« JADCディスクドッグ・ア・ゴーゴー | トップページ | ディスクドッグの犬種について考える »

2014年4月22日 (火)

バウンドバウの新しいチーム

先日のJADCディスクドッグアゴーゴーでは、
バウンド・バウからフリースタイルに新しいチームがデビューしました。


福島&リン。
各団体を通じて初めての、フリースタイルゲーム、初めてのフルラウンドド(3ラウンド)。
去年はリンの集中力がとても2分は続かないで、トリックもほとんど出来ない状態でした。
そこから、ドライブの低いリンを、作り上げてきました。

そもそも彼は、地元で行われた、何年か前のJFA熊谷大会を見に来ていました。
まだその時はディスクドッグはやっていませんでした。
そのとき、ヒロ(私)&マトラのチームたちを見て、
フリースタイルをやりたいと思ったそうです。

それから、バウンドバウに入り、勉強し、努力して、数年
ついにJDDNフリースタイルにデビューできました。

本人は緊張して何をやったか記憶がないそうですが、
全ラウンドとも、しっかりやりきっていましたよ。



もう1チームは、柴田&ホップ。
ハイパーフライトのフリースタイルには参加していたチームも、
JDDN初参加で、フルラウンドのフリースタイルは初めてになります。
オーストラリアン・ケルピーという変わった犬種でのチャレンジです。

緊張のせいか、いつものようなダイナミックなプレーは見せられませんでしたが、
3ラウンドをやりきることが出来ました。


両チームとも、ゲームに出て初めて得られることの大きさに気が付いたことと思います。
今後がんばって、多くのゲームに出ることが成長に繋がっていきます。

両チームの勇気ある決断を大変嬉しく思います。



そして、もう1チームは、清水&キャップ。
ご存知の大ベテランです。
半蔵、ニキと、ラブラドールレトリバーで活躍してきたプレーヤーですが、
今度はMIXのキャップです。

スーパードッグとスーパープレーヤーのデビューに、会場の注目が集まります。
結果は、2ラウンド終了時点でトップとの差1.8ポイント、2位との差0.03ポイントで
なんとなんと3位で決勝ラウンドの進出。

デビューウィンもあるかも、というものでした。

結果はあえてここでは書きません。
ドグタウンのホームページにリザルトがでますので、
そちらを楽しみにご覧下さい。

世界チャンピオンも狙える、素晴しいチームになっていくことを期待しています。
今回、そのポテンシャルは充分に見せることが出来たと確信しています。


先の関東リーグ戦で鮮烈なデビューを果たした、
藤井&オーリーもメジャーゲームデビューになりました。
キャップと胴体のオーリーも高いポテンシャルを見せていました。
会場でも打ち上げでも楽しそうで、フリースタイルを満喫していました。



BBDC(バウンドバウ・ディスクドッグクラブ)を立ち上げてから、
星野&ジャスティー、高橋&メリー、澤浦&カノン、神保&チー、藤井&ミゼット
佐藤&アルタイル、小島&アンバー他数チームが、
JDDNにデビューして結果を残しています。

今後も、復活組みの、原沢&ブレス、青き&レン、
新人の米澤&ドナなどがデビューしてきます。

神保&パッキャオ、私のビッツァーなどの、仔犬たちのデビューも控えています。

忘れてはいけないビッグチーム、清水千春&リンゴのデビューも待っています。


BBDCの楽しみイッパイの、2014シーズンです。

|

« JADCディスクドッグ・ア・ゴーゴー | トップページ | ディスクドッグの犬種について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JADCディスクドッグ・ア・ゴーゴー | トップページ | ディスクドッグの犬種について考える »