« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

ドッグダンスIn山中湖

28日の土曜日は山中湖のドッグリゾート“ワフ”(WOOF)で行われた、
ドグダンスコラボレーションの大会に参加して来ました。

ドグタウンからの参加メンバーは
ルツカ&ガルプ
ルツカ&ジャンプ
ツダ&カンタ
ヤスコ&プリーマ
スガイ&ディーバ
シュン&ガッツ
ノブコ&バルカ

ルツカとシュン以外はドッグダンスの正式なゲームは初てです。
そしてドッグリゾートWOOFも初めて。
室内での演技も初めて。

初めてづくしの参加になりました。

ルツカは別格として、他のチームも初めての晴れ舞台で十分頑張りました。


当たり前のことですが、何事も参加しなくては分からないことがたくさんあります。
今回も色々得ることが出来た1日になりました。



実際の映像やジャッジのポイントなどを見て、私なりに分析をしてみて、
自分なりの考えはまとまったつもりですが、
私自身データ不足、経験不足なため正しい分析かどう確信が持てていません。
(なのでもちろんここには書きません)

また色々な意見交換をお願いします。


1日、いつもと違う環境で、違う脳みそをフル活用して楽しんで来ました。

Photo
ルツカ&ガルプ

1
ヤスコ&プリーマ

2
スガイ&ディーバ

2_2
ノブコ&バルカ

2_3
シュン&ガッツ

2_4
ツダ&カンタ

2_5
ルツカ&ジャンプ

| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

36年ぶりの復活

さかのぼる事36年前。
とあるバンドが合ったとさ。

そのバンドの名前は『りんごバナナ』

私がプロのミュージシャンになるきっかけを作ったバンドです。
3人編成のパンクバンドでした。


私が加入したのは結成後しばらく経っての、第3期のメンバーだったと思います。

その後ドラムスメンバーが入れ替わり、第4期のメンバーになって、
活躍をし始めました。

その後は色々なコンテストにでては、たくさんの賞を頂きました。


中でも印象に残っているのが、『ROCK IN」』というコンテストの全国大会で、
2位になったことです。
(ちなみに1位のバンドは、ストリートスライダーズでした)

と同時にっ私自身もベストベーシスト賞を受賞しました。



何も分からずに出ていましたが、このコンテスト自体が
プロへの登竜門的なものだったのでしょう。

個人的にも、いくつかの音楽事務所から連絡がありました。



当時は完全バンド志向だった私はそんな誘いに乗るわけも無く、
一途にやりたいサウンドを追求していました。



その後1年くらいでバンドは解散。

いくつかのバンド活動を行って後、音楽活動は長い休止に入りました。
メンバーだったAさんやKさんはプロとして、その後も音楽活動を続けていました。


私自身は以前からやりたかったことのもう一つだった、フリーカメラマンになりました。

そして、犬と出会い、ディスクドッグと出会い、たくさんの仲間、尊敬できるコーチに出会い、
ドッグスポーツまっしぐらな人生を送って来ました。


そして今から10年近く前、東京でプロ活動していた古い音楽仲間が、
地元に帰ってきたのをきっかけに、約20年ぶりに音楽活動を再開しました。


その後いくつかのバンドをやったり、他ジャンルの芸術家とのコラボレーションで活動したり、やりたい音楽を続けて来ました。



そして今回は36年ぶりの伝説の復活。
伝説は過去のものなので、復活をさせる意味合いについてはピンときません。

でもありがたいことに、ライブの企画として復活をメインに扱ってくれていますので、
楽しんでやりたいと思います。


12月は3本のライブ予定。
50歳半ばを過ぎたメンバーたちの演奏はどんなパフォーマンスになるのか楽しみです。

Photo_2

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

ミキシング&撮影

21日(土)はライブのお手伝いでした。

2015年11月21日

Sho1&Kazuji-Live』

ボサノバカサノバの曲のほかポップ満載 !
出演 Sho1 加藤カズジ サポート小林みゆき

ボサノバカサノバのSho1氏と加藤カズジ氏のジョイントライブです。
加藤カズジは私と長年オカルトコンテンポラリーなユニットを組んでいるあのひとです。


そして今回、私は演奏者ではなく、スタッフとして参加。
ミキシングエンジニアを担当。

Kazuji

その合間にちょっと撮影。



ライブ場所は昭和の歴史を伝える、のこぎり屋根のレンガつくり工場あとの大空間。
現在はおしゃれなパン屋&カフェになっています。

吸音効果のほとんどない、天井の高い場所のため、
クリアな音造りがちょっと難しい大空間でした。



ライブは2時間があっという間の楽しいステージでした。
演奏はもちろんSho1氏のトークにも大いに笑わせていただきました。

楽しい時間をありがとうございました。



冬が近づいてきたこの季節。
今年は音楽活動再会です。

来月には36年ぶりに復活する伝説のバンドも活動を再会します。
12月5日のライブからのスタートになります。
(詳しくは後日)

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ザ・ブラッキー初LIVE

先日の土曜日の14日は、新しいバンド『ザ・ブラッキー』の初ライブでした。

ブルースバンドとは言っていますが、色々なジャンルの音楽テイストを盛り込んで、
パンク・ブルースと名づけ、ちょっぴりアバンギャルドなサウンドを目指しています。


10年近く前に、現役を離れて20年ぶりに音楽活動を再開しました。
そして、色々な活動をして来ましたが、久々の“マジモード”のバンドです。

私以外は長年音楽活動を続けてきた方々で、
プロのメンバーとのバンドは5年ぶりくらいになります。


まあ、どんなメンバーとやっても、いつも自分のスタンスでやって来ましたので、
今回もおもいっきり楽しませてもらっています。



わたしのやっているベースという楽器は、ソロでの演奏はほとんどありません。
バンドという形でのパフォーマンスで行っています。

基本的には「好きな音楽をやる」ということは守っています。


時にはコンテンポラリーな音楽を2人編成でやったり、
大所帯の6人で温泉バンドをやったり、
3人でパンクをやったり・・・・・などなど
その形態も色々です。

一緒に演奏するメンバーが必ず必要だと言うことです。


幸いにも今のところ私を誘ってくれる方々がいますので、
音楽活動を続けていられます。

オファーがあるということは、ありがたいことですね。



「老後は音楽を・・・・・」
「ボケ防止に音楽を・・・・・」

いずれそんな時が来るのでしょうか?

でも、少しず近づいていているのは事実です。



毎週末に色々犬のイベントが入っていて、なかなか音楽活動の日程が取れませんが、
時間の許す限りやっていきたいと思います。

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

ベスト・オブ・ブリード(犬種別)ディスクドッグゲーム2015

15日(日)はベストオブブリード(BOB)ディスクドッグゲームでした。

年に1回各犬種別のタイトルを争う、日本で唯一の犬種別選手権です。



私は20年近くディスクドッグを楽しんでいます。

ラブラドールレトリバーに始まり、
エアデールテリア、ビアデットコリー、ウイペット、MIXなどの犬種とやってきました。
自分の好きな犬種でディスクを楽しむというスタンスで行って来ました。
それとともに選んだ犬種も能力を確認、証明するためにも続けて来ました。

ディスクドッグは見て楽しむスポーツでもあります。
いろいろな犬種が見られたほうが見ているギャラリーは面白いと思います。


でも現実はそのようにはなりませんでした。


一時期はボーダーコリーが参加チームの9割以上を占め、
ゲームによっては、ほぼ100%がボーダーコリーというときもありました。

それ自体を否定する気持ちはまったくありません。
競技として当然の進化だと思っています。


今でも
『ディスクドッグ=ボーダーコリー』
というイメージは強いようです。

エアデールテリアやラブラドールレトリバーでディスクをやっている私に、

「ボーダーコリー以外の犬種でもディスクが出来るのですね~」

などと感心されることも時々あります。



USDDNワールドチャンピオンを見てみましょう。

今年のチャンピオンの犬種は『ベルジアンシェパード・マリノア』でした。
去年(2014)と一昨年(2013)は『MIXブリード』でした。

先週行われた、アジアチャンピオンシップでのチャンピオンは、
わずか体重は10kgに満たないMIXの小型犬でした。

この結果を見ても、さまざまな犬種の可能性が見えてきます。



色々な犬種の可能性を追求し、実際にゲームに出てディスクドッグを楽しむ、
というプレーヤーが存在します。

大好きな犬種の作業能力や運動能力の可能性を確認、証明するために、
少数犬種でディスクドッグにチャレンジしている人もいます。

どの犬種を選ぶのかは人それぞれです。
今後、その犬種選びは、今までの既成概念をはずし、
柔軟な発想が必要になるのかもしれません。




話がちょっとずれてしまいました。

今年のBOBは、MIXブリードが一番多く、次がボーダーコリーでした。

少数派のラブラドールレトリバー、ドーベルマンピンシャー、エアデールテリア
オーストアリアンキャトルドッグ、ウィペット、ダッジシェパード、などの参加もありました。

ボーダーコリ-が全参加犬の1/3以下でした。
BOBらしい結果だと思っています。


そして、今年もそれぞれの犬種にそれぞれのチャンピオンが誕生しました。

私自身はいろいろな犬種のディスクドッグが見られてとても楽しかったです。



年に一度の犬種別ディスクドッグゲームBOBが終了しました。

その意義を改めて考えてみました。

そして、大切にしていかなくてはいけない価値のあるゲームだということを再認識しました。

Ra4f0224_394x500
2015USDDNワールドチャンピオン 
犬種『ベルジアンシェパード・マリノア』のライカ

Ra4f8212_338x500
2015USDDNワールドファイナルでフェイバレットエンターテーナー受賞の
ジゼルダもMIXブリードでした

| | コメント (2)

2015年11月18日 (水)

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ②

アジアディスクドッグチャンピオンシップで訪れていた中国の成都より帰国して、
1週間が経ちました。

3班に分かて帰国になりました。
14日の土曜日には全ての日本チームが帰国して、
15日には、帰国報告会も行われました。



私自身は1週間たった今でも、チャイナショックが続いたままでいます。

大国、中国に生活する人々のパワーに圧倒され、
そこに潜在するエネルギーの大きさを感じました。


その力がディスクドッグというスポーツにも現れていて、
わずか数年の短期間で、USDDNワールドファイナルに参戦や、
今回のビッグゲームでも上位入賞という結果を残しています。

そして、アジアチャンピオンシップの2回目の開催と、ゲームオーガナイズにおいても
実績を作っています。


USDDNクオリファイのスーパープロトス&フェチに44チームの参加があり、
そのうち38チームが中国チームでした。
このディビジョンでは中国チームの表彰台独占という素晴らしい成果を上げました。



そして今回最も感動したことが、中国の人たちが私たち日本人チームを
心から歓迎してくれていると言うことです。

会場でのサポート(バリケンや荷物の運搬、昼食の準備)、
笑顔での挨拶、ホテルへの送り迎え、歓迎パーティーへの招待、などなど。

中国人プレーヤー、スタッフの心のこもったおもてなしに、
私自身初めての未知の国での生活を安心して楽しむことが出来ました。




さかのぼること今から4年前・・・・・

ディスクドッグの視察でアメリカを訪れていた中国のジミー・チェン氏と
USDDNワールドファイナル参加のためアメリカに滞在していた日本の平井氏の
出会がありました。

この運命的な出会いが、今日まで発展してきた中国のディスクドッグの
基礎になっていることは間違いないことと思います。

私もアメリカでの、この運命的な出会いの現場に立ち会っていましたが、
こんなに早く中国が発展していくことは想像できませんでした。


数年の時がたち、私たち日本人チームが中国の地を訪れ、
中国で開催される国際ゲームに参加しているのを見て、
あの時アメリカでの出合いから始まって夢物語が、
現実になって目に前にあることに感動をしました。


ディスクドッグというスポーツが民間レベルで中国との友好に貢献していることを
嬉しく思うとともに、このスポーツを行う中国の仲間を誇りに思います。



中国でジミーが大切に育てているディスクドッグ。
その大きな発展を心より祈念しています。


最後になりますが、ジミーとライリー夫人の心よりのおもてなしに感謝しています。
ありがとうございました。

2_375x500
ジャッジスタッフの表彰もありました
ジミーから表彰を受けるHIRO(私)

1_500x375
中国スタッフとの記念写真


| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップより帰国

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ(ADDC)が行われた、中国の成都より、
昨日の夜遅く帰宅しました。


速報でご存知の方も多いと思いますが、結果をお伝えしておきます。

優勝:小西&ペッパー(日本)
2位:Gさん(中国)
3位:松浦ミッシー(日本)
4位:木村&ケイレブ(日本)
5位:ジミー&レイ(中国)
6位:須貝&ディーバ(日本)
7位:宇佐見&コニス(日本)
未確認 須貝&リン(日本)


“小西&ペッパー”チームはアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ2連覇を達成。

10月のUSDDNワールドチャンピオン(ライカ)に継いで、
また、ワールドゲームでビッグタイトルを獲得しました。


3位の“松浦&ミッシー”チームはついにワールドゲームで初の表彰台に上りました。

USDDDNワールドファイナルでの4位のベストリザルトほか、海外もゲームで活躍し、
国内のビッグタイトルも手にしてきた実力チームが、10年かかって手に入れた栄光です。


4位の“木村&ケイレブ”チームは、出場が危ぶまれた1ラウンドのアクシデントの中、
決勝ラウンドで4位まで順位を上げて、見事USDDNワールドファイナル2016の
クオリファイを獲得。
そのスポーツマンシップを讃えられ特別賞を受賞。



今回のこのゲームは、もう一つ大きな目的がありました。
それは、宇佐見&コニスと、須貝&リンの引退試合です。
長年活躍してきたこの2チームが、選んだ最後のゲーム。
2頭の引退への花道にふさわしいゲームで、素晴らしいパフォーマンスを披露しました。

見ていて心に「ジ~ン」と響くものがありました。
今後も国内のゲームに参加があるかもしれませんが、
世界の大舞台で見るのは最後となりました。

コニス&リン 
お疲れ様でした。

須貝&ディーバ アルタネット2獲得。
宇佐見&コニス アルタネット3獲得、特別賞受賞。



日本人チームの大活躍で終了したアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ2015。
中国チームは、ジーさんやジミーを筆頭に多くの若手のレベルアップも実感できました。
今後の中国チームに注目していきたいと思います。


そして何より感動したことは、中国の選手やスタッフが私たち日本チームを歓迎してくれて、
心のこもった素晴らしいサポートをしてくれました。

感謝の気持ちでいっぱいです。



感動のアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ2015は、まだまだ伝えきれませんので、
次の機会にもっと詳しくレポートします。

Photo
アジアチャンピオン“小西&ペッパ”ーチーム


| | コメント (2)

2015年11月 8日 (日)

USDDN写真UPしました

USDDNの写真をUPしました

この写真は、ご本人に限り購入することが出来ます

Ra4f8055_1

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ2015

今週末の7日~8日は、いよいよ
“アジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ(アジア選手権)”です。

Photo

USDDNワールドファイナル2016のクオリファイのかかった、
インターナショナルゲームになります。

中国の成都で行われます。

先月のUSDDNワールドファイナル2015の興奮がさめないうちに、
アジアチャンピオンシップです。


日本からは2日(月)第一便のチームが、
本日第2便のチームが出発しました。

私はあさって6日の金曜日の出発になります。

日本からは7チームの参加です。

平井皇介&ポップス
小西&ペッパー
木村&ケイレブ
松浦&ミッシー
宇佐見&コニス
須貝&リン
須貝&ディーバ



今回のアジアチャンピオンシップでは、私はジャッジを務めることになりました。
初の国際ゲームでのジャッジになります。


大変責任の重い仕事になります。

とともに、とても名誉なことでもあります。


こんなチャンスを与えてくれた、平井氏、ジミー・チェン氏に感謝しています。


私にとっては
初めての中国。
初めてのアジアチャンピオンシップ。
初めてのインターナショナルジャッジ。

初めてづくしの、ワクワクの、アジアチャンピオンシップです。



どんなドラマが起こるのか楽しみです。

全チーム帰国後の15日(日)には、報告会も予定しています。

では行ってきます。

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

怒涛の一週間  サイクルドッグ体験会

アメリカから帰ってバタバタの日々が続いています。


群馬動物専門学校の秋の集中講義や、恒例の合唱コンクールのレコーディングや、
リージョナルリーグ、サイクルドッグ体験会。撮影会・・・・・

そして明日がディスクドッグショーです。


そんなにフルタイムで忙しいわけではありませんが、忙しいのにになれていないのか、
一週間ブログの更新が出来ませんでした。




一つ一つ報告をしなくてはなのですが、今週中国へ出発してしまいますので、
昨日のサイクルドッグ体験会から報告していきます。

昨日の好天候の中BBフィールドで行いました。


サイクルドッグの体験会をはじめ、フライボール体験&デモレース、
ディスクドッグニュートリックセッションなど盛りだくさんなメニューで行われました。

我が家の犬たちも(老犬を除く)ドグタウンファクトリーが新調した、
ドッグスクーターを元気よく引いていました。


ギャンブー+バルカの2頭引きでは、体重の重い私の乗るスクーターをグイグイ引いて、
走っていました。

ライカのリーダ犬で、ベガ+ギャンブーの3頭引きは、スピード、パワーがすごく、
迫力満点の走りでした。

ギャンブーの頑張りにちょっと感動です。



参加したどのチームも、ゴールしたときの笑顔が素敵でした。

フライボールもディスクドッグセッションも参加して、
内容の濃い盛りたくさんな1日でした。



どんなドッグスポーツも基礎が大切、ということを改め実感しました。

基礎から丁寧に教えてもらえる今回の体験会は、
私にとっても、そして参加者にも、楽しく、ためになる1日でした。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »