« JDDNスタッツランキング♯4関東 | トップページ | 犬の作出目的を実践する »

2014年5月19日 (月)

スタッツランキング♯4終了報告

昨日行われたJDDNスタッツランキング♯4関東の報告です。

優勝はJDDN参加2戦目の、KAWAKAMI&NAGIチームの衝撃な初優勝でした。
またJDDNに新しいスターの誕生です。

一夜明けて、全国に速報が流れて各地で話題になっていることと思います。

どこの、どんなチームなのか?
プレースタイルは、犬は・・・?

6月のBB&DTでUSDDNワールドファイナルのクオリファイを狙ってくると思いますので、
そのときを、楽しみにしていてください。

新しいスターの初優勝に立ち会えてことを、嬉しく思います。




今回のヒロ(私)&ギャンブーチームの報告です。

D1フリースタイル14チームの参加。
結果は4位という私自身のべストリザルトで終了しました。
ベストリザルトが達成できたことはうれしいことです。


強風と傾斜のあるフィールドで、予想通りの荒れたゲームになりました。

荒れたゲームはギャンブーにはチャンスがやってきます。
戦略どおりに各ラウンドを進めていきます。

淡々と進めていく中、今回は大きなチャンスが訪れました。

2011年、台風の御前崎大会以来のビッグチャンスです。
このときはチャンスを生かしてUSDDNワールドファイナルの切符を手に入れることが
出来ました。

今回はそれ上のチャンスがやってきました。



結果は、残念ながら後ちょっとのところで、決めきることが出来ませんでした。
コレをいつも決めきることが出来れば、トップグループの下のほうに付けることが
出来るのでしょう。

それには、まだまだルーティーンの難易度も低いし、
スキルの差もあることは良く分かってます。

そんな中でも、チャンスがやってくることがあるのが、
ディスクドッグゲームの面白いところなのでしょう。



ディスクドッグゲームが順位を争う競技であるいじょう、
常に勝負というものがついて回ります。
現在のレベルに関係なく、戦い続けることでそのレベルごとのチャンスはやってくると
思います。
その一つ一つのチャンスをものにしていくことが、
大きな結果につながっていくと思っています。

「ゲームの結果は、ゲームをやってみなければ分からない」

私がいつも思っていることです。

ディスクドッグゲームは究極のライブです。


「タラレバ」はないので、
次の四国『四万十カップ』に向かってチャレンジします。

|

« JDDNスタッツランキング♯4関東 | トップページ | 犬の作出目的を実践する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JDDNスタッツランキング♯4関東 | トップページ | 犬の作出目的を実践する »