« 2015犬三昧なお正月 | トップページ | BBDCゲームDAY »

2015年1月 6日 (火)

2014年間スタッッランキング発表

ドグタウンファクトリーのホームページで、
2014年のスタッツランキングが発表されました。

スタッツランキングについては以前このブログでも紹介しました。
バックナンバーで見られます。


以下、ドグタウンファクトリーのホームページより抜粋。


  「JDDN スタッツランキングをご存知でしょうか?」

  メジャーゲームでのフリースタイルポイントを統計すること(Stats)により、
  1シーズンにおける各チームの平均ポイントをランキングで表示したものです。

  今までは来シーズンに向けての結果報告としてシーズン末に試験的にまとめましたが、
  過去を振り返るシステムではいまいち旨味が足りませんでした。
  そこで、今年から始まる新シリーズ 『JDDN Stats Ranking Series』
  関東・関⻄・四国・九州でシリーズ戦を⾏い、
  各チームのフリースタイルポイントを統計していきます。

  メ ジャーゲームとシリーズ戦を合わせたスタッツランキングによって、
  世界一明確なフリースタイルランキングを楽しんで下さい。
  その中で自分の順位を確かめ、全国のライバル達と競いあいましょう!




早速、私も、詳しく見てみました。

まずは自分のことから・・・。

HIRO&(私)ギャンブーはベスト30位にランクイン。
トータルランキングは27位でした。
ベスト30にランクインのほとんどがUSDDN経験チーム及びクオリファイチームで、
そのほかは、2014年に急成長を遂げたチームです。

よくぞHIRO&ギャンブーチームがこの位置にとどまったという感じです。


各項目を細かくチェックしてみると、ギャンブーのトス&フェチ(ディスタンス)が、
9位にランクインしています。
驚きのトップ10です。

『1ラウンド フリースタイル⇒ 2ラウンド トス&フェチ⇒ 3ラウンド フリースタイル』

で行われるゲームの中の、トス&フェチのアドバンテージでトータルで27位に、
ランクインできたようです。



トータルポイントのトップは、ワールドチャンピオンの、
『YACHI&ベガ』チームでした。


項目別ではそのベガより、よい点数を上げているチームもあります。
(このへんがスタッツランキングの面白いところ)

エクスキューション(キャッチ率)では、ルツカ&ラィオ、SHIMIZU&キャップチームが、
トス&フェチでは、ルツカ&ラィオチームが上回っています。
どちらのチームも、大活躍のチームでした。


さらに細かく見ていくと、ケイナインエレメンツ4項目、プレーヤーエレメンツ4項目とも、YACHI&ベガチームがトップポイントですが、
チームエレメンツ7項目のうち、
ドッグキャッチはKOUSUKE&ジェイクがトップポイント、
チームムーブメントはルツカ&ラィオチームがトップポイントでした。

もちろんケイナイン、プレーヤー、チームともトータルではYACHI&ベガチームが
全てトップポイントで、完全制覇と言ってもいい形になっています。




もう一つの素晴らしい結果も見えてきます。
最高出場回数のチームは・・・・・と、見てみると、

SUGAI HISASHI&リンチームと、YOSHIOKA MIO&マーカスが、
10回出場でトップでした

たいへん価値のあるチャレンジだと思います。

ちなみにHIRO&ギャンブーチームは9回でした。
北海道カップに参加できなかった1回のことを残念に思います。




まだまだ分析は続きますが、ブログではこの辺で終わりにします。



それにしても素晴らしいシステムを作ってくれました。
存分に楽しんでます。
ドグタウンファクトリーのスタッフに感謝!感謝!です。


2015年もスタッツランキングゲームのスケジュールが発表されています。
今年も楽しみなスタッツランキングです。

|

« 2015犬三昧なお正月 | トップページ | BBDCゲームDAY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015犬三昧なお正月 | トップページ | BBDCゲームDAY »