« 赤い男の挑戦② | トップページ | 県民の日@群馬県 »

2013年10月28日 (月)

JDDNリジョナルリーグ戦終了

昨日の日曜日JDDNリジョナルリーグ戦が開催されました。
JDDNリジョナルリーグ戦とは、全国を北海道、関東、関西、四国、九州の
5つのリジョンに分けて、同時開催、統一ルール(JDDNルール)で行う
ディスクドッグゲームです。

関東リジョンは我がバウンドバウディスクドッグクラブが運営をします。
場所はBBフィールドです。

各リジョンとも、地元クラブの運営で地域対決のような雰囲気で行われます。
そして、インターネットで各地域のゲームの様子がライブ配信されます。
各地域のリジョンから集まったデーターを集計してポイント共にランキングが決定します。

なかでもジャッジデモコンテストでは、各地域のジャッジを務めたチーム(1~3チーム)が、
全国4会場をライブで繋いで行われます。
そして、リジョナルリーグ本部が審査して順位が決定されます。



世界では初のこのようなシステムによって行われるリジョナルリーグ戦は、
全く新しいスタイルのディスクドッグゲームです。
ドグタウンカップは全国から50チーム以上のフリースタイルチームが、
集まる日本一のチームを決める最も大きなディスクドッグゲームです。
それに対してリジョナルリーグは、地理的、時間的にドグタウンカップには
参加できないチームも、各地方のリジョンゲームに参加することで、
全国から参加しているチームと戦うことができ、
全国でどのランクにいるか知ることができます。
ドグタウンカップについで、日本一を決定するゲームとして発展しています。
今回も全国45チームの参加がありました。



結果を報告しないとですね。
チャンピオンはわがBBDCの清水&NIKIチームでした。
2位は四国の木村&アロハ。
3位は九州の奈良&ダズンブライトでした。
おめでとうございます。



このゲームが成立するには同じ価値観を持ったジャッジなくして、
成立はありえません。
この部分もこのゲームの持つ大きな価値だと考えています。
(もちろん統一ルールですので、全国同じジャッジシステムを採用しています。)
JDDNとドグタウンファクトリーで長年取り組んできた正しいジャッジングの必要性が、
このゲームの根底に根ずいているのは、間違えないと思っています。
そして、インターネットやUストリームというハードが確立された結果、
このようなゲームが開催できるようになりました。

私は、関東リジョンのチーフジャッジを務めました。
ジャッジデモコンテストにも参加して、たいへん貴重な体験をさせてもらいました。


東北リジョンや、東海リジョン、近畿リジョン、山陽リジョンなど
他の地域での開催が出来れば、もっと楽しくなっていくはずです。
全国でこのゲームを楽しみにしているチームがたくさんいることを知りました。
このゲームならではの魅力をあらためて感じています。

|

« 赤い男の挑戦② | トップページ | 県民の日@群馬県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い男の挑戦② | トップページ | 県民の日@群馬県 »