« 今日のガッシュ2 | トップページ | スーパーディスクドッグショー GWスペシャル »

2015年5月 6日 (水)

BBカップ終了

5月5日のこどもの日は、BB(バウンドバウ)カップディスクドッグゲームでした。
今回で8回目を向かえるBBカップです。

いつのまにか歴史あるゲームになっています。


もともとはバウンドバウの年に一回のお祭り的に初めたものでしたが、
ディスクドッグを楽しむメンバーが増えてきたため、ディスクドッグとオビエデンス競技の、
総合チャンピオンを決める総合ドッグゲームとして発展して来ました。



そして、今年からはJDDNのスタッツランキングゲームとして行われるようになりました。

ルールもディビジョン1オープンフリースタイルは、
3ラウンド制のJDDN公式ルールになりました。

トス&フェチはダブルスやアンリミテッドなどオリジナルルールで行われました。



スタッツランキングゲームになり、そのレベルにビビッタのか?
BBDCからの参加は『酒井伸子&バルカ』『酒井ヒロシ&ギャンブー』
『原澤&ブレス』『滝沢&グルーブ』の4チームのエントリーのみでした。

そんななか、単独遠征の『滝沢&グルーブ』チームの活躍が光っていました。
トス&フェチの圧倒的なアドバンテージ(19.5でした)を生かす戦略のなか、
フリーも決勝ラウンドでは9点台のエクスキューション(キャッチ率)を獲得。

予選ラウンド2位通過のプレッシャーをはねのけデビュー戦ながら見事な準優勝でした。


ディスタンス競技を長年やってきた実績が、ここでも役に立っています。
スロー&キャッチで犬のドライブをを作りこんだことからくるキャッチセンスは
このチームの武器になっていました。

また、『滝沢&グルーブ』チームの、戦う姿勢や、強いメンタリティーは
多くのゲーム経験によって成せることだと思います。


フリースタイルのポイントの伸びしろはまだまだ多くあります。
フリースタイルを理解すればもっともっと上へいけるはずです。

滝沢&グルーブのデビュー戦での活躍の瞬間に立ち会えた事を嬉しく思います。

Photo
↑滝沢&グルーブ

優勝はセカンダリー・ドッグでチャレンジした『ルツカ&ミーガン』でした。
圧倒的な強さでした。


HIRO(私)&ギャンブーチームは、目標だったフリースタイルでのエクスキューションを、
8.5以上を1ラウンド、決勝ラウンドとも達成できました。

トス&フェチが10ポイントでしたが、何とか4位に入ることが出来ました。

仮想『四万十カップ』のイメージで望んだBBカップでしたが、
トス&フェチが10ポイントでは、クオリファイ以前の話になってしまいます。



長文になりました。

新たなスタイルで生まれ変わったBBカップ。

良いゲームでした。

楽しかったです。

Bbcup_500x333

|

« 今日のガッシュ2 | トップページ | スーパーディスクドッグショー GWスペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のガッシュ2 | トップページ | スーパーディスクドッグショー GWスペシャル »