« 年末恒例トスフェチ祭り | トップページ | エアデールテリア大好き »

2013年12月28日 (土)

セミナーと合トレ

『合トレ』という言葉が使われるようになったのはいつ頃からでしょうか。
合同トレーニングのことで、練習会と言っていたものが、
いつからか、こう呼ばれるようになりました。


ディスクドッグセミナーというものが、BBDC(バウンドバウ・ディスクドッグクラブ)他、
色々なところで行われています。
ほとんどの場合が有料で、トレーナーの方にレッスンを受ける形で行われます。

これに対して合トレは、複数のディスクドッグチームが集まって、
それぞれのチームがそれぞれのトレーニングをします。

もちろんアドバイスもありますが、決まったトレーナーがいるわけではなく、
プレーヤー同士の、意見交換が主になります。
(初心者のかたががいれば簡単なレッスンをしますが)

ですから基本的には合トレは、人にディスクを教わるのがメインではなく、
自主トレを集まってやるようなものです。
実は、この合トレが非常に大切な時間なのです。

意見を聞いたり、話しているときに、色々なヒントやヒラメキがあります。



合トレでよくある会話です。

A「今やった、新しいトリックはどうですか?」

B「カッコイイと思いますよ」

C「○○を△△にすると、もっとカッコヨクなるかな」

D「**とのコンビネーションにしたら面白いと思うよ」

A「じゃ、ちょっとやってみますか!」

BCD「お~よくよくなったね!!」

というライブでの意見交換ができるのが、
最大の魅力です。


意見交換ではもう一つ良いことがあります。
それぞれ個人の持っている情報を、共有できるという事です。
昼食をとりながら、先日参加したゲームの話や、セミナーでもらったアドバイスの話、
などなど色々な話が出ます。
その中に、自分が役に立つヒントがあったりします。
考え方や、日常での犬との生活、ジャッジシステムの話、
ゲーム時のプレーヤーの服装、フリースタイルゲームで使う曲の話、
フリースタイルで表現したいテーマ、健康管理や獣医情報など、
内容に限りがありません。

また、目標を持って頑張っている人と話をしていて、
自分のモチベーションを維持できていたりします。



もう一つ、単独トレーニングと違って、合トレでは複数の人がいるため、
タイムを計ったり、キャッチ率を計算したり、音楽を流したり、ビデオを撮ったり
の作業ができます。
単独トレーニングでは感覚で判断していたものを、
実際のデータで判断することができます。
実戦に近いトレーニングも出来ます。


セミナーももちろん大切ですが、
合トレも大切なものです。

今週末の今日土曜日はBBフィールドで合トレです。
明日日曜日もフィールドの大掃除の後、合トレです。
時間のある方は出かけてみてください。

|

« 年末恒例トスフェチ祭り | トップページ | エアデールテリア大好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末恒例トスフェチ祭り | トップページ | エアデールテリア大好き »