« た・す・け・あ・い | トップページ | 雪遊び »

2014年2月18日 (火)

ヴィッツァー手術

先週末から、大雪のためのノビノビになっていた、
ヴィッツァーの剥離骨折で、後ろひざに入れた固定用の針金をはずすための手術が
本日、雪の積もる中、病院までたどり着くことが出来たので、やっと行うことが出来ました。

動物病院は、いつもの1/3くらいの患者で、空いていました。
みんなたどり着けないのかな。

後は夕方迎えに行くのみです。



私の住んでいる地域は、昨日の夕方には何とか車で国道に出られる道が確保されました。
車ギリギリ1台の巾で、私のグランビアだと、ところどころ、
こすりながら通過する場面もありますが、
迂回しながらも、自動車による生活道路の確保が出来て一安心です。

まだ、国道に出るいつも使っている道は手付かずで、雪に閉ざされたままです。
ここは雪が自然に解けるのを待つしかないので、2週間くらいは通行できないと思います。



雪による影響で道路の渋滞がひどく、市街地の幹線道路は身動き取れない状態です。

スーパーは、食料を買い求める人の車が、駐車場の雪かきが追いついていないようで、
駐車場に入れず、大渋滞しています。


まだまだ孤立している地域もあるようですが、何とか動き出せるようになった人は、
食料が届かない、ガソリンや灯油が手に入りにくくなっているなど、
新たな問題が発生しているようです。


「県内では550台の重機を出して全力で除雪しています」

と、情報を発表していますが、病院までの片道10キロ(行きかえりは違う道)と、
街中を走りましたが、除雪車と遭遇する事はありませんでした。

以上、ビッツァーを病院に連れて行って、遭遇した街の様子です。



夕方、ヴィッツァーの迎えも、大渋滞になっていることでしょう。

早く日常の生活に戻って欲しいです。

|

« た・す・け・あ・い | トップページ | 雪遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« た・す・け・あ・い | トップページ | 雪遊び »