« Ollie(オーリー)鮮烈なデビュー | トップページ | 犬を飼う前の自動車 その6 »

2014年4月 9日 (水)

大きな犬小屋

1年ぶりに、カメラマンの知り合いに合いました。


「酒井さん、私も犬を飼い始めましたました」

私「何を飼ったのですか?」

「ミックス犬で、白い柴犬みたいなのです」

と、ここからは、何ヶ月?、どこで手に入れた?、どんな性格?
などなど、普通に会話が続いていきます。



「家の中が、毛だらけですよ」

と、嬉しそうに言っています。


その日の彼はスーツを着ていました。

「仕事のスーツにも毛がついて大変ですよ」

と、また嬉しそう。


「料理にも、犬の毛が入っているときもあります」

と、またまた嬉しそう。


この辺からちょっと普通ではない会話になってきています。



どうやら、以前にも犬を飼った事はあるのですが、
家の中で飼うのは初めてのようです。


私「大きな犬小屋の中に、人間も一緒に住んでいるようなものですよね」

「そうそう、正ににそのとおり!」

と、またまたまた嬉しそうに言っています。


確かに家の中で犬を飼うという事は、
『大きな犬小屋』
とまでは言わないまでも、
同じく空間を共有する、同居者のような感覚になっています。

今回、彼の嬉しそうに犬との生活のを話す姿が、
自分を見ているようで、面白く感じました。

でも話す相手を間違えると、変な人と思われてしまいますよ。

気お付けましょうね。

P2190350
↑うちの犬小屋
 現在、犬6、人2です
 (先日の大雪のとき)

|

« Ollie(オーリー)鮮烈なデビュー | トップページ | 犬を飼う前の自動車 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ollie(オーリー)鮮烈なデビュー | トップページ | 犬を飼う前の自動車 その6 »