« PODG終了報告 | トップページ | 新聞の力 »

2014年12月11日 (木)

ギャンブーのPODG

さてさて、ギャンブーのPODG参戦記になります。

HIRO(私)&ギャンブーチームにとっては、10月3~4日のドグタウンカップ以来のゲームになります。

USDDNアメリカ帰国後、リージョナルゲームはジャッジを、
BOB(ベスト・オブ・ブリード)犬種別選手権はD2ルールでした。
名犬カップでもジャッジでした。

約2ヶ月ぶりのフルラウンドのゲームです。



では報告を。

フィールドの状態は非常によい状態です。
風はあるものの、大きく影響の出るほどではない状態です。


結果ははいつもどおり中盤の団子状態のチームの中にになんとか踏みとどまりました。

フリースタイルのエクスキューション(キャッチ率)が1,3ラウンドとも7点代後半で、
トス&フェチは17.0ポイントでした。

コレではまったく勝負なりません。


ポイントを稼ぐべき2ラウンドトス&フェチはいつもどおり追い風を選択。
1投目の3.5ポイントのあと、急に向かい風に変わりました。
そのあとのスローは4.5ポイントにはまったく届かず、
3.5ポイントがいっぱいいっぱいでした。

いろいろな風を想定してコートに入ることの大切さと、
向かい風でも4.5ポイントゾーンに投げ込めるスキルが必要なことを痛感しました。



ギャンブーは好調を維持していました。

ここ1ヶ月、ルツカ・プレボバのスピードアップトレーニングの効果で、
動きの早くなったギャンブーに私が対応しきれない状態でした。

ギャンブーは明らかに早く動けるようになっています。
私がよいテンポを掴むことが必要のようです。


次のステップに進化できそうなギャンブー。

PODGはHIRO&ギャンブーにとって、今後のビジョンが明確になったゲームでした。

|

« PODG終了報告 | トップページ | 新聞の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PODG終了報告 | トップページ | 新聞の力 »