« BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム | トップページ | アジア・チャンピオンシップ速報 »

2014年11月14日 (金)

明日からアジア・ディスクドッグ・チャンピオンシップ

11月の15日(土)~16日(日)に中国で行われます。
USDDNワールドファイナルのクォリファイゲームになります。

日本からは6チームが参加します。

 木村伸吾&ケイレブ
 久住雅弘&ピッカー
 立花幸子&ヤコブ
 松浦道子&ミッシー
 小西モナミ&ペッパー
 久住悦子&シスコ

ジャッジとしてワールドチャンピオンの平井寧氏のほか平井皇介、麻紀さんが参加します。


中国チームは、今年のUSDDNワールドファイナルに6チームの参加がありました。
ここ1な年で確実に力をつけてきています。

ジミー・チェン&レイのチームは、スーパープロ・トス&フェチでチャンピオンに輝いています。
USDDNワールドファイナル、参加2年目の快挙です。

ADDA(アジア・ディスクドッグ・アソシエーション)も立ち上がり、
日本のほか、中国など、アジアの国々でのディスクドッグの発展がより現実化し、
そのスピードも速まってくることが予想できます。



35年以上前、アメリカで始まったディスクドッグが、20年前に日本に入ってきて、
ヨーロッパに広がり、南米に、そしてアジアに大きく広がろうとしています。

ますます大きく、ワールドワイドなスポーツに発展しつつあります。

同時開催でアジリティーの世界選手権のクォリファイも行われます。
中国でのドッグスポーツの盛り上がりを感じます。


この歴史的な第一回大会に参加できないのは非常に残念です。
来年はぜひ参加したいと思います。


アジアにディスクドッグの風が吹いています。
アジアに注目していきたいと思います。

|

« BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム | トップページ | アジア・チャンピオンシップ速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム | トップページ | アジア・チャンピオンシップ速報 »