« 言わない選択 | トップページ | アデル14歳 »

2014年8月19日 (火)

一流のプレーを見る

一流のものを見る。
『一流=本物』と言っても良いと思います。

私がやっているディスクドッグの世界でも、一流、本物と言われるチームがいます。

まず私がディスクドッグを始めたい人や、初めて間もない初心者に薦めていることの一つに、
一流のチームのプレーを見ることだと伝えています。

VTRではなく、生で見ることが肝心です。


「そんなことをしたら、レベルの高さに萎縮してしまうのではないか?」
「自分には無理と思ってしまうのではないか?」

と言う声が聞こえてきそうです。


安心してください。トップチームを見て感動する人はいますが、
それを見てやめてしまう人は、いまだかつていません。



ではいつどこで見ることが出来るのか。

ワールドチャンピオンシップやヨーロッパチャンピオンシップなどを見られればBESTですが、なかなかそうは行きません。


私の場合は、もともとディスクドッグの観戦マニアだったこともありますが、
振り返ってみると、自分が初心者で参加したゲームで、
いつも自然と見る機会が出来ていました。

その頃見たトップチームにはワールドチャンピオンの、YACHやFUTAMI、をはじめ、
歴代のドグタウンカップチャンピオンもいました。

ゲームに参加するごとに、一流のチームを見続けることが出来ました。、

そして、顔見知りになり、一流の話が聞けるようになって、
ディスクドッグを深く理解することが出来ました。


そんな中で一番の驚きは、
“一流と言われるチームは常に進化を続けている”
ということです。

今は、その進化を感じられるポジションにいることが大切なことだと感じています。



『何事も,本物を見ずして、その理解なし』

ディスクドッグも例外ではないと思います。


一日も早くその機会を持つことをお勧めします。

|

« 言わない選択 | トップページ | アデル14歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言わない選択 | トップページ | アデル14歳 »