« 3/4(4分の3)のカウンタック | トップページ | 10年前のフライボールの写真 »

2014年2月 3日 (月)

週末トレーニング

週末は天気も良く、絶好のトレーニング日よりでした。

他のBBDC(バウンドバウディスクドッグクラブ)のメンバーも来ていて、
自然発生的な合トレ(合同トレーニング)になりました。



バルカは、フリースタイルのキャッチはミススロー以外ほとんどキャッチしていました。
先月のYach’Sメソッドのセミナー以来、6頭正確にキャッチできるようになりました。
(微風のコンディションだったので強風でどうなるかは分かりません。)

ルツカ・プレボバのコンセントレーション(集中力)トレーニングも、
本格的に効果が出始めました。

トス&フェチ(ディスタンス)もカーブスローの効果が出てきて、
タイミングの良いジャンプキャッチが出来るようになってきました。

シーズン開始の春までに、スローイングの安定と、
ルーティーンを作りこんでいくことが目標になっています。



ギャンブーは、土曜日は×。日曜は◎でした。
二日間の犬のドライブ(意欲)が明らかに違っていました。
原因の見当がついていますので、次回のトレーニングで試してみます。



アルプは、トレーニングごとに少しずつドライブが上がっています。
ビビリではあるものの、コートで30m以上ののロングローラーを追いかけて、
レトリーブするようになってきました。



ヴィッツァーは、今月の手術で完治の予定です。
今は、基礎服従訓練をやっています。
いたって元気で、短時間であれば集中力も高いです。

今は、1才未満でフリースタイルにデビューするのが、当たり前のようになっていますが、
7ヶ月の月例とエアデールテリアという事を考えれば全く焦る事は無いし、
じっくり育てて生きたいと思います。



ケイトは、カーブスローを取り入れてやってみたら、
11才半にしてキャッチがよくなりました。
10年前にこの理論が分かっていれば、
結果はもう少し違ったものになっていたかもしれません。

老犬になったことが影響しているのか、年で鈍感になったのか、
コートの中でのビビリがほとんどなくなりました。



アデルは、ディスクを1~2頭キャッチをすると、
満足な顔で終了します。
13歳を過ぎても元気です。



2日間、6頭全部の犬とトレーニングできて、
犬も人間も満足な2日間でした。

|

« 3/4(4分の3)のカウンタック | トップページ | 10年前のフライボールの写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/4(4分の3)のカウンタック | トップページ | 10年前のフライボールの写真 »