« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

四万十カップ続き

四万十カップネタが続きます。

今年も四万十カップが終了した時点で、いつものように印象に残ったチームの話題に
なりました。


優勝の『小西&ライカ』チームは別次元のパフォーマンスで勝利しました。

昨年のチャンピオンの『ルツカ・プレボバ&ライオ』チームとの決勝ラウンドの一騎打ちの
戦いには見ていて鳥肌が立ちました。

その場にいて、実際にライブで観られたことを嬉しく思います。




もう一つ強烈に印象に残ったチームがありました。

『岡田HIDEKI&ジゼルダ』チームです。

3年前にはディスクを追わない、脱走もする、
ディスクドッグとして将来の見えない犬でした。

我がギャンブーも同じ頃やってきて、やはりディスクを追わない犬でした。


そして、半年がたちジゼルダとギャンブーは、BOB犬種別選手権選手権に
何とかフリースタイルデビューをしました。

ジゼルダもギャンブーもドライブ(意欲、集中力)はまったく不安定でした。


そこから2013年、2014年、そして今年2015年と連続参加した四万十カップで、
また他のゲームにも多く参加して、ゲーム経験を積んで今日に至ります。

岡田氏とは同じ状況の犬でスタートした、仲間でもありライバルでもあります。
ジゼルダもギャンブーもMIX犬同士(当時はMIX犬は少なかった)ということもあり、
お互い、刺激しあい、前を見続けて、言葉には出さないけれど、エールを送りあって、
やって来ました。




2015年・・・・・
『岡田HIDEKI&ジゼルダ』チームは開花しました。

素晴らしいチームに成長し、ついにトップチームの仲間入りを果たしました。



そして2015年、四万十カップにて、この競技を行うプレーヤーのあこがれである、
栄誉ある『ベスト・フリースタイラー・アワード』を受賞しました。


岡田氏の嬉し涙とともに、祝福の大きな拍手と感動に包まれた、
今年の四万十カップの最高の瞬間でした。


同時にUSDDNワールドファイナルでのクオリファイ・アルタネツトも獲得しました。


いよいよ世界に向けてチャレンジのときが来たようです。

『岡田HIDEKI&ジゼルダ』チーム。

今後の活躍を楽しみにしています。

500x500

| | コメント (2)

2015年5月27日 (水)

ギャンブーの四万十カップ

さて、ギャンブーの四万十カップの報告です。

フィールドコンディションはGOOD。
風は微風。
気温は高くなく、
どれをとってもベストです。

長旅を終えたギャンブーのコンディションも良い状態です。

考えたプランどおりゲームを進めていきます。

そのプランとは、先日俊介のルーティーンクリニックで完成させたルーティーンを、
1ラウンド、3ラウンドとも、9割台のエクスキューションで行うこと。

2ラウンド、トス&フェチは21.5ポイント以上。
22.5の満点を目標にするとプレッシャーでがかかってしまいそうなので、
何回か獲得したことのあるポイントの21.5としました。

結果はフリースタイル1ラウンド、3ラウンドとも“8.75”のエクスキューションで、
目標にはちょっと届かないが、ほぼプランどおりに出来ました。

2ラウンドのトス&フェチは目標どおりの21.5ポイントを達成。

1ラウンドのディスク回収が上手くいかず、ルーティーンが少し崩れた以外は、
ほぼプランどおりのゲームが出来ました。

自分では大満足のゲームになりました。


そして結果は、108.11ポイントで20位でした。


仮に1ラウンド、3ラウンドが10割のエクスキューションで、
2ラウンド、トス&フェチが22.5ポイントでも残念ながら、
クオリファイ及びアルタネットには、入らない計算になります。

今のルーティーンの上限が見え、ルーティーンの大胆なバージョンアップが
必要になって来ました。


京都のクオリファイゲームまで10日しかありませんので、
京都はこのままのプランで行くしかないのか・・・・・。

風などのフィールドコンディションの変化によってチャンスが訪れるかもしれません。
あきらめずにチャレンジしていきます。


2日間、全ラウンドでギャンブーのドライブ(意欲、集中力)は安定していました。
ディスクキャッチに向かうクリーンなドライブでした。

| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

四万十カップ終了

四国の四万十市で開催されたJDDNディスクドッグゲーム
『四万十カップ』が終了しました。

10回目(10年目)のメモリアルゲームになった四万十カップ2015、
2日間の熱い戦いが終わり昨日の午後帰宅しました。

優勝は、小西&ライカ
2位は、ルツカ&ライオ
3位は、小西&ペッパー

クオリファイ及び最終リザルトはドグタウンファクトリーのホームページにアップされますので、
そちらをご覧ください。


いつもの四万十カップように、素晴らしい環境と、たくさんのギャラリー、
四万十ならではの人の温かさ、美味しい食事・・・・・
満喫して来ました。


10回目のメモリアルゲーム、そして平井寧氏不在のなか、
設営、運営にスタッフが一丸になって取り組んでいる姿を見て、
良いゲームになる事を確信していました。

実際も大きなトラブルも無く、緊張感と楽しさのバランスが絶妙の良いゲームになりました。


コートに生えるチクチク草(メリケントキン草)の除去を
地元のプレーヤーが集まり、連日行なっててくれたため、
コートのコンディションは最高でした。
感謝、感謝です。


終わってしまうと達成感とともに、ちょっと寂しさを感じるのも、
いつもの四万十カップと一緒です。

そして来年もまたこのゲームに参加することを決意して、四万十の地を後にしました。



四万十カップって、なんで、こんなに、はまってしまう魅力があるのだろうか?
夢の魔法にかかったように,ドンドン魅力にはまっていくようです。
それも回を重ねるごとに。

四万十カップに参加できたことに感謝するとともに、
このゲームに携われることを誇りに思います。

500x375_2

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

四万十に向けて出発~!

いよいよ今週末は『四万十カップ』です。

私は今日の夕方の出発。
到着は明日の午後から夕方を予定しています。

これから、1100㎞のロングドライブが待ってます。
4泊(うち車中での仮眠2泊)5日の遠征になります。


そして23日の土曜日からは、USDDNワールドファイナル(世界選手権)の出場権を賭けて、
2日間の熱い戦いが始まります。

SDDC(四国ディスクドッグクラブ)が素晴らしいフィールドを用意して待っててくれています。
鰹の塩たたき、天然うなぎ、などの美味しい料理も待ってます。

全国から四国四万十を目指して移動が始まっていることと思います。



今年は、ゲーム主催者JDDN代表の平井寧氏が、同じく今週末行われる、
中国のゲームジャッジ及びセミナーのため、四万十は不在になります。

私はゲーム運営を行う主催者の大役を務めることになりました。
ドグタウンファクトリーのスタッフとともに、良いゲーム造りに全力を尽くします。


自分自身のクオリファイへのチャレンジもありますので、
プレーヤーとしての気持ちのコントロールも、しっかり行いたいです。


10回目の記念のゲームが、素晴らしいゲームだったと言ってもらえることを目標に、
ガンバリます。


タイムスケジュールをのせておきます。

11143549_901241463266903_2124385868

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

エドヴァルド ・ ムンクとエアデール テリア

こんな絵を発見!。

1

2

どうやらあのムンクがエアデールテリアを飼っていたという情報です。

真実のほどは資料がありませんので100パーセントではありませんが、
この絵を見る限り、真実ではないかと判断します。


長いエアデールテリアの歴史の中では、いろいろな著名人に飼われていた歴史があります。

映画タイタニックでも富豪の飼い犬として一緒に乗船していました。
(豪華客船に犬を乗せられることもすごいです)



軍用犬として戦場に行ったり、警察犬になったり、猟犬になったり、
近年ではディスクドッグを初めとするスポーツドッグになったり、
もちろん家庭犬として人々を癒してくれたり・・・・・


エアデールテリア好きが反応した、ムンクとエアデールテリアの話でした。


| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

ヴィッツァーその後

ガッシュがやってきて、まもなく2ヶ月がたちます。

ギャンブーとヴィッツァーのトレーニングに、ガッシュのパピートレーニングも行っています。
夕方のあっという間に練習時間が終わってしまいます。



さて、タイトルのヴィッツァーです。
ヴィッツァーは現在1歳10ヶ月になります。

以前このブログに書いたとき(2/21)に、骨折から1年がたって完治し、
そこから本格的にディスクドッグのトレーニングを始めました。

1年近く遠回りをしましたが、まだ2歳になっていません。

少しずつ、少しずつ、ディスクドッグに近づいていることは実感できます。


ここ1ヶ月間のトレーニングの中心は、骨折でハードな運動が出来なかったことで、
筋肉量が少なかった部分の改善に取り組んで来ました。
それにより体力が上がるとともに、気力、も少し上がって来ました。

ドライブ(意欲、集中力)はもっと上げていくことが必要ですが、
コレも少しずつですが、良くなっています。



先日は、JDDNゲームのBBカップのトス&フェチに参加してみました。
ヴィッツァーにとってはJDDNデビュー戦になります。
初めての場所、初めてのゲームは、脱走もしないで何とか終了できました。

フリースタイルはレッグオーバー、ドッグキャッチをテイクからトスに変えてやり始めました。


ヴィッツァーは、かってにジャンプするような犬ではないので、
ジャンプを意識させるトレーニングも必要です。

ハードルトレーニングも始めます。


年内には、フリースタイルデビューできるように、トレーニングをしていきます。
BOB(ベスト・オブ・ブリード)犬種別ディスクドッグ選手権でデビューできればと思います。

Bb500x333
↑ちょっとだけジャンプのヴィッツァー(JDDN BBカップにて)

| | コメント (0)

2015年5月18日 (月)

ルーティーンクリニックに参加

昨日は平井俊介氏のディスクドッグフリースタイル・ルーティーンクリニックに
参加して来ました。

平井俊介氏は全米選手権3連覇の大記録や、ヨーロッパチャンピオンをはじめ、
数多くのタイトルを持っている、世界で活躍するプレーヤーであることは、
このブログを読んでいる方はご存知の方が多いと思います。

また彼は、メジャーゲームのチーフジャッジの経験も数多くあり、
ディスクドッグゲームのオーガナイザーとしても活躍しています。


彼が数々のタイトルを獲得してきたルーティーンの考え方、作り方。
ジャッジの再度から見たポイント獲得のためのルーティーン、など。

参加チームごとに今現在のルーティーンをチェック。




まずは自分のルーティーン紙に書き出して、一人ずつプレゼンテーション。
行っているセグメントやトリックの目的、何が目的で何の項目のポイントを狙っているか
など、詳しく説明していきます。

この段階でプレゼンテーションがあいまいでは、
ジャッジやギャラリー伝わるわけがありません。




そして、フィールドに移り、アドバイスをもとに、無駄(意味の不明解)を省き
クリアでスマートなルーティーンにしていきます。


なんとなく出来るトリックを繋ぎ合わせて作ったセグメントが、ほとんど加点にならなかったり、
良いと思ってやっていたことが、トウーマッチ(やりすぎ)になっていたり、
ルーティーに破綻をきたしてしまうセグメントがあったり・・・・・
細かく実践的にチェックしていきます。


「あなたのチームは何を見せたいのですか」

「そのセグメントの目的は何ですか」

などの質問に、明確な答えを導き出せないプレーやーも・・・・



「トリックをやっているだけでルーティーンが見えてきません」

ディスクドッグフリースタイルにとってルーティーンは生命線になります。



「いまのルーティーンでは、ジャッジが分かりにくくなっています
 もっとジャッジに分かりやすくしましょう」

などのアドバイスもありました。

ジャッジングスポーツであるこの競技にとっては大切なことです。





俊介を見ていて思いました
私自身がもっともっと『見る目』を育てていくことが大切ということを。

それが、ジャッジを務める者の責任になっています。


四万十カップを前に、良いアドバイスをもらいクリアになってチャレンジできます。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

四万十カップまで一週間

『四万十カップ』まであと一週間になりました。
日本では今年に入って最初のUSDDNワールドファイナルのクオリファイゲームになります。

349x500

今年もまたこの季節がやって来ました。
私は今回で5回目の参加になります。

毎年片道1000キロを越えるロングドライブもだいぶなれて来ました。

ギャンブーでの参加は3回目になります。


毎年このゲームは参加して本当に良かったという、感動的なゲームになっています。
主催者、地元のディスクドッグクラブ、地元のチームのおもてなしはもちろん、
地元の四万十市の協力とバックアップもあり、気持ちよく楽しめるゲームになっています。

ドグタウンカップと共に、日本を代表するディスクドッグゲームに成長しました。


10年前、QC+カップとして群馬でスタートしたこのゲームは、
四国に場所を移して、四万十カップとして6回目をむかえます。

歴史あるこのゲームの10回目の記念すべき節目になります。


今年初めてクオリファイにチャレンジする、HIRO(私)&ギャンブーチーム、
そして、妻のチームNOBUKO&バルカも同じく初チャレンジになります。

難易度の高いチャレンジになりますが、
可能性がある限り、全力で戦いたいと思います。



『四万十カップ』
遠路、参加することの価値を実感しています。

今年もまたたくさんの感動と喜び、そして涙ありのドラマがあることでしょう。

| | コメント (0)

2015年5月14日 (木)

動画が見られます

先日の『おいがみの知価楽展』でのライブの映像をアップしました。
各方面からDVDの依頼や、動画のアップの依頼がありましたので随時アップしていきます。


まずは、とりあえず1曲だけ。

曲のタイトルは湯(温泉)の源(みなもと)の郷(さと)で『湯源郷』(とうげんきょう)です。

温泉地の神話や湯の伝説をうたった曲です。


3年位前から温めていた曲で、ついにお披露目となりました。

こちらでご覧になれます。


縦横比がおかしくなってしまいました。

他の曲もまたアップしていきます。

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

エアデールテリアの橇犬

こんな写真を発見。
世の中にはありえないと思う犬飼いがいるものです。

このブログでは、ドッグスポーツを楽しむエアデールテリアをいくつか紹介して来ましたが、
今回は犬ぞりです。

1_500x332

2_448x313

写真①は、3輪のスクーターを引いています
写真②は、犬ぞりです。

エアデールテリアの万能性を試したくて、大好きなドッグスポーツにチャレンジしているのは、
私だけではないことを確認できて、たいへん嬉しく思っています。

世界レベルで見ると、いろいろなオーナ-が、いろいろなチャレンジをしています。



今回の犬ぞりにはちょっと驚きました。

「いるんだな~」

と言う感想です。


私のエアデールテリア『ヴィッツァー』も、今年の冬に犬ぞりデビューをしました。
真面目に、そしてけなげに引っぱる姿を見て、ちょっと感動したのを思い出します。



日本では訓練競技やドッグショーでの活躍のエアデールテリアです。
一部の熱狂的な愛好家がイノシシ猟などをおこなっていますが、その数は多くありません。

ドッグスポーツにチャレンジしているエアデールテリアもごくごく少数です。



今回のような写真を目にすると、一人で盛り上がってしまいます。

おそらくこのオーナーとはお会いする可能性は低いと思いますが、
続けていれば会う機会も訪れるかもしれません。

そんな日を楽しみに、チャレンジを続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2015年5月12日 (火)

BBDCゲームDAY(5月)

5月10日はBBDCゲームDAYでした。
5月にはありえない爆風の中での開催になりました。


ディスタンス、フリースタイルともにキャッチさせるのが難しい状況でした。

「強風のときこそプレーヤーに実力が分かる」
「条件の悪いときほどその差がはっきり出る」

の言葉通りのゲームになりました。


フリースタイル優勝は久々の参加の『佐藤&アルタイル』チームでした。
安定したスロー&トスで強風の中、危なげない演技でした。



ショートクリニックも10分という時間の区切りを設けたため、
今治すべき最優先事項が、明確に理解することが出来るようになりました。。


ジャッジコメントも、プレーヤーに伝えたいことを短時間で明確に伝えられるように、
1チーム1~2分で行いました。

これは伝えたいことを、分かりやすく整理して、要点を絞って伝えるという、
ジャッジコメントをする側のトレーニングの目的でもあります。

長々としゃべったのに要点が分からないスピーチなどに飽き飽きした経験は、
だれでもあると思います。

そんなことにならないように、ジャッジスタッフも努力していきます。



今回は、一つ残念なことがありました。
過去タバコの吸殻がフィールドに落ちていたことは何回もありました。
そのつど、ミーティングで取り上げて来ましたが、今回もまた同じことが起こりました。

1年間の改善期間をもっても改善されなかったため、
駐車場も含めて全面禁煙とさせていただきました。

ご理解ください。

まあ、ドッグスポーツ専門のフェールドで、タバコを吸いながらフィールドで犬を扱っているのも、
外の人からから見れば、おかしな光景にうつることでしょう。

また、ドッグスポーツの社会的地位の向上には、
フィールド内禁煙は不可欠なことだと思います。



ゲーム終了後はバーベキュー。
強風、砂埃の中でしたが、楽しい時間になりました。

112500x281

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

『おいがみの知価楽展』終了報告

本日を持ちまして『おいがみの知価楽展』が無事終了しました。

9日のレセプションも大盛況でした。

テレビや新聞などの取材もたくさん入って記者会見のようでした。

バンドの演奏もアンコールもありたいへん盛り上がりました。
(これについては動画をアップの予定です)
特に老神を歌った新曲の2曲は喜ばれました。

また、パネル展示の他に先日発売になった『温泉の朝ごはん』や、
小暮淳の新刊『尾瀬の里湯』の販売会も行われました。



夜は『大蛇祭り』に参加。
この奇祭にのめりこむようにテンションが上がってしまいました。

大蛇祭りを目当てに訪れる宿泊客が多いのも納得です。

大蛇みこしをかついだので、今日は腰と肩が重い感じです。


そしてそのあとは温泉、そして演奏のビデオを見ながらの宴会と続いていきました。


冬から企画、準備してきたイベントがやっと終了しました。

達成感、安堵感、寂しさ、喜び、複雑に入り混じった心境です。

ドラマチックなフィナーレになりました。

11203243500x373
↑おそろいのはっぴを着たプロKメンバーたち

| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

温泉ライブIn老神温泉

9日(土)は私の所属するフリーランス集団『プロジェクトK』プロデユースによる、
現在開催中の『おいがみの知価楽展』の関係者及び温泉関係者、観光関係者を
招いてのメインイベントである、レセプション&パーティーが行われます。

おいがみの知価楽(ちから)展

そのイベントのメインとして、演奏することになりました。

老神温泉にちなんだ新曲2曲と、久々の「焼きまんじゅう郎旅姿」も演奏します。
お決まりの「GO!GO!温泉パラダイス」など5曲ほど披露します。



新曲がありますので今回はメンバーが集まって3回も練習しました。
昨日は6人全員フルメンバーでの練習も30分ほどしました。
(いつもは1回音あわせをする程度です)

今回は久々(3年ぶり位)の、フル編成での演奏になります。

メンバーが場所や条件にラディカルに変化しながら、
ユニット①~ユニット⑤までの編成でライブを行っています。


今回の編成はちょっと変わっています。
メンバーは、

 ヴォーカル&Aギター 桑原一

 ヴォーカル&Aギター 小暮淳

 Eギター&ウクレレバンジョー 木村正明

 ベース&コーラス&お囃子 酒井ヒロシ

 和太鼓&Eドラム 須賀りす

 鳴り物(当たり鐘、銅鑼など) 栗原俊文

となっています。

これに、お囃子&踊り隊が加われば、サウンドだけではなく、
パフォーマンスもフルメンバーになります。


当日は『老神大蛇祭り』も行われています。
大蛇みこしが温泉街をねり歩きます。
こちらも参加して楽しんできます。


夜はもちろん温泉&宴会。
お泊りですので、ゆっくり温泉を楽しんできます。


 場所:利根観光会館
 時間:PM2:00(ホール内)とPM4:00(野外)予定

| | コメント (0)

2015年5月 7日 (木)

スーパーディスクドッグショー GWスペシャル

5月4日は、世界の名犬牧場スパーディスクドッグショーでした。

ゴールデンウイークで最も入場者が多いとき、沢山のギャラリーの前で行いました。
おそらく500~700人は見ていてくれたと思います。



毎月1回行っているこのショーですが、今回はゴールデンウイークスペシャルでした。

ランブルドッグス、ドグタウンファクトリー、ドグタウンクラブの協力により、
世界で活躍しているトッププレーヤーをゲストとして迎えてのショーになりました。


ヨーロッパチャンピオンや世界4位、USDDNフェイバレットエンターティナー、
インターナショナルファイナリストなど参加してくれました。

参加14チーム中、9チームはワールドファイナルに出場しているチームです。


また、1時のショーでは、ルツカプレボバほか3チームのドッグダンスも披露されました。


終わった後、常連のギャラリーの方から

「今日のショーはすごかったですね」
「今度のスペシャルショーはいつですか?」

など声をかけていただきました。


また、ディスクをやってみたいという方もいて、何人にも声をかけていただきました。
ディスクドッグショーのギャラリーの中に、将来のチャンピオンがいるかもしれませんね。


ディスクドッグは、見せるスポーツと言うことをあらためて実感しました。

見て楽しい、やってさらに楽しいディスクドッグです。



大歓声と拍手に包まれた、大盛況のスーパーディスクドッグショーでした。

参加の皆さんありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

BBカップ終了

5月5日のこどもの日は、BB(バウンドバウ)カップディスクドッグゲームでした。
今回で8回目を向かえるBBカップです。

いつのまにか歴史あるゲームになっています。


もともとはバウンドバウの年に一回のお祭り的に初めたものでしたが、
ディスクドッグを楽しむメンバーが増えてきたため、ディスクドッグとオビエデンス競技の、
総合チャンピオンを決める総合ドッグゲームとして発展して来ました。



そして、今年からはJDDNのスタッツランキングゲームとして行われるようになりました。

ルールもディビジョン1オープンフリースタイルは、
3ラウンド制のJDDN公式ルールになりました。

トス&フェチはダブルスやアンリミテッドなどオリジナルルールで行われました。



スタッツランキングゲームになり、そのレベルにビビッタのか?
BBDCからの参加は『酒井伸子&バルカ』『酒井ヒロシ&ギャンブー』
『原澤&ブレス』『滝沢&グルーブ』の4チームのエントリーのみでした。

そんななか、単独遠征の『滝沢&グルーブ』チームの活躍が光っていました。
トス&フェチの圧倒的なアドバンテージ(19.5でした)を生かす戦略のなか、
フリーも決勝ラウンドでは9点台のエクスキューション(キャッチ率)を獲得。

予選ラウンド2位通過のプレッシャーをはねのけデビュー戦ながら見事な準優勝でした。


ディスタンス競技を長年やってきた実績が、ここでも役に立っています。
スロー&キャッチで犬のドライブをを作りこんだことからくるキャッチセンスは
このチームの武器になっていました。

また、『滝沢&グルーブ』チームの、戦う姿勢や、強いメンタリティーは
多くのゲーム経験によって成せることだと思います。


フリースタイルのポイントの伸びしろはまだまだ多くあります。
フリースタイルを理解すればもっともっと上へいけるはずです。

滝沢&グルーブのデビュー戦での活躍の瞬間に立ち会えた事を嬉しく思います。

Photo
↑滝沢&グルーブ

優勝はセカンダリー・ドッグでチャレンジした『ルツカ&ミーガン』でした。
圧倒的な強さでした。


HIRO(私)&ギャンブーチームは、目標だったフリースタイルでのエクスキューションを、
8.5以上を1ラウンド、決勝ラウンドとも達成できました。

トス&フェチが10ポイントでしたが、何とか4位に入ることが出来ました。

仮想『四万十カップ』のイメージで望んだBBカップでしたが、
トス&フェチが10ポイントでは、クオリファイ以前の話になってしまいます。



長文になりました。

新たなスタイルで生まれ変わったBBカップ。

良いゲームでした。

楽しかったです。

Bbcup_500x333

| | コメント (0)

2015年5月 4日 (月)

今日のガッシュ2

今日のガッシュ。
5月2日撮影です。

1_339x500

2_316x500

3338x500_1

3338x500_2

生後110日ほどたちました。
体重は量っていません。

左耳が立って来ました。
顔が長くなって来ました。

母犬のライカ(ベルジアンシェパード・マリノア)に似ています。

『ミニ・ライカ』

という感じです。


動きは早く、激しく、マトラが仔犬だったときのような動きです。
その割には、興奮してクレイジーになる事も無く、常に冷静に行動しています。


タグでのリコールトレーニング、ボールや他のおもちゃへのエクスチェンジを行っています。

パピートレーニングの大切な時期です。

また、報告します。

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

K9フリースタイルコンテスト終了報告

本日は『K9フリースタイルコンテスト』inサラダパーク沼田でした。

詳しくは前回のブログに書きましたのでそちらを参考にしてください。

全13チームのエントリーがありました。

優勝はTSUDA&KANTAチーム。
記念すべき第一回のチャンピオンに輝きました。

K2500x338_2
↑優勝のTSUDA&KANTAチーム

私もギャンブーと参加しました。
前日の夜までルツカプレボバのクリニックを受け、
何とか参加にこぎつけました。


結果は9位ということで、まずまずのデビュー戦でした。

ヴィッツァーもルアリングコンテストで無事に最後まで演技することが出来ました。

また、今回は多くのギャラリーのなか楽しく演技が出来ました。

始まったばかりのK9フリースタイルです。

私自身、ルツカ・プレボバの熱心でピュアな気持ちに引っぱられて、
このゲームの面白さを知ることが出来ました。

そして今回のコンペティションの企画、開催が現実として、
参加したハンドラーに楽しさを体験させてくれました。

今後の発展に向けて、一歩を踏み出したK9フリースタイルです。



来月の世界の名犬牧場でのコンペティションが楽しみになって来ました。

K2500x338_1
↑参加チームの集合写真

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

K9フリースタイルコンテスト

ゴールデンウイークも犬のイベント盛りだくさんです。


5月3日は、

『K9フリースタイルコンテスト』

が、群馬県の沼田サラダパークで行われます。



K9フリースタイルコンテストとは、オビエデンスゲームの一つで、

①曲に合わせて行うオビエデンス、ドッグダンスフリースタイル

②ルアリングの技術を競う、ルアリングコンテスト

③ヒールワークの技術を競うヒールワーク・トゥー・ミュージック

の種目があります。


今回は①と②の種目が行われる他に、ディスクドッグのフリースタイルコンテスト
(デモンストレーション)も、行われます。


私は、ギャンブーと①ドッグダンスフリースタイルに、
ヴィッツァーと②ルアリングコンテストに参加します。




今年に入ってからルツカ・プレボバ指導の下、新たに10を超えるチームが誕生しました。

みんながドンドン上達していく中、出遅れていた私&ギャンブーチームも、
何とか参加にこぎつけました。



ルールオリエンテーリングも開催され、基礎的なことから、何が良くて何がいけないのか、
ジャッジシステムも理解することが出来ました。



今回は、6月21日(日)にアメリカよりパムマーチンを迎えて
『世界の名犬牧場』(前橋市)で行われるコンテストに向けて、
良い経験が出来ることと思います。



新しいことにチャレンジすることのワクワク感と、
緊張からのドキドキ感がたまりません。

犬も人もハッピーにできることを目標に、楽しんできます。



以下ルツカ・プレボバからのメッセージです・

Hello everybody. I would like to invite you for K9freestyle contest.
I hope that everybody’s skill can grow up and you will play as teem
with your dogs.
I am looking fowrard to seeing you all!

LUCKA PLEVOVA

Photo1

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »