« ヴィッツァー剥離骨折その後 | トップページ | トークセッション »

2013年12月21日 (土)

トイレの水が止まらない

今度は、トイレの水が出っぱなしになってしまいました。
タンクに一杯になってもそのまま水が出続けていました。
何日か前から、チョロチョロ出ていましたが、
その量が一気に増えて、水道水垂れ流し状態になりました。

幸いトイレは使えますが、このままでは永遠に水の無駄使いが続いてしまいます。
ホームセンターに部品を買いに行って、自分で治しました。
と言っても、部品を交換しただけですけど。
それでも結構な作業になりました。

今はすっかり直って快適です。

先日の給湯器といい、今回のことといい、
家も築15年以上たつと、いろいろ不具合が出てくるものです。


日本に
[DO IT YOU SELF]
という言葉が入ってきてどのくらいが経つのでしょう。
田舎暮らしの我が家では、避けて通れないことです。
草刈芝刈り、ペンキ塗り、冬仕度などいろいろです。
薪ストーブのうちは、薪の確保も欠かせません。
雪が降ったときの(年3~5回くらいですが)雪かきもなかなか重労働です。


面倒くさがりの私ですので、何かトラブルが起こらないと事を起こしません。
今回の事もそうですが日ごろからマメにメンテナンスをしていれば、
防げることも多いと思います。

でも唯一、犬の事はマメにやっていると思います。
犬のことに時間を取られて、なかなか家のことができない・・・・・
ゴメンナサイ、言い訳です。

自分で家の事を色々やってしまう人を尊敬しています。
(私も少しは出来るようになりましたが)
特に大工仕事ができる人はスゴイです。
私は、本当は田舎暮らしには向かない人間だと思います。
でも田舎に住みたくてい今の場所に家をたてました。
生活そのものは、快適で、自然の中での毎日は楽しいものです。
後は、もうちょっとマメになることですかね。

そして今の生活が、犬には良い環境である事が最大の魅力です。
犬と暮らすのに良い環境は、人には厳しいという事ですか。

|

« ヴィッツァー剥離骨折その後 | トップページ | トークセッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィッツァー剥離骨折その後 | トップページ | トークセッション »