« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

新曲

久々の新曲です。

私の参加する温泉バンド『じゅん&クアパラダイス』及び『KUWAバン』の新曲です。
2つのバンドはユニット形式でゲストメンバーを入れ替えながら
一つのバンドとして演奏しています。


『GO!GO!温泉パラダイス』が地方のCMに使われることになって、
メンバーみんな盛り上がっています。

そんな中、新曲が出来上がりました。

これから、アレンジ⇒練習⇒ライブ⇒レコーディング(コレはまだ未定)とやっていきます。


お披露目は5月7日の『老神大蛇祭り』で行います。
果たしてレコーディングまでたどりつけるのか・・・・・。

仮レコーディングでサンプルCDまで作りたいと思っています。

時間があまりないので詰めて仕上げていかなくてはなりませんな。



いままで、既存のライブハウスでのライブや、既存の音楽活動ではない、
やり方をやって来ました。

温泉のイベントや温泉地のPRライブ
温泉宿でのロビーライブ
温泉街や観光地のお祭り、などなどで演奏して来ました。
温泉地とタイアップした曲のCD製作も行って来ました。

基本的には温泉地や温泉協会、温泉宿から依頼があって演奏を行って来ました。
よくもまあ、依頼が続くものだと感心しています。


そして、今回の新曲は、

『湯源郷』(とうげんきょう)
温泉の伝説と歴史をテーマにした温泉ロマン大作。

『かえりびと ~老神の里へ~』
老神温泉をテーマにした叙情歌。


お披露目のときを楽しみにしています。






| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

似ている?

10460181_903663046363857_6954837346

この写真をフェイスブックにアップしたところ、似ているというコメントが多数入りました。

嬉しいような・・・・・嬉しくないような・・・・・

微妙なところです。


飼い主と犬が似るのはよくある話です。




話は今から10年近く前のことになります。
私の古くからの犬友達にも、飼い犬とソックリな方がいました。

フロントラインが主催する全国規模の一大イベント

『フロントラインそっくりさん大賞』

に応募しました。


そうしたら、なんと!なんと!大賞(日本一)を獲得してしまいました。

お台場での表彰式には、芸能人のようにプレスリリースも行われ、
テレビや犬雑誌や、ファッション誌などにも取り上げられました。

その後テレビへの出演も結構ありました。


大賞賞金は確か30万円だったと記憶しています。
推薦者の私も5万円をもらった記憶があります。

飼い犬と似ているということでおこったサプライズです。


その写真がこれ。

Photo

やっぱり今見ても似てます。
一流のそっくりさんは違いますね。


私とガッシュはまだまだですな・・・・・。
もっともっと修行が必要だな。

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

ガッシュについて

ガッシュについて、どんな犬なのかと言う質問が届いてますので以下にのせます。
母犬のライカのオーナー、MONAのコメントです。

I bred Laika with Vega.
I've been thinking what would be the best sire for her breeding. What I look for in a dog is; clear drive and speed, proper structure for sports, great athleticism to move dynamically without hurting him/herself, brave heart to trust a human and challenge everything, and friendly character. Then, I finally found a perfect match for Laika is Vega.
It'll make super Multi Sports Dogs for disc dog, fly ball, sled dog, cycle dog, coursing, and etc

いろいろな意見はあると思いますが、私はこのコメントの賛同し、
今回の仔犬を手に入れることになりました。

その背景には3年前に私の元にやってきた、
ギャンブーという犬に存在が大きかったことは確かです。

私はギャンブーから、犬の未知数な部分の可能性を見つけて伸ばしていく楽しさを教わりました。

今回の仔犬も、チャンピオンの子供だからというだけではない、
上記のような、しっかりした作出目的や繁殖理論があります。

その理論が自分にマッチするかが、最終的な結論になります。
このことをご理解頂ければ幸いです。


もちろん自分なりにこだわった犬種でのチャレンジは続けていきます。
それもドッグスポーツを続けるこだわりにになっています。.

私自身エアデールテリアは大好きで、良いエアデールテリアに出会えるように、
常に情報を集めています。



ドッグスポーツの核である犬について考えてみることも大切だと思います。

私自身のMIX犬に対する考え方は、文章にしてここで書くのは誤解を招いたり
ちょっとリスキーなので、ゆっくり話が出来る席で意見交換したいと思います。


「こだわらないに、こだわる」
「こだわるに、こだわらない」

こんな感覚です。
抽象的ですが、今のを私の犬選びの感覚です。

A_500x338

| | コメント (0)

2015年3月24日 (火)

ヴィッツァーのトレーニング

最近ヴィッツァーのトレーニングが楽しいです。
現在1歳8ヶ月。
色々な事を覚える良い時期になっています。

パピートレ-ニングから、ディスクトレーニングを本格的にやる時期になりました。

怪我の事もありその時期が少し遅れましたが、目標に向けてトレーニングをしています。

スロー&キャッチは30ヤードくらいまで伸ばして行っています。
レトリーブのスピードアップのトレーニングをしています。

1枚のディスクに執着しないような事も行っています。


課題のスピードアップ、テンポアップは常に意識していることが大切です。



前回より今回、昨日よりも今日、毎回確実に進歩しています。
その進歩けして早くありませんが、着実に前に進んでいる事は実感できます。

「○○さん(人の名前)の△△(犬の名前)は、まだ□□(月齢)なのに、もう※※(トリック)が出来るのに・・・・・」

と、比べてしまっては・・・・・

何の意味もありません。


中には天才かと思うくらい、早く育っていく犬をたまに見ます。

先代のマトラも10ヶ月でフリースタイルデビューし、
2歳ちょっとでUSDDNでアメリカに行っています。

コレは特例だと思っています。




今後何年にもわたり、ディスクドッグを楽しむわけです。

そこで数ヶ月早く育つことに、どれくらいの価値があるのか。


ヴィッツァーは今年中のゲームデビューが目標です。
目標に向かって、しっかり基礎トレーニングをすることが今は大切です。


須貝&リンチームは6歳を過ぎて開花しました。

吉岡&ブフォンは5歳から活躍を始めました。

我がギャンブーも4歳からです。

妻のパートナーのバルカはまもなく3歳、やっと形になって来ました。


それぞれのチームに、それぞれの犬がいます。

最終地点は同じです。
ただちょっと早いか遅いかの違いだけです。


他の犬に惑わされること無く、確実にやっていくことだと思います。

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

ガッシュ スタジオ撮影

新しい犬が来たので、恒例のスタジオ撮影をしました。

ちょっと緊張しておとなしくしていました。

ガッシュの成長記録、トレーニング日記も書いていきます。

3_1_334x500

3_2_500x334

1_334x500

なかなか渋い顔をしています。
この耳のかたちが好きです。
おっさんみたいな顔ですが女の子です。

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

仔犬きました

今朝,仔犬を引き取りに行って来ました。

今日は愛犬撮影会だったため、スタジオで一緒の時間を過ごしました。
ちょっと緊張したような様子でした。

終了後、BBフィールドで遊びました。

ここでもちょっと緊張していましたが、タグに食いついてきてはしゃいでいました。

その後は満足したようで、寝ています。


明日はスタジオ撮影です。
うちに来た子犬は、いろいろたいへんです。

かわいい写真が撮れたらアップします。

成長記録は時々このブログで報告していきます。

とりあえず今日のガッシュです。

Photo

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

子犬がきます。

明日、子犬がやってきます。
ベガとライカの子犬です。

私のパートナードッグとしてやってきます。


ベガ(父)はスタッフォードシャーテリアとボーダーコリーのMIX。
2013年、20140年、USDDNワールドチャンピオン。
2013年、ヨーロッパチャンピオン。
2013年、ドグタウンカップチャンピオン。

ライカ(母)はベルジアンシェパード・マリノア。
2014年、USDDNワールドファイナル3位。
2012年、2013年、PIDC全米チャンピオン。


以前にもこのブログで写真をアップしました。

月齢2ヶ月を過ぎたところです。

名前は『ガッシュ』です。


現在我が家の犬は、
ギャンブー(MIX)がもうすぐ5歳。
ヴィッツァー(エアデールテリア)が1歳7ヶ月。

この2頭が私のパートナーです。

バルカ(ラブラドールレトリバー)は、2歳9ヶ月。
こちら妻のパートナーです。

引退した老犬のアデル(エアデールテリア)14歳8ヶ月と、
ケイト(ビアデットコリー)12歳6ヶ月です。

アルプ(スタンダードプードル)は、長期預かりが終わり今はいません。


そこに『ガッシュ』が加わります。

楽しみです。

V8_21

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

群馬動物専門学校卒業式

一昨日16日は私が2年前から講師を務める、群馬動物専門学校の卒業式でした。

講師を始めて2年がたち、初めて卒業生を送り出します。


卒業式のあとの謝恩会では、感謝の花束をもらったり、私へのお礼のスピーチなどもあり、
ちょっと照れくさかったです。



今回の卒業式でも会場の前方の講師席に、スーツを着て座っている自分が信じられない、
日常とちょっと違う、なんとも不思議な感覚でした。




大好きでやってきたドッグスポーツが、専門学科として学校で教える立場になるとは・・・・・。
ディスクドッグクラブで教えるのとはちょっと違っています。

動物専門学校の講師の方々は、各分野のスペシャリストの方々です。
その中に入って、ドッグスポーツという分野のスペシャリストとして講師を務めるわけです。

プレッシャーとともに責任を感じます。


次の世代にドッグスポーツの楽しさを伝えることが出来ることに感謝しています。
また、私自身も貴重な経験をさせてもらっています。



卒業生の皆さんは、2年前の入学時から見ると立派になって、とても輝いていました。
動物業界での活躍を期待しています。

夢に向かって頑張れ!

Photo
こんなケーキもありました

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

CDTレーシング フライボール公式戦デビュー

15日の日曜日は、CDT(チハル・ドッグ・トレーニング)レーシングの、
フライボールデビュー戦でした。

CDT代表の清水千春は、15年以上いっしょにディスクドッグをやってきた仲間で、
2007年には先代犬『まりん』とUSDDN全米選手権3位になったこともあります。
2009年、2012年USDDNワールドファイナリスト。

バウンドバウ時代から、今日のBBDCまで、技術指導役としてクラブを支えてきました。

2013年には本場のフライボール『CANNAM』視察、及びジャッジとして参加。
自分のジャッジするレースで世界記録が出るというラッキー体験をしてきました。


そんな彼女が立ち上げた『CDTレーシング』です。


デビュー戦の緊張やプレッシャーから、練習どおりには行きませんが、
23秒台のタイムを出して、ポイントも獲得。

20ヒート走った中で、いくつかのヒートでは勝利もありました。

そんな中、ハイトドッグの『るあら』が全ヒートノーミスで、走りきっていました。


今回のレースでは日本記録が更新されました。
達成の瞬間にも立ち会えて、エキサイティングな一日になりました。

Photo_3
CAP

1_3
ニキ

Fb_2
るあら

Photo_4
パルサー

1_2
CDTレーシングチーム

| | コメント (2)

MDSF写真をUPしました

ミナカミドッグスポーツフェスタの写真をUPしました

左の2015.03MDSFをご覧ください

Ra4f5571

続きを読む "MDSF写真をUPしました"

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

ルツカ・プレボバ クラフト展報告会

14日の土曜日は、イギリスで行われた犬のビッグイベント
『クラフト展』から帰国したルツカの報告会が行われました。

私にはクラフト展の呼び方がなじみがありますが、[CRUFTS]が一般的な呼び名です。


大きなアリーナにて、さまざまなイベントが開催されます。
(ドッグショー、アジリティー、ドッグダンス、フライボール、オビエデンス、他)

出展されたショップを見るだけでも、1日では見られないほど、と言うことも、
見てきた人に良く効きます。



報告会では、ルツカの撮ってきた沢山の写真とビデオを見ながら
いろいろな説明や裏話を聞くことができました。

どの競技を見ても華やかな演出があり、地味になりがちな犬のイベントをショーアップしていました。

ライティング、音響、紳士的なMC、スーパービジョンのカメラワークなどは、
まるで質の高いコンサートのようでした。

「一度入ったほうがいいよ」
「何回いっても感動するよ~」

などと、私の友人が行くたびに聴いていた言葉です。



今回の報告会では今までとは違う角度でクラフト展を見てきたルツカの話に
あらたな興味がわきました。

とくにドッグダンスの華やかさ、ドッグコントロールの質の高さに感動しました。


それとともに、犬先進国のヨーロッパ、イギリスの犬に対しての懐の深さを感じました。
文化としての『犬』が感じ取れたクラフト展報告会でした。


ルツカ、ありがとうございました。

10406994_437617196394411_5278120342

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

ディスクドッグ・オンライン・コーチング

いよいよ始まりました。
ワールドチャンピオンYACHI HIRAI氏による、ディスクドッグ・オンライン・コーチング。

どこの住んでいても簡単にハイレベルなディスクドッグのノウハウを
教わることが出来ます。


「こんなのがあったらいいよね」

何年も前から、待ち望んでいた方も多いと思います。


幸いにして私はYACHI HIRAI氏の自宅から30分くらいのところに住んでいます。
セミナーもすぐ受けることも出来ますし直接アドバイスをいただく機会もあります。

でもほとんどの人がそうは行きません。
海外のプレーヤーはもちろん、県外の方々にも有効なシステムです。


また、世界チャンピオンに連絡して、直接習いにに行くことも非常にハードルが高いことです。
勇気も必要ですし、緊張もします。

このシステムを利用することで、より多くの人にチャンスが広がっていきます。


以下、詳しい利用方法です。

Yachisvisionen11_2

    あなたの送ったトレーニング or ゲーム動画に対して、
   2013 & 2014年度ディスクドッグ世界大会2連覇中、
   ディスクドッグフリースタイルを最もよく知る男、
   Yachiがアドバイスします!

    Step1: 2分~2分半程度の動画を準備する。

    Step2: コーチング費をオンラインで支払う。
               (下記の『今すぐ購入』ボタンをクリックすると支払い画面に進みます。)

    Step3: Eメールで動画ファイルもしくは動画のリンクをdogtownf@gmail.com
    (お名前、犬名もお忘れなく!)

    Step4: Yachiが動画をチェックし、5つ以上のポイントについてコメントを返信。

      料金:1つの動画(2分~2分半程度)につき3000円
    (ドグタウンクラブは1000円)

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

3月11日

毎年この日がやってきます。

あの震災から4年がたちました。
いまだ復興に至らない現実があります。




そして、私にとっての、もう一つの3月11日があります。

先代のパートナードッグ『マトラ』(エアデールテリア)がこの世を去っていった日でもあります。
大震災の翌年の同じ日でした。
まだ3歳と8ヶ月の若さでした。

私の記憶に残るように、マトラがこの日を選んだのかは分かりませんが、
忘れることの出来ない日であることは間違いありません。

3年もたったので、悲しさよりも強烈な記憶の中で、映像が浮かんでくるようになりました。
やっぱりスゴイ犬だったという印象です。


私にディスクドッグのプレーヤーとして、本気で戦うことの面白さを教えてくれたマトラ。
3歳という若さで、私を2度もUSDDNワールドファイナルに連れて行ってくれました。

2011年には栄誉ある
『フェイバレット・エンターテナー・アワード』
を受賞することも出来ました。

そして駆け抜けるようにこの世を去っていきました。


あと3~4年、マトラで世界にチャレンジする時間が欲しかったのが本音ですが、
今は、マトラの残していった一つ一つに感謝しています。



そして、私自身の世界へのチャレンジも、3年間のブランクが出来てしまっています。


今シーズン初めてギャンブーと夢舞台である『USDDNワールドファイナル』にチャレンジします。
どこまで出来るかは分かりませんが、チャンスが訪れることを信じてチャレンジしていきます。


次の子犬も決まって、また新しいチャレンジを始めます。


マトラが扉を開けてくれた夢舞台『USDDNワールドファイナル』

ドラマの続きが待っています。

Matorab_2_370x500
2011USDDNワールドファイナル

Matorab_1_500x339
恒例のウエスマンで

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

ウエリッシュテリアのディスクドッグ発見

ディスクドッグとしてあまり一般的ではな、いいろいろな犬種でチャレンジしている
写真や映像を見る機会があります。

どんなチームなのか?
どんな人なのか?
どうしてその犬種でチャレンジしているのか?

など,聞いてみたいところですが、海外のチームだったりすると、
その機会はほとんどありません。


今回はこんな犬種でディスクドッグにチャレンジしている写真を見つけました。

1_333x500

3_2_339x500

3_1_500x458

『ウエリッシュテリア』です。

エアデールテリアに似ていますが、サイズは小さく小型犬になります。

私自身も非常に興味のある犬種です。


テリアの中でもテリア気質が強く、頑固な犬種といわれています。
扱いが難しいといわれ、テリアに対しての知識を持ったベテランの方が
飼っていることが多いです。。

エアデールテリアと多頭飼いの方も多く、私自身は接する機会の多い犬種です。


あまり一般的な犬種ではないので頭数は少なく、
ウエリッシュテリアのディスクドッグ情報は、皆無に等しいです。


そんな中この写真を見たときは、

「世界中には、やっぱりいるんだ~」

と、嬉しくなってしまいました。


このチームの詳しいことはまったく分かりませんが、
ウエリッシュテリアのディスクドッグが存在することで十分です。

いつかお会いできる日を楽しみにしています。

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

MDSF2015終了

MDSF(ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスタ)2015が終了しました。

2日間とも天気は曇り。
時々晴れ又は雨。
気温は過ごしやすく風はほぼ無風。
ゆるくグシャグシャなトレイル以外は、まずまずのコンディションでした。

今年も全国、遠方からのエントリーも含め沢山の犬たちが集まりました。


メインレースの5DOGSスーパースプリント、アンリミテッドスプリントレースは、
見ごたえ満点でした。

身近で素晴らしいレースを見ることが出来て私も感動しました。



我が家の犬たちはヴィッツァー&バルカで2ドッグビギナーに参加しました。
ミナカミ犬ぞりスクールでのトレーニングの成果が出て、準優勝でフィニッシュしました。


ヴィッツァーの頑張っている姿が感動的でした。
ゴールしたときの表情がなんともいえないやりきった良い表情をしていました。
コレが犬ぞりの魅力の一つです。



ディスクドッグでは、トス&フェチではギャンブーが準優勝という良い結果で終わることが出来ました。
雪の上でも安定したドライブを発揮することが出来るようになりました


毎年このイベントを楽しみにしているのは、参加する人たちだけではなく、
カメラマンが沢山集まって大撮影会のようになっていました。

地元関東はもちろん、遠方は愛知県よりこのイベントを撮影するために来ていました。
MDSFで撮影した写真が数々のコンテストで入賞している話を聞いて、
見ていても楽しいイベントのなっていることを確信できました。

毎年沢山のギャラリーが来てくれていることに感謝しています。

主催者の一人として嬉しいことです。


このMDSFが終わると本格的にディスクドッグのシーズンを迎えます。

今年も沢山の笑顔と感動があったMDSFでした。

1_333x500
アンリミテッドスプリントレース

2_333x500
アンリミテッドスプリントレース

333x500
ヴィッツァー&バルカ 2Dogsビギナー

500x338
3Dogsスキージョーリング

5_338x500
5Dogsスーパースプリント

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスタ2015

今年もMDSF(ミナカミ・ドッグスポーツ・フェスタ)がやってきました。
詳しくは下記にて

 第5 回 ミナカミドッグスポーツフェスタ概要

 ○日 時 2015年3月7日(土)・8日(日)

 ○会 場 群馬県利根郡みなかみ町藤原 水上高原スキーリゾート こぶしコース特設トレイル

 ○名 称 第5 回 ミナカミドッグスポーツフェスタ MINAKAMI DOG SPORTS FESTA 2015

 ○主 催 MDSF 実行委員会(ミナカミドッグスポーツフェスタ実行委員会)

 ○主 管 JADC/BoundBowDC/RambleDogs/ドグタウン工房

 ○特別協力 水上高原スキーリゾート・水上高原ホテル200


犬ぞりだけではなく、スキージョアリング、ドッグトレッキング、雪上ルアーコーシング、
そして雪上ディスクドッグゲームなども行われます。

年に一回の、雪上のドッグスポーツの祭典です。


毎年全国から沢山のチームが集まってきます。
それとともに沢山のギャラリーの方にもきていただいています。

撮影部隊のようにカメラマンの方々も沢山集まってきます。
コレもMDSFの顔になっています。



私は、ディスクドッグゲームのフリースタイルとトス&フェチ二参加。
犬ぞりはバルカとヴィッツァーで2頭引きクラスに挑戦します。


スタッフとして本部にいますので見学にお越しの際はお声かけください。

2日間楽しんできます。

12_2

12_1

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

ギャンブーの交流戦

私とギャンブーにとって、2015シーズン初のフリースタイルフルラウンドのゲームでした。


いよいよシーズンがスタートしました。
10月のドグタウンカップ、USDDNワールドファイナルまでの長いシーズンのスタートです。


冬の間に取り組んできた、ギャンブーのコンセントレーションのトレーニングが、
どのような形でゲームに反映されるのかを、試す最初のゲームになります。

ディスクドッグショーでは効果が出ていましたが、フルラウンドのゲームではどうなるのか。


それが目的その1です。
その目的は達成されたようで、どのラウンドも集中してクイックな動きをしていました。
決勝ラウンドでは大雨の中やりきることが出来ました。


もう一つはリレーを使ったセグメントの確認。
こちらに関してはまだまだ完成には程遠い状態でした。
今シーズンのテーマになるセグメントですので、引き続き練習が必要です。


ゲームではおろそかになりがちなポージングの明確化も過大として残りました。


交流戦での順位は9位。
フリースタイルで決め切れなかったけど、何とか目標に踏みとどまった感じです。

悪条件の中、決め切れないチームが多くいたことになります。

ここで決めきることが出来れば我がチームにもチャンスはあったゲームでした。
残念。



ゲームに出続けていると必ずチャンスがやってきます。
ゲームフィールドの条件が自分のチームに,はまったコンディションだったり、
その日は犬のモードと人のモードがぴったり会う瞬間だったり、
など・・・・・。

そのチャンスを物にしていくことが結果につながったり、自信につながったりしていきます。
そうやって、トップグループに昇っていったチームをいくつも知っています。



以前このブログで

『ゲームに出ることの大切さ』

について書きました。


今は

『ゲームに出続けることの大切さ』

と言うほうが適切だと考えています。


出続けて初めて見えてくるものがあるとiうことです。



今回は出ない(出られない)と言う決断をした人は、次回は出ると言う決断をして、
ゲームに出ることの楽しさや意義を感じていただければと思っています。

ギャンブーは今シーズン、20ゲーム以上に出場予定です。

次は今週末のMDSF(ミナカミ・ドッグ・スポーツ・フェスティバル)です。


2015年、長いシーズンが始まりました。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

ベガとライカの仔犬②

ベガとライカの仔犬を撮影しました。
先日はスタジオ撮影でしたが、今度は外での撮影です。

やっぱり犬は外で走っているところが良いですね。

意図的に走らせたりしないで、自然にしているところを撮りました。

もうすぐ2ヶ月になりますので、新しいオーナーの所へ旅立つ子犬も出てきます。

もうちょっと芝生の緑が綺麗になったら撮影したい所ですが、
その頃は大きくなって仔犬っぽくなくなっているかな。

V2_1

V2_2

V4_1

V4_2

V6_1

V6_2

V8_1

V8_2

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

交流戦終了報告

昨日のBBDC&LRD北関東南関東交流戦ディスクドッグゲームは無事終了しました。

フリースタイルに24チーム、トス&フェチ(ディスタンス)に14チームのエントリーがありました。

天気は雨。

風はやや強い海風。

時間がたつにつれて、雨が激しくなり、風は少しずつ弱くなっていく展開でした。


まずは結果報告。

優勝は我がBBDCの『清水&CAP』チーム

2位はLRDの『川上&ナギ』チーム

3位はランブルドッグスの『木村&ケイレブ』チーム


BBDCとLRD、そしてランブルドッグスで、トップ3を分け合う形になりました。

交流戦ならではの、クラブどうしでの熱戦も楽しかったです。


その他の結果はBBDCのホームページにリザルトをアップしますので、そちらをご覧ください。


風が吹いたり雨が降ったり天候の荒れたゲームでした。
好条件のゲームは楽しいのは分かっていますが、
私自身はプレーヤーとしては荒れた天候はチャンスになるので嫌いではありません。

そんな悪条件を生かしてのHIRO(私)&ギャンブーチームはというと、
トップ10に入る9位でフィニッシュしました。(その報告はまた後ほど)



ディスクドッグクラブの交流戦というと、ミニゲーム的な練習会のようなゲームになるのかと
思っていた方も多いと思います。

でも、実際はハイレベルで緊張感のある質の高いゲームになりました。


それは、参加するプレーヤーの意識レベルの高さからきているのだと思います。

現在チームごとのレベルの差はありますが、ディスクドッグというスポーツを、
情熱を持って前向きに取り組んでいるチームの参加が、
ゲームの質を上げているのだと思います。


主催者がどんなに頑張っても参加者の意識が伴わないゲームは、
面白くないだけではなく、存在意義すら見えなくなってしまいます。

今回参加したチームに感謝します。


それとともに、スタッフとして裏方でお手伝いしていただいたクラブ員の皆さんの協力が
スムーズなゲーム進行をサポートして、それがゲームクオリティーの向上に繋がっていました。


主催者として、このスポーツを楽しんでいるプレーヤーの皆さんに、
よりよいゲームを提供できるように、さらに努力していきます。

Photo

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »