« シルバーウィークはイベントいっぱい | トップページ | ルーティーンを磨き上げる »

2015年9月23日 (水)

宮が瀬ドッグスポーツフェスティバル終了

シルバーウィークの5日間連続のイベントが本日をもって無事終了しました。
一つ一つのイベントを報告していきたいと思います。



まずは、“宮が瀬ドッグスポーツフェスティバル”からいきたいと思います。

9月19日(土)~20日(日)神奈川県の宮が瀬湖畔園地にて、行われました。
年に一回のこのイベントも、今年で4回目になり定着して来ました。


ディスクドッグをメインに、フライボール、ルアーコーシング、K9フリースタイル、
などのドッグスポーツのほかに、50mスピードレース、バウワウゲーム大会など、
盛りだくさんで行われました。



ディスクドッグのオープンフリースタイルには35チームのエントリー。
地元のチームのほか、関東、中部、関西、四国からエントリーがありました。


上位陣は、世界チャンピオン、世界2位、世界3位、ヨーロッパ1位、アジアチャンピオン
という、豪華な顔ぶれになりました。

今最ものっている、今年の“USDDNワールドファイナル”への参加チームが14チーム。

激戦のゲームになりました。



優勝は“ルツカ・プレボバ&ラィオ”チーム。

決勝ラウンドパフェクトキャッチを決めて、136.43ポイントをたたき出し、
ぶっちぎりの優勝になりました。
(詳しいリザルトは、ドグタウンファクトリーのホームページに掲載されています)



HIRO(私)&ギャンブーチームは、13位でフィニッシュ。
参加メンバーを考えれば上出来の結果です。(リザルト参照)

ちょっとだけトップ10が見えた、ドキドキのゲームでした。


USDDNワールドファイナルの前の大切なゲームの宮が瀬。
USDDNをイメージして、本番を想定してのリハーサルをかねてでゲームに望みました。

犬のバリケンでの待機や、アップのタイミング、コートへの入退場、
曲のスタートのサインのタイミング、など、
HIRO&ギャンブーチームには良いシュミレーションが出来ました。


上位のワールドクラスの戦いは観ている人を魅了する、
緊張感ある素晴らしいゲーム内容でした。

また、ロータス・ルート・ドッグスのメンバーをはじめ、
新人チームのレベルアップが印象に残りました。


クアドロ・ペット(ロングディスタンス)やルアーコーシングでも驚異的な高記録が出て、
感動的な2日間になりました。(リザルト参照)

もちろん、私も2日間おもいっきり楽しみました。

2015

|

« シルバーウィークはイベントいっぱい | トップページ | ルーティーンを磨き上げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルバーウィークはイベントいっぱい | トップページ | ルーティーンを磨き上げる »