« ガッシュ スタジオ撮影 | トップページ | ガッシュについて »

2015年3月24日 (火)

ヴィッツァーのトレーニング

最近ヴィッツァーのトレーニングが楽しいです。
現在1歳8ヶ月。
色々な事を覚える良い時期になっています。

パピートレ-ニングから、ディスクトレーニングを本格的にやる時期になりました。

怪我の事もありその時期が少し遅れましたが、目標に向けてトレーニングをしています。

スロー&キャッチは30ヤードくらいまで伸ばして行っています。
レトリーブのスピードアップのトレーニングをしています。

1枚のディスクに執着しないような事も行っています。


課題のスピードアップ、テンポアップは常に意識していることが大切です。



前回より今回、昨日よりも今日、毎回確実に進歩しています。
その進歩けして早くありませんが、着実に前に進んでいる事は実感できます。

「○○さん(人の名前)の△△(犬の名前)は、まだ□□(月齢)なのに、もう※※(トリック)が出来るのに・・・・・」

と、比べてしまっては・・・・・

何の意味もありません。


中には天才かと思うくらい、早く育っていく犬をたまに見ます。

先代のマトラも10ヶ月でフリースタイルデビューし、
2歳ちょっとでUSDDNでアメリカに行っています。

コレは特例だと思っています。




今後何年にもわたり、ディスクドッグを楽しむわけです。

そこで数ヶ月早く育つことに、どれくらいの価値があるのか。


ヴィッツァーは今年中のゲームデビューが目標です。
目標に向かって、しっかり基礎トレーニングをすることが今は大切です。


須貝&リンチームは6歳を過ぎて開花しました。

吉岡&ブフォンは5歳から活躍を始めました。

我がギャンブーも4歳からです。

妻のパートナーのバルカはまもなく3歳、やっと形になって来ました。


それぞれのチームに、それぞれの犬がいます。

最終地点は同じです。
ただちょっと早いか遅いかの違いだけです。


他の犬に惑わされること無く、確実にやっていくことだと思います。

|

« ガッシュ スタジオ撮影 | トップページ | ガッシュについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガッシュ スタジオ撮影 | トップページ | ガッシュについて »