« ギャンブーのスタッツランキング | トップページ | 気がついたこと(ディスクドッグショーにて) »

2014年4月30日 (水)

NDA沼田大会

遅くなってしまいましたが、NDA(ナショナル・ディスクドッグ・アソシエーション)の、
沼田大会の報告です。

NDAは今シーズン3回目の参加です。

フリースタイルは、今回は地元群馬ということで、地元から8チームのエントリー。
NDA会員の常連チームも含めて、トータル15チームの大勢の参加がありました。



競技の特性上、河川敷の公園や、田舎での開催が多いディスクドッグの大会ですが、
今回の沼田公園は市内の中心部の街中にある公園です。

選手用特設駐車場がコートの横にあり、犬の管理も非常にやりやすい環境です。

この場所での開催にこぎつけるまで、招致委員会を立ち上げ、
半年間以上の地道な交渉をしてきた結果、
たくさんのギャラリーが集まる、すばらしい会場で、行うことが出来ました。

関係者のご尽力に感謝します。


コンディションは、綺麗な芝生ですが、ちょっとスリッピーな砂が浮いているフィールドです。
(大雪のときの雪の捨て場所になっていたため)
風は弱風~強風といったところです。



結果は、優勝 平井俊介&ガッツ、2位ルツカ&ラヨ、3位平井寧&ベガ
4位須貝&リン、5位矢口&パルサー、でした。

ギャンブーは世界で活躍するこのメンバーの中で、決勝に進めず予選敗退になりました。
まあ、このメンバーでは仕方ないですね。

と、言ってはいけないのですが。


それでも、1ラウンド終了時の点差は2ラウンド ディスタンスで、
4ポイント×4の16ポイント、または、3.5ポイント×4の14ポイント以上を達成すれば、
決勝進出にとどきそうです。

おもいっきりチャレンジしましたが、結果は残念でした。
チャンスがある限りチャレンジ出来るというのが、このスポーツの面白さでもあります。


屋台の出店ブースもあり、春の好天の中、バウンドバウのなつかしのプレーヤーも集まり、
ピクニック気分で楽しい1日を過ごすことができました。

Nda
↑決勝進出チームのディスクセレモニーが行われました

|

« ギャンブーのスタッツランキング | トップページ | 気がついたこと(ディスクドッグショーにて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャンブーのスタッツランキング | トップページ | 気がついたこと(ディスクドッグショーにて) »