« 犬のいる景色 | トップページ | 新しいパソコン »

2014年2月12日 (水)

バウンドバウ・カップ2014

昨日はバウンドバウの年1回のタイトル戦
『バウンドバウカップ(BBカップ)』
でした。

週末の大雪の影響で、フィールドは15cmの雪が残っていて、
少し硬くなっている状態でした。

硬くなっているのは表面だけで、中はさらさらのパウダースノーです。

フィールド全体を車で踏んで、良い状態にしてからの競技開始になりました。



BBカップは、ディスクドッグのフリースタイルとディスタンス。
それにオビエデンスゲームを加えた、総合得点でチャンピオンが決まります。

バウンドバウのテーマである、

“ディスクドッグは良き家庭犬であるべき”

という、観点にたってオビエデンスの部分も重視した、
採点システムになっています。


第8代総合チャンピオンは、原田&サバナ(オーストラリアンシェパード)でした。
オビエデンス、フリースタイル、ディスタンスの全ての項目で、
安定したポイントを出しての優勝でした。


価値あるオビエデンス部門の優勝は、神保&チィーでした。
日ごろの努力が結果に結びつきました。


そして、特別賞の清水賞は米澤&ドナに決定。

若い(中学3年)女性プレーヤーのフリースタイルチームです。
2分間の演技時間を、しっかりやりきっていました。


私の印象に残ったチームは、澤浦&カノン、澤浦&ニーナの、
キャバリアキングチャールズスパニエルのコンビです。
カノンはもちろん、ニーナの成長に驚きました。

他の結果は、BBDCホームページをご覧下さい。



私の古いラブラドールレトリバー仲間でバウンドバウ創世記のメンバーの方も、
久々(10年ぶりくらいか)にBBカップを見学に来てくれました。

新しく飼い始めたラブラドールと、ドッグスポーツも楽しんでいけると良いですね。


参加の皆さんお疲れさまでした。

Sabana
↑第8代BBカップチャンピオン 原田&サバナ

|

« 犬のいる景色 | トップページ | 新しいパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬のいる景色 | トップページ | 新しいパソコン »