« きょうのNHKほっとぐんま640 | トップページ | 私にとってのスペシャルセミナー »

2015年1月24日 (土)

ポストカード

10年くらい年前に撮影しました。

『アジア・ワーキングドッグ・サポート協会』のチャリティー用に撮影したものです。

この協会の活動については、私のホームページ『犬のいる生活』よりリンクしてあります。

Card_11

Card_21

Card_31

Card_41

Card_51

Card_61


20年近く前に、タバサ(ラブラドールレトリバー)を飼いはじめて犬関係の付き合いも広がり、
ラブラドールレトリバーつながりで、京都にある介助犬のサポートを行っていました。
(今回とは違う協会です)

私がカメラマンであったため、映像のサポートをしていました。


まだまだ介助犬が認知されていないこの時代に、
色々なところで普及活動のイベントをやっていました。

今ではスーパーやレストランに介助犬(介護犬)の同伴が可能になり、
一般の人にも認知されるようになりました。


まだまだ他の先進国レベルにはなっていない部分もありますが、
20年で大きく進歩したことは間違いありません。



話のポストカードですが、購入することによって自動的に協会に寄付されます。
6種類のポストカードがありますが、6枚セットでも、
気に入ったものを1枚単位でも購入できます。

JRの許可を取って駅でのロケーション撮影や、
図書館での撮影、スタジオ撮影のものです。

撮影をしていて介助犬の正確な作業に感動し、
犬の能力をあらためて感じたことを思い出します。


現在私は6頭の犬と暮らし、ドッグスポーツ中心の生活をしていますが、
ドッグスポーツを通じての社会貢献も今以上に考えていかなくてはと思います。

|

« きょうのNHKほっとぐんま640 | トップページ | 私にとってのスペシャルセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのNHKほっとぐんま640 | トップページ | 私にとってのスペシャルセミナー »