« 京都に向けて出発 | トップページ | ギャンブーのHDLトロフィー参戦記(おまけのバルカ) »

2015年6月 8日 (月)

ハッピー・ドッグライフ・トロフィーin京丹波ドッグフィールド

行ってきました~!
『ハッピー・ドッグライフ・トロフィー』

片道600キロの遠征です。



JDDNメジャーゲーム。
今年2回目のUSDDNワールドファイナルクオリファイゲームです。

北は北海道南は九州、遠方より36チームのエントリーがありました。

そして、ジャッジにはアメリカより世界一のK9ジャッジ“パムマーチン”が来日して、
行われました。

2日間とも多くのギャラリーの方に集まっていただきました。




たくさんの出来事がありましたので、何から書いてよいのか・・・・・。

まずは結果から。

ディビジョン1オープンフリースタイル
 優勝 平井俊介&ガッツ
スーパープロトス&フェチ
 優勝 平井俊介&ガッツ

と言うことで、平井俊介&ガッツのダブル優勝で幕を閉じました。
(その他のリザルトはドグタウンのホームページでご覧ください)


わがBBDC(バウンドバウ・ディスクドッグ・クラブ)からは、
『藤井HIROHISA&オーリ』チームがUSDDNワールドファイナルへの、
出場権を獲得しました。

チームの良さを出し切っての見事なクオリファイでした。



今回のゲームは、ハッピードッグライフ(以下HDL)のメンバーの皆さんの、
心をこめた『おもてなし』であふれたゲームでした。

京都という歴史ある地域性なのか、HDLのメンバーの人柄なのか、
心配りの行き届いた、素敵な環境の中、気持ちよくゲームが出来ました。

そして、メジャーゲームならではの張り詰めた緊張感の中ゲームが進んで行き、
笑顔と涙、そして感動の2日間が終わりました。



自分のことになりますが、『NOBUKO&バルカ』が、
栄誉ある『ベスト・フリースタイラー・アワード』を受賞。

奇跡起こったのか、決勝ラウンドの神がかり的なキャッチは、
今でも信じられないです。

表彰式でパムマーチンから名前のコールがあったときには、
一瞬現実として捉えることが出来ず、夢でも見ているようでした。


HIRO(私)&ギャンブーはHDL特別賞を受賞。

わが家にとっては、次へのモチベーションが上がる、
良いゲームが出来ました。


大きな目標のUSDDNワールドファイナルのクオリファイは逃しましたが、
目標に向かって本気で戦って、やりきった、楽しい2日間でした。
(ギャンブーの参戦記は後ほど書きます)




京丹波ドッグフィールドという夢の空間で、
たくさんの、本気でこのスポーツを楽しむ仲間と、
同じ時間を共有できたことを幸せに思います。

HDLの皆さん、ありがとうございました。

Hdl500x258

|

« 京都に向けて出発 | トップページ | ギャンブーのHDLトロフィー参戦記(おまけのバルカ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都に向けて出発 | トップページ | ギャンブーのHDLトロフィー参戦記(おまけのバルカ) »