« 名犬牧場ディスクドッグカップ | トップページ | CHIHARUドッグトレーニング撮影会 »

2013年11月17日 (日)

名犬牧場ディスクドッグカップ終了

『名犬牧場ディスクドッグカップ』
が、大盛況のもと終了しました。
私がTounamentSecretaryを務めるJDDN(ジャパン/・ディスクドッグ・ナショナル)の
大会では、今年最後になります

今日は天気もよく風もおだやかで絶好のディスクドッグ日和になりました。

前のブログにも書きましたが、名犬牧場ディスクドッグカップは、
コンテスト形式のゲームで、4~5人のジャッジで一人が総合評価の10点満点の持ち点で、
予選ラウンドと決勝ラウンドの合計点で順位が決定します。

今回は特別にギャラリーの方に投票用紙を配って、
気に入ったチームを投票してもらうシステムを導入しました。
その点数も加点しました。

結果は、
ルツカ・プレボバ(チェコ共和国)の優勝。
圧倒的なルーティーンの完成度と個性で圧勝でした。
詳しいリザルトはドグタウン工房のHPに発表されます。

その後行われたタイムトライアルディスクゲームも、
ギャラリーに分かりやすく、参加チームと観客の両方が楽しめるゲームになりました。
ヨーロッパ式の2レーンでの勝ち抜けトーナメント方式で行ったことが、
このゲームを面白くしています。



大変によい企画のゲームでしたが、ただ一つ残念な事は、
名犬牧場スーパーディスクドッグショーに出演している
レギュラーのディスクドッグチームの参加がほとんど無かったことです。

本来なら、ホームゲームのホスト役として、
はるばる遠距離(今回は京都からのエントリーあり)から来たチームの
サポート役をしてもらいたかったです。

いつも出演しているディスクドッグショーと同じフィールド(ホームグランド)で、
同じ人間(私)の企画で行われるゲームでです。
いつもディスクドッグショーのフィールドや参加チームの食事を提供してくれている、
ここのテーマパークへの感謝の気持ちで、イベントを盛り上げるための参加でも
いいと思います。


私も遠征で四国など遠方に行きますが、
地元のたくさんのプレーヤーの歓迎を、本当に心強く感じています。
そして、感謝しています。

次のときはそこのところを改善して、もっともっとよいゲームにしていきたいと思います。

参加したチームの皆さん、スタッフの皆さん、
ありがとうございました。

|

« 名犬牧場ディスクドッグカップ | トップページ | CHIHARUドッグトレーニング撮影会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名犬牧場ディスクドッグカップ | トップページ | CHIHARUドッグトレーニング撮影会 »