« もう一つのパーフェクト | トップページ | シャンプー週間 »

2014年5月15日 (木)

ギャンブーが来て2年

ギャンブーがうちにやってきて2年がたちます。

「早いもので」

といいたいところですが、
とても長くて、とても濃い2年間でした。


ギャンブーは2012年は3月に私のディスクドッグのパートナーである、
マトラが3歳8ヶ月のこれからというときに死んでしまって、
その寂しさを癒すためにやってきました。

その1ヶ月後の6月には11ヶ月の若さで、バゲーラも死んでしまいました。

そんな悲しいときに、ギャンブーがいてくれたので本当に救われました。
ギャンブーがやって来た目的は、十分すぎるくらい果たしていました。


そして、ディスクドッグを始めて15年、現役のディスクドッグがいないという、
初めての状態になりました。

大会やショーにも出られない。
ディスクのトレーニングも出来ない。
ただ老犬たちやギャンブーの運動不足解消のため、時々フィールドにいっていました。
目標も持てない日々をすごしていました。


今では信じられませんが、当時のギャンブーはディスクを追わない咥えないという、
ディスクドッグとはほど遠いドライブの低い犬でした。

ギャンブーとディスクをやってみようと決断してから、
ロープタグ、布ディスク、ゴムディスクなどに変えていって、
プラスチックのディスクをキャッチできるまで4~5ヶ月かかりました。

そしてうちに来て1年後には、念願のフルラウンドの大会に、
デビューできるようになりました。


今は、ギャンブーのほか、バルカ(ラブラドールレトリバー)も大会に出ています。
次のディスクドッグになるべく、アルプやヴィッツァーのディスクトレーニングもやっています。

本当にディスクドッグを楽しんでいる毎日です。

ギャンブーはまだ4歳。
これからが楽しみなギャンブーです。

Photo
↑最近のギャンブー(写真デニークラフト)

|

« もう一つのパーフェクト | トップページ | シャンプー週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一つのパーフェクト | トップページ | シャンプー週間 »