« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

USDDN DVDまもなく完成

感動のうちに終了しました2013USDDN World Chanpionshipです。
その模様を記録したDVDが後ちょっとで完成です。
今週末のフライボールミーティング、BBDC定例会でお渡しできると思います。
編集が終った映像を見ていると、あの時の感動が甦ってきます。


私は、今年で7回目のUSDDNでしたが、
7年分のDVDは宝物のようなものになっています。

2007年のルイビル
 Beeの決勝ラウンド
 Tub-Gの3R
 まりんのワールドファイナル3位
 コージ&ハヤテのD2優勝など

2008年初めてのデリンジャーパーク(カータスビル)
 ランブルドッグスの大活躍
 俊介&シャックの伝説の全米選手権3連覇の歴史的一勝目
 など

2009年会場は以後デリンジャーパークに
 バウンドバウから同年ドグタウンカップチャンピオンの清水&半蔵が参加
 2005年チャンピオンの安田シンジがヘニオと参戦
 例のハヤテ胃捻転欠場、繰上げのMIOパーフェクト達成
 松浦&パムの4位など

2010年
 初参加の二見&ルシータの3位表彰台
 ヨーロッパチーム(ポーランド,チェコ)の大活躍
 俊介&シャックの全米選手権3連覇達成、(以後このタイトルはなくなりました)
 ヒロ&マトラ初参加撃沈
 キャンプ場での宿泊など

2011年
 高岩&カイチームワールドチャンピオン獲得
 2位二見&ルシータ
 3位俊介&シャックの日本チーム表彰台独占
 ヒロ&マトラ フェイバレットエンターテナーアワードを受賞
 木村&アロハ、上野&マーリー、官沢&ブブ、皇介&ジェイクの初参加
 Mona小西ライカで参戦

2012年
 二見&ルシータワールドチャンピオン達成
 2位皇介&ジェイク初表彰台
 3位俊介&シャック 日本人チーム2年連続表彰台独占の快挙
 宇佐見&コニス、内田&ハチ、福田ジュジュの初参加
 コウジ&ブフォン、千春&ZIP、高岩&クーの新しいパートナーで参加

7年間ここでは書きませんが、まだまだたくさんのことか在りました。


そして今年2013年
 YACHI&ベガの優勝で感動の幕を閉じました。


DVDを残すことでUSDDNの感動やドラマを残しているのだと実感しています。
感動の2013を再び・・・・・
もうちょっとお待ち下さい。

Dvd

 
  

| | コメント (0)

2013年10月29日 (火)

県民の日@群馬県

今週の月曜日は群馬県民の日でした。
学校や、県の職員、など休みになります。

それと共にディズニーランドの割引などもあります。
この日にディズニーランドへいくと、群馬県ナンバーの車がたくさんとまっていて、
群馬県民によって占拠された状態になっているそうです。
そして、あちらこちらで群馬弁が飛び交っています。
平日の空いている時を狙ってきた人にはいい迷惑ですよね。

また、県の観光施設や博物館美術館なども入場無料になります。
クローネンベルク ドイツ村というテーマパークも無料で解放されます。
ここは犬も入れます。
行ってきましたよドイツに。
ここも群馬県民がたくさんいて混雑しています。
ドイツの雰囲気で写真を撮ろうと思っていましたがとても無理。
ちょっとだけ散歩して帰ってきました。
今度はすいている時(いつもはすいています)に行ってみます。

群馬県民はタダというキーワードに反応するようです。
県民の日はタダの施設はどこも混雑していたそうです。
お金を払っても、すいていて快適がいいと思いました。
県の施設なので、たいした入場料ではありませんし・・・・・。

ビッツァーとギャンブーはテーマパークデビューになりました。
ギャンブーはマイペース、ビッツァーは人の多さにちょっと緊張していたみたいです。

県民の日の意味もよく分からず、必要性を感じないまま終った一日でした。

Photo
↑空いているゾーンへ行ってちょっとだけ撮影
 ぜんぜんドイツっぽくありません

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

JDDNリジョナルリーグ戦終了

昨日の日曜日JDDNリジョナルリーグ戦が開催されました。
JDDNリジョナルリーグ戦とは、全国を北海道、関東、関西、四国、九州の
5つのリジョンに分けて、同時開催、統一ルール(JDDNルール)で行う
ディスクドッグゲームです。

関東リジョンは我がバウンドバウディスクドッグクラブが運営をします。
場所はBBフィールドです。

各リジョンとも、地元クラブの運営で地域対決のような雰囲気で行われます。
そして、インターネットで各地域のゲームの様子がライブ配信されます。
各地域のリジョンから集まったデーターを集計してポイント共にランキングが決定します。

なかでもジャッジデモコンテストでは、各地域のジャッジを務めたチーム(1~3チーム)が、
全国4会場をライブで繋いで行われます。
そして、リジョナルリーグ本部が審査して順位が決定されます。



世界では初のこのようなシステムによって行われるリジョナルリーグ戦は、
全く新しいスタイルのディスクドッグゲームです。
ドグタウンカップは全国から50チーム以上のフリースタイルチームが、
集まる日本一のチームを決める最も大きなディスクドッグゲームです。
それに対してリジョナルリーグは、地理的、時間的にドグタウンカップには
参加できないチームも、各地方のリジョンゲームに参加することで、
全国から参加しているチームと戦うことができ、
全国でどのランクにいるか知ることができます。
ドグタウンカップについで、日本一を決定するゲームとして発展しています。
今回も全国45チームの参加がありました。



結果を報告しないとですね。
チャンピオンはわがBBDCの清水&NIKIチームでした。
2位は四国の木村&アロハ。
3位は九州の奈良&ダズンブライトでした。
おめでとうございます。



このゲームが成立するには同じ価値観を持ったジャッジなくして、
成立はありえません。
この部分もこのゲームの持つ大きな価値だと考えています。
(もちろん統一ルールですので、全国同じジャッジシステムを採用しています。)
JDDNとドグタウンファクトリーで長年取り組んできた正しいジャッジングの必要性が、
このゲームの根底に根ずいているのは、間違えないと思っています。
そして、インターネットやUストリームというハードが確立された結果、
このようなゲームが開催できるようになりました。

私は、関東リジョンのチーフジャッジを務めました。
ジャッジデモコンテストにも参加して、たいへん貴重な体験をさせてもらいました。


東北リジョンや、東海リジョン、近畿リジョン、山陽リジョンなど
他の地域での開催が出来れば、もっと楽しくなっていくはずです。
全国でこのゲームを楽しみにしているチームがたくさんいることを知りました。
このゲームならではの魅力をあらためて感じています。

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

赤い男の挑戦②

赤い男の挑戦①の続きです。

その時何が起こったのか?

側転倒立投げを決めて着地のとき右足ふくらはぎの肉ばなれに・・・・・
ギャラリーには分からないが歩くのも困難な状態に・・・・・


そして、そのまま2分間をやりきりました。

その後もキャッチを続けましたが、
ルーティーン終盤の大技、サークルマルチプルからの、
ジャンピングショルダーは回転に力が入らず、
タイミングがずれて惜しくもミス。

このラウンド2ミスで終了。

怪我が無ければ、パーフェクトだったかもしれません。


2ラウンドトス&フェチは氷で冷やして、テーピングをして競技続行。

1日目を終って、11位の好位置に着きました。

しかしこの状態で、翌日の決勝ラウンドは出場できるのか・・・・・?




翌日の決勝ラウンドは危険でもおかしくない状況の中、
痛み止めとテーピングをして出場。

傷みにより動くこともきびしいなかの決勝ラウンドになってしまいました。
そのなかで、できることを全て出し切って終了。(倒立側転投げは封印)
タイムアップと同時にその場でうずくまってしまいました。
そして、やりきって痛みに耐えている笑顔は、なんとも言えない表情でした。
やりきった達成感なのか、安堵感なのか、悔しさなのか複雑な気持ちだったことでしょう。

そして、結果は順位を一つ上げて10位でフィニッシュ。

もしケガが無ければどういう結果になっていたのか分かりませんが、
精一杯の素敵なプレーにみんなが感動していました。

可能性がある限りチャレンジし続ける彼の姿勢が現れた記憶に残るゲームになりました。


彼とは、アメリカ滞在中は同室でした。

ケガの事や、傷みのことでまったく弱音を吐くことも無く、
自分を見失うことなく冷静に行動していました。
精神的にタフな真のスポーツマンであることを感じました。

UCHIDA KATSUMI&HACHI
2013USDDNのチャレンジを忘れる事はありません。
語り継がれる素晴しいチャレンジでした。

お疲れさまでした。

Jyanpingu
↑決め技のジャンピングショルダー(DTCにて)

| | コメント (2)

2013年10月24日 (木)

赤い男の挑戦①

2014USDDNから2週間が経とうとしています。
お会いした方には、お話しする機会もあったりしましたが、
帰国後なかなかUSDDNのことが、書けないでいました。

まずは、YACHI&VEGAの優勝ですが、
本人が昨日無事帰国しましたので、
本人よりゆっくり聞きたいと思います。


私の中で、真っ先に伝えたい事は、UCHIDA KATSUMI&HACHIのことです。
いつも、真っ赤な衣装でおもいっきり気合の入った演技をすることで有名なチームです。

日本では、ミスターパーフェクトと呼ばれるこのチームですが、
キャッチのための消極的なプレイではなく、プレーヤーの身体能力を生かした、
ダイナミックなパフォーマンスが魅力のチームです。

1.5メートル以上ジャンプして空中から投げる、
有名なジャンピングショルダースローや、
切り札の倒立側転スローなど、このチームの看板トリックになっています。

犬のほうのHACHIはボーダーコリー、
前の飼い主が飼育できなくなった、レスキュー犬です。
ジャンプも、走りもけしてスーパーではありませんが、
しっかり築き上げた信頼と、コンビネーションを武器として、
安定したキャッチを作り上げてきました。

そんなチームがアメリカUSDDN世界選手権で大活躍しました。
昨年に続いて、2回目の世界への挑戦です。
昨年はミスもあり22位という結果でした。
リベンジを誓った今年は、10位入賞という素晴しい結果でした。
憧れのトップ10にランキングインです。
おめでとうございます。


実はこのチームは、今回のUSDDNで信じられないドラマを演出しました。
初日、気合の入った1ラウンド フリースタイル。
ミスターパーフェクトのニックネームどおり、
性格にミスの無いキャッチを積み重ねていきます。


この男、USDDNでまさかのパーフェクトをやるのか?

そんな空気がフィールドを包んだとき・・・・・

勝負の側転倒立スロー!

投げられたスローは綺麗な軌道を描いてナイスキャッチ!

会場が沸きあがります。


が、その時まさかの出来事が・・・・・・・・!

(赤い男の挑戦②に続く)

Hachi
↑UCHIDAの身体能力を生かしたジャンプスロー

| | コメント (2)

2013年10月23日 (水)

ヴィッツァーその後

アメリカから帰ってきたらヴィッツァーの耳がセットされていました。
ヴィッツァーの耳が立ち耳になりそうでしたが、
私としては耳が立ってもいいかと思っていました。

セットしたヴィッツァーの顔を見ると、エアデールテリアらしくなって
凛々しく見えます。
ボディーも綺麗にトリミングされてカッコよくなりました。


生後3ヶ月半経ちましたが、
動きのよさは、同じ月例の頃のマトラと比べてみても、
素早い動きで、アタックも強い感じです。
シャイの部分も無く、気持ちもタフのようです。
咬みもよくタグを思いっきり咬んで引っ張っています。
部屋の中では、ちゃんと教えてはいませんが、なんとなくレトリーブもしています。
今は、ドライブを作っていくことを中心にやっています。

まだまだこれからですが、パピートレーニングをしっかりやって行きたいです。
気がつけば、成長記録の写真を全然撮っていません。
現在体重は6キロです。


もう少したったら、
『ヴィッツァーディスクドッグへの道』
を、書いていきたいと思います。

Photo
↑耳をセットしたらこんな感じ。

| | コメント (2)

2013年10月22日 (火)

オンパクフィナーレに参加

みなかみ温泉で1ヶ月間にわたり行われていた、
『オンパク2013』のフィナーレに参加してきました。
初日の温泉スリッパ卓球から始まって、
連日たくさんのイベントが行われ昨日で全てが終了しました。

フィナーレを飾るのは、温泉ライター小暮淳の講演会と、
我がKUWAバンのライブです。
フィナーレ。それもおおとりが我々のライブとはありがたいです。
大役も無事終って、温泉に入って、美味しい食事とお酒をいただいて、
アメリカの疲れも一気に解消しました。
夜中まで盛りあがってしまって、またちょっとお疲れです。

リフレッシュしましたので、気持ちも新たに
またディスクトレーニングをやっていけそうです。

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

USDDNマトラの幻影

私としては、今年で7回目のUSDDNワールドファイナル。
2010年と2011年はマトラと共に世界と戦いました。

昨年の3月にマトラがこの世を去った、昨年のUSDDNのときに会場で思った、
「私はもう二度と、ここで戦う事は無いのではないかと感じた」
重苦しい、なんとも言えない感情・・・・・
マトラがいてくれれば・・・・・

という、マトラの幻影のようなものを感じていました。

自分の中では吹っ切れたつもりでも、USDDNという特別な場所と時間の中では
いつもと違った感情になったようです。


今年2013年、いつもの会場のデリンジャーパークに入ってみると、
不思議とその感情は消えていました。
重苦しい幻影のようなものは全く感じなくなっていました。
そこは以前と同じ、憧れのステージになっていました。

「本当に吹っ切れたのか?」

良く分かりませんが、もう一度USDDNにチャレンジしたいと強く思いました。
そこには、チームJAPANの戦う姿や、
本気でこのスポーツに情熱を賭けている選手の気持ちが
そうさせたのかもしれません。


夢に向かって新しいチャレンジが始まります。

私の2013年のUSDDNでした。

| | コメント (2)

2013年10月19日 (土)

フライボールNAFA CanAm Ciassic

USDDNの翌週、フライボールの世界最大のゲーム
『カンナムクラッシク』がインディアナポリスで行われています。

日本からは、YACHI..HIRAI、 KOUSUKE..HIRAI、 MONA.KONISHI、
CHIHARU.SHIMIZUの4名が参加しています。

今年になってパムマーチンが2回来日して、セミナーを開催して、
そして、いよいよ本格的に始動します。

本場のCaAamでたくさんの事を体験し吸収して帰ってくることでしょう。
帰国が楽しみです。


USDDN帰国組は、明日『留守番JAPANNカップ』が行われます。
USDDNで戦ったチームを招いての記念ゲームになります。
私は、ギャンブーとの久々のディスクゲームになります。
ギャンブーとはドグタウンカップからディスクをしていませんが、
楽しんで参加したいと思います。
USDDN2013のおもしろエピソードなどは、明日の打ち上げでお話します。
そちらもお楽しみに。

Canam
↑日本からの参加メンバー

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

帰国しました

昨日の夜遅くにUSDDN世界選手権より帰国しました。
このブログもNOBUKOの仮管理人にて、更新が行われましたが、
今日から、またHIRO@管理人に戻ります。

ドグタウンカップからUSDDNまで、たくさんの感動とドラマがありました。
少しずつ報告したいと思います。


USDDN2013の結果は速報で、もうご存知の方も多いと思います。
ワールドチャンピオンは平井寧&ベガ。
2位は皇介&ジェイクでした。
優佳&ティンクがフェイバレットエンターティナーを受賞。

2011年の高岩&カイ、2012年の二見&ルシータに続いて
3年連続の日本人チームのワールドチャンピオン達成になります。
ここ数年、圧倒的な強さの日本チームです。


今回は、参加した全チームのうちの1/3近くをアジアのチームが占めていました。
日本はもとより、中国チームがD1に2チーム、D2に1チーム、スーパープロT&Fに2チーム
の参加がありました。
一昨年のUSDDNに視察に来ていたジミーチェンが持ち帰ったディスクドッグが、
今年は自らチームの参加を含む、5チームの参加をするに至りました。
アジアのディスクドッグの発展を感じます。

また、アメリカの新しいチームの参加も多くあり、
高いスキルと、表現力の豊かなチームが誕生しています。
さすがディスクドッグ発祥国の選手層の厚さを感じました。

USA、カナダの北米。
ヨーロッパの各国。
そして、アジア。

まさに「インターナショナル」なゲームでした。


私も新しい犬を迎えて、再び世界にチャレンジ出来ることにワクワクしています。
USDDNは人生をかけてチャレンジする価値のあるゲームであることを、再認識しました。
(USDDN2013の詳しい報告は後ほど)

Bega
↑2013ワールドチャンピオン『YACHI&VEGA』

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

留守番JAPAN解散

ドグタウンカップの翌日、慌しく出かけていったTEAM JAPANの応援隊「留守番JAPAN」も
たった今、帰国第2陣が成田に着いたとのことで、ここで、留守番JAPANを解散します。

今日帰ってくるのは、宇佐見コニス、木村プリーマ、矢口パルサー、内田ハチ、藤井ミゼットと酒井です。
平井ベガ、小西ライカ、平井ジェイクは、明日からのフライボールの世界大会カンナムクラシックに清水千春と合流し、ジャッジ及び視察に行きます。

今年は、スマホやタブレットのおかげで、現地の様子がリアルタイムで伝わってきて、留守番JAPANブログ部は、大変助かりました。
大会を控えているのに、選手の皆さんにはありがとうございました。

facebookでの、応援書込みもありがとうございました。
日本の各地でUstreamで、一緒に応援してるんだ!と、心強くも楽しく応援できました。

この留守番JAPANの存在が、アメリカにいる選手の皆さんのバックアップをしていることは
間違いないです。

皆さん、ありがとうございました!

そして、今週末には、BBフィールドで留守番JAPANカップがあります。
今、一番HOTな話を聞きに、ぜひ、参加してください。

そして、コメントを書きそびれてしまった人、ぜひ、書き込んでくださいね

そして、次は、留守番JAPANカップとは関係ない私サマンサからのお知らせです

続きを読む "留守番JAPAN解散"

| | コメント (2)

2013年10月16日 (水)

グランドスラム達成

まだまだ、余韻に浸っています。

優勝した平井氏ですが、誰もがその実力を世界一と認めながら、なかなか勝利の女神に微笑んでもらえずにいました。

ところが、今年の平井ベガは違っていました。
出る大会、出る大会、全て優勝

そして、今年、3大トーナメントである

 ○9月に行われたヨーロッパ選手権

 ○10月に行われたドグタウンカップ

 ○そして今回のUSDDN世界選手権

を全て制しました。

ということは、8月25日付当ブログにて提唱したディスクドッグの「グランドスラム」を達成したのです!
昨年のDTCもとっていますので、シーズンと年間の同時達成です。
ついに、実力と肩書きが重なった瞬間がやってきました。
若いベガですから、しばらくは平井ベガの時代が続くでしょう。

今後のディスクドッグ界に注目です。

54

| | コメント (0)

第1陣帰国

さきほど、TEAM JAPAN第1陣帰国しました。

台風の影響で飛行機が遅れたそうです。

もう少しで、あの笑顔と会えますね。

お疲れさまでした

今日、帰ってくるのは

吉岡ブフォン、吉岡マーカス、高岩カイ、立花ヤコブ、松浦ミッシー、岡田ティンクです

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

優佳ちゃん3位でした

優佳&ティンクチーム、スコア修正があって、3位でした。

そして、D2では初めての、Most Favorite Entertainor Award を受賞しました。
この賞は、バーニー、シャック、マトラと受け継がれてきた賞です

ピュリナは残念な結果だったけれど、実際はピュリナの幹部たちも含めて物凄く高い評価をもらっていたそうです。

もちろんusddnでも観客、スタッフ、選手たちからも拍手喝采だったそうです。

世界のShaunを含めて、今回2位だったKousukeやMona、Luckaと若い世代が、このスポーツを真剣に取り組んでいます。

きっと、ディスクドッグの未来は明るいに違いないでしょう。
そして、今回のYachi&Vegaが世界一になったことで、新たな展開の始まりになることでしょう。

また、ドキドキワクワクの今日が始まります!

本当におめでとう!

そして、TEAM JAPANの皆さん、お疲れ様。

感動をありがとうございました!

51

さて、留守番JAPANも終盤です。

あとは、無事に帰りを待つばかりです。
もう少し、お付き合いくださいませ

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

結果速報<追記あり>

熱い熱い戦いも日本時間朝方、終了しました。

たった今、表彰式が行われました。

優勝:平井ベガ

2位:平井皇介&ジェイク

7位:松浦道子&ミッシー

8位:小西萌波&ライカ

10位:内田克己&ハチ

13位:矢口順子&パルサー

17位:高岩万理&カイ

18位:木村靖子&プリマ

21位:立花幸子&ヤコブ

27位:宇佐見トシ枝&コニス

29位:藤井佐知子&ミゼット

30位:吉岡美緒&マーカス

31位:吉岡浩二&ブフォン

ベストエンターティナー賞:岡田優佳&ティンカーベル

おめでとうございます!

スーパープロトス&フェチ第4位:平井皇介&ジェイク
優勝は、チャックミドルトン&バンバン

・・・・・・・・・

これより続きは、ドグタウンHPのBBSで。

私は、これから、世界の名犬牧場でディスクショーです

お時間のある方、見に来てください

50

| | コメント (2)

2013年10月13日 (日)

中間発表

中間発表です。

下位チームよりのスタートとなります。
●印が日本チームです

Super Open Freestyle Reverse to First 

47   Chip Baker / Vane 33.681
46   Jessica Davis / Gracie 35.433
45   Colleen Hegvi / Haze 40.914
44   Deneane Hart / Ares 43.095
43   Haeleigh Clive / Clove 45.140
42   Laura Campbell / Ripley 47.400
41   Laura O'Neill / Wick 50.6510
40   Bob Hegyi / Diggory 51.768
39   Jordan Bybee / Rambier 52.548
38   Martin / Phonebe 53.680
37  ●Koji Yoshioka / Buffon 53.785
36   Pui Mario Lo / Dong Dong 54.332
35   Paul Goike / Diablo 56.184
34  ●Toshie Usami / Conis 56.282
33   Alena Smolikova / Jerry 57.344
32  ●Mio Yoshioka / Marcus 57.694
31   Leroy Golden / Bruzair 58.600
30   Jeffrey Salois / Balako 58.882
29  ●Sachiko Fujii / Midget 59.170
28   Chen Weimin / Cisco 59.181
27   Ewa Kiryk / Flicka 59.325
26   Daniel Belanger / Nick Jr 60.558
25   Chris Rodgers / Izzy 60.818
24   Danielle O'Neill / Toot 60.818
23   Jeff Scheetz / Killian 61.150
22   Chris Knapp / Jack 61.928
21  ●Sachiko Tachibana / Jacub 62.149
20  ●Mari Takaiwa / Kai 62.275
19  ●Yasuko Kimura / Prima 64.663
18  ●Junko Yaguchi / Pulsar 65.475
17   Angelo Marinakis / Joe65.775
16   David Gosch / Hipie Chick 66.083
15   Nate Bednar / Rizzo 66.504
14   Scott Jones / Tango 67.023
13   Dominika Piszczek / Kiper 69.281
12   Matt Bilderback / Bella 69.914
11  ●Katsumi Uchida / Hachi 70.636
10   David Roman / Ro 70.956
9  ●Michiko Matsuura / Missy 71.022
8   Chuck Middleton / Bling Bling 71.369
7  ●Mona Konishi / Laika 71.808
6   Jason Rigler / The Kai Bear 71.912
5   Jack Fahle / Spice 72.441
4   Andrea Rigier / Moxie 72.699
3   Tim Geib / Auggie 74.475
2  ●Kosuke Hirai / Jake 76.056
1  ●Yachi Hirai / Vega 77.240

発表前の様子

48_1

岡田優佳&ティンカーベルは、第4位でした。

でも、会場を一番わかせていました。 デモンストレーションフリーでも最高のパフォーマンス! 可愛いと絶賛されていました(^o^)  by立花特派員

45_1

| | コメント (0)

1.2R終了

先ほど、1.2ラウンド終了しました。

チームジャパン素晴しい演技でした。

結果が発表になりましたら、お知らせします。

今晩は、23時頃から、スーパープロトス&フェチの1R
0時頃から、3ラウンドです。(日本時間)

留守番JAPANの皆さんも、もうひと頑張りしましょう!

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

Live中継URL

さあ、いよいよ始まります。

チームジャパンのコンディションも良いようです。

結果は・・・神のみぞ知る
今までの自分と犬を信じて思い切ってやって欲しいと思います。

そして、私達は、それを応援しましょう

ライブ中継のURLです

http://www.barknetwork.com/

43_1

44_1

| | コメント (0)

順番決定!

ドロ-イング終了した模様

3 吉岡マーカス
15 宇佐見コニス
16 藤井ミゼット
19 矢口パルサー
29 平井ベガ
33 平井ジェイク...
36 松浦ミッシー
38 吉岡ブフォン
39 内田ハチ
45 高岩カイ
49 小西ライカ
51 木村プリマ
53 立花ヤコブ

今日は、ゆっくり休んで明日に備えてください

会場の様子

42

| | コメント (0)

前日

いよいよ、明日から本番です。
今日は、設営のお手伝い。そして、夜(日本時間、もうすぐかな~?)は、ドローイング(順番を決めるくじ引き)です。
今年は、ドローイングのライブ中継はありません(笑)

ランチ中もリラックス

40

| | コメント (2)

2013年10月11日 (金)

恒例の

次々に情報が入ってきます。
タイトルをつけるのが、難しくなってきました(笑)

恒例のウェスマンにて記念撮影

39_1

メリッサとフィールドコーディネーターのジョンも一緒です

メリッサ宅で自主トレ

32_1

34_1

中国チームと一緒です

36_1

Discタワー作成中

30_1

夜は、メリッサ宅で各国のプレーヤーを招いてウェルカムパーティだそうです。

38_1

| | コメント (0)

エンドース取得

チームジャパンのUSDAエンドース(健康診断書に米国農務省の裏判をもらうこと)取得しました。
これで、無事に日本へ帰れます

本日(半日前)の模様

メリッサ宅で、トレーニング

27_1

ウェスマンで中国チーム、チェコ、メリッサ、ジョンと昼食

24_1

25_1

| | コメント (2)

2013年10月10日 (木)

パルサー復活

パルサーも完全復活

コージさんは、何を撮ってるんでしょう?

23

マーカスも元気そうです

22

| | コメント (0)

ヘルスチェック

朝、起きると、続々情報が入ってきます。
ありがたいですね~

今日は、獣医師によるヘルスチェック&健康診断書をもらいます。
これで、日本へ帰る準備OKです

19_1

順番待ち

14_1

15_1

練習&休憩

16_1

17_1

犬がいなくてヒマな人

18_1

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

DTCマスコミ編

USAから、どんどん情報が入ってきます。
(まだまだ、余裕なんだね~)

でも、ワタシも大きなイベント後で余韻に浸ってます。

まずは、上毛新聞動画ニュースです

東京新聞オンライン

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131005/CK2013100502000154.html

| | コメント (0)

さいとしーいんぐ

今日は、メリッサ邸で練習のあと、メキシカン料理を食べ、お買い物~

12

13

11_2

| | コメント (0)

合流

チームジャパン全員到着。

みんな、元気そうですね。

宿泊先のホテル前にて

10

| | コメント (0)

再会

偶然にローラに会ったそうです。

7

メリッサと

8

楽しそうだね~

今年のパンフレット
LIVE中継もあるそうです

9

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

朝食

チームジャパン先発隊メリッサ邸にて、朝食

みんな、元気だそうです

4

5

6

現地時間を右の青い時計に表示しました。
参考にしてください

| | コメント (0)

月曜出発組、無事到着

月曜日に出発し、直行便組、ミネアポリス経由組、無事に到着したようです。

人も犬も元気だそうです。
まずは、一安心

アトランタ空港にて

2

夕食中

3

| | コメント (0)

TEAM JAPAN

今年のチームジャパンメンバーです。

平井寧&ベガ(群馬県)

50030

平井皇介&ジェイク(群馬県)

20025

小西萌波&ライカ(滋賀県)

Raika

高岩万理&カイ(北海道)

20021

松浦道子&ミッシー(愛知県)

20016

宇佐見トシ枝&コニス(群馬県)

20012

内田克己&ハチ(東京都)

20008

矢口順子&パルサー(群馬県)

20002

吉岡浩二&ブフォン(愛媛県)

50005

立花幸子&ヤコブ(北海道)

20004

木村靖子&プリーマ(群馬県)

40001

吉岡美緒&マーカス(愛媛県)

_1

藤井佐知子&ミゼット(神奈川県)

_1_2

ディビジョンⅡ

岡田優花&ティンカーベル(京都府)

Tink

今年も最強メンバーを揃えてのチームジャパンです。

留守番JAPANでは、日本からたくさんの応援メッセージでサポートしていきます。
皆様の多くの書込みをお願いします

| | コメント (0)

2013年10月 7日 (月)

ドグタウンカップ写真UPしました

ドグタウンカップの写真をUPしました。

左の「02013.10DTC」よりご覧下さい

10001

| | コメント (2)

留守番JAPAN!始動

↓・・・と、いう訳で、昨日の興奮の覚めやらぬ間に、ヒロ、アメリカに今朝4:45旅立ちました。
予定では、今日の夕方には、成田から出発することになっています。
今日からワタクシ、元管理人妻のサマンサがこのブログを担当します
よろしくお願いします。

facebookの「留守番JAPAN2013」も立ち上げました
アカウントをお持ちの方は、検索してみてください。
(去年のグループをそのまま名前を変更したので、昨年のメンバーは、そのまま参加できています)

今年のUSDDNは、3組に分けての出発です。
本日は2組出発です。
無事に、検疫を終了した模様

1

この後も、随時、情報が入り次第、更新します。

お楽しみに

| | コメント (0)

USDDN世界選手権アメリカへ行ってきます

数時間前に終ったドグタウンカップ。
興奮が全く冷めないまま、
すぐにアメリカに向けて出発です。

USDDNディスクドッグ世界選手権です。
日本から11チームが、3便に分けて出発します。
成田で動物検疫がありますので、遅くてもAM5時には出発です。
今年で7回目になりますUSDDNですが、
私は今回もカメラマン及びオブザーバーとしての参加になります。
日本チームの皆さんのサポートが出来ればと思っています。

ワールドチャンピオンを賭けて、世界中から母国の期待を背負って、
トップチームが集まります。
熱い戦いに、今からワクワクしています。

では、行ってきます。
(留守中は当ブログは更新されないと思います)

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

ドグタウンカップ最高のサプライズ

それは大会2日目の朝、突然始まりました。
何が始まるのだろうと、会場にいる人たちがみんな注目しています。
会場全体を、緊張感が包みます。

「なんだ・・・?」
「ん・・・?」

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

「うおォ~!!!」

会場から大きな歓声があがりました。

歓声の後、大きな拍手に包まれました。

「オメデトー」
「おめでとう」

と声がかかります。

一体何が起こったのでしょう???


フィールドに登場したのはタキシードとウエディングドレスの若いカップルです。
そうです、10月1日にチェコから来日した、ルツカ・プレヴォヴァと、
平井俊介の人前結婚式です。
来日の翌日に婚姻届を提出したそうです。
なんと、なんと、婚姻届の保証人は、酒井 寛&伸子の私達夫婦です。

いや~、なんとも粋なサプライズです。

これから始まる緊張のビッグゲームの前に、
会場が幸せに満たされました。


俊介、ルツカ、結婚おめでとう。
世界のドッグスポーツを牽引していく二人に期待しています。
お幸せに。

Jl7e0926

Jl7e0932

Jl7e0933

Jl7e0942

Jl7e1027_2

Jl7e1044

Jl7e1051

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

ドグタウンカップ1日目終了その2

先ほど速報を入れてすぐ、
恒例の、遠距離からの遠征参加プレーヤーとの、
ウェルカム食事会に行ってきました。
毎年の事ですが、楽しい時間を過ごすことができました。

北は北海道、南は四国から参加です。
ドッグカフェ「るしあん」にて行いました。

るしあんのマスターご夫婦とお客さんが、お店を一時閉めて、
ドグタウンカップを見にきてくれました。

美味しい夕食も、ありがとうございました。

私は今日一日、新聞やテレビの取材の対応に追われました。
市長の記者会見での告知もあり、多くのメディアに来ていただきました。
本当にありがたいことです。

先ほど、群馬テレビを見ましたが、素敵に編集されて、
このスポーツの魅力が伝わる内容でした。

テレビ収録のとき、2011ワールドチャンピオンの高岩&カイチームの映像を撮影しました。
明日の大切な大会の前に、快く撮影に応じてくれたことに感謝します。
ワールドチャンピオンはどんなときでも素晴しい演技が出来る実力と、
ディスクドッグのトッププレーヤーとしての人間性を兼ね備えていることを実感しました。

明日は、市長をお迎えしての、セレモニーも行われます。

いよいよ熱い戦いが始まります。

| | コメント (0)

ドグタウンカップ1日目終了

1日目終りました。

群馬テレビPM6時、PM8時のニュースで取り上げられます。
ぜひ、見てください。

明日の上毛新聞、読売新聞、東京新聞の朝刊に掲載予定です。

今日はプレス対応な一日でした」。

とりあえず速報でした。

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

いよいよ今週末はドグタウンカップ

今年もやってきました、
『ドグタウンカップ』
今年で12回目の開催になります。
日本でもっともレベルの高いディスクドッグゲームで、
全国はもとより、ことしは海外からのチームも出場します。

今年は去年までの田口緑地から、前橋市の中心、
前橋公園に移しての開催になります。

素晴しい会場で、ギャラリーのアクセスも良く、
日本一のディスクドッグゲームに相応しい、
最高の会場です。



前橋公園は、前橋市民なら誰でも訪れる、市民の憩いの場所です。
私も子供の頃から慣れ親しんだ公園です。
子供の頃は隣接する児童遊園地(現ルナパーク)や、
さちの池などは頻繁に遊びに行っていました。
新しく出来た親水公園や、日本唯一の屋内競輪場のグリーンドームなどは、
前橋市の新名所になっています。
ちなみにこの公園のエリアは、私の実家から歩いて10分くらいの距離です。
母校の小学校も県庁をはさんだ反対側にあります。

そんな場所でドグタウンカップが開催される事は、
私にとって本当に嬉しいことです。
昔世話になった近所の人も見に来ないかな。



ゲームは、わたしHIRO&ギャンブー、NOBUKO&バルカで
D1オープンフリースタイルに参加します。
私にとっては10回目のドグタウンカップ出場になりますが、
HIROもNOBUKOともに、このチームでのドグタウンカップ参加は、初めてになります。
それぞれの目標が達成できるようにがんばります。

それと、ギャラリー参加型ゲーム“ワンワンゲーム”のコナーの、
企画、進行、MC、などもやります。
たくさんの参加をお待ちしています。



市長の定例記者会見での、ドグタウウンカップの紹介や、
今月の前橋市の、広報に取り上げてもらったり、
前橋市及び前橋市教育委員会の後援も得られました。
大会当日は、市長の挨拶もあるそうです。


『ドグタウンカップ』
今年も、熱い戦いと、たくさんのドラマが待っています。

Dtc2013

| | コメント (4)

2013年10月 2日 (水)

ヴィッツァーが来て2週間

ヴィッツァーが来て2週間がたちます。
私の覚書きも含めて報告
心臓のエコーを受け多事は当ブログで報告済みです。


連れてきた初日は大人しくしていましたが、
翌日からは、タグはかじるし、おもちゃを追いかけるは、
本性が出てきました。
今では、タオルを縛って丸めたタグや、ペットボトルタグを、
すごい勢いで追いかけて、かじり付きます。
レトリーブはちゃんと教えていませんが、
タグを咥えて私のほうへにやってきます来ます。

咬みも非常に強く、咬むことへの欲は、
今までの犬の中では一番あります。

さすが、実猟系のエアデールテリアです。

猟犬のエアデールテリアはイノシシなどの大型動物を、
追い立てて、足にかじりついて動きを止めるのが仕事です。
吠えも、咬みの強さも、果敢にアタックする強さも必要です。


ヴィッツァーは、父親はマトラの胴体で、ドイツ訓練系×実猟系です。
母親は純粋実猟系になります。
血統からすると、実猟系が3/4に、ドイツ訓練系が1/4なります。
どのような犬になるかはまだ未知数ですが、
トレーニング次第では、ドライブの高い良いディスクドッグになりそうです。
ディスクドッグで成功するには、咬みに対する欲を、
どのようにコントロールしていくかが問われます。
マトラのときに試行錯誤しながら習得したことを、思い出しています。


ワクチンの接種が終って、早くフィールドで遊びたいです。
私がアメリカから帰ってきてからになってしまいますが、今から楽しみです。

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

アルプその後

4月にやってきたアルプ(スタンダードプードル)の報告です。
まもなくうちに来て半年がたちます。
月例は10ヶ月を過ぎました。

「アルプはどんな感じですか?」
「大きくなりましたか?」

などなど質問されます。

BBDCの定例会も夏の間しばらく無かったので、
最近のアルプを見ていない方も多いです。


4月に来たときは結構なビビリで、
公園でもディスクドッグの大会会場でも、
固まってしまって、全く動けない状態でした。
そして、すぐに車の中か、ハウスに逃げ込んで、
出てこられないことが続きました。

最初の3~4ヶ月は、大会や、トレーニング会場、練習会、ドッグラン、カフェ、セミナー会場
などに毎週頻繁に連れ出し、ビビリの改善の時間に当てました。
いまでも続けています。
それをメインでやりながら、パピトレも少しずつ行ってきました。
プラスチックの競技用ディスクを咬めるようになるまで2ヶ月くらいかかりました。
その頃、タグも、ボールも、ディスクも外では追いかけられない、
咥えても固まって動けない状態でした。

現在、ローラーでディスクを追いかけて、咥えることができるようになりました。
レトリーブはまだまだあやし部分もありますが、とりあえず戻ってきます。
もう少し時間をかければ、何とかなりそうです。
レトリーブも全く違ったアプローチで教えている最中です。
良くやる、ロングリードをつけて練習したところ、
ディスクをまったく追わなくなってしまいました。
色々アプローチして、いまの方法(方法はは別の機会に)にたどり着きました。


ディスクの空中キャッチも今までやってきたこととは違う方法で教え始めました。
やっと手に持ったディスクを、テイクで咬めるようになって来ました。

ローラーのディスクを追う、ディスクをくわえる、くわえて走る、
戻ってくる、ディスクをくわえて戻ってくる、手に持ったディスクをくわえる、
などを別々に教えて、繋ぎ合わせています。


アルプは、ボールを投げたら持ってきたというタイプの犬ではありません。
ディスクやボールに対する欲もほとんどありません。
ディスクドッグとしての成長は遅いと思います。


初代エアデールテリアのアデルは、2歳を過ぎてやっとディスクドッグになりました。
レトリーブまで1年くらいかかってます。
その後3才では、フリースタイルのゲームに出られるようになっていました。
それから8年間ディスクドッグとして11歳まで大会に出ていました。

アルプも含め、今ディスクドッグとして形にならない犬で頑張っているプレーヤーも、
一つずつ問題を解決していけば、ディスクドッグに近づいていくはずです。

アルプの今の問題点はビビリから来るパニックのような興奮状態になって、
冷静に行動できなくなってしまうことです。
これも少しずつ解決に向かっています。


アルプは、まだ1歳になっていません。
焦らずにじっくりトレーニングをしていきたいと思います。

Photo
↑9月20日撮影 モシャモシャです

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »