保存、加工など出来るようになりました。
コレもなんと便利になったものかと関心させられます。

画像を何回もコピーできる、というメリットも生まれました。




ふと思いました・・・・・

今のパソコンは何台目なのだろうか?
7台目か?いや8台目・・・・・もっとか?

プリンターは何台目なのか・・・・・?

デジカメは20台以上か・・・・・?


便利になった分は出費に比例しているということになりますね。



もはや私は、インターネット無しでは生活していけなくなってしまっているようです。

ネット依存と言うよりもあまりにも生活の中に入り込んで、
日常になってしまったんだな・・・・・と感じています。


よし、今回はこれでブログをアップしますか・・・・・・

上手くいったようですね。

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

平成27年度 群馬動物専門学校卒業式&謝恩会

本日は私が講師を務める、群馬動物専門学校の卒業式でした。

スポードッグの授業を始めて2回目の卒業生を送り出すこととなりました。



2年前に入学してきてた新入生も成長して卒業していきます。
トリマー、看護士、トレーナーなど動物業界で働きはじめる若者達です。


卒業生のうち女子が9割以上なので、袴姿や留学生の民族衣装など華やかです(男子は3名)。




「私はみんな(卒業生)くらいの年には何をしていたんだろう?」

ふと思ってしまいました。


当時の私は将来の進路など全く考えないで、せっかく入った大学へもあまり行かず、
ただただ、その時にやりたい事をやっていた感じです
当然のことながら就職活動もしないでいました。



ん~!みんな立派だな~!!

自分の進む道を自分で決めて、そして卒業していきます。




卒業式の後は生徒企画の謝恩会を開いてもらいました。

生徒と講師がテーブルを囲み料理を食べながらの和やかな時間です。
就職先の話や、将来の話や、もちろん犬に話もあります。


表彰やビンゴ、思い出のスライド上映など盛りだくさんな企画です。



最後の講師たちへのお礼の言葉と、花束の贈呈は嬉しいながらも
ちょっと照れくさい感じです。



お開きの後は、記念写真の撮影大会です。

「先生~!一緒にいいですか~」

そして記念写真また記念写真。


分かれがたく、名残惜しい時間です。

犬を飼って、ドッグスポーツを始めてこんな経験をするとは・・・・・。



がんばれ卒業生!

12821382_970983212983648_4128698149

1184888_575048479314607_51898140818

1929632_970983419650294_26724010212

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

おめでとう!ルツカ2位

ワクワクドキドキ!緊張の中スタート。
ドグタウンファクトリーに集まって応援しました。

開始前から現地の俊介からリアルタイムでの情報も入り、スタート前にすでに最高潮。



1番のチームからスタートして、10番目に登場のルツカまで段々と緊張が高まっていきます。

そして、いよいよルツカ&ジャンプチームの登場。


「ルツカがんばれ~!」

テレビの前で大きな歓声と拍手。



緊張の中曲がスタート。

一同一瞬の沈黙。


「よし!」

「上手くいっているぞ」

「オ~!ギャラリーも沸いている」

「会場はすごい歓声だ~」


感動の4分が終わりました。


「ルツカ!やったね~!」

「すごいぞルツカ!!」

「ルツカ最高~!!!」


ドグタウンもおおきな歓声に包まれていました。



フィギュアスケートのようにすぐにスコアが発表されます。
会場の大きな電光掲示板(モニター)にルツカ&ジャンプのスコアが映しだされます。

緊張してみんなで見守る中、次々にハイスコアを連発。
そして結果は・・・・・暫定1位


「やった~!」

「すごい!すごい!」


またも大歓声。



残すは、あと4チーム。
冷静になり後に出てくるチームの演技とスコアに注目。

地元イギリスのチームに逆転されましたが、見事2位でフィニッシュ。


そして

「おめでと~ルツカ!」

「かっこよかったね~」

「うれしい~」

「やったぞ~」


またまた、歓声に包まれました。



すぐに行われた表彰式でのルツカの笑顔は最高でした。
おもいっきり輝いていました。


私もこの年になっても、心を揺さぶられる感動が経験できることを幸せに思います。

「ルツカ感動をありがとう」

帰国報告会を楽しみに待ってます。

1
クラフトでのルツカ&ジャンプチーム

3
ルツカ&ジャンプのポイント

2
2位 日の丸が嬉しい






| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

衝撃キースエマーソン死去

「EL&P(エマーソン・レイク&パーマー)のキーボードプレーヤーのキースエマーソン死去」

突然インターネットのニュースで知りました。



EL&Pは高校生だった私に多大なる影響を与えられたバンドの一つでした。
通常のロックバンドの形態とは異なり、ギターレスの3人編成のバンドでした。

当時はまだ珍しかったシンセサイザーを取り入れ、独特のサウンドを演出していました。


キーボード キース・エマーソン
ベース&ヴォーカル&アコースティックギター グレッグ・レイク
ドラムス カール・パーマー


エマーソン家貯蔵の膨大なクラッシックの楽譜の中から演奏された曲も印象的でした。

『展覧会の絵』のライブを収録したアルバムを聞いたときの衝撃は、
今でもはっきり覚えています。

そしてアルバム、『タルカス』『恐怖の頭脳改革』で完全にやられてしまいました。



当時リアルタイムではコンサートを見ることは出来ませんでしたが、
その後の再結成(20年位前)の日本公演を見ることが出来ました。

今では本当に見ておいて良かったとおもいます。



プログレッシブロックの魅力を、変拍子のアレンジ、
そしてアバンギャルドの発想を学んだキースエマーソン。

その死をを重く受け止めています、


4月にはキースエマーソンのソロでの来日も決定していました。
残念。


追悼の意味もこめて・・・・・
久々に『展覧会の絵』のレコードをを引っぱりだして、じっくり聞いてみますか・・・・・。

51mcyqtg1cl1

41pycmfobl1

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

「ルツカ頑張れ~!」クラフト展いよいよ明日

いよいよ明日になりました。


私達のK9フリースタイル(ドッグダンス)のトレーナーでもあり、
世界レベルのディスクドッグプレーヤーでもある
ルツカ・プレボバがクラフト展のドッグダンスに参加します。


クラフト展の詳しい説明はしませんが、世界でもっととも歴史(125年)と権威がある
ドッグイベントの一つで世界でも最大級の規模で行われています。
毎年イギリスで行われています。

ドッグダンスのほかドッグショーやアジリティー、フライボール、オビエデンス他
さまざまな競技が行われます。



ルツカは嬉しいことに日本代表として、日本選手として初めてのクラフト展(ドッグダンス)に出場します。
(現在彼女は日本在住)


日本からはパートナーの平井俊介さん、津田さんがイギリスに向けて昨日出発しました。
アメリカからはパムマーチンもかけつけてくれます。(ルツカは1ケ月前に出発しました)


「見たい~」

と言う人に。

幸いな事にクラフト展はライブストリーム(インターネットTV)で世界に配信されますので、
日本からもリアルタイムで見ることが出来ます。

画質も最高です。


ドッグダンスは現地時間は明日の午後です。
日本時間では明日の夜になります。

PM9時からのスタートの情報が入っています。
参加チームは全14チーム。
ルツカ&ジャンプ(ボーダーコリー)のチームは10番手に登場予定です。



歴史的瞬間に現地にいられないのは残念ですが、
パソコンの前でおもいっきり応援したいと思います。

「ルツカがんばれ~!!!」


出場チーム

1 Italy – Withdrawn

2 Czech Republic – Irena Istvankova with LAYLA

3 Switzerland – Monika Gehrig with CHIARA

4 France – Monia Guignard with EDEL

5 Sweden – Frida Binett with ITCHI

6 Wales – Emily High with ANTON

7 Belgium – Herlinde Jans with KIKI

8 The Netherlands Grietje Wagenaar with FLORA

9 Denmark – Emmy Marie Simonsen with HERO

10 Japan – Lucie Plevova with JUMP

11 Germany – Anja Jakob with MERLIN

12 Scotland – Heather Smith with DARE

13 England – TBC

14 Austria – Lukas Pratschker with FALCO

ルツカ&ジャンプチーム

| | コメント (0)

2016年3月10日 (木)

MDSF写真UPしました

ミナカミドッグスポーツフェスタ2016の写真をUPしました。

左のマイフォトMDSF2016よりご覧ください

Ra4f7778

| | コメント (0)

2016年3月 8日 (火)

MDSF2016参戦記

昨日に引き続きMDSFの話です。

参戦記というと大げさですが、私のMDSFをレポートします。


6回目をむかえたMDSFですが、私は第1回目からスタッフ&プレーヤーでの参加です。
私自身は犬ぞりに関してはまったく知識が無いままのスタートになりました。

ベテランの方々に丁寧に教えていただきながらのスタートになりました。


犬ぞりは2011年第2回のMDSFでマトラ(エアデールテリア)と100メートルファミリーレースに参加したのが最初でした。

2012年にはバゲーラ(エアデールテリア)がきて、いよいよ2頭引きにチャレンジしてみようと思っていたら、マトラの突然の死、そしてバゲーラも数ヶ月後に死んでしまい、
参加が出来ない状態になってしまいました。



その後ギャンブー(MIX)、バルカ(ラブラドールレトリバー)、
ヴィッツァー(エアデールテリア)がやってきて、昨年より再び初心者クラスで
MDSFの犬ぞりに参加するようになりました。




そして今年は赤城とみなかみでバルカ&ヴィッツァーコンビで2頭引きに参加しました。
今回のMDSFでは、妻NOBUKOがマッシャーをつとめました。

カーブがちゃんと曲がれるのか?
ソリから落ちないでゴールできるのか?
犬たちはちゃんと走れるのか?

BBフィールドでスクーターでちょっとだけ練習をしてからMDSFに参加。
両日とも2Dog250メートルにエントリーです。

2回とも無事完走。



犬ぞりの楽しさを知ってしまった私たちは、次へのステップアップにチャレンジ。

ギャンブーは犬ぞり経験済みですので、ゆくゆくはガッシュも入れて
3Dog~4Dogまでいければ最高です。

経験不足、知識不足ですが楽しんでやっていきたいと思います。

12795276_793526290753675_2521683426
バルカ&ヴィッツァー2頭引き

12798955_793526147420356_3335395052
ギャンブー雪上ディスクドッグ

12805997_793526154087022_8778503972

| | コメント (2)

2016年3月 7日 (月)

MDSF終了報告

MDSF(ミナカミ・ドッグ・スポーツ・フェスティバル)が無事終了しました。

両日とも暖かな好天に恵まれました。
雨の予報も出ていましたが、ラッキーにも雨は降りませんでした。



6回目をむかえたMDSF。

今年はコースレイアウトの変更が行われ、4800メートルのレースも行われました。

ファミリー思考の強い1ドッグ100メートルや2ドッグ250メートル、2ドッグ1000メートルなどと、
本格的な3ドッグ、5ドッグの1800メートル、4800メートル、アンリミテッド(何頭でもOK)も
行われました。

初心者からエキスパートまで参加して楽しめるレースになっているのもMDSFならではです。

そのほか雪上ディスクドッグデモンストレーションや雪上ルアーコーシングも行われ、
犬ぞり以外の競技にも参加でき、盛りだくさんに楽しめるイベントです。

大人気の観客参加の犬ぞり体験やディスクドッグ体験も行われました。


たくさんのギャラリーに来ていただきました。
撮影目的のカメラマンも大勢来ていました。
遠方は愛知県からも方もいました。

犬ぞりやディスクドッグは被写体としても面白いようで、
MDSFで撮影した写真が色々なコンテストで入賞しているそうです。



今年から赤城山の前橋ホワイトフェスティバル(2月)と、今回のMDSF(みなかみ)と、
2本立てになった犬ぞりイベントです。

関東で、そして私の住む群馬県でこのようなイベントが行われることを嬉しく思います。
来年も楽しみです。

あ~楽しかった~!!!。

  P,S,
  わたしのMDSF参戦記は後ほど書きます。
  取り急ぎ報告まで。

Ra4f8553_500x333_3

Ra4f9810_333x500

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

第6回MDSF

今年もやって来ました。

5日(土)~6日(日)は、MDSF(ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスティバル)です。
回を重ねて今回で6回目です。


MDSFは犬ぞりを中心として行われるドッグスポーツの総合イベントです。
犬ぞりの他、雪上ディスクドッグ、雪上ルアーコーシングのほか、
体験コーナーも行われます。

6回目(6年目)ということですっかり定着した感があります。
参加者はもちろん、ギャラリーもリピーターが多くいます。


冬の最後のビッグイベントです。

このイベントが終了すると、いよいよディスクドッグシーズンのスタートになります。

私は明日(金曜日)現地入りの予定です。

楽しんできます。

12742784_561498627339600_6013608639

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »