« パム・マーチン来日 | トップページ | ハッピー・ドッグライフ・トロフィーin京丹波ドッグフィールド »

2015年6月 5日 (金)

京都に向けて出発

今週末に京都で行われる『ハッピードッグライフ・トロフィー』に向けて
遠方より参加のチームは移動を開始していることと思います。

北海道からの参加の話も聞いています。


事前情報ではディビジョン1オープンフリースタイルに
36チームもエントリーがあったとのことです。



今回の開催場所の『京丹波ドッグフィールド』について説明させてください。

通常ディスクドッグゲームは公園や河川敷や競技場などの、
公共施設を借りて開催されます。


でも今回のフィールドは、ディスクドッグプレーヤーの雄姿3家族が集まって、
お金を出し合い、自分たちのフィールドを作りました。

ディスクドッグプレーヤーにとっては、理想的な環境だと思います。


そして、今回のゲームタイトルになっている『ハッピードッグライフ』が、
このフィールドでのトレーニングや、フィールド運営をするクラブです。


現在JDDN(ジャパン・ディスクドッグ・ナショナル)ネットワークでは、
ドグタウンファクトリーの『ドグタウンフィールド』(群馬)をはじめ、
我がBBDC(バウンドバウディスクドッグクラブ)の『BBフィールド』(群馬)
北海道の竹原氏の『バンブーフィールド』(北海道)
『当別ドッグスポーツベース』(北海道)
そして、今整備中のロータス・ルート・ドッグスのフィールド(千葉)もオープンします。


そんなプライベートフィールドのさきがけととなった、京丹波ドッグスポーツフィールド。

今回私はこのフィールドを初めて訪れます。
今回の遠征の楽しみの一つです。

より良いコンディション作りのため、ハッピードッグライフのクラブ員の方々が
いちがんになって努力をしてくれていることに感謝しています。



プレーヤーの夢の詰まったフィールドで、
夢の、世界へのクオリファイにチャレンジです。

では、行ってきます。

1
今回のために道路の舗装の補修を行ってくれました

2
トイレの建設も行ってくれてます

1_2
フィールド全体 素晴らしいコンディションです

|

« パム・マーチン来日 | トップページ | ハッピー・ドッグライフ・トロフィーin京丹波ドッグフィールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パム・マーチン来日 | トップページ | ハッピー・ドッグライフ・トロフィーin京丹波ドッグフィールド »