« マトラ・シムカ・バゲーラ | トップページ | BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム »

2013年11月 8日 (金)

USDDN注目のチーム

USDDNWorldChanpionnshipのDVDを予約した方には、
順次届いていることと思います。

各地でDVD鑑賞会&DVDセッションが行われていることと思います。

私ももちろん何回も見ていますが、見るごとに感動が甦るとともに、
見るごとに新しい発見もあります。


今回のブログは、私なりに感じた注目のチームを書いて見たいと思います。
チームJAPANの活躍はすでにご存知かと思いますので、
それ以外の国の注目のチームを書きたいと思います。


MattBilder&BELLA
は、スローイングスキルの高いチームです。

JackFahle&SPICE
は、素晴しい身体能力」のミニオーシーのクイックな動きと、
プレーヤーとのシンクロも素晴しいチームです。

AndreaRigler&MOXIE
は、ピュリナディスクドッグチャレンジでも活躍しましたが、
今、全米で最も注目されているプレーヤーの一人です。
MOXIEの身体能力も桁外れで迫力のあるルーティーンと、
プレーヤーが独特の個性を持ったチームです。

DavidGusch&HIPPIR CHICK
は、軽快なテンポが魅力のチームです。

そのほか、
AlenaSmolikova&JERRYや、DominikaPiszczek&KIPERなどの、
ヨーロッパチームもヨーロピアンな個性的なルーティーンを見せています。

まだ面白いチームもありますが、DVDセッションの時にでもまたお話します。



今まで活躍してきたアメリカのビッグネームのチームに代わって登場した
アメリカの上位チームは、
『JAPANNスタイル』を取り入れて
ルーティーンを構成しているチームが多く存在しました。

具体的には、パッシングを骨格としてスピード感をだして大きく犬を走らせたり、
トリックのコンビネーションを作りこんだりと、それは長年やってきたJAPANスタイルでした。
フィールドプレゼンテーションなどはまだこれからですが、
進化するアメリカチームが素敵に見えました。

3年連続日本人のワールドチャンピオンで、
日本チームの活躍が目立った数年でしたが、
今年のUSDDNでは、底力のある、強いアメリカを感じました。
素晴しいチームが誕生する事でしょう。

詳しくは、DVDセッションや、年末12月21日のクリスマパーティーのときの、
YACHI&HIROのトークセッションでお話できればと思っています。

|

« マトラ・シムカ・バゲーラ | トップページ | BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マトラ・シムカ・バゲーラ | トップページ | BOB(ベスト・オブ・ブリード)ディスクドッグゲーム »