« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

ダブルトロフィー終了

土日の2日間はサラダパークぬまたにて、
『ダブルトロフィー』が行われました。

“ランブルドッグス”と“バウンドバウ”の関東を代表するディスクドッグクラブの
名前のついた、二つのトロフィーをかけたJDDNのゲームになります。

今週末行われる日本一を決めるディスクドッグゲーム
『ドグタウンカップ』
の、前しょう戦に当たるゲームです。

私とギャンブーのチームは残念ながら両日ともエントリーできませんでしたが、
NOBUKO&バルカが両日の参加になりました。


私は、2日目の決勝ラウンドのみ見ることが出来ました。
2日間終了した昨日の夜に、ビデオにて、全てのチームの全ラウンドを見ました。


トップグループの圧倒的なアドバンテージと、
中盤のチームの僅差で順位が入れ替わる団子状態と、
始めて間もないチームのグループに明確に分かれた結果になっていました。

トップグループは難易度の高いルーティーンを、
エクスキューション(キャッチ率)を9割台に入れてきての戦いになってます。
トス&フェチも20ポイント越えはあたりまえす。
ミスしたチームからチャンピオンが消えていくゲームになりました。
常に125~130ポイントを超えるゲームになっています。

そのトップグループに約10ポイント差があって中盤のチームが続きます。
120ポイント近い数字を出しても、中盤の上のほうになってしまいます。
なんとも厳しい戦いになってます。
トス&フェチのミスが命取りになってしまいます。

ラストグループは、100ポイント前後になってます。
まだまだこれからの伸びしろたっぷりのチームです。


今回の私はジャッジもなし、ゲームにも出なかったので、
冷静にゆっくりとゲームを観戦できました。
こんな事は滅多にありません。
楽しかったけれども、やっぱりゲームは出場して、
より楽しいものと実感しました。

しばらくゲームに出られなかったので、
ドグタウンカップがぶっつけ本番のようになってしまいますが、
少しでも、良いポジションを狙っていきたいです。


| | コメント (0)

2013年9月28日 (土)

ケイト11歳

今日28日はケイトの11回目の誕生日です。
大きな病気もしないでこの歳まで元気でいてくれることを嬉しく思います。

今でもディスクを追いかけて俊足で走り空中キャッチを決めています。

ケイトは私達の4頭めに迎えた犬になります。
ビアデットコリーは、昔から飼って見たかった犬種のひとつで、
長いモコモコの皮毛が大好きです。

運動能力も高く、走りとジャンプは得意でした。
ディスクドッグとしては大成させる事は出来ませんでしたが、
ディスクドッグショーではしなやかなジャンプと、
ぬいぐるみのような、モコモコのルックスでで人気者でした。

スコットランドの犬なので、日本の暑い夏は苦手ですが、
今年も何とか乗り切ることができました。

毎年恒例の兄弟姉妹会の旅行も待ってます。
残念ながら母犬は今年15歳で他界してしまいましたが、
ケイトの兄弟達の元気な姿に会えるのを楽しみにしています。

7052341
ケイトのジャンプキャッチ

Kate11
ケイトが現役だった頃

| | コメント (2)

2013年9月27日 (金)

群馬動物専門学校スポーツドッグ授業始まる

今日から全4回のカリキュラムで11月まで行われます。

群馬動物専門学校で来年度からは始まる予定の
スポーツドッグコースの講師をやる事になりました。
今回は一年生を対象に体験コースとして行われます。

今回のカリキュラムは、ディスクドッグを中心に行う予定です。

正式に講師を務めるのは、20才代後半から30代前半まで、
音楽教室の講師をやっていたとき以来になります。


ディスクドッグを教える機会は今でも頻繁にあります。
この専門学校でも、オープンキャンパス(次の年度の入学希望者の見学会)
などでは、ディスクドッグ教室をやった事はありますが、
正式に専門学校の講師として授業で教える事はもちろん初めてです。



ディスクドッグを始めて17年間以上たちました。
ひとつの事を続けていると、何かの形になっていくものだなあと思います。
ディスクドッグショーを始めて12年以上がたってます。
本当に
『継続は力なり』
です。

どうして飽きっぽい私が、こんなになに長い間続けてこられたのかというと、
ディスクドッグをが凄く面白いという事だと思います。
犬が大好きな私が、犬と楽しめるディスクドッグが楽しくないわけがありません。
それと共に、尊敬する世界中のプレーヤーとの出会いがあったことも大きいです。
常に刺激を受けられる環境でディスクドッグが出来ました。
目標とするチームが存在し続け、競い合うライバルがいつも回りにいました。
自分のチームの存在をいつも確認できる環境がありました。

まだまだ、目標達成の途中にいます。
これからも夢に向かって進んでいきます。


人生がどういう道に進んでいくかは未知数です。
自分の感性のアンテナが反応したことを、チョイスして、
継続して楽しんで努力していくことの大切さを感じています。

今回の講師の話も、数年前には思ってもみなかった事です。

新しいことが始まる“ワクワク感”を感じています。

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

「Yachi's Method」終了報告

平井 寧氏を迎えてのセミナー「Yachi's Method」を
BBDC(バウンドバウディスクドッグクラブ)会員対象に開催しました。

今回で2回目になります。
平井氏のプロフィールや内容など詳しい事は、
前回のときに書いたブログ(6月3日)を読んでください。
前回も凄く濃い内容でしたが、今回もすばらしいセミナーになりました。


犬に今起こっている行動や、状況を分析して、
正しいアドバイスを的確に伝えることのよって
犬たちが見る見る良くなっていくのを目の当たりにしました。
驚きと喜びがたくさんあったセミナーでした。
ディスクドッグで起こっている問題は、ディスク以外にある事も多く、
元の部分を直すことによってディスクも良くなっていくパターンが多数あリました。

印象に残ったのは

「犬にとってディスクは仕事ではなく、常にご褒美であること、楽しい遊びであること」

という言葉でした。

ディスクも訓練モードになってしまいがちな私のようなプレーヤーには、
気を付けなければいけないことで、役に立つことでした。

そのほか、ディスク欲が低くディスクに興味がわかない犬に、
段階的にディスクを教えていく基本方法などもたいへん参考になりました。

他にもたくさんの実例(参加犬の問題)でのアドバイスも、
今後に役に立つことが沢山でした。


そして今回は、数年前までディスクドッグプレーヤーであった人が、
新しい犬を手に入れて、長いブランクをのり超えて、
ディスクドッグプレーヤーとして復活するために、
基本を学びに来ていました。

イチからのスタート、いや、ゼロからのスタートになりますが、
とてもステキなことだと思います。

一緒にコートに立てる日を、楽しみにしています。


多忙な平井氏のスケジュール次第ですが、
年内にもう一度開催できればと考えています。

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

NDA報告

久々のNDA公式戦に参加しました
フリースタイルはHIRO&ギャンブーの他、
NOBUKO&バルカ、SYUAN&シャックの3チームだけとなりました。

いつものアウェイな感じもなく、歓迎ムードでゲームがスタートしました。
SYAUN&シャックのときはMCの計らいで、チーム紹介もあり、
よい雰囲気の中で演技することができました。


以前フリースタイルに出たときは、次のプログラム(デイスタンス)の選手が
コートの入場口に、たくさん集まっていて、
私達のフリースタイルが終って、自分達の投げ練のため、
たくさんのディスクを抱えたプレーヤーが一斉にコートの中に入ってきて
追い出されるようにコートを後にした記憶があります。
それは、最終チームである私の演技の最後のドッグキャッチが終ったときと同時でした。
先を急いで一投でも多く投げ練したい気持ちは分かりますが、
「なんで???」
「私の演技の時間ははまだ終ってないのに・・・・・」
「まだジャッジをしているのに・・・・・」
ディスクドッグをやっていて、この時ほど悲しい気持ちになった事はありません。
同じディスクドッグをやっている競技者として、
残念な気持ちでいっぱいになった記憶があります。
いつまでも、フリースタイルへの理解は得られないと感じて、
それ以来、情熱を持ってフリースタイルをやっていたメンバーたちとともに、
その団体から遠のいていってしまいました。



今回新体制になったNDAは歓迎ムードで、そんな気持ちには全くならないで、
一日楽しむことが出来ました。
その雰囲気を作ってくれた参加プレーヤーと、主催してくれたスタッフに感謝します。
新体制になったNDAに今後も期待しています。



ディスタンスプレーヤーとフリースタイルプレーヤーが理解しあうことが、
この競技の発展につながっていくことと思います。

今回の大会は非常に有意義だったと感じます。

Nda_2

| | コメント (4)

2013年9月24日 (火)

ヴィッツァー エコー検査

昨日ヴィッツァーの心臓のエコー検査をしてきました。
まだ早いかとも思いましたが、これからディスクドッグにするのに、
念入りに準備をしていきたいと思い、早めの検査に踏み切りました。

今回ドッグスポーツプロダクション『ドグタウンファクトリー』で、検査しました。
ドッグスポーツをやる者にとっては、このようなバックアップが安心につながっています。
カイロプラクティスの専門者や栄養管理、ランニングマシンによる体力増進など、
整った環境で、安心してドッグスポーツに打ち込めています。

ヴィッツァーを仰向けにして検査を受けていたら、
ちょっとたつとスースー寝ていました。
ちょっと大物かもしれません。

肝心の結果は、今見える範囲では問題ないそうです。
安心しました。

1
↑こんな機械で見てもらいました
 人間用との事です

2
↑心臓のエコー写真をもらいました

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

ヴィッツァー本当はビッツァー

ヴィッツァーの名前は“ひつじのショーン”という、イギリスの
アニメーション作品のに出てくる、犬の名前から取りました。

Sns_bitzer
↑ひつじのショーンに出てくるBITZER

本当は“BITZER”日本語ではビッツァーです。
カタカナの文字にするとぴ“ピッツァ”見たいで、
“ビ”(BI)だか“ピ”(PI)なのか分かりにくいので、
“ヴィ”から始まるようにして“ヴィッツァー”となった訳です。

どうでもいい話ですね


現在ポヨポヨの柔らかい毛がたくさん出ていますが
エアデールテリアが仔犬らしい時を残しておきたいと思い、
初プラッキング(毛を抜く)前に、写真を撮っておきました。

耳が小さく立ち耳になりそうなので、
矯正しようか考えてます。

今日はタグで遊んでみましたが、
反応良く咬んできました。

Vittsu4

Vittsu3
↑今はこんな感じです

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

久々のNDA参加

今週末に沼田サラダパークにて、
NDA(ナショナル・ディスクドッグ・アソシエーション)の
ディスクドッグゲームが行われます。
土曜日のフリースタイルに、HIRO&ギャンブー、NOBUKO&バルカで参加します。

今回はドグタウンファクトリーより、H.SYUNSUKEが、
シャックとガッツの2頭で参加します。
地元の大会わ盛り上げたいとの趣旨に賛同しての参加になりました。

シャックとのコンビはUSDDN全米選手権3連覇や、PIDG世界チャンピオン、
先月はヨーロッパで4つのタイトルを獲得したチームです。
新しいパートナーのガッツとのコンビも楽しみです。

地元で開催されるディスクドッグの大会に、
団体を超えて参加することが、
この競技の今後の発展につながっていくものと思っています。

翌週は同じ場所で、JDDNゲーム、“Wトロフィーズ”が行われます。
団体を超えてたくさんのチームに参加してもらいたいです。

今回、バルカの胴体のぽんずが参加します。
このスポーツを、兄弟で同じコートで参加できることも幸せです。

NDAを、1日思いっきり楽しんできます。

Nda2

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

新入り“ヴィッツァー”です。

本日、エアデールテリアの仔犬、
“ヴィッツァー”がやってきました。
オスです。
マトラの兄弟と実猟系の子供になります。

引き取りに行った埼玉より、初めてのドライブ。
落ち着いていることがで来ました。

早速、ドッグカフェ『しふぉんのお家』でセルフシャンプーをして、
オマケにドッグカフェデビューもしてきました。
その後、BBフィールド初体験でした。

私の次のディスクドッグのパートナーになる予定です。
まだまだ未知数なヴィッツァーですが、これからの大切な月例を、
しっかりパピートレーニングをしていきたいと思ってます。

またこのブログで成長記録、及び、
ディスクドッグへの道を書いていきたいと思います。

Vittsu1
初ドライブ

Vittsu2
初コイン式セルフシャンプー

| | コメント (4)

2013年9月18日 (水)

市長定例記者会見でドグタウンカップ開催を報告

12日の前橋市長の定例記者会見で、10月4日~6日に前橋公園で行われる
ディスクドッグ日本チャンピオン決定戦、及びUSDN世界選手権出場権を賭けた
“ドグタウンカップ”が取り上げられました。

正式に前橋市と教育委員会の後援を得られることが出来、
社会的にも認知されるまでになることが出来ました。


今年で12回目を迎えるドグタウンカップ。
昨日のブログにも簡単に歴史を書きましたが、
12年たってついにここまでの大会になりました。

ディスクドッグという日本では決してジャーではないスポーツでは異例のことです。
これは、12年間という長い間ディスクドッグの発展のため、
地道に活動を続けてきたドグタウンファクトリーの努力と、
たくさんの賛同していただいた方々のご尽力の結果です。


「犬はダメです」
「犬のイベントは前例が無いから」

などの回答で、良い会場の確保が困難ななか、
今回の前橋市の対応には頭が下がるとともに、たいへん感謝しています。

犬猫の殺処分の軽減を目指して、動物愛護に力を入れている前橋市。
今回の大会で犬のもつ素晴しさや、
犬と暮らす楽しさを少しでも伝えられればと思います。


今回のドグタウンカップが一つのモデルケースとなって、
全国に発信し、このスポーツが発展していくことを望んでいます。

期待に答えられるよう、素晴しい大会にしたいと思います。

市長の会見は、こちらから見られます(トップ項目として告知しています)


Video streaming by Ustream

| | コメント (4)

2013年9月17日 (火)

ドグタウンカップ会場下見

いよいよ18日にに迫ってきました、ディスクドッグのビッグゲーム、
ドグタウンカップの会場の下見に行ってきました。

2002年の昭和村総合運動公園、2005年から会場を前橋田口緑地に移しました。、
そして、いよいよ今年は前橋市の中心、前橋公園へと会場を移して行われます。


今日は主催のドグタウンファクトリーのスタッフと、
会場のレイアウトの位置決め、計測などを行いました。

会場は素晴しい公園で、ここでディスクドッグゲームが行われることが
信じられないくらいです。

数年前、全国緑化フェアというイベントで、
この公園で演奏したことがあります。
そのときは犬を入れてはいけない公園でした。
ドグタウン前橋の戸出氏のご尽力と地道な努力により、
素晴しい環境で開催することが出来ることを感謝します。



今年12回目を迎えるドグタウンカップは、日本一のディスクドッグゲームから、
総合ドッグスポーツイベントを視野に入れて、さらに大きくなろうとしています。
USDDNディスクドッグ世界選手権のクォリファイゲーム。
もちろん全国からたくさんのプレーヤーが終結して、熱い戦いが繰り広げられます。

前にブログにも書きましたが、アメリカUSDDNワールドチャンピオンシップ、
EUのヨーロッパチャンピオンシップ、そして、アジアのドグタウンカップを、
その歴史やオーガナイズを考えると、3大ディスクドッグゲームではないかと考えます。
ビッグイベントは他にもたくさんあリますが、
12年の実績と、5チームを超える世界チャンピオンの参加するゲームはありません。
ゲームレベルの高さ、それがドグタウンカップの魅力だと思います。


私の生まれ育ったこの地で、世界最高峰の一つの、
“ドグタウンカップ”が行われることを、大変嬉しく思います。

あと18日、カウントダウンに入りました。

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

宮ケ瀬バウワウドッグスポーツフェスティバル終了

宮ケ瀬バウワウドッグスポーツフェスティバルの終了報告です。

宮ケ瀬バウワウドッグスポーツフェスティバルという名に相応しく、
色々なドッグスポーツを見ることが出来るイベントです。


今年で2回目を迎えたこのイベントです。
今回はパムマーチンのフライボールデモンストレーションもあって、
フライボールというドッグスポーツの魅力を感じることができました

初日は、気温が上がって暑い1日になりました。
2日目は台風の影響で豪雨と小雨、時々晴れという、
天候の中で無事開催することが出来ました。

奇跡的に晴れた合間に、フライボールのデモンストレーションレースもでき、
バウワウゲームも雨に降られず、行うことが出来ました。


ギャンブーと参加したPODG(パシフィック・オーシャン・ディスクドッグゲーム)の、
D1オープンフリースタイルは、2ラウンドのトス&フェチが6.5ポイントとなってしまい、
残念な結果でした。
決勝ラウンドは音楽もタイムコールも聞き取りにくいくらいの、
豪雨、いや猛雨といってもいい天候でした。
コートに入って数秒でずぶ濡れになってしまい、雨で前も良く見えない状況でした。
悪天候はPODGの象徴になってしまってます。
でも、思い出に残るゲームになった事は間違いありません。


私が担当した”バウワウゲーム”は、熱心なゲームファンも多数参加して、
大いに盛り上がりました。
台風接近の中、ありがとうございました。

ドッグスポーツの楽しさを存分に味わった、ハッピーな2日間でした。

Photo
↑ギャンブーのジャンプキャッチ(写真、小山さんより)

| | コメント (4)

2013年9月13日 (金)

宮ケ瀬バウワウドッグスポーツフェスティバル

今週末の14(土)~15(日)は、
『宮ケ瀬バウワウドッグスポーツフェスティバル』
が、開催されます。

今年で2回目をむかえるこのイベントは、
ディスクドッグ、フライボール、アジリティーボール、ルアーコーシング、
のドッグスポーツが行われる他、
50m競争や、愛犬ゲームなども行われる、
みんなが楽しめるフェスティバルになっています。

今回は、来日中のパムマーチンをゲストジャッジに迎えての、
ディスクドッグゲームと、フライボールが行われます。

私たちバウンドバウは、愛犬ゲームのコーナーを担当します。
ギャンブーとディスクドッグオープンフリースタイルにエントリーしてます。
2日間、おもいっきり楽しんできたいと思います。

ぜひ、お出かけ下さい。

Miya

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

パムマーチン5日目

パムマーチンの来日フライボールセミナー5日目になります。
毎日参加メンバーがレベルアップしていることを実感しています。

4月から一緒に始めたガッツという犬が、3秒台で走り抜ける姿を見て感激しました。

バルカは順調にステップアップしていて、走りも早くなってきています。
スイムターンからのボールゲットも出来るようになりました。
ちょっと未来が見えてきた感じです。

ギャンブーも着実に成長しています。



私は思いました。
この競技は100分の1秒を削って、コンマ何秒で勝負が決まるゲームだと。
それは私の大好きなモータースポーツや、いろいろなレースと一緒だという事を。
そして、大好きな犬とタイムにチャレンジできるスポーツだという事を。
100分の1秒の為にトレーニングをして、実現していく楽しさを。

その100分の1秒を縮めるためのノウハウをこのセミナーで教わっているのだと。


ウチの犬たちはまだまだですが、
最初から、良いタイムを出すためのトレーニングが出来ていることを、
幸せに思います。

毎日パムと夕食を共にして、その会話のなかに大きなヒントを見つけたり、
アドバイスも貰えています。
大変有意義な時間になっています。


セミナーはあと2日を残すのみとなりました。
出来る限り、吸収していきたいと思います。

| | コメント (2)

2013年9月 9日 (月)

パムマーチンン来日

先週の金曜日にパムマーチンが来日しました。

パムマーチンの紹介は、当ブログ4/20に書きましたのでそちらを見てください。

今回は約10日間の長期滞在です。
日本に着いた翌日の先週金曜日(6日)より、
フライボールのセミナーを開始。
今週末の、宮が瀬バウワウドッグスポーツフェスティバルまで、
連日セミナーが行われます。
昨日は来日記念ディスクドッグゲームが行われました。

彼女のドッグトレーナーとしての素晴しさは、
前回来日のときのブログにも書きましたが
今回もセミナーを受けて、犬を観察する目と適切なアドバイスには、
改めて驚きを感じました。

今日もこれからセミナーです。
詳しいセミナーの報告は、全部終了してからにします。
充実した1週間が続きます。

では行ってきます。

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

健康と不健康

昨日は健康診断を受けてきました。
血液検査や、心電図、バリウム検査など、他色々やってきました。

私はフリーで仕事をしていますので、
会社員のように、決まった健康診断はありません。
自主的に受けなくてはなりません。
面倒くさいので、ついつい理由をつけて先延ばしにしてしまいます。
のらりくらりと受けないできていました。


今回、怖いマネージャー(妻)に予約を入れられ、
強制的に押し切られるかたちで、うけることになった訳です。

私も50歳を過ぎて、ますます健康には気お付けなければいけません。
健康でなければ、犬たちとドッグスポーツを楽しむことも出来なくなってしまいます。


全部の検査が終って・・・

「今日の夜は、お酒を呑んでも良いですか?」

と、たずねてみました。

「暴飲にならなければ、大丈夫ですよ。」

と医者からの答え。


そうです、今夜は、先月行った“利根川源流祭り”のライブの打ち上げなのです。

酒豪のメンバーが集まるので、暴飲になること間違い無しです。
やっぱり4時間以上も飲み続ける結果になってしまいました。
みんなペースが速いので、予想通り暴飲になってしまいました。


健康と不健康の一日でした。

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

海外で活躍する若者

海外で活躍する日本人といえばどんな名前を思い出すでしょうか。
大記録を達成したイチローは日本人なら誰でも知っていますよね。



私達のやっているドッグスポーツの世界でも、世界で活躍する日本人がいます。
その一人が、平井俊介という24歳の若者です。
パートナーはシャックという名のボーダーコリー。

ディスクドッグフリースタイルプレーヤーならびに関係者、ディスクドッグファンの間では、
この名前を知らない人はいないと思います。
世界でも有名なプレーヤーで、彼にリスペクトしている人が世界中にたくさんいます。


今回の1ヶ月にわたるヨーロッパ遠征でも、
4つのタイトルと、3つのベストフリースタイラーを獲得しました。
合計7つものチャンピオンに輝きました。

18歳で初の世界選手権に出場して以来、過去の戦歴は輝かしいものです。

全部はここには書きませんが
○USDDNナショナルファイナル3連覇、
○PODG(ピュリナ・インクレディブル・ディスクドッグ・ゲーム)世界選手権チャンピオン、
○ドッグチャウ・ディスクドッグ・チャンピオン(ヨーロッパ最大のゲーム)2回
○ドグタウンカップチャンピオン2回
その他メジャーゲームのタイトル多数(ちょっと把握できない数です)

など、ビッグタイトルを最も手にした日本人です。


彼のチームのルーティーンは、イージーなものを一切排除して、
難易度の高いトリックを正確に犬とともに実行し
全く無駄のない計算しつくされたルーティーンを遂行しています。
とどまることなく常にイノベーション(技術革新)を追求して、
新しいトリックやの開発や、他のプレーヤーが追従のできない
スキルの向上を常に行い続けています。


幸いにして私は、日常的に彼と会う機会を多く持つことが出来ています。
彼からのアドバイスが、マトラの世界選手権出場につながったり、
今の、トス&フェチ(ディスタンス)の平均点を押し上げることも出来ました。、
トレーナーとしての能力も開花させています。
今では日本中はもとより、海外にセミナーに招待されたり、
その実力は世界中で認められ、
人気のディスクドッグトレーナーになっています。



パートナーのシャックという犬は8歳を迎えようとしています。
彼に対する私の興味の一番は、
次のパートナー犬とどんなルーティーンを見せてくれるのか。
どんな発想やを表現を見せてくれるのか。
いえいえ・・・・・私だけでなく世界中が注目しているのではないかと思います。

次のパートナー犬との活躍も期待しています。


明日ヨーロッパより帰国する俊介に早く“おめでとー”を言いたいです。

1176358_566559066736377_1524825525_
↑ヨーロッパ遠征最終戦ポーランド選手権の表彰にて

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »